『美味しんぼ』の“揚げ豆腐丼”を再現!

ふと、大学時代教授に「あんこさんの文章はくどくて長い傾向があるね。すぐ脇道にそれるし。もうちょっと読ませる文を目指した方がいいよ」とか、「前にブログをしてるって言ってたけど、このまま直らなかったら一生マイナーなまま終わると思う」など、まるで預言者の如くズバッと指摘されたことを思い出しました。さすが教授、洞察力に優れています。…すみません、三年以上たっても未だにその傾向は直っていませんorz。
こんにちは、それでも懲りずに更新をし続けるあんこです。

今日再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて快楽亭ブラックさんが豆腐対決のメニュー作りに頭を悩ませている山岡さん達のヒントになればと言って作った“揚げ豆腐丼”です!
揚げ豆腐丼図
快楽亭ブラックさんは大の日本食通で、『美味しんぼ』を通じて様々なオリジナル料理を作って紹介しています。この“揚げ豆腐丼”も、その内の一つ。レシピは意外と簡単で、重しを乗せてよく水切りした豆腐を油でそのまま揚げ、丼つゆ・卵・三つ葉でとじてご飯の上にのっけ、仕上げに刻み海苔を振りかけるだけです。いわば親子丼の鶏肉を豆腐に変えたようなもので、栗田さんや二木さんら女性陣に「見た目よりずっとおいしい!」とえらく評判が良かったのを覚えています。
結局、山岡さんからは究極の豆腐料理とは認めてもらえずに終わりましたが、私は毎朝豆腐を欠かさず食べるくらい豆腐が好物なので、前々から是非実践してみたいと密かに考えていました(ちなみにこの対決は豆腐の知識だけではなく、海原雄山のツンデレぶりや心の広さがよく分かるお話なので、美味しんぼファンには是非読んでもらいたいです!)。
揚げ豆腐丼の作り方
最近、安い豆腐を大量に購入して豆腐には困らない身分なので、早速再現してみようと思います!

という訳で、レッツ再現調理!
まずは、豆腐の用意。豆腐は柔らかい絹ごしではなくちょっと固めの木綿を選び、キッチンペーパーに包んで重しを乗せ、水気を徹底的にきります。豆腐から水がほとんど出なくなったら、揚げる準備OKです。
揚げ豆腐丼1
揚げ豆腐丼2
この豆腐を、やや低めの油で薄くきつね色に色づくまで揚げます(揚げる前に豆腐の表面をキッチンペーパーで念入りに拭いておくと、油はあまり飛びはねません)。きれいに揚がったら取り出し、油を切れば揚げ豆腐の出来上がりです。
揚げ豆腐丼3揚げ豆腐丼4
揚げ豆腐の油をきっている間、適量の卵をボウルでさっくり溶き、三つ葉はザク切りにしておきます。
揚げ豆腐丼5揚げ豆腐丼6
次は、とじ作業。
フライパンに出汁、醤油、みりん、酒を加えて煮立て、沸騰してきたら揚げ豆腐を入れて軽くひと煮立ちさせます。この時、表裏を返して丼つゆをなじませるのがポイントです。
揚げ豆腐丼7揚げ豆腐丼8
豆腐に味が移ってきたら溶き卵を回しながら流しこみ、数秒たったら三つ葉も投入してフタをします。
揚げ豆腐丼9揚げ豆腐丼10
卵が半熟状態になったらすぐに火を消して丼ご飯の上へすべらせ、仕上げに刻み海苔をパラパラッと散らせば“揚げ豆腐丼”の完成です!
揚げ豆腐丼11
三つ葉の香気が爽やかで、みるからにおいしそうです。揚げ物の割にはあっさりしてそうなのが胃に嬉しいです。
揚げ豆腐丼12
それでは、いざ実食!いただきま~す!
揚げ豆腐丼13

さて、味の感想ですが…ウマーーーーー(゜Д゜)!
山岡さんは作中で「豚カツや親子丼の代用品みたいだ」「豆腐はなにかの代用に使われたとしか思えないよ」と話していましたが、私はそれは半分正解で半分間違いだと思います。というのも、確かにこの揚げ豆腐丼は親子丼やカツ丼に勝てる程完成されつくした味ではないのですが、これはこれで独特の旨さを感じさせる丼だからです。少なくとも、「代用」止まりではないと感じました。
揚げ豆腐は、外側はしっかりした歯ごたえ、内側はふわ~とした口当りで、食べ進めれば食べ進める程豆腐本来の旨味がにじみ出て来ます。豆の自然な甘味と風味が濃く、外のこんがり揚がった皮も香ばしくて出汁がよく染みていた為ご飯にもなかなか合っていました。この揚げ豆腐に、甘辛い煮汁をたっぷり煮含んでしっとりした煮卵、キリッとした香りで全体の味をしめる役割をしている三つ葉がぴったりで、これらの具とご飯を一緒に食べるとしみじみおいしかったです。派手さはないんですが素朴な味わいで結構ボリュームもありますし、十分アリだと思いました。

市販の厚揚げや揚げ出し豆腐とは、また違った感じです。山岡さんの言う通り、「豆腐の味を極限まで追求したものではない」ですが、普段用としてならいいんじゃないかと思う再現でした(^^)。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.01.09 Sat 19:33  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.01.09 Sat 22:12  |  非公開の方、こんばんは!

当ブログの管理人・あんこです。
ご指摘をして下さり、ありがとうございますm(_ _)m。

早速コメントを読ませて頂き、詳細を把握致しました!
こちらこそ、勝手に勘違いしてしまって申し訳ございません;。
その上応援のお言葉まで下さり、本当にありがとうございました。

遠い九州の地より、ご健勝をお祈り致します(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2013.05.17 Fri 05:41  |  あんこさんの文章

大学教授に「文章が長くてくどい、すぐに脇道にそれる」と言われたそうですが、僕は大好きですよ。

特に冒頭の「どうも……あんこです」の一文が好きで、この部分をもっと読みたいいう気になります。
それから再現料理に取りかかる前の内容紹介や食後の感想も読ませてくれます。
「再現部分はどうでもええんかい!」と言われそうですが、僕は文章を読むのが好きなもんで、写真よりテキスト部分が多い方が嬉しいのです。

どれくらい好きかというと、各再現料理のテキスト部分だけを抜き出して
段落などを整形し、androidやiPadの縦書きリーダーアプリで読み返しています。
僕の中ではコラム集なんですよね。

これからもたくさん書いて下さい。
長々と失礼しました。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/449-f35b37dd
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ