『美味しんぼ』の“豆腐のオムレツ”を再現!

近所を歩いていると菜の花が群生している場所を通りかかり、しばし見とれてしまいました。桜が「静」で春を表す花ならば、菜の花は「動」で春を表現する花なんだな~とほのぼのしました。
どうも、とっさに「菜の花の辛子和え」をつい連想してしまったあんこです。

今回再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて娘さんと和解したいと願う父親・小平さんが作った“豆腐のオムレツ”です!
豆腐オムレツ図
以前に再現した“アサツキの卵焼きトースト”の時と同じ話で作られた卵料理で、小平さんが一番最後に作って出した山岡さん直伝のオムレツです。
作り方はというと、特に凝った事はなくて簡単!にんじんとしいたけの細切り、崩し豆腐を出汁・醤油・みりんで味付けして炒り煮にした炒り豆腐を作り、それらを具としてオムレツに包めば完成です。ちなみに、このオムレツは何もつけずにそのまま食べるのがいいんだそうです。
豆腐オムレツ図作り方
目の前で一生懸命作られた“豆腐のオムレツ”を食べた直後、ずっと小平さんの心を誤解していた娘さんはようやく愛情を感じ取る事が出来て胸がいっぱいになり、「お父さん!」と素直に抱きついていました。この時、いきなりの和解に戸惑いつつ「もっと特訓を受けて教えるよ」、「幸せになっておくれ」と言う小平さんの姿は、恥ずかしい話ですが正直うるっときます(´;ω;`)。
感動の和解
私自身、豆腐もオムレツも好物で前々から興味を抱いていましたので、早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、炒り豆腐作り。油をひいた小鍋でにんじんの細切りを炒め、にんじんの表面に火が通ってきたらしいたけの細切りを投入します。
豆腐オムレツ1豆腐オムレツ2
しいたけとにんじんをざっと混ぜたら、今度は手で大まかに崩しておいた豆腐をドバッと加えて全体を混ぜ合わせ、そこへかつお節と昆布の合わせ出汁・醤油・みりんを入れて炒り煮にします。余分な水気がほとんどなくなれば、炒り豆腐は出来上がりです!
豆腐オムレツ3豆腐オムレツ4
次は、オムレツ作り。
熱して油をしいたフライパンに溶き卵を流し込み、二~三度お箸で混ぜて段々焼けてきたら炒り豆腐を慎重に片側へ置きます。
豆腐オムレツ5
くるっとひっくり返して包む事が成功したらすぐに火を消し、火が通り過ぎない内にお皿へ移しかえれば“豆腐のオムレツ”の完成です!
豆腐オムレツ6
比較的うまく巻けた方だったので、ほっとしました。破けるのを恐れるあまり、炒り豆腐の量がちょっと少なめになってしまいましたが、卵はふっくらしていたのでよしとする事にします(^^;)。
豆腐オムレツ7豆腐オムレツ8
それでは、オムレツが冷めてしまう前にいざ実食!いただきまーすっ!
豆腐オムレツ9

さて、味の感想ですが…安らぐ味わいで癒されます。
フワッと焼けたオムレツと、ほんのり甘辛い炒り豆腐とがさり気なく調和しており、食べていると気持ちが和むおいしさです。しっとりホロッとした豆腐の舌触りが卵と区別がつかないくらい柔らかなので、どの年代にもおすすめ出来る料理でした。素朴でありながらも豊かな味ですので、そのまま単品として食べても、おかずとしてご飯と一緒に食べても合います。
また、合わせ出汁をベースとして味付けしたにんじんの甘味やしいたけのふくよかな旨味がこの和風なオムレツにぴったりで、主張をし過ぎず邪魔し過ぎずで程よいアクセントになっていました。作中で「いくらでも入る」と表現されている通り、しっかりと食べ応えがあって腹持ちがいい割には次から次へと箸が進む一品です。具が豆腐と野菜のみと和風なせいかとてもさっぱりしており、軽い後口なのが特徴的でした。

後日、今度は中の具である炒り豆腐にだし汁・醤油・砂糖を足して卵でとじ、炒り豆腐丼にアレンジしてみましたが、それも十分おいしかったです。豆腐は安い上に大豆由来のあっさりしたコクが美味な食材なので、これから先も末長く付き合っていきたいです(^^)。
それにしても、最後のページで山岡さんが「子供を愛さない親なんかいないのさ」と言ったのに対して栗田さんが「そうよ…海原雄山氏も親なのよ」と鋭い切れ味のツッコミを入れたのには、「栗田さんお見事!」と思いました(笑)。
栗田さん一本とった!

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/494-ceae4ec6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ