『花のズボラ飯』の“サッポロ一番塩ラーメン野菜炒めドカのせ”を再現!

頭が疲れているのか、ここ一週間ほど『花のズボラ飯』の主人公・花さんの顔を薄目で見るとVガンダムのカテジナさんに見えてしまいます。同じなのは髪型だけなのに…末期かもしれません。
どうも、風邪をひきかけて頭がもうろうとしているあんこです。

本日再現する漫画料理は、『花のズボラ飯』にて花さんがある寒い日の夜に作って即食べた“サッポロ一番塩ラーメン野菜炒めドカのせ”です!
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図
花さんいわく、サッポロ一番は絶対塩ラーメンにかぎるとの事!実を言うと、私は今まで味噌ラーメンの方ばかり食べてあまり塩ラーメンを食べてこなかったという人間ですので、この発言はなかなか衝撃的でした(決して苦手という訳ではなく、両親によって味噌やとんこつばかり食させられて育ってきた為、塩ラーメンを食べる機会自体がほとんどないままここまできてしまったというのが真相)。
作り方はズボラな花さんらしくものすごく簡単で、キャベツ・もやし・ピーマンを塩こしょうして炒めて作った適当野菜炒めを、出来上がったサッポロ一番塩ラーメンの上へドカッとのせるだけです。たったこれだけですが、ラーメン好きな花さんのご主人・ゴローさんも絶賛した味なのだとか。強いてポイントを挙げるとするなら、「麺はなるたけアルデンテに茹でる」「スープは麺を茹でたお湯ではなく、それとは別に沸かしたヤカンのお湯で作る」「ちょびっとした短い麺もちゃんと使う」の三つくらいです。花さんが本気を出したらにんじんやニラ、豚肉も加えるのだそうですが、面倒な時はなくても十分オールオッケーな味に仕上がるみたいです。
サッポロ一番塩らーめん
ちなみに何故お肉が入っていないかと言うと、一つは「家になかったから」で、もう一つは「仕事の帰り道に肉まん食べたからいっか」という理由だそうです;。寒い夜道、コンビニで買ったばかりのほっかほかな肉まんをかじりながらてくてく歩く瞬間は冬の三大幸福の内の一つだと考える私にとって、このシーンは本っ当に垂涎物でした…(´Д`*)タマラン。『花のズボラ飯』は食事描写はもちろん、こういう何気ない日常の幸せの拾い上げ方が非常に上手なのがやめられません!
肉まんの歩き食い
サッポロ一番塩ラーメンはどんな味なのかすごく気になったので、早速作中の記述通り再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、野菜炒め作り。キャベツ、ピーマンを適当な大きさにザク切りし、もやしと一緒にザルへ入れて流水でざっと洗います。
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図1
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図2
水気をきったら油をしいたフライパンへ投入し、塩こしょうをふってちゃっちゃと炒めます(本来ならかたい野菜から入れるのがいいんですが、花さんはそういうのにあまり頓着しない人妻ですので勘弁してください…;)。野菜全体に火が通ってきたら、野菜炒めの出来上がりです!
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図3花さん特製サッポロ一番塩らーめん図4
お次は、塩ラーメンの準備。
サッポロ一番塩ラーメンから麺、スープの小袋、切りゴマの袋を取り出し、まずはスープの小袋の中身のみをラーメン用の丼へサラサラ入れます。
作中で花さんは、このスープの粉の匂いをかいで「絶対隠し味にカレー粉が入ってる…」とつぶやいていますが、私もそう思います…。袋の裏には全くそれらしい原材料は載っていないものの、本当にカレーッぽい香りがすごいので気になりました。食べる際もカレーみたいな味がするのか、非常に気になる所です…。
スープからはカレーの匂い
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図5花さん特製サッポロ一番塩らーめん図6
その間に、麺は小鍋で沸かしておいた熱湯でアルデンテの硬さに茹でておきます(袋に表記されている時間よりもちょっと短めがおすすめです)。
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図7
麺が出来上がったらすぐにヤカンのお湯をラーメン丼に加えて混ぜてスープを作り、そこへ麺を小さな破片ごと丁寧に投入します。この時、スープが薄くなってしまわないよう、麺茹でのお湯はなるべく入らないようにします。それにしても、スープを別のお湯で作るなんてハナさんは凝り性だと感心させられます…(←私はいつも一緒のお湯で作っちゃいます;)。
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図8花さん特製サッポロ一番塩らーめん図9
このラーメンの上へ温め直しておいた野菜炒めを「どっさんこっ」と盛り、仕上げとして花さんが「サポイチの塩はゴマの量をケチってないのがえらい!!」と評した付属の切りゴマをパラパラ~ッとかければ、“サッポロ一番塩ラーメン野菜炒めドカのせ”の完成です!
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図10
思っていた以上にボリュームがあり、大満足な出来栄えです。ぱっと見ではインスタントには見えないので、味が楽しみです(・∀・)。
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図11
それでは、麺が延びてしまわない内にいざ実食!いっただきまーす!
花さん特製サッポロ一番塩らーめん図12

さて、味の感想ですが…うっま…!感動的にウマイ。全米が泣くわコレ(by花さん)。
うっま…!
花さんが言っていた通り、どことなくカレーのかほりがスープから漂います…。そのせいか、最初から最後までほんのわずかにカレーっぽいスパイシーな味がするように感じます。この不思議な塩味のスープと微妙に縮れた麺がぴったりで、「インスタント塩ラーメンの中では、サッポロ一番塩ラーメンが一番!」という想いを強めました(^^)。
上にのっかっているシンプルな野菜炒めも薄味の塩ラーメンにぴったりで、ザクザクしたキャベツの甘味、シャクシャクとした歯触りが楽しいもやし、サクサクしてて苦甘いピーマン、そしてプチプチパリパリと香り高く弾けるたっぷりの切りゴマが麺やスープを引き立てていて、すごくよかったです。どうやら塩ラーメンは、あまりゴテゴテとした具を加えない方がその真価を発揮するみたいです。
炒め野菜と切りゴマのお陰で香ばしさが二倍にふくれあがり、さっぱり系のはずがあっさりしたコク系のスープにまで進化しており、若干深みがましているのに感心しました。
やっぱりインスタントといえども、野菜をどっさり入れて食べる方が三割増くらいウマーになるんだなぁとしみじみ実感。大した手間ではないので、今度からは塩ラーメン+適当野菜炒めはデフォにしようと思います。

作中で言われているように、サッポロ一番塩ラーメンには付属品として切りゴマが多めに入った小袋がついているのがいいと思います!これがあるかないかでは、かなり味わいが変わります。今までサッポロ一番はどっちかというと味噌のイメージが強かったんですが、これからは塩にもはまっちゃいそうです(^^;)。

●出典)『花のズボラ飯』 原作:久住昌之 作画:水沢悦子/エレガンスイブ
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.02.26 Fri 00:46  |  

このブログを見て、花のズボラ飯の存在を思い出し
この話から見始めました。

たまたま買い置きがあったので、その日にこれ食べましたw
美味しかったです。

今回の再現料理を見て、また食べたくなりました。

  • #-
  • さつき
  • URL

2010.02.26 Fri 01:53  |  さつきさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをしてくださり、ありがとうございます。

『花のズボラ飯』は私の中でかなりのお気に入り漫画ですので、
このブログが少しでもいい宣伝になっていたら非常に嬉しいです(^^)。
サッポロ一番塩ラーメンは、あの不思議なカレーっぽさとゴマが
大好きになりました。この作り方だと野菜たっぷりでさらにおいしいですね!

これからもいろんな漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.02.26 Fri 10:59  |  たまりません!

あんこさんこんにちは。
サッポロ一番はひそかにしょうゆ派なりくです(もちろんみそも塩も大好きですが)。
読んでるだけでおいしそうですね~~。
いまではあまりたべなくなってしまったインスタントラーメンですが、それでもサッポロ一番・カップヌードル・赤いきつねは時々無性に食べたくなってしまいます(笑)
私もサッポロ一番食べるときは、花さんみたいにお野菜たくさん入れるようにしています。
塩味は、たっぷりゴマがついているのがいいですよねv
カレーの香り・・・うーん、なんだか印象に無いのですが、確かめるためにも食べなくては!

花のズボラ飯って、単行本出てるんですか?
ぜひまとめて読んでみたいです。

  • #-
  • りく
  • URL

2010.02.26 Fri 11:41  |  りくさん、こんにちは!

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

おいしそうと言って頂けて光栄です(^^)。
りくさんはサッポロ一番醤油味派でしたか~。実を言うとあまりチェックしていなかったんですが、早速今度安売りの際に買って食べてみようと思います!
私もインスタントラーメンは一週間に一回食べれば多い方なのですが、時々むしょ~に食べたくなって衝動買いします(^^;)。りくさんのおっしゃる通り、カップヌードルやサッポロ一番、あとカップ焼きそばも食べたくなる事が多いです。
サッポロ一番塩ラーメンは塩ゴマ風味とシンプルな分、野菜てんこもりだとウマーですね。
ちなみに『花のズボラ飯』は、悲しい事にまだ単行本は出ておりません(´・ω・`)。気長に待とうと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた際にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.02.26 Fri 22:45  |  

自分は袋ラーメンは激辛モノは硬めに茹でた後水切りして
軽く油通しをし、表面がパリパリになったものを
スープに漬けてふやけないうちに食べるのが好きです…

それから袋ラーメンの味噌味は
スープにすり下ろしニンニクを溶かし、
スープ表面に煎り胡麻(白)をたっぷり散らし、
半熟ゆで卵を二つ切りにしたもの
(時間が無い時は丼にお湯を注ぐ前に入れた生卵でも可)
と一食に食べると非常に美味です。
(醤油系の袋ラーメンは海苔を浮かべて
ふやけた海苔を食べるのが好きです)

しかし長い間塩味の袋ラーメンも食べてきましたが、
カレー粉についてはまったく気づきませんでした。
花さんとあんこさんの鋭敏な味覚にただただ感服するばかりです。

  • #LkZag.iM
  • うまそう(*´¬`)ジュル
  • URL
  • Edit

2010.02.26 Fri 23:10  |  うまそう(*´¬`)ジュルさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なるほど…インスタントといえども、様々な食べ方があるんですね~!
味噌ラーメンににんにくすりおろしと半熟卵は、私も大好きでよくやっています。よりメリハリがついた味になるので、いい感じですね(´∀`*)。
あと、激辛ラーメン油どおしの方は九州の人気食・パリパリ皿うどんを思い出したので、読んでいて食べたくなりました。
スープが染みてシナシナになった海苔も好きですし…何だか急にお腹がすいてきました;。こりゃもう、明日のお昼は袋ラーメンに決まりになりそうです。
実は、塩ラーメンのスープについては最初「本当にカレーの匂いするのかな…?」と疑っていたのですが、実際に臭うとはっきり香って来て「カップヌードルカレー味のあれっぽい!」と思ってしまいました。…今更ながら自信がなくなってきたので、近い内にまた嗅いでみます(もしかしたらただの気のせいかも…^^;)。

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.28 Sun 21:20  |  

野菜炒めを作るときにスープの素で味付けし、ちょっと湯入れて
仕上げに水溶き片栗粉であんひいてから、丼に入れたゆで麺の
上にかけると冬場に最高w
味噌ラーメンだと野菜と一緒にひき肉ちょっと入れてバターで炒め、
コーン入れたら店屋物並みになりますよ。
醤油なら大量の刻みねぎと焼き海苔、少し焦げ目をつけた
魚肉ソーセージのスライスを。

たかがインスタント、されどインスタントです。

  • #-
  • 通りすがりのコック
  • URL

2010.03.29 Mon 00:43  |  通りすがりのコックさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

片栗粉であん状にした塩ラーメンのスープもすごくおいしそうですね~!冬場には冷めにくくてもってこいだと思います(^^)。
このブログでは基本的に、何か事情がない限り(例:その通りに作ったらどう見ても漫画画像のような仕上がりにならない、作り方のシーンが明確に描かれていないなど)作中に書いてある作り方を極力守って再現する為、記事や画像の差し替えは残念ながら難しいですが、普段用の料理としては圧倒的にウマーそうですので、近い内に早速家にあるサッポロ一番塩ラーメンで試してみます!
あと、挙げられたバージョンの中でも特に味噌ラーメンのひき肉・バター・野菜・コーン入りラーメンはお腹がなりそうなくらい美味そうでしたので、明日の夜にでもスーパーで買い求めて再現してみようと思います(´∀`)。
インスタントラーメンと言うと、「そのままでも旨し!」という意見が未だに根強いですが、私も通りすがりのコックさんと同じく「たかがインスタント、されどインスタント」派ですので、これ以後も色々と手を加えてオリジナルの作り方をしてみようと思います。

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.02 Fri 18:22  |  

テラタンメン☆

サッポロだと俺も塩しか食わなかったなぁ
あれが一番です

数年ぶりに買って来ようかな

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.07.02 Fri 20:19  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

あ!確かに簡易タンメンって感じかもしれません。
三世さんからご指摘されて、初めて気づきました…って遅すぎですね;。
サッポロ一番は、今となっては塩と味噌が私のスタンダードです。
ただ、醤油はまだ試したことがないので、どんな味なのかちょっと気になります。

もしご購入なされましたら、“サッポロ一番塩ラーメン野菜炒めドカのせ”を
一度お試しになっていただけると嬉しいです(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.23 Tue 00:16  |  単行本でますね

原作の久住昌之氏がいろいろ公開してくれていて期待が高まってます。それはともかく、あんこさん、初めまして。最近この漫画の存在を知って情報を集めているうちにたどりついた者です。私も家族の食事を引き受けているので花さんのレシピとあんこさんの再現手順はとても参考になります。

  • #-
  • altnk
  • URL

2010.11.24 Wed 21:30  |  altnkさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

『花のズボラ飯』の単行本、私も今か今かと楽しみに待っています。
この漫画は私にとってかなりお気に入りですので、検索して当ブログにたどり着いたとのお言葉は大変光栄だったです。
まだまだ未熟な管理人と記事ですが、ほんの少しだけでもお役に立てたのでしたら嬉しいです。
これ以後も精進致しますね。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.01.18 Tue 21:24  |  

作ってみました
肉入れるなら、下味付け足るか、チャーシュー使う方がおいしいかも?
ちなみに、加ト吉の塩らーめんにはカレー粉および香辛料がはいってました

  • #-
  • ななし
  • URL

2011.01.22 Sat 21:56  |  名無しさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なるほど、チャーシューを入れてみてもウマーそうですね!
それにしても、塩ラーメンにはカレー風味が合うというのは
料理界では鉄則みたいですね;。今度、加ト吉の塩ラーメンでも
試してみようと思います(ご情報提供、ありがとうございます)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2012.04.07 Sat 07:41  |  これって、ズボラでないと思うんですけど

インスタントラーメンを別茹でする時点で、ズボラ飯でないと思うんですけど。
そもそも、インスタントラーメンを別茹でするなら、最初から三食ラーメンにしたほうが良くありません?
そっちのほうが値段も安いし。
ちなみに、サッポロ一番は塩しか、食べません。

  • #-
  • ソムナムナー
  • URL

2012.08.06 Mon 11:13  |  

塩もうまいけど、サッポロ1番で最も美味いのはとんこつ。これは譲れない
あんまり売ってないんだけどね オススメです。

  • #-
  • いや
  • URL

2016.10.24 Mon 18:51  |  

サッポロ一番シリーズはもともと野菜などの具を足して初めて完成するようにわざわざひとあじ足りなく作っているそうです。

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/470-dfbfd0d6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ