『貧民の食卓』の“春風そよふく菜の花丼”を再現!

漫画『おいピータン!!』には、<カレー心>というカレーが食べたくなって仕方がなくなった時にもやもやと現れて「食べないの?」とまとわりついてくるキャラがいるのですが、これは私にも身に覚えがあります。しかも、カレーだけでなく色んな食べ物に形を変えて襲ってくるのでほぼ毎日のお付き合い(^^;)。昨日など、<とんこつラーメン心>が頭の中で強烈にアピールしてきた為、ほとほと困ってしまいました…。
こんにちは、今夜あたりラーメン屋さんに出前を取ろうか迷っているあんこです。

本日再現する漫画料理は、『貧民の食卓』にて主人公・赤柿のおっちゃんが菜の花を見にハイキングへ行った千夏ちゃん達に夕食として作った“春風そよふく菜の花丼”です!
春風そよふく菜の花丼図
丼つゆの味付けは親子丼と同じなものの、中身は春らしさをイメージした食材尽くしという今の時期にふさわしい丼料理です(その為、作中と同じように菜の花見物に行った帰りに食べると喜びもひとしおだと思います)。
鶏もも肉の代わりに鶏皮、三つ葉の代わりに菜の花を入れて作るという、いわば春版他人丼といった感じの作り方が特徴的。鶏皮はそのまま入れると臭みが出てしまう為、ただ煮るのではなく塩・こしょう・片栗粉をまぶして揚げてから作るという細やかな気遣いまでしているので、初めて見た時から「どんな味なんだろう…(´Д`*)」と興味津々でした。そのまま食べてもお酒のおつまみとして美味な食べ物なので、いやでも気になります。
鶏皮は揚げて使います
『貧民の食卓』料理は、私が再現したい物はもうほとんど作りつくしたので、おそらく今日が最後だと思います(もちろん、他作品の再現料理はまだまだ続きますのでご安心下さい^^)。なので、いつも以上に気合を入れてレシピ通り再現してみます!

そういうことで、レッツ再現調理!
まずは、材料の下ごしらえ。鶏皮は余分な脂身のみを除いてから一口大に切り分け、塩とこしょうで下味をつけた後に片栗粉をまんべんなくまぶします。粉が落ち着いたら、百八十度に熱した油でサクサクッと揚げ、キッチンペーパーで余分な油分をきっておきます。
春風そよふく菜の花丼1春風そよふく菜の花丼2
春風そよふく菜の花丼3
菜の花は、塩を少量溶かした熱湯で茎の方から入れて色よく茹で、流水でささっと冷やしてギュッと絞ったらザク切りにします(菜の花は目を離すとあっという間にシナシナになるので、あんまり茹で過ぎない方がいいです)。玉ねぎは、適度な薄切りにしておきます。
春風そよふく菜の花丼4
フライパンにだし汁、醤油、砂糖、みりんを混ぜて作った丼つゆを入れて火にかけ、煮立ってきたら玉ねぎを投入します。玉ねぎに軽く火が通ったら、菜の花と鶏皮を加えてひと煮立ちさせます。
春風そよふく菜の花丼5春風そよふく菜の花丼6
春風そよふく菜の花丼7
材料にちょうどいい具合に熱が入ったら、そこへさっくりかき混ぜておいた溶き卵を回しかけてすぐにフタをます。約二十~三十秒経過したら火を消し、少し蒸らします。
春風そよふく菜の花丼8
卵が半熟状に固まっているのを確認し、丼ご飯の上へすべらせるようにして慎重に乗せれば“春風そよふく菜の花丼”の完成です!
春風そよふく菜の花丼9
菜の花と卵のいい香りが漂い、心が癒されます。今まで私は「親子丼以上に優しい印象の丼はない」と考えていましたが、正直この丼も負けていないと思います。
春風そよふく菜の花丼10
それでは、熱々のところをいざ実食!いただきますっ!
春風そよふく菜の花丼11

さて、味はというと…おいしいです!玉子丼の次くらいに春にぴったりな丼でした!
ほんのり甘塩っぽい丼つゆが絡んだご飯と、しっとりフワッととろけるような煮卵がほろ苦い菜の花と相性抜群で、つい箸が進みます。考えてみれば、昔から「菜の花の卵とじ」という定番料理があるくらいですので、この組み合わせがご飯に合わない訳がなかったのでした;。ちょっと詩的に例えるならば、まるで春の陽光のように穏やかな後味で、食べるごとに口元がほころぶおいしさです。
結果的に揚げ煮状態となった鶏皮は、外側の衣に染み込んだ丼つゆでツルツルになった舌触りと中のカリッとした食感の対比が面白く、ご飯や菜の花とも合っていていい感じでした。一歩間違えればあっさりしすぎそうになる丼に程よいコクを与えていますし、重すぎず軽すぎず食べれる所もよかったです。玉ねぎの甘さも全体の味わいを柔らかいものに仕立てていましたし、今の時期には十分有りな料理だと思いました。

菜の花はビタミンCやミネラルが豊富な野菜ですので、季節の変わり目で体調を崩しがちな方にはうってつけな食材です。二月から三月にかけてしか食べられない貴重な野菜ですので、よろしければ是非一度は食されてみて下さい(^^)。

●出典)『貧民の食卓』 おおつぼマキ/新潮社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/508-8ff1ff3f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ