『きのう何食べた?』の“鶏肉のオーブン焼き”を再現!

『鋼の錬金術師』の著者である荒川弘先生が書いている自伝的エッセイ漫画『百姓貴族』が、面白くて仕方がありません。農業や酪農に従事している方達の実情がギャグっぽく語られており(時折シリアス有り)、『鋼の錬金術師』を読んでいない方でも十分楽しめる内容となっております。少しでも農業に興味をお持ちの方には、必見の作品だと思いました。
どうも、荒川弘先生が女性だという事実を知ってびっくりしたあんこです。

今日再現した漫画料理は、『きのう何食べた?』にてシロさんがお料理友達・佳代子さんに教えてもらった“鶏肉のオーブン焼き”です!
鶏肉のオーブン焼き図
佳代子さんとは、ゲイであるシロさんが女性で唯一親密に友達付き合いをしている、年上で子持ちの奥さん。初めて会った時は、運悪く悪条件が重なったために連続主婦レイプ魔(!)に間違われそうになってあやうく通報される所でしたが、追い詰められた末に誤解を解くための「私はゲイです!」発言をして以来、佳代子さんの家族公認ですっかり打ち解けた仲に(^^;)。以来、安いけど一人では多すぎる商品を半分こしたり、レシピを教えてもらったりするという世代を超えたお付き合いをしています。
佳代子さんの言葉の中で一番印象に残っている言葉は、「料理作ってる時ってちょっと無心になれるじゃない?だからごはん作るだけで、イヤな事あってもけっこうリセット出来んのよねあたし」というセリフ。私の場合、料理の他にも読書とゲームとブログ更新が加わりますが、これにはおおいに共感しました。うまくストレスをリセットするのは、自分だけでなく周囲の人達のためにもなりますので、出来る限り心がけたいところです。
お料理リセット!
さて、この“鶏肉のオーブン焼き”は、そんな佳代子さんがシロさんに「超カンタン料理でしょ!」と言いながらシロさんに紹介した料理。どんな作り方かというと、何と切った鶏もも肉に焼肉のタレをどばーっとかけて漬け、約二十分経過したらオーブントースターでひっくり返しながら焼くという、たったこれだけ!最初に読んだ時は、要領が悪いせいで無駄に料理に時間をかける私にとってまさに目からウロコだったのを覚えています。
焼肉のタレをドボリ
せっかく材料もレシピも手元にそろっていることですし、早速再現にしてみようと思います!

そんなこんなで、レッツ再現調理!
まず、鶏もも肉から黄色い脂肪やスジなどをきれいに取り除き、四等分に切りわけます。
鶏肉のオーブン焼き1
この鶏肉をボウルに入れ、続けてお好みの焼肉のタレをドボリとかけてもみ込みます。そして、このまま二十分以上漬け込んでおきます。なお、甘めの味付けが好きな方はこの際に砂糖を付け足してもいいみたいです。
鶏肉のオーブン焼き2鶏肉のオーブン焼き3
時間がたったらアルミホイルを天板に敷いて、そこへ皮を上にした鶏肉をタレごと乗せます。この鶏肉を200度のオーブントースター又はオーブンに入れ、肉の両面を七~八分ずつ焼きます。
鶏肉のオーブン焼き4
鶏肉のオーブン焼き5
その間、水菜をザク切りにしてお皿にどっさり盛っておきます(レタスやキャベツでも可だそうです)。
鶏肉のオーブン焼き6
鶏肉が焼けたらオーブントースターから取り出し、タレごとお肉をどばっと水菜の上へ乗せれば“鶏肉のオーブン焼き”の完成です!
鶏肉のオーブン焼き7
タレ色に照っている鶏の皮が、すごくおいしそうです…。元が焼肉のタレですので香りもいいですし、期待大です!
鶏肉のオーブン焼き8
それでは、いざ実食!いただきま~すっ!

さて、味の感想ですが…中までタレが染み込んでて旨しっ!
調理手段が旧式オーブントースターだったせいか絶妙な火の通り具合で、皮はプリプリお肉は柔らかジューシーで、全くかたくありませんでした!不思議な事に、半分照り焼き、半分蒸し焼きにしたような感じの味わいで、表面はちゃんと焼けているのに中身はしっとりとしていたので二度おいしかったです(おそらく、強すぎず弱すぎずな火力がよかったのだと思います)。あと、下に敷いてあるシナシナシャキッとした食感の水菜がいいアクセントになっていて、そのおかげでかなり最後の方までさっぱり食べる事が出来ました。
飴色に色づくまでたっぷりタレを含んだ鶏肉といい、にんにく風味が全体にきいてて甘辛いタレといい、それらとなじんで少し温野菜っぽくなった水菜といい、とても約三十分で手軽に作れたとは考えられない料理です。ご飯と一緒に食べてもおいしかったですし、タレをきってからパンにマヨネーズと一緒に挟んで照りマヨサンドにしてもいけそうだな~と感じました。

忙しい時でもちゃちゃっと出来るので、利用範囲が広そうです。これはお料理好きの方から初心者の方まで、是非一度は試していただきたい料理です!

●出典)『きのう何食べた?』 よしながふみ/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.02.19 Fri 21:01  |  

おぉー。
この調理法なら、オーブンが無くてもフライパンで焼くとかで、代用できそうですね(^^)
すでに味付けしてあるタレを使うのも、簡単にできて良いですね。
これは作ってみたいです。

『ハガレン』、自分も好きです。
荒川弘先生、すでに2歳になるお子さんがいるそうですよ。

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.02.19 Fri 23:56  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

そうですね、色々と応用がきくと思います!あと、焼き肉のタレ次第でかなり味が変わりそうなので、そういう点でも面白そうです(^^)。
時間は漬けたり焼いたりでちょっとかかりますが、その分手間はほとんどかからないのでどんな方でもすぐに作れそうだと思いました。
タレつきの水菜がおいしくて野菜もたっぷり摂取出来るので、オススメです(´∀`*)。
私も『鋼の錬金術師』は大好きで、未だに単行本を新品で集めてます。
二歳のお子さんを育てつつ、農業もしつつ、漫画も書くなんて…!荒川先生の底知れぬパワーと努力に、脱帽しました;。

これからも色んな漫画料理を再現しますので、お時間が空いた時に見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/481-917d7b5b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ