『美味しんぼ』の“リンゴトースト”を再現!

大分前から「虚構新聞」という面白いサイトへ通っており、ツボに入るたびに大爆笑しています。「実際にありそうで実は存在しない」「99%がネタ」という虚構記事が主なんですが、これが実に楽しい!社主のUKさんのユーモアセンスに、いつも感心しながら読んでます。
どうも、深夜番組「あらびき団」の動向がいろんな意味で気になるあんこです。

今回再現する漫画料理は、『美味しんぼ』内にて開催された「夜食自慢大会」で栗田さんが自信を持って紹介した夜食“リンゴトースト”です!
リンゴトースト図
個人的に、「文化部名物・食べ物自慢大会」シリーズは『美味しんぼ』のお話の中でも一、二を争うほど大好きなので、見つけ次第その巻をすぐに買ってしまいます(この「夜食自慢大会」が載っている88巻も、その内の一つ)。短時間で作れて実用性のあるレシピばかりですし、何より材料が身近な為、グルメな料理よりも断然旨さが想像しやすいのが魅力的です。
この“リンゴトースト”の作り方もシンプルそのもので、薄切りにしたリンゴを砂糖だけで甘く煮た物をバタートーストの上にのっけたらあっという間に出来上がり。手間も材料も調理器具もいらないと三拍子そろっており、それでいて見た目もなかなかオシャレという夜食なので感心です。さすが「究極のメニュー」を長年担当している栗田さん、普段用の食べ物にも粋なセンスが感じられます(^^)。
リンゴトーストの作り方
近所で一個百円とお手頃なりんごが購入できたことですし、早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、リンゴの準備。リンゴを四つ切りにして皮と種を取り除き、やや薄切りにして大きさを一口大に切りそろえます(不揃いないちょう切りみたいなイメージ)。
リンゴトースト1
リンゴトースト2リンゴトースト3
このリンゴをたっぷりの砂糖、少量のレモン汁と共に小鍋の中に入れてさっと混ぜ、弱火でクツクツ煮ます。
リンゴトースト4リンゴトースト5
リンゴが柔らかくなってきたらすぐに火を止め、少し冷まします。
リンゴトースト6
その間に、今度は食パンを軽く焦げ目がつくまで焼き、バターをぬっておきます。
リンゴトースト7
バターでしっとりした食パンの上へ、先程の甘く煮たリンゴをキレイに並べながら乗せれば“リンゴトースト”の完成です!
リンゴトースト8
りんごの甘い香りとトーストの匂いとが入り混じり、すごくおいしそうです…。正直、リンゴを砂糖だけで煮た事はなかったので(バター・シナモン・ラム酒など、必ず何か入れてました)、どんな味わいかドキドキです。
リンゴトースト9
それでは、あったかい内にいざ実食!いただきま~す。
リンゴトースト10

さて、味の感想はというと…懐かしい家庭のおやつって感じでおいしいです(´Д`*)。
ふんわりサクッと香ばしいバタートーストに、ほんのりレモンの香りがする甘煮リンゴがぴったりと合っています。あんなに砂糖を使ったのにくどい味には一切ならず、逆に軽く食べられました。甘酸っぱいリンゴの風味を最後まで楽しむ事が出来るので、リンゴ好きの方にはたまらないおやつだと思います。
あと、栗田さんのアドバイスに従って煮過ぎないよう気をつけながら煮た甲斐あって、リンゴはシャクシャクと爽やかな食感になっていました。作中で田端さん達は「わあ!アップルパイより新鮮な味で素敵」と歓声をあげていたんですがまさしくそんな感じで、リンゴを煮た時の良さと生の時の良さをちょうどいいくらいに足して割ったようなおいしさです。また、味付けも砂糖とレモンのみという素朴さのせいか後口すっきりで、これならヨーグルトやアイスとも相性がいいんじゃないかなと感じました。
バターのまろやかなコクが甘煮リンゴをしっかり受けとめてまとめているので、いつまでも飽きがこない味です。

手間を考えるとかなり得をした気分に浸れるおやつなので、夜と言わず休日お昼のおやつとしてちょくちょく作ろうと思います!りんごが安い時に、おすすめです。

P.S.
当ブログに拍手コメントをして下さったbicさん、まこちゃん弁当にコメントをして下さった方、ありがとうございます!

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.01.15 Fri 21:00  |  

あんこさん、リンゴは何をお使いになりましたでしょうか。火を通すリンゴだと紅玉が有名ですけれど、リンゴの種類によって味が変わりそうな気がして質問してみました。

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.01.15 Fri 22:54  |  oguoguさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

火を通しておいしい品種といえば、やっぱり「紅玉」が有名ですね!
私自身、リンゴはあまり詳しくないので偉そうな事は言えないんですが、昔「国光」と「あかね」が加熱に向いていると聞いた事があるのでおすすめです。
ただ、私は今回一番安かった「ふじ」(加熱に特に向いている訳ではない品種)を使用して作りました;。けれど、さっと煮たのがよかったのか十分おいしかったです(^^)。
なので、これはあくまでも個人的な感想ですが、あまり品種を限ってしまわなくても大丈夫なのではと思いました。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.01.15 Fri 22:56  |  これも美味しいですねよね~。

こんばんは。上の方も言っておられましたが、たしかに使うリンゴによっていろいろ味が変わりそうですね。
でも、夜食と言うことなので、加熱専用の紅玉より、普段家に置いてあるであろう、普通のリンゴのチョイスでOKだと思います。
実は甘いものが苦手な自分、おまけに普段パンを食べないのでこのレシピは作るの渋ってました。
でも、ある日ふと思いついて、中華まんの具にして食べてみたところ、かなり美味しかったです!
 たつは、小麦粉、ラード、ドライイーストなどを調合して中華まんの生地を作れますが、あんこさんがもし作るのであれば、蒸しパンの元を水少なめで練れば、中華まんの生地として充分使えます。
 後はそのまま包んで蒸すだけ。
 ヒマな時にでも試してみてください、それでは!
 これからも頑張ってください!

  • #HfMzn2gY
  • 職業・調理師 たつ
  • URL
  • Edit

2010.01.15 Fri 23:49  |  職業・調理師 たつさん、こんばんは!

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

たつさんのおっしゃる通り、このリンゴトーストなら普通のリンゴを使っても十分OKっぽい感じが食べていてしました。ただ、加熱用のりんごだと味がどう変化するのか先程からちょっと気になり始めてきたので、紅玉が安い時期にまた再現してみたいです。
それにしても、中華まんの生地を手作り出来るなんて、やはりプロの中華の調理師さんは違うなーとびっくりしました。以前、別の再現料理の際に生地を一から作ろうとして散々な出来ばえになってしまっただけに、尊敬です;。
点心風りんごまん…かなりおいしそうですね(´Д`*)。たつさんのアドバイス通り、水少なめで練った蒸しパンの素で近い内に自作してみようと思います(まだ手元にふじりんごが何個かあるので何とかなりそうです)。

応援のお言葉、ありがとうございました!
正直、いつも勇気づけられているので感謝の一言に尽きます(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.01.16 Sat 05:15  |  素晴らしいブログで感動です!

素晴らしいブログで感動しました!
美味しんぼの再現なんか初めて見ました(驚
これから色々読んで参考にします。
有り難うございます(嬉 

  • #NgDLdiQA
  • ご飯ですよ
  • URL
  • Edit

2010.01.16 Sat 12:06  |  ご飯ですよさん、初めまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。
こちらこそコメントや励ましのお言葉を下さり、ありがとうございます。

楽しんで頂けると、私もすごく嬉しいです(^^)。
『美味しんぼ』再現といっても、手が掛かりそうな料理はあまり再現していないので、褒められてしまうと逆に恐縮してしまいます(^^;)。なので、最近はもうちょっと凝った料理も再現しようかなと考え中です。

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた時にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.01.17 Sun 02:32  |  ん~

単身赴任となってしまったワタシにとってこのブログは実に素晴らしい!
感激しています^^

ただ、自分はめったに料理をしませんのでなかなか想像がつきませんが、手軽ならやってみよう、と。

しかし煮るのに水や砂糖の分量とかワカランす・・・^^;
あと原作にレモンがないようですが、入れないとどんな味になるのか想像つかないス・・・

やはりラクして美味いモノは食べられないのか・・・(><;)

  • #1ToDjiVQ
  • くいしんぼう
  • URL
  • Edit

2010.01.17 Sun 12:17  |  くいしんぼうさん、初めまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

まだ料理下手ですが、お誉めの言葉を頂けてすごく嬉しかったです。
ただ、私自身決して料理上手な訳ではないのでちょっと照れくさいです;。

このリンゴトーストですが、正直分量はかなり適当(!)で、計らなくてもおいしく出来ちゃいます。
水はリンゴから水分が出るので入れませんし、レモンはリンゴとの相性の良さやアクセント目的で入れただけですのでなくても大丈夫ですし、甘いのが苦手でしたら砂糖を控え目にしても十分おいしく出来ます(その場合、生食用に向くふじリンゴをおすすめします)。
実を言うと、ここに載っている簡単な再現料理は分量が適当でも、味見をしつつ気ままに作るとそれなりにおいしく出来るような物ばかりです(^^)。
私も未だに、レシピが明記されていない漫画料理は「分量やレシピが分からない!」とパニックになりながら勘を頼りに作っていますが、結構何とかなる感じでした(ミスター味っ子は駄目な時が多いですが;)。なので、料理は本当は楽においしく作れる物だと思っています!
もちろん過去慣れていなかった時は失敗した事も数多くありましたが、後々振り返ると、失敗の数だけうまくなったような気がしています(母も「最初から成功する事はない!」と豪語してました)。なのでうまく言えないのですが、くいしんぼうさんも、当ブログのみでなく色んなサイトの料理をたくさん楽しんで作って下さったらいいなあ~と願っております。

何か無駄に長くて偉そうで、おまけに訳が分からない発言ばかりになってしまってすみません;。慣れない環境で大変かもしれませんが、陰ながらくいしんぼうさんの単身赴任生活を応援しております。

これからも楽しんで頂けますよう、色んな再現料理を作っていきますので、お時間が空いた時に見て下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.11.06 Sun 13:25  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/452-e81d458e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ