『ミスター味っ子』の“陽一流納豆卵そば”を再現!

長女なせいか、FFTの憎まれ役・ダイスダーグ兄さんの「おまえがそうやって剣を振れるのは、誰のおかげだと思っている!?英雄と呼ばれるのは誰のおかげだ!すべてこの私だ!この私が手を汚しているおかげで、おまえはその立場にいられるのだ!」という血の叫びが、痛ましくて仕方がありません…。彼がした事は許されることではないですし、性格はもう取り返しがつかないくらい歪んでいましたが、完全に「悪」とみなすには少々やりきれないキャラです。
こんにちは、FFTではアグリアスを最終ステージまで連れていくあんこです。

本日再現する漫画料理は、『ミスター味っ子』にて陽一君が博多でのそば対決の際に作って勝負を賭けた“陽一流納豆卵そば”です!
陽一君の納豆卵そば図
そばに関しては全くの初心者でありながら、短期間の間に才能と努力でそば&つゆの味わいを対戦相手・岩川清也君のレベルにまで追いつかせた陽一君は、最後に「俺だけの個性的な具」を何にしようか考えます。意外性がある事はもちろん、麺と出汁の風味を十分に活かしつつボリューム感も併せ持つという稀有な具にした方がいいと味皇様からアドバイスされていた事もあり、さすがの陽一君も悩みに悩みます。
「さっぱりとこってりを両立」…この課題、何回目でしょう。
そんな時、陽一君は「よーし、思い切って納豆と卵の作戦でいってみよう!」と突如アイディアが閃きます。そのアイディアとは、何と納豆と卵をミキサーにかけて細かくし、クリーミーに仕立てるというもの。こうする事によって納豆と卵のハーモニーを高め、尚かつそばを邪魔しない具になるのだそうです。その上、海苔・天かす・ネギを振りかける事によって、足りない旨さを補わせられるのだとか。
おかげで陽一君は、そばのプロである岩川清也君に勝利する事が出来ます。←本当は引き分けだったんですが、清也君が「鴨みたいに高価な食材を使わず、それに匹敵する味わいを作れるとは…おいの完敗ばい!」と負けを認めたのでこういう結果になりました(地元キャラがいい人だと、単純ですがやはり嬉しい気持ちになります^^)。
どうやらこの料理は、京都の老舗蕎麦屋・有喜屋の名物有喜そばがモデルらしく、写真を見るとまさしくメレンゲとしか言えないようなふわふわした卵色の泡が見るからにおいしそうです。最初にこの話を読んだ時は、火を通してあるのかないのかイマイチ分かりにくかったので手が出せなかったのですが、有喜屋さんのそばを見る限りはどうやら生のまま乗せている事が判明しました。
ふわふわの秘密
結構前ではあるものの岩川清也君が出した“鴨南蛮”も再現していることですし、せっかくですので陽一君の創作そばも再現してみようと思います!

そういう事で、レッツ再現調理!
まずは、肝心の具作り。本来なら作中の記述通り、卵と納豆は同時にミキサーにかけるべきだったのですが、モデルである有喜そばの見た目やこちらの方の有喜そばの再現レシピを参考にする限りそれでは別物になりそうな気がしたので、今回は卵黄と卵白にあらかじめ分けて作る方式にしました(ぷるみえさん、ありがとうございます)。
陽一君の納豆卵そば1
卵白の方はミキサーでよく泡立て、ピンとツノが立つまで根気よく混ぜておきます。
陽一君の納豆卵そば2陽一君の納豆卵そば3
卵黄の方は納豆、醤油、納豆のタレと一緒にフードプロセッサーでガーーーッと細かくなるまでかけ、途中で先程泡立てておいた卵白を三分の一だけ加えてさらにガーーーッと混ぜます。実はこの作業はミキサーでも構わないのですが、つい最近ミキサーが寿命を迎えた為、こういう手順になりました;。
陽一君の納豆卵そば4陽一君の納豆卵そば5
納豆が粉々になり、卵もあらかた混ざったらボウルに取り出し、そこへ残りの卵白を投入してミキサーでまんべんなく混ぜたら、具の出来上がりです!色は黄色がかったクリ-ム色、表面はツヤツヤ、中はフワッフワで、既においしそうです(´Д`*)。ちなみに、納豆の匂いはそこそこ消えて和らいでました。
陽一君の納豆卵そば6
次は、おつゆの用意。かつおの一番出汁を取って漉した物と、この時期から継ぎ足しては火入れして熟成させたかえしを一定の割合であわせれば、おつゆは出来上がりです。
陽一君の納豆卵そば7
陽一君の納豆卵そば8陽一君の納豆卵そば9
その間、天ぷら油で天かすを作り(揚げた回数が多い油である程おいしい天かすになります)、ネギを刻んでおきます。
陽一君の納豆卵そば10陽一君の納豆卵そば11
今度は、そばの準備。熱湯で生そばを約一分半茹でて流水で洗い、おつゆが入った小鍋に加えて一分未満の間温めます。そばが伸びない程度に温まったら火からおろし、器へおつゆごとそばを移して、その上に具をすべらせるようにして乗せます。
陽一君の納豆卵そば12陽一君の納豆卵そば13
陽一君の納豆卵そば14陽一君の納豆卵そば15
仕上げにちぎった海苔、天かす、刻んだネギを適度に具の上へ散らせば“陽一流納豆卵そば”の完成です!
陽一君の納豆卵そば16
納豆の粘る力自体は大分弱まりましたが、それでもわずかに残って糸を引いていたので驚きました。泡の部分とおつゆの部分は合わさるどころかほぼ別々に分かれて二層になっているので、味が楽しみです。
陽一君の納豆卵そば17
それでは、泡とそばをよ~く絡めていざ実食!いっただっきまーす!
陽一君の納豆卵そば18

さて、味の感想は…新食感。不思議と魅力的な味です。
口当たりはメレンゲ、舌触りは淡いクリームといった感じで、食べた次の瞬間にはシュワッと溶けてなくなっているという儚げな食感が印象に残りました。それでいて、どっしりとした強い旨味が特徴的な納豆と、空気を含んで格段とまろやかになった甘い卵が奇妙なボリューム感を出しており、一口すするごとに何とも形容しがたい複雑なコクを堪能出来ます。また、細かく砕かれて泡状になっている分そばやおつゆとの一体感がすごく、ツルツルッとかなり食べやすいのが個人的に気に入りました。
トッピングとして入っているフワフワ天かすの油分、パリッとした海苔の香ばしさ、シャキシャキねぎの爽やかな風味が程よく効いていて、納豆や卵、甘辛いおつゆともぴったりでおいしかったです。納豆が入っているとは思えない程上品かつ趣きのある味わいで、大満足な仕上がりでした!

さすがに鴨南蛮に勝てる味とまで言ったら少々大袈裟ですが、それでも十分おいしいそばです。

●出典)『ミスター味っ子』 寺沢大介/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.03.25 Thu 00:34  |  すごい!

こんにちは!リンクを辿ってきました。
あんこさんは有喜そばを召し上がったことがないのですか?
だとしたらこれ、完全に再現されていますよ!
フチのこんもり具合、表面張力がもう有喜そばそのものです。
やっぱり電動ミキサーで泡立てると違いますね。

「再現料理」って面白いアイデアですね!
これからもちょくちょく覗かせていただきます♪

2010.03.25 Thu 00:59  |  ぷるみえさん、初めまして!

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
わざわざコメントをして下さり、ありがとうございます!

この度は事前に挨拶もせず、不躾にも勝手にリンクをした上レシピのアイディアまでお借りしてしまい、誠に申し訳ございませんでしたm(_ _;)m。
有喜そばで検索し、ぷるみえさんのサイトにまでたどり着いた時、思わず「私が求めていた味っ子の納豆卵そばはこれだー!」と雷級の感銘を受けた為、つい先走って再現をしてしまいました…。本来なら私の方から行くのが礼儀ですのに、寛大にもぷるみえさんの方からご来訪して頂けた事を心より感謝致します。

はい、実を言いますと居住地が九州であまり身動きが取れない為、本家有喜そばを食べた事はありません;(京都観光すら三~四回したきりです)。完全にぷるみえさんのレシピから得たイメージのみで作りました。
その為、本物を知る方から有喜そばそのものと言って頂けて、非常に嬉しかったです(^^)!
やはり電動ミキサーはパワーが違っており、みるみる内に泡立つのが爽快で便利だったです。卵黄や納豆はともかく、卵白だと特にそう感じました。
私の方もぷるみえさんの郷土食や色んな食べ物を紹介するという記事に対してすごく興味を持ちましたので(大学時代に似通った事柄を勉強していたので、興味深かったです)、日課のように訪問させて頂きますね!

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた読んで下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.25 Thu 14:41  |  

あんこ様
そば屋で働いていたワタクシ、3食そばでもOKなくらい好きです。
やはり鴨そば(つけそば)が大好きなのですが、(最後に残ったつゆに蕎麦湯を注いで飲む)それと同じかそれを上回るくらいおいしいだなんて・・・・・うう・・そばが食べたいなぁ。
それから、FC2ブログ推薦紹介おめでとうございます。
いちファンとして、大変嬉しく思います。
それで・・・・うちのブログで紹介させていただきました。
あんこさんの絵とか描いてしまいました・・・よかったら見てくださいね。

2010.03.25 Thu 17:43  |  A子さん、こんにちは!

当ブログの管理人・あんこです。

コメントと、何と私の絵や紹介まで書いて下さり、本当にありがとうございます!
実物はあんなにかわいくないので、かなり恐縮してしまいました;。でも、お気持ちはすごく嬉しかったです。
他にも四コマ漫画を読ませて頂きましたが、飲み会エピソードの時のくだりは共感と笑いを同時に感じました(^^)。私もそういう時、相方マサル君にわざと「行くのやめた方がいいよ」と言わせるように仕向けようと画策するのですが、毎回「大丈夫だよ~」「行ってみたら?」との極めて前向きな返答なので、いつも失敗しています;。

それにしても、おそば屋さんにお勤めされていた事があったとは初耳でした。私もうどんと匹敵するくらいおそばが好きなので、お気持ちはよく分かります。シメにそば湯を入れて飲むのは私も大好きなのですが、何故か九州だとちょっと本格的な店でもない限り出してくれないので滅多に飲めません…寂しい限りです(´・ω・`)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.25 Thu 23:09  |  

先ずは、FC2ブログに推薦紹介された事おめでとうございます。
私も、そば屋で働いていましたけれど、この納豆そばは美味しそうですね。
コメントはしていませんけれど、多分、今年に入ってからの記事は全部読んでいると思います。
これからも、あんこさんの再現料理に期待したいです。

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.03.26 Fri 01:00  |  oguoguさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。

コメントとお祝いの言葉を下さり、ありがとうございます(^^)。
今回の納豆卵そばもおいしそうと言って頂けてすごく嬉しかったです。
記事もほとんど読んで頂けているとの事で、光栄でした。感謝です。
このように言って頂けると、今日まで更新し続けてきてよかったと思います。

これからも色んな再現料理を作っていきますので、お手隙の際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/510-ea2b9c36
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ