『おいピータン!!』の“コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ”を再現!

気がつけば、今日の記事で再現料理記事が二百個目に到達していました。案外、あっという間だったのでちょっとびっくりです。あまりに実感が湧かない為、川口浩探検隊風に例えるなら「驚愕!!ついに再現料理数二百個目を制覇!!血と汗と膨大な時間の果てにあんこは幻の白い白昼夢を見ていた!!!」(参考URLはこちら)という事態になっているだけなんじゃないかと、気が気でありません。
こんにちは、これからもどうぞよろしくお願いいたします、あんこです。

今回再現する漫画料理は、『おいピータン!!』にて大森さんが奥の手として渡辺さんに作った料理“コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ”です!
コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ図
最初は善意だったものの、途中からはどちらからともなく勝負のようになってしまった残り物料理の作りあい合戦(詳しくは“餃子チャーハン”“ゴルゴンゾーラのスパゲティオムレツ”を参照!)。そんな中、終盤でちょっと本気になってしまった大森さんは夢中になるあまり、つい無意識に残り物ではない材料を使ってこの“コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ”を作ってしまいます。おかげで「味はおいしいけど、残り物料理ではない」という「試合に勝って勝負に負けた」状態に…;。この時、大森さんは「しまった…<残り物料理>じゃなくなっていた…くそ~!」と言って落ち込むのですが、正直私は作中の渡辺さんと同じく「わざわざ残り物料理にこだわることはないのに…」と声をかけたい気分になりました(^^;)。テーマを決めて料理を作るのは確かに楽しいですが、程々が肝心なんだな~しみじみ思います。
かき揚げを揚げる大森さん
コーンの缶詰とラー油とマヨネーズを天ぷらの衣に混ぜて作るというきわめてシンプルな料理ですが、「これは絶対おいしいぞー」と前々から目をつけていました。ちょうど棚を整理していたら賞味期限ギリギリのコーンの缶詰が出てきましたし、早速再現してみます!

そういう事で、レッツ再現料理!
まずは、衣作り。ボウルに小麦粉、氷を入れて冷やした水、マヨネーズ、飲めるラー油を入れ、泡だて器で軽~く混ぜます。
コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ1コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ2
そこへ水気をきっておいたコーンを投入し、さっと混ぜます。
コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ3
このタネを高温の油に落とし、カラッとなるまで揚げます(時間に余裕がある時は、冷蔵庫である程度冷やしてから揚げた方が衣がおいしくなります)。
コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ4
キッチンペーパーで油を適度にきった後にお皿へ盛り付ければ、“コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ”の完成です!
コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ5
ラー油とコーンの香ばしい匂いがたまりません…。こんなに簡単なのに、見た目も香りも普通のかき揚げと遜色ない出来上がりである事に感動すら覚えました(^^;)。
コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ6
それでは、揚げたての内にいざ実食!いただきまーす!
コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ7

さて、味はというと…こりゃウマーーー(゜Д゜)!
サクサクカリカリッと口の中でもろく崩れる衣と、プチプチした食感で素朴な甘味のコーンが絶妙にマッチしていて、次から次へと箸が進みます。ラー油のかすかなピリ辛加減が見事で、いいアクセントになっているのがまたよかったです。そのまま食べてビールのおつまみにするもよし、天つゆをつけてご飯のおかずとするもよしといった応用がききそうな旨さで、普段使いとして是非活躍させたい印象の料理でした。コーンの素朴さとラー油の刺激がケンカする事なく両立しており、それゆえに単純ながらも深みのある味わいです。作中で渡辺さんが「ちゃんと缶詰を使った立派な料理の一品になってるね」と褒めていましたがまさにそういう感じで、残り物というよりはもはやちゃんとした創作料理へと仕上がっていました。また、個人的にマヨネーズのおかげで衣が通常の二倍サックリと揚がっていたのが感動ものだったです(ちなみに、マヨネーズの味は全くしませんでした)。

五分の調理で十分以上の味を発揮する料理というのは案外貴重な物なので、これから先もよく作ると思います。思いがけず晩酌メニューが増え、嬉しい再現でした(^^)。

●出典)『おいピータン!!』 伊藤理佐/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.03.28 Sun 20:36  |  おめでとうございます!

再現料理200個達成おめでとうございます!
あんこさんのブログのファンの一人として、うれしい限りですv
いつもいつも、巧みな文章で目も舌も(脳内では食べたような気分になってます^^)楽しませてもらってありがとうございます。

そして今回記念すべき200個目の料理はコーンのかきあげですか。
缶詰コーン大好き(一缶ひとりでとか余裕ですv)なんで、おいしそうですね~。マヨネーズいれるとさっくり仕上がるというのも驚きです!

これからもあんこさんの無理のないペースで、楽しんで続けていただけることを願ってます。

  • #-
  • りく
  • URL

2010.03.29 Mon 00:20  |  りくさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントとお祝いの言葉を下さり、ありがとうございます。

こちらこそ、大分前から来て下さっているりくさんからファンと言って頂けて非常に嬉しいです(^^)。
正直、くどくて未熟さが目立つ私の文章ですが、それでも楽しんで頂けているのでしたら光栄です。これ以後も、もっと精進しますね!
缶詰コーンは結構使い道があるので私も好きで、必ず一個は戸棚に常備しています。コロッケやポテトサラダに入れてもいいですし、スープやチャーハンにちょこちょこっと入れたら彩りになるので重宝しています。
調べてみると、マヨネーズはチャーハンをパラパラにする効果もあるそうで、感心しました。

これからも様々な再現料理を自分のペースで作っていきますので、お時間がある際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.03.29 Mon 12:56  |  

こんにちは

コーンのかき揚げ!

おいしそうですね。

チョコチョコ覗かせてもらってます。

また、楽しみにしてます。

2010.03.29 Mon 21:21  |  nanaさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます!

おいしそうと言っていただけて、非常に嬉しいです(^^)。
趣味に走りすぎなブログですので時折恥ずかしくなりますが、
そんなブログでも楽しんで下さっているのでしたらとても光栄です。
こういったご意見をお聞きするたび、まだまだ頑張らねば!と
気を引き締める思いでいっぱいになりますので、感謝です。

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.04.15 Thu 16:45  |  作りました!

あんこさんこんにちは!
以前こちらのレシピでニンニクパスタに挑戦した者です。

今度はこのコーンのかき揚げを作ってみました!
揚げ物はあまり得意ではないのですが、このレシピは
マヨ効果でふわっとおいしく揚げられて大成功でした☆
彼にも大好評で、また作ってと言われましたー♪

参考にして自分で作るのはもちろん、見てるだけでも
楽しくなるこのブログが大好きです☆

これからもワクワクするような再現料理、楽しみにしてます♪

  • #0HjOGJWA
  • もち子
  • URL
  • Edit

2010.04.15 Thu 20:13  |  もち子さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

見ているだけでも楽しくなると言って頂けて、非常に光栄です!
またまた再現料理に挑戦していただいたとの事で、嬉しい気持ちになりました(^^)。
マヨネーズが加わると、不思議な事にサクッと揚がるのでおいしいですね。
酸味も全く残りませんし、私も日ごろから重宝しています。
もち子さんの彼氏さんにもご好評だったとの事で、何よりです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.26 Sun 19:32  |  ふふ…読みました!

あんこさん、こんばんは。やっと秋…というか急に肌寒くなりましたね。
最近の四季は移り変わりが極端過ぎて疲れてしまいます。

いつも再現料理記事、楽しく拝見させていただいております。数も
295を達成し、300の大台まであと少し! 頑張ってくださいね。

それに…。再現予定の欄に『天使のフライパン』の名前が!
ということは内容をご覧になったのだと思いますが、無茶な料理が
多いですよね~。正直、国見が後半作っている「料理で彫刻」的な
ものは再現が厳しいかな、と思いますが、ライバル・ジンの作った
「パンの耳グラタン」などは可能かも…。ともかく楽しみです。

前置きが長くなってしまいましたが、ここにコメントさせていただいた
のは、何を隠そう『おい!ピータン』をようやく読んだためです!
一昨日書店の大判単行本コーナーで見かけ、衝動的に4冊購入、
昨日さらに続きを8冊購入して読み切ってしまいました。この作品は
『モーニング』に1回だけ登場した、大森さんが渡辺さんに野菜の
生えている様を絵で描いてもらってそれにツッコミを入れて楽しむ話
しか読んだ事がなかったのですが、本当に「目の付け所」が上手い
ですよね! 題材は主に食生活に関わるものですが、そこに恋愛や
女心・男心、個人のこだわりや気遣い、ちょっとした「元気になれる」
心の持ちようなどが盛り込まれていて、どのエピソードもとても面白く、
読み終わるまで止まりませんでした。伊藤理佐さんのラフなタッチ
でありながら、とても可愛らしいキャラクター描写も魅力的ですね。

タイトルの「ピータン」こと大森さんをはじめ、サブキャラクターの1人、
1回限りのキャラクターとして登場した人のエピソードがどんどん膨らみ
世界が広がっていくのも楽しいです。大森さんの元カノ・陽子さんも
色々あってどうにか幸せな感じになってきてホッとしました。

続きが気になりますが、何せ12巻もあるのでまた1巻から読み直して
も当分楽しめそうです。話は変わりますが『ビッグコミックオリジナル』
で連載中の吉田戦車さんの『まんが親』は伊藤理佐さんとの子育て
の様子がわかって楽しいですね。

長々書いてすみません。これからも楽しみにしてます。今夜は
『クッキングパパ』で覚えて定番になった「ハヤシライス」です。では~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.09.27 Mon 19:25  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、最近めっきり寒くなってきたので驚いています;。
確かに、最近は暑い時と寒い時とが極端なので体調を崩しやすい天気ですよね。
現に今も昼は暑く、夜は寒いという感じなので、着る服に難儀している有様です。

後もう少しで三百個目投入になる事をチェックして頂けて、非常に嬉しかったです(^^)。
いつも読んでくださっているというkawajunさんのような方々のおかげで私は毎日
頑張れておりますので、感謝です。
『天使のフライパン』は…一部以外は結構とんでも料理が多いので、つい『中華一番!』を
連想してしまいます;。手先な不器用な私が彫刻再現をするのは半ば絶望的ですので、
kawajunさんのおっしゃる通りパン耳グラタンから再現したいな~と企んでいます。

それにしても、『おい!ピータン』を読んでいただけたと知ってものすごく嬉しいです!
それも、一冊だけではなく十冊以上も手にとって頂けた上に、『おい!ピータン』の
あちこちにちりばめられている秀逸なネタにまで共感して頂けたと聞き、感無量の心持です。
私も、「大森さんが野菜の生え方を知らない渡辺さんをいじめる」回は印象的なので
よく覚えています。あの回に出た冷汁はおいしそうなので、いつか再現したいですね~。
kawajunさんのおっしゃる通り、伊藤理佐先生の目の付け所はとてもユーモラスかつ的確ですので、
正直読むたびに「うんうん、こういうことはある!」と頷かされることもしばしばです。
特にカレー心とか、「やっとカップ麺まで行き着けた~!」とか、シュークリームをいい表情で
ふぉーと食べたりする回とか、間違い注文のあんまんで泣き笑いする回とか、餃子のタレの話とかが
愛しくていいなあ~と思います(^^*)。
そういえば、大森さんの元カノ・陽子さんが幸せになりつつある話を読むと
「今度こそはしっかりするんだよ~!」と世話焼きおばちゃんのように声をかけたくなっちゃいます;。

ともあれ、『おい!ピータン』はよく出来た群像劇漫画という印象ですので、
これ以後も是非色んなキャラを出しつつ続けて欲しいな~と密かに願っております。
ただ、子育て漫画の方も見たいですし…あれもこれもで忙しい日々が続きそうです;。

お返事が遅くなってしまったのでもう昨日の事になってしまいましたが、
kawajunさんの作る『クッキングパパ』のハヤシライスが非常も羨ましかったです(^^)。
これからも様々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/511-24540c73
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

本がないならブログをお読み

 漫画やアニメに登場する料理を再現。あとほんの少しだけ映画のレビューも。 3月30日のBS映画

  • Poyonの注目Newsとお薦めサイト
  • 2010.03.29 19:11

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ