『美味しんぼ』の“あったかとろろ冷や麦”を再現!

一ヶ月前からミスタードーナツのポンデリングにハマッてしまい、三日とあけず食べています。あの「もっち、もっち、もっち…」という独特の噛み心地の虜となっており、内心「ええい!ミスドのポンデは化け物か!」と思う毎日です。
どうも、何かというと小ネタをはさまずにはいられないあんこです。

本日再現する漫画料理は、『美味しんぼ』の「夜食自慢大会」にて板山夫人が紹介した夜食“あったかとろろ冷や麦”です!
あったかとろろ冷や麦図
日本有数の流通グループの総帥であり、なおかつ大手デパートの社長でもある板山社長と、その板山社長を貧しい時から支えてきた糟糠の妻である板山夫人という何気にすごい立場のお二人ですが、その実は人前でもかまわずイチャついてしまう程のおしどり夫婦。どのくらい仲がいいかというと、あまりの熱々ぶりに山岡さんから「いい加減にしろっ(゜Д゜#)!」と突っ込まれたり、一度など東西新聞社文化部の皆さんの前でチューをしてしまった事があるくらいですΣ(´Д`;)エエー。
チューの方はともかく;、その他の仲良しエピソードは是非見習っていきたいので、私にとってはある意味理想の夫婦像です(^^)。
仲良しな板山夫婦
そんな板山夫人が得意な夜食としてみんなに作ったのが、この“あったかとろろ冷や麦”。簡単に説明すると、あったかい昆布出汁にシラス干し・醤油・茹でた冷麦を入れて少し煮たら器に盛り、その上からとろろと刻みネギをのっけたら出来上がるという、つきつめれば「とろろうどん冷や麦バージョン」って感じの料理です。
あったかとろろ冷や麦紹介
これはもう絶対においしいにちがいない!と確信していましたので、早速再現してみます。

という事で、レッツ再現調理!
まず、小鍋に水と昆布を入れて数十分放置した後火にかけ、出汁をとります。
あったかとろろ冷や麦1あったかとろろ冷や麦2
昆布から出汁が出きったら取り出して(この昆布はスタッフが醤油をかけておいしく頂きry)たっぷりのシラシ干しを加え、醤油で好みの濃さに味付けして煮ます。
あったかとろろ冷や麦3あったかとろろ冷や麦4
そこへ少し硬めに茹でておいた冷や麦を投入して混ぜ、少しだけ煮ます。
あったかとろろ冷や麦5あったかとろろ冷や麦6
冷や麦のコシがいい具合になったら火を止めておつゆごと器に入れ、真ん中にすりおろしたとろろを好きなだけ乗せます。
あったかとろろ冷や麦7あったかとろろ冷や麦8
仕上げに、とろろの上へ刻みネギをパラリと散らせば“あったかとろろ冷や麦”の完成です!
あったかとろろ冷や麦9
とろろの白と刻みネギの緑のコントラストが綺麗で、見た目からしておいしそうです。
あったかとろろ冷や麦10
板山夫人が言うには、底の方からとろろをよくかき混ぜて食べるのがベストとの事でしたので、麺とおつゆが一体化するまでぐるぐるっと混ぜました。
それでは、いざ実食!いただきます!
冷麦の食べ方
あったかとろろ冷や麦11

さて、味の感想ですが…体がほんわかぬくまっておいしいです(´∀`*)。
味わい深いのにどこか控え目な昆布出汁と、シラス干しから染み出てきた魚のいい~出汁が合わさり、何とも言えない旨さのおつゆへと仕上がっています。これだけでも十分おいしいんですが、そこへさらにとろろのまろやかさやトロミがまんべんなく溶け込み、さらに温かく優しい味へと進化していました。このトロミがミソで、普通のおつゆと違って出汁が太すぎず細すぎずな冷や麦にしっかりとよく絡んでくる為、薄味なのにも関わらず何口目でもちょうどいい塩加減で食べる事が出来ます。刻みネギの香味が全体にいいアクセントを与えている上、相当時間がたった後でも冷めにくかったですし、個人的にかなり気に入りました。
板山社長の「さっぱりしているけど元気が出るんだよね、かあちゃん」という言葉通り、後口はあっさりしているのに食べ終わってみるとフツフツと力がみなぎってきます。数ある夜食メニューの中では珍しくカロリーが低めですのでダイエット中の方にも安心してオススメ出来ますし、もっと広まって欲しい料理だと思いました。

長々と続いた『美味しんぼ』の夜食シリーズの再現ですが、あとちょっとで何とか完結しそうです(・∀・)。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.02.03 Wed 18:07  |  

最近麺類多いですね 好きですけど

  • #LkZag.iM
  • 名無しにして頂戴
  • URL
  • Edit

2010.02.03 Wed 18:24  |  名無しにして頂戴さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。

コメントをして下さり、ありがとうございます!
すみません;。麺類やご飯類など炭水化物が大好きなので、知らない内に偏ってしまいます。
出来る限り改善致します。

これからも色んな料理を再現していきますので、お手隙の際に見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.02.03 Wed 21:09  |  初コメです・・・

はじめまして(^^)
再現料理、いつも楽しく見させていただいてます。
まさかの「味っ子」の料理までも再現されているとは…スゴイです!

美味しんぼの夜食シリーズ、サケ缶レタスか…豆腐ステーキか…
残る料理の中から何がくるのか楽しみにしてます。

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.02.03 Wed 21:38  |  ミトナリさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

お誉めの言葉を頂けて、とても嬉しいです(^^*)。
『味っ子』は私の中では色んな意味で特別な作品なので、色々と再現してみました。ただ、まさかここまで反響があるとは思ってもみなかったので(mayuさんの味っ子再現料理の方がメニューも揃っていますし、はるかに洗練されていますので;)、内心驚きの気持ちでいっぱいです。
それにしても、鮭缶レタスや豆腐ステーキまでお知りとは…!もしや、ミトナリさんも『美味しんぼ』88巻をお持ちなんでしょうかw?『美味しんぼ』夜食シリーズ再現の完結はそう遠くありませんので、どうぞご期待くださいませ(´∀`)。

これからも様々な再現料理をアップしていきますので、お時間が空いた時にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.02.04 Thu 09:07  |  


初めてお邪魔しました。
お料理コミックの再現っておもしろいですね。
できれば、これは本当にうまいか・・・?と思わせるキワモノにも挑戦していただけると嬉しいです(無茶ブリ?)。
また寄らせてくださいませ。

  • #-
  • HappyFlowerPop
  • URL

2010.02.04 Thu 12:16  |  HappyFlowerPopさん、初めまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、私自身キワモノ料理には非常に興味があるので(食べ物を露骨におもちゃとしか考えてなさそうな不快感を感じる物は除きますが…)試せる物はバンバン試そうと考えております。
とりあえず今の所は、『鉄鍋のジャン』『ミスター味っ子』『花のズボラ飯』あたりからまた何品か作ってみたいと思っています。

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた時にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/466-6052db2e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ