磯の幸は大好物です。

先々週、相方・マサル君が豪気にも牡蠣やサザエ、アワビなどを炭火焼きにして食べさせてくれるお店で出血大サービスなおごりをしてくれました(^^)。牡蠣には目がないので、すごく楽しかったです。お店の人が言うには「今が一番の旬」との事でしたので、目一杯海の幸を食べてきました!
磯焼き
十種類以上の産地の牡蠣があったので迷ったんですが、今回は生で食べてもおいしいという長崎産や宮崎産の岩牡蠣を注文しました。これらを高温の炭火で半生の状態にして食べると、プリプリっと肉厚な身からジューシーな肉汁がドバ~ッと口の中に溢れてきて、もうため息が出てくるくらい本当においしかったです。それにしても、スーパーの牡蠣とは大きさからして違っており、ゆうに三倍以上のサイズだったのには素直に感動しました。
あと、サザエの壷焼き(醤油をたらして香ばしくなったのをパクリ!)も身の弾力がすごく、ワタのほろ苦い味わいとあいまって美味でした。

今となっては、牡蠣は養殖技術の発達で一年中食べられるようになったそうですので、また近い内に食べに行ってみようと思います!
本日は、ネタにもならないような平凡更新ですみませんでした…(^^;)。

Comment

2010.03.13 Sat 00:24  |  

おいしそうですね。
ふと思ったんですが、あんこさんっていつもケータイのカメラで
ブログの写真撮ってます?
あんこさんのブログは文章はシズル感がでていて、いつもおいしそうなんですが写真が少し弱いように感じました。
今はコンデジでも裏面照射モデルとか安くて写りもいいのもありますし、一眼でもマイクロフォーサーズなど女性でも扱いやすいカメラがたくさんでてきています。そういうカメラで撮ると食べ物もよりいっそうおいしそうに写りますよ。
よけいなおせっかい申し訳ありません。

  • #-
  • ggr
  • URL

2010.03.13 Sat 01:19  |  ggrさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

シズル感というお言葉を初めてネット検索してみた所(知識不足ですみません)、私にはあまりにもったいない賛辞でしたので非常に嬉しく、同時に恐縮致しました;。これ以後もそう言って頂けるよう、頑張りたいと思います。
写真の件についてですが、正直に言いましてggrさんのおっしゃる通りだと思います。確かに当ブログは写真がかなり貧弱で、前々から改善の余地を感じておりました。携帯のカメラでの画像では、相当数の方々からの不快感を煽っているのではと、内心心苦しく情けない気持ちで一杯です…。
事実、相方・マサル君が仕事上で使うデジカメを休日に借りれる時だけに使って撮った写真はいつもと違って高画質で、これで日常的に更新出来れば完成度は上がるだろうなと、つくづく考えておりました。
しかし、①現在の私の収入はお恥ずかしい話ですが結構ギリギリで、わずかな余剰金も再現料理代や本代などに消えている為数万するデジカメを買うのはまだ難しい点、②かなりの機械オンチで、かれこれ二年以上マサル君のデジカメを触らせてもらっても半分以上使いこなせていない点、③今のペースを守って更新出来ているのはシンプルゆえに即時改変が可能な携帯カメラあっての事で、新しいデジカメだとどこまで対応出来るか未知数で怖い為という三つの理由で、まだ撮影方法を変えられずにいます。…どれも本当にくだらない理由であると思います、すみません。
ただ、私自身少しずつですが貯金をしながらマサル君にデジカメでの撮り方のコツを時折習っておりますので、牛歩の歩みではあってもいつかは必ず完全デジカメへ移行したいと考えております(その際は、画質の悪い記事の画像はいくつか撮り直す予定です)。
せっかくのよいアドバイスにすぐお答えできず、誠に申し訳ございません。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、ご縁がございましたらまた見て頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.13 Sat 21:14  |  

なるほど、確かにカメラのせいでブログの更新頻度がおちてしまったら本末転倒ですもんね。自分もカメラは余裕があったらということでいいと思います。
ただ自分の書き込みを補足すると最近のカメラの進歩は目覚ましく、上記の裏面照射CMOSを積んだモデルなどは、光量が足りない室内でもブレたり、色かぶりせずキレイに撮れると優れものです。(写真はやっぱり暗いところが一番失敗しやすいです)現在ソニー、リコー、カシオ、ニコン、富士フィルムから出ていて今は3万円台ですが、あと3ヶ月もすれば2万円台に落ちつくと思います。写真をかじってるんでついついマニッアックなことを書いてしまってすいません。ちなみに料理マンガは「将太の寿司」と「音やん」が好きです。

  • #-
  • ggr
  • URL

2010.03.13 Sat 22:21  |  ggrさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

画像やカメラの件についてご了承して頂き、感謝です。
私自身、料金と技術と不馴れの点をクリアするのは、あとはもう時間だけだと思いますので、出来る限り努力したい問題だと思いました。ご期待に添えますよう、頑張ります。
それにしても、ggrさんのカメラについての知識の深さや情報網にはとても感服致しました。アナログ人間ですので、そういった事に鈍感なままで過ごしていましたが、以後は日頃から近所の量販店をこまめにチェックしてみようと思います。
いざ買う段になった時には、どんな機能を重視して選ぶべきなのか参考になりましたので、非常に助かりました。素人な私に詳しくカメラの現在についてご教示して下さり、ありがとうございますm(_ _)m。
ちなみに、私も『将太の寿司』は好きで未だに読み返しています。前期・中期・後期ではノリが違うのが少々気にかかる他は;、寿司の基礎技術や人情話が面白くていいですね。
再現出来そうな料理(黄金の鯖とか本当にいるんでしょうかね~^^;)は、今日再現した「洋風魚介のおじや」のようにまたやってみるつもりです。

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の時にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/500-7f1816c5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ