『クッキングパパ』の“ポテチ丼”を再現!

今さらですし、絶対に叶わない夢ではありますが、声を大にして言いたいです。打ち切りになった漫画『ダブルアーツ』を、是非ともまた連載復活させて欲しいと…っ!もう、直訴したいですorz。
どうも、近頃『NARUTO』の絵から作者のキャラへの愛を感じ取れなくなって切ないあんこです。

今日再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にてまだ中学生だった頃のまこと君達が荒岩家でのお泊り会で夕食として作ったおもしろ丼の一つである“ポテチ丼”です!
ポテチ丼図
ちなみにこの“ポテチ丼”を作ったのは、料理が大好きで料理研究家みたいな事をしているまこと君の友達・江波ヒロユキ君。何と小学校時代には既に自家製焼き肉のタレの配合を極めていたり、海水しか使えない所で寝泊りした際には無水カレーを作ったりと、そこらへんの一般人(例:当ブログの管理人)では歯が立たないほど料理が上手な少年で、まこと君達の間では「料理博士」と呼ばれている結構すごいキャラです;。
ポテチを使った丼1
“ポテチ丼”を簡単に説明すると、ポテトチップス・キャベツ・ソーセージを具、コンソメスープを丼つゆにして作った亜流の玉子丼みたいなもので、洋風っぽい味付けが特徴的な丼です。こう書くとキワモノみたいに見えますが、作中では「うまい!」「結構普通の味がする」「まともだよ!」と案外好評であったと語られていました。
ポテチを使った丼2
ちょっと『ミスター味っ子』に似た危険な香りはややしますが、最近こういうギリギリな再現は久しくしていなくてウズウズしていた為、早速挑戦してみようと思います!

という訳で、レッツ再現調理!
まずは、材料の用意。ソーセージは斜め切りにし、キャベツは洗って千切りにしておきます。
ポテチ丼1ポテチ丼2
フライパンにオリーブ油をひいて熱し、先程のソーセージとキャベツを加えて炒めます。
ポテチ丼3ポテチ丼4
全体的に軽く火が通ってきたところへ濃い目に作っておいたコンソメスープを入れ、ポテトチップスを手で砕きながら投入します。その後、ポテトチップスがスープを吸ってしんなりしてきたら溶き卵を回し入れ、少し蒸らします。
ポテチ丼5
ポテチ丼6ポテチ丼7
卵が半熟状になったらそのまま丼ご飯の上へすべらせ、仕上げにみじん切りにしたパセリと砕いたポテトチップスをトッピングとして散らせば、“ポテチ丼”の完成です!
ポテチ丼8
どんな感じになるのかドキドキしていましたが、そんなにおかしくなかったので安心しました。匂いもコンソメスープの香りが強く、少なくとも見た目だけで「キワモノ」とは全然思いません。
ポテチ丼9
それでは、いざ実食!いただきます!
ポテチ丼10

さて、味の感想ですが…意外とまともで、なかなかの味です!
食べた瞬間、頭によぎったのはジャーマンポテト。しんなりするまで煮られたおかげでポテトチップスというよりはマッシュポテトみたいな味わいになっており、それが濃いコンソメスープやソーセージと結構合っていました。食感があまりにも違うので普段は忘れがちですが、やっぱりポテトチップスはれっきとしたじゃがいもなんだな~という事を再確認しました。煮卵とよくなじんでいたのも、食べやすくてよかったです。
上にのっかっている砕いたポテトチップスはパリッとしていていいアクセントになっていますし、スープを吸ってクタクタになったキャベツも甘くてご飯にぴったりでした!これは個人的にありだと思います。
ただ、難点を挙げるとすると少々脂っこく、最後らへんでは味がやや単調になりがちでした。ジャンクフードが苦手な方だと評価が別れそうですので、オススメは出来ません…。しかし工夫の余地は十分あると思いますので、このままだと惜しいレシピだなと感じました。

普段は何も考えずに単品でバリバリと食べているポテトチップスですが、使い方次第で色んな料理に変身出来るんだなと思いました(←当たり前の事ですみません^^;)。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.03.08 Mon 14:51  |  

じゃがりこにお湯を注ぐとポテトサラダみたいになる、というのは聞いたことがありますがポテチも料理に使えるんですねぇ

私は3年くらい経ちましたがP2!の復活を未だに望んでいます!

  • #-
  • ななし
  • URL

2010.03.08 Mon 20:12  |  

「クッキングパパ」は「ミスター味っ子」と違って、毎回スタッフの方たちと試作と試食をしているそうなので、いずれも非常に実用的な料理ばかりなんですよね。レシピだけ集めた本も出ているくらいですし。

ポテトチップスは色々な味付けがあるので、料理によっては非常に使い出があります。ガーリック味のポテチをカレーに使ったりとか。この料理ならコンソメ味のポテチをを使えば、スープを別に用意しなくて済むかもしれませんw それと油が気になるようでしたら、ソーセージとキャベツを炒めるときに、油のいらないテフロン加工のフライパンを使ったら良いのではないでしょうか?

そういや原作のまこと君は既に大学生なんですよね。長期連載の作品や過去作品の続編を見ると、時としてキャラクターの成長にしみじみした想いを抱かされます。陽一君みたいに家を放って海外を放浪するダメ中年になってるのはどうかと思いますがw あの山岡さんでさえ三児の父親をそれなりに勤めているというのにw

  • #dZ2c3wmQ
  • 大鳥
  • URL
  • Edit

2010.03.08 Mon 21:11  |  ななしさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

じゃがりこにお湯、一時期流行りましたね~。あれはあれでいい味だったのを覚えています。
今回、ポテチ丼に触発されて試しにサラダにもポテトチップスを砕いて散らしてみましたが、確かにおいしかったです。これからも色々な使い道を探したいと思いました(^^)。
それにしても、『P2!』とは懐かしいですね。元卓球部員としては、復活を願っていますが…どうなんでしょうね;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた時にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.08 Mon 21:42  |  大鳥さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

『クッキングパパ』はあまりレシピに破綻がないので、確かに安心して再現できる感じです(^^)。
それにしても、ガーリック味のポテトチップスをカレーに使うという発想はありませんでした!けれど元はじゃがいもですし、トッピングとかにしてみたら合いそうです。
あと、コンソメスープにあわせてコンソメ味のポテトチップスを使うというのも、相性がよさげでいいですね。
我が家は普段、マーブルコーティングのフライパンを使っている為、油いらずに調理出来ているのですが…それでもやはり油分豊富って感じでした;。もしかしたらポテトチップスの量が多過ぎだったのかもしれませんので、次回は少なめで再チャレンジしてみたいです。

まこと君は琉球大学に通っているみたいで、それを知った時は「あれ?てっきり福岡大かと…」と少し戸惑ったのを覚えています。しかし、その理由を知った時はなるほど~と納得し、同時にまこと君の成長が感慨深かったです(一時など、私よりも年上だったはずなんですがorz)。
正直、『ミスター味っ子2』になってからの陽一君は親としてあまりに無責任すぎるので、私も素直には見れなくなってしまいました(^^;)。まあ、漫画ですから真面目に考える私の方がおかしいのかも知れませんが…。
それに比べて山岡さんの方は、段々子どもにも雄山氏にも接し方に余裕が出て来た感じですのでほっとしてます。しかし、初期から中期にかけての無鉄砲型山岡さんも好きだったので、何だか複雑な心境です…。難しいですね;。

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.10 Wed 18:33  |  

実体験なのですが、ジャンプの漫画はメジャーでなくても10~20年位するとうっかり続編が作られたりすることがありますので、気長に待ってみるのはありかも知れませんよ。
……少々性質が変わってしまう可能性もありますが。

「舞ってセーラー服騎士」がリメイクされた時には何の冗談かと思いましたし、堂々10週打ち切りの「ボンバーガール」に至っては3回リファインされました。……時代の流れでエロ方面に特化され胸が痛みましたが。

ご存じないであろう、古い漫画の話で済みません。
ただ、復活の目はゼロではない、ということで。
私は「みえるひと」が10年後くらいに他誌でやらないかな、と思ってます。

  • #-
  •  ゆき
  • URL

2010.03.10 Wed 20:01  |  ゆきさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをしてくださり、ありがとうございます。

何と、そんなに後でも復活の可能性があるんですか!何だか希望が出てきました。
…しかし、以前とノリが違ってしまうと、逆につらそうですね(´・ω・`)。
私自身、ギャグ漫画『ボンボン坂高校演劇部』が読みきりで復活したのを読み、そのあまりの変わりように悲しくなった人間ですのでお気持ちはよく分かります。

残念ながら、ゆきさんが挙げられた漫画のほとんどは知りませんでしたが(すみませんorz)、惜しくも打ち切りになった『みえるひと』は知ってたので、「あ!」と懐かしくなりました。
T樫氏という漫画家はかつて「打ち切りは漫画家への思いやり」とのたまったそうですが、声を上げて反論したいですね;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、また読んでくださると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2013.09.21 Sat 05:27  |  初めまして

最近見付けて楽しく拝見させていただいております。

打ち切りは、アンケートで決まるので、読者の声でもあります。

ダブルアーツは、年齢層的にスクエアジャンプとかじゃないかなと思ってました。

子供にはちと難しそう。

実際、少年ジャンプで打ち切られた作品は、何年かたってスクエアにて再開とかよくありますんで。

打ち切られたくない作品があるなら、購読してアンケートなわけです。

打ちきりの予兆は掲載順です。

  • #-
  • たぬきち
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/471-61a19d1b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ