『美味しんぼ』の“湯葉のグラタン”を再現!

2007年に公開された映画『ミスト』を、先日マサル君と一緒にDVDで鑑賞しました。ラストの後味はよくないものの、途中まで異世界ホラーアクションとして興味深く見れましたし、もし私が実際このような異常事態に巻き込まれたら一体何が出来るんだろうと想像する上では参考になりました。個人的に、映画中に出てきた渋いバイク乗り風の中年男性が言った「あんたが思う程、神は血に飢えていないと思うぜ」という言葉が心に残っています。
こんにちは、今度は『キャリー』でも見直そうかと思っているあんこです。

今日再現した漫画料理は、『美味しんぼ』にて山岡さんが荒川夫妻を仲直りさせる為に岡星さんに作ってもらった“湯葉のグラタン”です!
湯葉のグラタン図
荒川さん夫妻がまだ新婚だった時、お二人は「私はサザエは刺身が好き!」「僕は壷焼きが好きなんだ!」という些細な事でケンカをしてしまいます;。翌日になると、二人とも自分が悪かったと反省するのですが、この事がキッカケで荒川さん(旧姓:田畑さん)は「若い人たちなら柔軟に相手に合わせたり、譲り合えたりすることが、私たちくらいの歳になって自分という物が出来上がっちゃってると、なかなかそうはいかなくなるのよ…」と先行きの暗さに落ち込んでしまいます。
そんな器用でない夫妻の為に、山岡さんが食べてもらうように「岡星」ですすめたのがこの“湯葉のグラタン”。ホワイトソース、玉ねぎ、マッシュルーム、湯葉で作ったグラタンソースに粉チーズを振りかけて焼いたら出来上がるという、一風変わった料理です。和と洋と正反対の食材なので、一見チグハグな組み合わせなように見えますが、合わせてみるとこれが意外とおいしいのだそうです。
不思議な相性の良さを示すこのグラタンを食べて喜ぶ荒川さん夫妻に、山岡さんはさりげなく「湯葉は、私は日本料理の食材だからグラタンソースに合わせるのは辛い…とか何とか言いそうだけど、言わないんだよな」「グラタンソースの方だってさ、大豆あがりの湯葉の気持ちにこちらが合わせるのは、今までグラタンという物を強固に築き上げてきたから辛い、なんて言わないしさ」と言い、お互い譲り合って仲良くする事を示唆して、見事仲直りを成功させます(ちょっと強引かもしれませんが、まあそこはご愛嬌という事で許して下さい;)。
このエピソードを読むと、おいしい食べ物で和やかになる空気は相手とより親密になるのにすごく有効なんじゃないかな~って思います(^^)。
湯葉のグラタンのソース
山岡さん、ナイス!
ちなみに後日、荒川さんは湯葉グラタンのお礼にと山岡さんのイスに手作り座布団をプレゼントとして置いてくれます。しかし、山岡さんはにぶいので察せずに「あれ?誰かの座布団が俺のイスに…」と戸惑い、最終的に照れ屋な荒川さんを「うるさいわね!座布団作った本人が言ってるんだから間違いないわよ!」と怒らせてしまいます(^^;)。どうやら素直になれないという性分は、グラタンでは直る程簡単なものではないようです…。
素直になれない荒川夫人;
湯葉のグラタンは果たしてどんな味なのか気になったので、早速試してみようと思います!

そういう事で、レッツ再現調理。
まずは、湯葉の準備。乾燥して保存されている湯葉をお水に漬けてもどし、やや大きめの一口大に切ります。
湯葉のグラタン1湯葉のグラタン2
湯葉のグラタン3
次は、グラタンソースの用意。
バター・牛乳・小麦粉で少しゆるめなホワイトソースを作り、そこへ刻んだ玉ねぎ、薄切りのマッシュルーム、先程の湯葉を加えてひと煮立ちさせ、塩とこしょうで味付けします。これで、グラタンソースは出来上がりです。
湯葉のグラタン4湯葉のグラタン5
湯葉のグラタン6湯葉のグラタン7
この出来立てほやほやなグラタンソースをグラタン皿に入れ、仕上げに粉チーズを適量ふりかけて高温のオーブンで約十五分程焼きます。
湯葉のグラタン8
表面の粉チーズがこんがりと色づいたら取り出し、火傷しないよう慎重に机まで運べば“湯葉のグラタン”の完成です!
湯葉のグラタン9
チーズのいい匂いがほのかに香ってくるので、猛烈にお腹がすいてきます。「グラタンの醍醐味は、チーズの香ばしさにこそあり」という事をしみじみ実感しました。
湯葉のグラタン10
それでは、熱々の内にいざ実食!いっただっきま~す!
湯葉のグラタン11

さて、味の感想ですが…独特な食感で旨ーーーし!
湯葉のピラピラしているようでムチムチシャキッとした歯触りと、トロットロなホワイトソースとがぴったりマッチしていてなかなかの味わいです。サクサクして甘みのある玉ねぎと、風味やコクが格別なマッシュルームも湯葉グラタンと違和感なく合っていますし、これはいい和洋折衷料理だと思いました。山岡さん達が「味は豊かなのにくせがない」「素直で優しい味」と言ったのにも納得です。
チーズは粉チーズの方を使用したおかげかそんなに個性を主張していなかった為、湯葉のおいしさを邪魔する事は全くと言っていい程ありませんでした。グラタンと言うとボリューム満点なイメージですが、これなら比較的あっさりと頂けます。食べる前は、「グラタンって濃い味だから湯葉はかき消えてしまうんじゃ…」と心配していましたが、実際に食べてみると意外に存在感があったのでほっとしました。

口当たりがとてもソフトなので、自然と口元がほころぶ一品です。

P.S.
コメント欄や拍手コメントにて再現希望が多かった『美味しんぼ』の「鮭つくし定食」と「鶏皮鍋」を只今試作中なのですが、定食の方は鮭ふりかけ、鍋の方は鶏の匂いが納得いかず、何度か作り直して改善策を練っている最中です。何とか近い内に記事に致しますので、昨日ご紹介した「魯山人のお茶漬け三種」と「卵料理アラカルト」共々、お待ちして頂けると幸いです。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/492-b06e9755
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ