『美味しんぼ』の“アサツキの卵焼きトースト”を再現!

COBS ONLINEという所で行われていたカップ焼きそばの人気ランキングを見てきましたが、一位:UFO焼きそば、二位:一平ちゃん夜店の焼そば、三位:ペヤングソースやきそばという結果を見て、「やっぱりUFOは未だに人気があるんだな~」と感心しました(ちなみに、私は一平ちゃん夜店の焼きそば派です)。
こんにちは、UFO焼きそばは昔と比べて味が変わっていると感じているあんこです。

今日再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて山岡さんが娘さんと和解したい父親・小平さんに作り方を教えた“アサツキの卵焼きトースト”です!
アサツキの卵焼きトースト図
まだ娘さんが小さかった頃に奥さんを亡くされ、再婚する気も子育てに専念する余裕もなかった小平さんは既婚のお姉さん夫婦に娘さんを預けたのですが、娘さんからは長らく「会ってもお金をくれるだけ」「愛情は注いでくれなかった…」と誤解されたまま年月を過ごし、ついには「結婚するから」と電話越しで伝えられるだけで相手の男性を紹介されないという非常事態になるまで関係が冷えてしまいます。
「父親として娘に愛情も伝えられなかったんだから」と自嘲する小平さんを山岡さんは見過ごすことが出来ず、「愛情を伝えるのは今からでも遅くないでしょう」と言っていくつかの卵料理を特訓して教えこみます。その内の一つが、この“アサツキの卵焼きトースト”です。
作り方は所要時間が十分もいらないくらい手軽で、カリッと焼いて細切りにしたベーコンとアサツキのみじん切り・バター・塩を入れて作った炒り卵(スクランブルエッグかもしれません)をトーストにのっけるだけで出来上がりです。本当に簡単なので、どうやっても失敗なく作れそうなのが嬉しいところです。
アサツキの卵焼きトースト作り方
それにしても、下の画像を見る限りかなり厳しい特訓だったみたいですね。料理初心者な小平さんには、相当にきつい体験だったと思います…。さすが思春期から海原雄山直々に容赦なく料理技術を叩き込まれてきた山岡さん、素人といえど手加減は一切ありません。
山岡さんの猛特訓
このトーストも含め、小平さんが作る数点の卵料理を結婚相手の男性と一緒に食べた娘さんは、言葉にされるよりもかえって雄弁に愛情を語りかける温かな味に感極まり、とうとうお父さんと和解します。個人的に、「食べ物を好きなだけ食べさせる」という行為は最大の愛情表現の内の一つだと思いますので、読んでいてすごく納得したのを覚えています。
せっかくレシピが手元にあることですし、早速試してみようと思います。

そういう事で、レッツ再現調理!
まずはベーコンの用意。何もしかずに熱したフライパンへベーコンを入れ、ベーコン自体から染み出てくる脂で揚げるようにしてこんがり焼きます。カリッとしてきたら取り出して細切りにし、フライパンの余分な脂は捨てます。
アサツキの卵焼きトースト1アサツキの卵焼きトースト2
フライパンをさっと洗ったら、次は炒り卵。
刻んだアサツキと塩を、泡だて器で卵を溶いておいたボウルに投入してよく混ぜ、バターを溶かしたフライパンへ流しいれます。お箸でふわりとするまでかき混ぜ、うっすらとかたまってきたら火を止めます。この時、焼きすぎて卵をガチガチにしないのがポイントだそうです。
アサツキの卵焼きトースト3アサツキの卵焼きトースト4
アサツキの卵焼きトースト5
その間、トースターで食パンをキツネ色になるまで焼いておきます。
アサツキの卵焼きトースト6
このトーストパンへ炒り卵を全域に乗せ、仕上げに細切りベーコンをたっぷりのっければ“アサツキの卵焼きトースト”の完成です!
アサツキの卵焼きトースト7
トーストとベーコンの香ばしさがいい感じです。色的にも卵の黄色、アサツキの緑、ベーコンの赤とキレイで、見ているだけでも楽しい気持ちになります。
アサツキの卵焼きトースト8
それでは、トーストが焼きたての内にいざ実食!いっただきっま~す!

さて、味はというと…おお~!予想外な味でおいしいです。
アサツキのシャキシャキした食感や爽やかな香りが卵の甘さと相性がよくて、パンとも合っています。カリカリベーコンのコクと塩っ気が全体的にいいアクセントになっており、ちょうどいいボリュームを付け足していたのも個人的にかなり気に入りました。フワフワな卵とサクッと香ばしいトーストパンの組み合わせがどこか懐かしく、初めて食べたとは思えないくらいほのぼのする旨さです。
アサツキが大量に入っているので、一瞬「和風っぽい」と感じますが、次の瞬間にバターとベーコンの風味が口の中に広がる為洋風のようにも思えるという、面白い味わいでした。例えるならば、某チェーン店が期間限定で販売する「月見バーガー」っぽかったです。簡単に出来る割には結構凝った味がするので、朝食向きだな~と思いました。

変化球バージョンとしては、上にケチャップかマヨネーズをかけて食べてみてもなかなかのお味です。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.03.07 Sun 17:03  |  

このブログすごいですね。
なんというかブログ主の才能を感じます。
これからも楽しみにしてます。

  • #-
  • ggr
  • URL

2010.03.07 Sun 20:34  |  ggrさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、才能なんてとんでもないですっ(゜Д゜;)!
単に「あれが食べたい、これも食べたい」と無我夢中で再現しまくっていたら、いつの間にかこうなっていたに過ぎませんので…。
その為、そこまで褒められてしまうと汗顔になるやら恐縮するやらで混乱してしまいます;。
ただ、私ごときが思い上がりも甚だしいかもしれませんが、色んな方が仕事や休みの合間にこのブログを読んでちょっとでも楽しんだり、疲れを僅かながら軽減して下さっているのだとしたら、これ程喜ばしい事はありません。
お誉めの言葉を下さり、感謝です。

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/493-11695631
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ