『ぶっかけ飯の快感』の“コンビーフ丼”を再現!

この三日間、暴飲暴食を繰り返していたので体重計が怖かったのですが、今朝計ってみると何故か逆に一キロ減ってました。つい反射的に、「すごいね、人体(by『バキ』)」と思ってしまいました。
どうも、「体は横綱、頭脳は親父!」なあんこです。

本日作ってみる再現料理は、『ぶっかけ飯の快感』にて小泉武夫先生がC級食人絶賛の丼として紹介した“コンビーフ丼”です!
コンビーフ丼図
『ぶっかけ飯の快感』とは、以前私が再現した“我流豚丼”が載っていた料理本・『小泉武夫の料理道楽食い道楽』の著者と同じ小泉武夫先生が「安くて旨くて実益のあるB級からD級料理」をテーマにした書いた料理&レシピ本で、読んでいるとお腹がすいてどうにもとまらなくなるという素晴らしい名著です。新鮮な魚やお肉を使った丼はもちろん、小泉先生の得意ジャンルである缶詰や発酵食品をふんだんに使う丼(納豆、味噌など)も書かれてあるので、白いご飯に何かをぶっかけてガーッとかっこむのがお好きな方には是非読んで頂きたい作品です。
今回再現するのは、その中でもかなり簡単でC級に分類される“コンビーフ丼”!作り方はこれまた手軽で、コンビーフと玉ねぎにこしょうをふって炒めた物に溶き卵をかけて半熟にし、そのままご飯に乗せてパセリと紅しょうがをかけるだけで出来上がりです。たったこれだけの手順ですが、先生いわく「実に美味」「百三十円也のコンビーフでこんなにおいしい丼が出来るのですから、C級食人はやめられません」なのだそうです。
どんな味になるのか気になりましたので、早速再現してみようと思います。

という事で、レッツ再現調理!
まず、コンビーフは本物の物ではなくニューコンビーフという馬肉入りの安い方を用意し、キコキコと慎重に開けます(本物のコンビーフを使用してもいいそうですが、先生が言うにはコンビーフもニューコンビーフも「味といい、香りといい、大差がない」との事でした)。子どもの頃からこの開ける作業は大好きだったので、今回も楽しくキコキコしました(^^)。開け終わったら、コンビーフを適当にほぐしておきます。
コンビーフ丼1コンビーフ丼2
コンビーフ丼3
このほぐしたコンビーフと、くし切りにした玉ねぎを熱したフライパンに入れて炒め、塩、こしょうを振りかけて味付けします(薄味でいいなら、塩は入れなくてもOKです)。
コンビーフ丼4コンビーフ丼5
コンビーフ丼6
そこへ溶き卵を回しながら流し込み、少し固まりかけたところで丼ご飯の上へすべらせるようにして乗せます。
コンビーフ丼7
仕上げに、上からパセリのみじん切りと紅しょうがの千切りを乗せれば“コンビーフ丼”の完成です!
コンビーフ丼8
不思議な事に、見た目はお好み焼きそっくりに出来上がりました。ただ、匂いはコンビーフ特有の香りなので混乱させられます。こんな事は初めてなので、どういう味なのか全く想像がつきません…;。
コンビーフ丼9
それでは、いざ実食!いただきます!
コンビーフ丼10

さて、味はというと…見た目をいい意味で裏切ります!なかなか旨し!
食べる前はお好み焼きに似た外見のせいでソースマヨ味を無意識に予想しているのですが、パクッと一口食べた途端、いきなり洋風チックな味が舌を襲います。コンビーフ独特の複雑かつ西欧的な香りがご飯の湯気と不思議にマッチしており、面白いおいしさでした。今回、馬肉と牛肉という二種類の肉が入ったニューコンビーフを使用した為ややしっかりめな舌触りでしたが、それでも風味に違いはほとんどなくて十分よかったです。
コンビーフの塩っ気と程よいコク、まろやかな半熟卵のトロトロした舌触り、サクサク玉ねぎの甘さがご飯といい具合に合わって混じり、新たな旨味の世界を作り出しています(これだけでもう完成されつくした味になっていたので、正直紅しょうがのアクセントは邪魔に思えました)。あと、コンビーフ自体が旨さの素である肉汁や脂を存分に出していた為、出汁なしでもあまり物足りなくなかったです。

コンビーフと玉ねぎと卵だけでちゃんと丼になるのか心配でしたが、案外大丈夫なんだと分かって感心しました。同じ材料でチャーハンにしてもおいしそうですし、色々とバリエーションを増やしてみようと思います。

●出典)『ぶっかけ飯の快感―A級保存版のBCD級グルメ』 小泉武夫/日本経済新聞社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.04.05 Mon 22:41  |  

小泉武夫先生がきましたかー。以前も思ったのですが、自分が知っている人が採り上げられると何かうれしい感じがします。自分もこの方の著作を何冊か持っているのですが、大学の教授とは思えないくらいフランクで面白い文章ですよね。そして食べ物の描写が独特かつとても食欲をそそるという、個人的に大好きなひとです。

コンビーフはちょっと苦手なのであまり使わないのですが、卵で軽くとじてある分食べやすそうです。今度試してみようかなと思います。

  • #-
  • みどりのふくろう
  • URL

2010.04.06 Tue 00:33  |  こんばんは

あんこさんこんばんは!
二回目のコメントです。
最近夜中にこのブログを見て、あまりにも食欲をそそる写真や文章に
ガマンしきれず夜食を食べまくってしまいます・・・
ううう・・・今日もまたコンビーフ丼を見て誘惑が襲ってきます。

今日はひとつご報告したいのですが、
クッキングパパの虹子さんが旦那さんの荒岩に作ったクリスタルボールを
実際に作ってみました!
サラダをゼリーで固めたやつです。
漫画本通りの大きさだと崩れそうだったので、少し小さめのボールで作ったのですが、
とてもおいしかったです!
漫画にもあったとおり、ビジュアルがとても美しく、切り口がビューティフォーでした。
ただ味をちょっと薄めに作ってしまったので、ゼリーの部分にもっとコンソメ味を強くつければよかったと思いました。
もしよかったらあんこさんも作ってみてくださーい!

  • #w7E8CPEA
  • かなこ
  • URL
  • Edit

2010.04.06 Tue 11:19  |  みどりのふくろうさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も小泉武夫先生の著作は大好きですので、みどりのふくろうさんもそうだと知って嬉しいです。
最初読んだ時は、食べ物描写のあまりのうまさに小説家か料理人ではないかと予想していましたので、大学教授だと知って驚いたのを覚えています。
ご飯に何かをかけてバクバク食べるなど、直接胃袋を刺激する記述が多いのがいいですね~(^^)。
コンビーフはよく炒めるとパラッとして風味もおさえめになりますし、卵でとじる事によってまろやかになるので苦手な方でも大丈夫なのではないかと思います。
簡単で、何よりびっくりする程おいしいですし、イチ押しです!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.04.06 Tue 11:30  |  かなこさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

食欲をそそるというお言葉は私にとって一番の褒め言葉ですので、すごく嬉しいです(^^)。まだまだ未熟ですが、文章も画像もより向上するよう精進します。
それにしても、何と『クッキングパパ』のクリスタルボールを再現致しましたか!あれはおいしそうな上にインパクト大でしたので、強く印象に残っておりました~。
サラダの爽やかさとゼリーのプルプル感が何ともいえなさそうな感じです。虹子さんはこういう独創的な料理が多いので感心します。
今度時間があった時に、是非再現してみようと思います!

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた時にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/502-71cd3e9b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ