『美味しんぼ』の“山椒の牛肉丼”を再現!

先日久々にアクセス解析を見に行くと、当ブログが一日だけとはいえ一万ヒットを記録していた事実を知り、素でパソコンにお茶を吹きかけました。世の中何が起こるかわかりませんね(真っ先に疑ったのはブログ炎上)。
↓心の中の風景
    //\⌒ヽペペペタタン
   //  /⌒)ノ ペペタタタン
  ∧∧_∧∧ \ ((∧∧_∧∧
 ((; ´ДД`)))' ))((・∀∀・ ;)) <みみみんなももちつつけけ
 //  ⌒ノノ ( ⌒ヽ⊂⊂⌒ヽ
.((OO ノ )) ̄ ̄ ̄()__     )))
 ))_)_)) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)(((_((
そして今日、「も~驚く事はないだろう」と油断しきってネット徘徊をしていると、今度は当ブログがはてなブックマークに百以上の登録をされているのを確認し(その他諸々の記事のはてブも合わせるなら三百以上)、下記の画像のように叫びました。…ざ、ざぶとん足りるかな(意味不明)。とにかく、皆様ありがとうございます!
「えーーー!」 by嫁姑の拳

こんにちは、何か不思議の国に迷い込んでいるような気がするあんこです。

今回再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて山岡夫妻が新居で保護した家出少年に教えた“山椒の牛肉丼”です!
山椒の牛肉丼図
『美味しんぼ』シリーズを一巻からずっと読んでいると、山岡さん達は結構やっかいな事件に巻き込まれる事が多いことに気づかされますが(自殺を思いとどまらせたり、尋ね人の行方を追ったり、誘拐犯に子どもを誘拐されたり、乳児を置き去りにされたりなどなど…)、今回のお話もその例に漏れず、喧嘩して通報された高校生の少年をひょんな事がきっかけで保護することになります。
その少年はお父さんの死後に再婚したお母さんが許せなくてぐれていたんですが、山岡さんに「お母さんを取られたような気がしてすねてるだけだろう」と図星な事を指摘され(似たもの同士だからズバッと言えたのかも^^;)、ぐうの音もでなくなります。そこで、山岡さん夫妻がお母さんや新しいお父さんとの仲直りのきっかけになったらと思って少年と一緒に作ったのが、この丼です。
作り方は意外と手軽で、たっぷりの牛脂で焼いた牛肉ともみ海苔を丼ご飯に乗せ、その上からフライパンに残った油で手作りしておいた醤油ダレをかければもう出来上がりです。
材料も少なく、初心者でも出来るくらいの手順の料理で、前々からどんな味なんだろうと気になってました。
牛肉丼の材料
牛肉丼で大喜び
レシピも材料も手元にあることですし、出来るだけ忠実に再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まず、フライパンを中火にかけ、牛脂を多めに入れてジュワジュワ溶かしていきます(私の場合、迷いましたが三個使いました)。
山椒の牛肉丼1山椒の牛肉丼2
その間、丼の六分目くらいまでご飯をよそい、パリッと焼いたもみ海苔を散らします。
山椒の牛肉丼3
溶けた油で牛脂が浮かぶくらいになったら一旦取り出し、そこへ五センチの長さに切った牛の薄切り肉を広げながら加えます。この時、焼き過ぎないよう注意!
山椒の牛肉丼4山椒の牛肉丼5
程よく焼けたら火からおろし、フライパンからそのまま牛肉をご飯の上に移します。山岡さんが言うにはこれがポイントで、一回お皿に取ったりしたら風味が抜けるのですぐにご飯へ乗せるのがいいのだそうです。
山椒の牛肉丼6
次は、タレ作り。
先程使ったフライパンを洗わずにまた火にかけ、日本酒、醤油を投入し、取り出しておいた牛脂で焦げかけた部分を洗うようにこすり付けて溶かします。
山椒の牛肉丼7山椒の牛肉丼8
山椒の牛肉丼9山椒の牛肉丼10
煮詰まってきてとろみがついたら、タレの出来上がりです。
※タレはあればある程いいので、日本酒・醤油ともに多量に使用する事をおすすめします(かと言って、某牛丼屋さんみたいにつゆダクにしすぎるとしょっぱくなるので、NGです;)。
山椒の牛肉丼11
このタレを丼の上から全体に行き渡るよう存分に回しかけ、仕上げに山椒の粉を適量降りかければ“山椒の牛肉丼”の完成です!
山椒の牛肉丼12
山椒と牛肉の香気が入り混じり、ものすごくいい匂いです…。お腹がすいている人は、これだけでたまらない気持ちになるんじゃないかな~と思いました。
山椒の牛肉丼13
それでは、熱々の内にいざ実食!いただきまーす。
山椒の牛肉丼14

さて、味の感想ですが…あ~もう激しくウマーーー(´Д`*)!
牛肉の赤身部分と脂身部分、双方の旨味が極限まで活かされており、何とも言えない程美味です。牛脂の中で浮かせるようにして焼いたせいか、肉の一切れ一切れの隅々にまで風味豊かなコクが浸透しており、噛み締めるごとにしっとりと味わい深い仕上がりになっていました。また、手作りタレがひと味違っていて、山椒の鮮やかな香り、焦がし醤油の香ばしさ、脂の旨さがうまい具合に混じりあっており、このタレが染みたご飯をジューシーな牛肉と一緒にかっこむとまさに恍惚、至福です。
ご飯の上にしいてある海苔も、磯の匂いとシナッとした食感がいい箸休めの役割を果たしており、牛肉とご飯だけだと脂っこくなるのを防いでいます。仮に例えるとするなら、和風薄切りステーキもどき丼みたいな感じで、見た目に反してかなりさっぱりめな味がするのが特徴的でした。ですので、気がついたら結構な量を一気にバクバク食べてしまっていたという事態は十分起こりうるので(現に私がそうでした^^;)、ダイエット中の方には天敵の食べ物になりそうです。

安いきれっぱしの牛肉でもこのおいしさですので、いいお肉を使ったらさらに高級感溢れる味になるかと思います。牛肉が安い時には必ず作りたい丼です(・∀・)。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
     『嫁姑の拳』 函岬誉/秋田書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.01.20 Wed 19:26  |  

超カンタンなのにめっっっさ美味そう♪
味噌汁(赤だしとか?)と一緒に食べてみたいですね、ジュルリ…。
食後には「黒烏龍茶」が恋しくなりそうですが…。

一日一万ヒット越えおめでとうございます ヽ(゚・^*)^☆.。.:*・゚☆祝☆
これも「あんこさん」の食への愛とチャレンジ精神の結果ですね!
一ファンとして心より祝福させていただきます!
これからも素敵な再現料理を楽しみにしておりますので頑張ってくださいね☆
でも無理だけはしちゃだめでありますよ? c(*゚ー^)ノ*

  • #-
  • JACK
  • URL

2010.01.20 Wed 20:46  |  アンコ・イン・ワンダーランド・・・・・・!

あんここさん、こんばんわ。
不思議の国突入、もとい一万ヒット突破おめでとうございます。
料理豆知識も多く、本当に参考になります。
『クッキングパパ』『美味しんぼ』『鉄鍋のジャン(R込み)』の三作品を、本気で人生の手引書と考えている職業・調理師 たつでございます。
美味しんぼはほんとうにいろんなレシピが載ってて楽しいですよね、高級料理から、簡単な料理まで・・・・・・・
料理に関わる豆知識も多く、本当に勉強になります。
さて、今回の料理もたまに作って食べてますよ~。
このレシピ、薄切りブタバラ肉とか、マグロの赤身を使って作ってもなかなか美味しいです。
こういう応用が利くメニューはいろいろと広げられるので楽しいですよね~。
 想像は模倣から始まる、と言う言葉があるように、あんこさんもこれだけ模倣、もとい再現料理を繰り返していれば、けっこう料理の経験値がたまっているはず。
そろそろアレンジメニューに挑戦してみるのも面白いかもしれませんよ。

さて、話が逸れましたが、今回の料理の指摘は特に無いです。
やっぱ、こういうシンプルなモノは食材の味=料理の味ですからね。
変わりに料理豆知識を一つ。
調理肯定の中にあった、『使ったフライパンを洗わずにまた火にかけ、日本酒、醤油を投入し、取り出しておいた牛脂で焦げかけた部分を洗うようにこすり付けて溶かす』
このように、鍋の底にくっついた旨みを液体を使って溶かす作業をフランス料理では『デグラッセ』(deglacer)と言います。
 
・・・・・・・・すみません、そんだけです。テキトーにへぇボタンでも押しといてください。
 今回はあまり気の聞いたアドバイスできず、スンマセン。
 では、次回更新を楽しみにしています!
 これからも頑張ってください!

  • #HfMzn2gY
  • 職業・調理師 たつ
  • URL
  • Edit

2010.01.20 Wed 21:02  |  JACKさん、こんばんは!

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

確かに、味噌汁と合いそうな味でした(^^)。ただその際、味噌は赤味噌よりももうちょっと大人しい合わせ味噌の方が合いそうです感じです…。やはり、比較的味濃いめな丼ですので;。
黒烏龍茶、私も好きです(実は奇遇にも、食後に飲んでました)!後口さっぱりで体にもいいので、お気に入りです。

お祝いのお言葉、ありがとうございました!
未だに実感がわかずにいるのですが、JACKさんにそう言って頂けると素直に嬉しいです(´∀`*)。
言われてみると、食への愛情(というよりは執着?餓鬼道?;)だけは人一倍あるので、それが身を結んだのかもしれません。
これ以後も慢心せず、精進しようと思います。

これからも程々に頑張りますので、また来て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.01.20 Wed 21:37  |  たつさん、こんばんは!

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

たつさんからお祝いのお言葉を頂き、嬉しい気持ちで一杯になりました(^^*)。
私などまだまだ未熟者で料理知識は浅い方なので、ひたすら恐縮です;。
『クッキングパパ』『美味しんぼ』『鉄鍋のジャン(Rも』は私も大好きで色々と参考にしていますので、全く同感です(ちょっと前に『美味しんぼ』であった器勝負は特に興味深く、料理の粋を結晶化したような見事さに感動したのを覚えています)。
豚バラ肉とマグロ…どちらも大好きなので、いつか試してみたいです。
正直言いますと、アレンジメニューは既に何作か実践してはいるんですが、感性やセンスがないのか、再現…もとい模倣料理を越える出来にはまだ達していない為、文章におこせないまま現在に至ります;。なので、当分はプライベートの時のみに楽しむだけに止どめようと思います(^^;)。

それにしても、あの行為に「デグラッセ」というかっこいい名前がついていたとは…!全然知りませんでした(゜Д゜;)〈80へえ。
一瞬、「にんじんのグラッセ」が頭に浮かんだ私は、色んな意味で駄目ですね…orz。
相変わらず勉強になります。その内、本格的に本を読んで知識を身につけたいです(関係ないかもしれませんが、「美食礼讃」に興味を持ってます)。

これからもたくさん更新致しますので、お手隙の際にまた見て頂けると幸いです。
以上、不思議の国のあんこ・・・・・っ!でした(←アリスより軽く二十近く年上なのに図々しい…)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.01.22 Fri 10:56  |  一万ヒットおめでとうございます!

あんこさんこんにちは!
一万ヒット&はてなブックマーク百登録おめでとうございます。
あんこさんの文章は読んでるとどんどんおなかすいてくるというか・・次はどんな料理作るのかな?どんな面白いもの見つけたのかな?(ときどき書かれてる日常のひとコマも好きです)とわくわくしちゃいますv

これからもマイペースに更新続けてくださいませ。
山椒の牛肉丼おいしそうですね~~。
わたしは肉大好き人間なので、ぴったりです。
しかも作り方が超簡単そうなのがますます良いですね。

  • #-
  • りく
  • URL

2010.01.22 Fri 12:47  |  りくさん、こんにちは!

当ブログの管理人・あんこです。
コメントとお祝いのお言葉を下さり、ありがとうございます!

まだ未熟な身の上ですので大変恐縮しましたが;、
りくさんからそう言って頂けてとても嬉しい気持ちです(´∀`*)。
何というか、うまくいえないのですが、りくさんのように
楽しみにして頂ける方が一人でもいるうちはやめられないと思っております。

私自身が食いしん坊ですので、「読んでるとどんどんおなかすいてくる」と
言われるのが一番のほめ言葉ですw。
山椒の牛肉丼は、少量のお肉でもボリュームがあっておいしく出来るので、
かなりおすすめの品ですよ~(私も肉好きなので、たまりませんでした^^)。

これからもマイペースに更新していきますので、お時間がある時に見て下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.04.05 Mon 15:09  |  牛は苦手の私ですが…

美味しんぼの牛肉料理は食べたくなります(*^_^*)
たまに牛すじカレー作ったり
美味しんぼでよく再現するのは、目玉焼き丼(//▽//)ゞ

  • #/2CD/BNk
  • 桜華
  • URL
  • Edit

2010.04.05 Mon 16:36  |  桜華さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

牛肉独特のクセが気になるのでしたら、味噌漬けがおすすめです!元はと言えば『美味しんぼ』で紹介されていた料理で、匂いが控え目になりますし、旨味が凝縮される上にご飯とぴったりになります(ちなみに、当ブログにはこの再現記事も載っています)。
牛筋カレーは私も好物です。トロトロになるまで煮込むのに少し時間がかかりますが、頑張った分至福の実食時間が訪れるので大好きです。
ちなみに私の場合、『おいピータン!』にもあったバターのせ目玉焼き丼がイチ押しです。バターのまろやかな後味が卵の旨味を増幅するのでウマーですよ(^^)。

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/454-091919ad
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ