『美味しんぼ』の“ジャガイモのバター煮”を再現!

昨日の晩、バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケートで行われた浅田真央選手とキム・ヨナ選手の演技を特集番組で見ました。何というか、スケートを見て背筋に鳥肌がたったのは生まれて初めてです。あまりにすばらしくて感動しました。フリーも是非健闘して頂きたいです。
こんにちは、水泳・バレーボール・バスケットボール・卓球・バトミントンといろんなことをやったものの何一つものにならなかったあんこです。

今回再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて山岡さんたちがジャガイモ嫌いの中松警部の為に作った“ジャガイモのバター煮”です!
ジャガイモのバター煮図
事の発端は、皮肉にも中松警部自身の挑発。剣道道場の稽古始めの日、お汁粉が苦手な道場仲間・嵩杉さんに「食べ物の好き嫌いを言うやつは武士じゃない!」「だからお前の剣は甘いと言われるんだ」と言ってからかい、お汁粉を一気食いさせてしまった事から始まります。中松警部はその様子を見て満足して立ち去ろうとするのですが、嵩杉さんはそうはさせじとばかりに引きとめ、「今度はお前の番だ。お前の嫌いなジャガイモを食べてもらおう(゜Д゜#)!」と詰め寄ります。
子供の頃にジャガイモを喉に詰まらせかけて以来、ジャガイモがトラウマとなっている中松警部は慌てて断ろうとしますが、回りの皆もたきつけてきて追い詰められ、とうとう後日ジャガイモを食べることになってしまいます(ちなみに、中松警部はこんなエピソードばっかりです^^;)。そこで山岡さんたちに「ジャガイモを好きになる料理を作ってくれ~!」と助けを求め、出された料理がこの“ジャガイモのバター煮”です。
ジャガイモのバター煮1
この料理は元々札幌に実在する居酒屋「味百仙」の名物料理との事で、材料や作り方は単純なものの煮込み時間に約四時間(?!)もかかるのだそうです。何でも、バターをほこほこではなくサラッと仕上げるのには、これぐらいじっくり煮なければならないのだとか(その為、「味百仙」さんはこの料理を前日までに要予約の料理としています)。う~ん、たかがジャガイモ、されどジャガイモですね…。
中松警部の言う「土臭さ」「うっぷ」と全くしないジャガイモとはどんな物か気になったので、早速作ってみます!

そういう訳で、レッツ再現調理!
まずは出汁作り。大きいお鍋でお湯をたくさん沸かし、そこへかつお節を多量にドバッと加えて数分煮出して漉し、やや濃い目なかつおの一番出汁を取ります。
ジャガイモのバター煮1ジャガイモのバター煮2
このかつお出汁と皮をむいたジャガイモ、有塩バター(ジャガイモ十個に対して半ポンドが目安)、塩、砂糖を鍋に入れ、超弱火で約四時間程クツクツと煮込みます。
※なお、ジャガイモの品種は男爵イモよりも煮崩れにくいメークインの方がオススメとの事。
ジャガイモのバター煮3ジャガイモのバター煮4
作中では、四十分後に浮かぶ→そのまま煮てると沈む→二時間半ほどしたらまた浮かぶ→三十分位したら食べ頃と説明されていましたが、私の方のジャガイモ達も大体そんな風でした。この四時間もの煮込み時間が、ジャガイモの旨さをさらに倍増させてくれるのだそうです。
ジャガイモのバター煮5ジャガイモのバター煮6
ジャガイモのバター煮7
四時間以上経過してジャガイモが見事に煮上がったら火を止め、お皿へジャガイモ・スープ・彩りの木の葉を共に飾り付ければ“ジャガイモのバター煮”の完成です!
ジャガイモのバター煮8
バターの艶かしい香りが、部屋中へ強烈に漂います…。事実、父・母・妹三人が「何?すごくおいしそうな匂いがする」と寄ってきていました(・∀・)。
ジャガイモのバター煮9
山岡さんたちが中松警部に教えていた食べ方から抜粋すると、下のスープへジャガイモを浸すようにして崩しながら食べるのがベストとの事でしたので、私もそうしてみました。すると、ジャガイモは抵抗する事なく静かに割れていきました…。これは、期待大です!
ジャガイモのバター煮10
それでは、いざ実食!いただきまーす!
ジャガイモのバター煮2
ジャガイモのバター煮11

さて、味の感想ですが…これはすごい。今までに食べた事がない味です。
ジャガイモのバター煮3
作中で中松警部が感動しているように本当にサラサラで、喉につっかかるようなうぐうぐ感が全くありません。歯に触れるか触れないかでホロロッと崩れ、出汁と一緒にサアッと舌の上へなめらかにほどけていきます。もちろん、元はジャガイモなので完全にホコホコした食感が消えている訳ではないのですが、心地よく食べられるギリギリの分だけしか残っていない感じで美味でした。
ジャガイモ全体に濃い風味のかつお出汁と、豊潤な香りをしたバターのコクがたっぷり染み込んでおり、芋類に共通しがちな土臭さはほとんどなくなっています。そのまますくい取って芋の旨味を堪能したり、スプーンでつぶしながらスープになじませてポタージュ感覚ですすったりするのもよく、確かにこれならジャガイモが苦手な方でも別物として食べられそうだな~と思いました。

バターと出汁だけで長時間とろ火で煮たせいかギューッと凝縮されたおいしさで、結構ボリュームがあるはずなのに気がつかない内にペロッと丸一個平らげられました。家族にも好評でかなりよかったので、ジャガイモだけでなく色々な芋で実験してみたいです!

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.02.26 Fri 17:27  |  

ブログを見て、さっそく作ってしまった。
でもあんこさんのような黄金色ではなくて茶色の仕上がりになっちゃった。ダシが濃すぎたのかな?

  • #-
  • ro
  • URL

2010.02.26 Fri 17:40  |  roさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントとレポをしてくださり、ありがとうございます。

うーむ、茶色になってしまいましたか…。
もしかしたらroさんの仰る通り出汁が濃すぎたのかもしれませんし、
またはバターの量が少なすぎたのかもしれません(推測ばかりですみません)。
こういう時、プロではなく素人であることを歯がゆく思います…。
単行本67巻ですと、ブログ以上に詳しく絵つきで説明されてありますので、
よろしければそちらの方もご参考にしてみてはいかかでしょうか?

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.01 Mon 01:18  |  

通りすがりで失礼します。

給食のおかずとしてこの料理がよく出ていました。
美味しんぼの料理とは夢にも思っていませんでしたが・・・

ただ実際に出てきたものは、挽肉・人参・玉葱が加えられ「洋風肉じゃが」といった雰囲気でしたが。

  • #pYrWfDco
  • プー
  • URL
  • Edit

2010.03.01 Mon 01:58  |  プーさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

給食のおかずとして似たものが出されていたとは、びっくりです。
洋風肉じゃがっぽい味付けでも、また違った感じでおいしそうですね。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、また見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.06 Sat 19:25  |  

はじめまして、この料理は昔から気になっていたので作ってみました
(他にもイタリアンハンバーグ、ニンニクスパゲティもやってみました)

確かにこれは過去経験したことのないジャガイモ料理ですね。時間がかかる割に手間はあんまりかからないのでこれからもちょくちょくやってみたいと思います。ジャガイモ好きですし

私がやった時には冷蔵庫に大量に余っていた男爵芋を使用したせいか、結構崩れてしまいました。あとスープがほとんど芋に吸収されてあまり残りませんでした。出汁の量が足りなかったのかもしれません

とはいえ美味しいのは確かでした。情報提供感謝します

2010.03.06 Sat 19:56  |  OROCHIさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ジャガイモのバター煮を始め、イタリア風ハンバーグやニンニクスパゲティまで再現されていましたか!私の方こそ、感謝です(^^)。
時間はかかるものの、費用と手間がかからないのがいいですね~。
これは他の料理本に記載されていた事なんですが、どうやら男爵いもはホコホコしている分崩れやすい品種のじゃがいもなのだそうです。その為、より崩れにくいメークインの方がこの料理には向いているみたいです。
あと、このお料理は大量のお出汁とバターを使用する事が唯一のコツなように思いましたので、お出汁はじゃがいもが表面に顔を出さずにゆったり出来るくらいの量をおすすめします。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の時にまた見て頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.30 Tue 18:57  |  

ま、まさか・・・この料理を再現するとは!
僕は札幌在住で実際に味百仙で食べましたが、正直このブログの方が濃厚で美味しそうです(本家はもう少しつゆが薄めなので)。
実際の所、このジャガイモ煮は味百仙の裏メニューだったのですが最近では有名になり過ぎで6~7割のお客はこれを頼んでました。
店のおばちゃんもお客に勧めてましたし…。

  • #F3pxXmeg
  • お~つか
  • URL
  • Edit

2010.03.30 Tue 21:57  |  お~つかさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

な、何と実際に味百仙に行かれた方でしたか!こちらは九州とほぼ正反対の土地にいる身ですので、とても羨ましいです…。
それにしても、恐れ多くもご本家さんよりも濃厚でおいしそうに見えるとおっしゃって頂けるとは、非常~に光栄で嬉しいです!味はともかく、見た目だけでもそこまで迫れた事に思わず狂喜乱舞しました(´∀`*)。
六~七割の方が頼むくらい人気が出ているなんて、すごいですね。やはり『美味しんぼ』パワーもさる事ながら、味百仙さんの料理がそれだけおいしいって事なんだなと感心しました。遠く離れているので難しいですが、是非一生に一度は行ってみたいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた時にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.04 Wed 15:29  |  

4時間・・・・
だがジャガイモ大好きだから作るかなー
クラーブラックス味見したんだけどまだっぽいし
これを晩酌にするか
よし、おじゃが様を買って来よう!
ってバターもだ

味噌漬け、ナスとカブは半分に切って二日目がちょうどいい塩梅だたー
きゅうりは1日でいいかな

おまけ フィギア界のジェダイマスター
http://www.youtube.com/watch?v=r11W7wbW_sw

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.08.04 Wed 20:54  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

冬にストーブを使いつつコトコト煮るなら四時間はあっという間ですが、正直夏場には辛い物がありそうですね~;。
私もじゃがいも料理は好物ですので、共感です。
クラーブラックスは、漬け時間がまだでしたかー…。あれは安くて手間いらずな割には見合わない程美味なので、早く漬かりきる事をお祈りします。
とにかく、この料理はバターが信じられない程いりますが、その分贅沢でホワ~とした味わいに仕上がります。

三世さんが味噌漬けをおいしく頂けたようで何よりでした(^^)。
私も実を言いますと、ナスときゅうりは二日くらい漬けた古漬け風が一番好きですw。一日だけ漬けてさっぱり仕上げたのも美味ですが、味がよく染みた方が個人的に好きです。
昨日からカブを私も仕込んでますので、今日は我慢して明日食べてみますね。
あと、面白いおまけを教えて頂きどうもありがとうございます。
閲覧した時、「すごーーー(・∀・)カコイイ!」「フォースの無駄遣い」「ジェダイ無双」という言葉が頭を飛びかいました;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.04 Wed 21:31  |  

訂正
http://www.youtube.com/watch?v=4FhL6KZrFkU&feature=player_embedded
米なし

クラーブラックス明日が楽しみだわー

今部屋にバターの香りが充満中
味見したけど・・・うまーーーー!!!!

も少ししたらワインとビールでいただきまーす!

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.08.04 Wed 22:34  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

コメントなし版のURLを教えて下さり、感謝です。
コメントありの方も楽しいですが、やはりない方が集中して視聴出来るのでいいですねw。

蛇足ですが、クラーブラックスにはレモン汁とマスタードがあると数倍おいしくなりますので、よろしければ是非お試し下さい(^^*)。
それにしても、じゃがいものバター煮がウマーに出来上がったとのご報告、大変嬉しかったです!
バターのおかげでじゃがいもの土臭さがほぼなくなり、かわって豊かな味が増幅しているのがいいですよね。
もし三世さんの晩酌タイムを少しでも充実に出来たのでしたら、幸いです。
個人的にビールが合いそうな予感がしました。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと嬉しいです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.11.23 Wed 21:45  |  

こんばんは。はじめまして。いつも楽しく見せてもらってます・・と、いうより、参考にさせてもらってます。(笑)
今回、とうとうこのじゃがいもバター煮も挑戦してみましたが、いやー、これ、想像以上にツユが減りますね!3時間経過時点で煮詰まりかけて、あわてて追加で出汁をとっていれました。
あんこさんのようにキレイな黄金色の仕上がりにはなりませんでしたが、味はウマー(゚Д゚)でした。 仰せのとおりビールによく合います。
あと、個人的に、ワサビが相性ばつぐんでした。あと醤油。

  • #-
  • syuza
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/486-ba2b40d8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ