『美味しんぼ』の“きしめんの焼きうどん”を再現!

この前、本当に久方ぶりに映画『ET』を観たのですが、子ども側である主人公に共感する事はほどんどなく、逆に今まで「悪」だとみなしがちだった大人側の方に共感しまくったので驚きました。正直、自分の子どもに不気味な未確認生物が近寄っていたとしたら…そりゃあ止めるよな~と(^^;)。
こんにちは、こういう発見の為に昔の映画を見返そうかなと思ったあんこです。

今回再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて団さんの知り合い・中野さんが元恩師の娘さんとの交際を認めてもらう為に作った“きしめんの焼きうどん”です!
きしめんの焼きうどん図
きしめんというと、大抵の方は味噌煮込みうどんの方を連想すると思いますが、これは珍しい事ににんにくしょうがで風味付けした醤油のみで味付けして具なしで食べるという、かなり変わったスタイルの焼きうどんです。名古屋出身できしめんが好物だと言う元恩師の先生は、当然の如く「きしめんは味噌煮込みに限る」「こんなものがうまいわけが…」と中野さんにつっかかりますが、一口食べた途端に「うまいわ!」と瞬時に意見を変えました(^^;)。何でも、シンプルな調味な分きしめんの旨さをより引き出してくれるのだそうです。
きしめんを炒める
先生の我を忘れたような食べっぷりから「おいしそうだな~」と前々から興味を抱いていましたので、早速再現してみます!

という事でレッツ再現調理!
まずは、調味料の用意。にんにくとしょうがをすりおろし器でおろし、醤油に加えてよく混ぜておきます。
きしめんの焼きうどん1きしめんの焼きうどん2
次に、きしめんをやや固めに茹でて、流水できゅっとしめてザルで水気をきります(五木さんのきしめんは乾麺とは思えない程出来がいいのでおすすめです^^)。
きしめんの焼きうどん3きしめんの焼きうどん4
きしめんの焼きうどん5
このきしめんを、落花生油をしいて熱したフライパンで軽く炒め、先程作っておいた調味醤油をざっと回しかけてさらに炒めます。
きしめんの焼きうどん6きしめんの焼きうどん7
きしめんの表面に味が染みたら麺が伸びてしまう前に火を消し、そのまま手早くお皿へ盛り付ければ“きしめんの焼きうどん”の完成です!
きしめんの焼きうどん8
しょうがとにんにくの刺激的な香りが強烈で、今までに食べたきしめん料理とは全然違った印象を受けます。香ばしい匂いがたまりませんし、味が楽しみです!
きしめんの焼きうどん9
それでは、熱いうちにいざ実食!いただきまーすっ!
きしめんの焼きうどん10

さて、味ですが…かなりおいしいですっ!夜食とかにぴったりだと思いました!
凄い勢い!
ピラッピラな薄さともちっとした食感が心地いいきしめんが炒める事によってぐっと香ばしくなっており、煮た物とはまた違ったおいしさが生まれています。焦がし醤油の味わい深さ、にんにくのとんでもなく力強い旨味、しょうがのさっぱりとした風味が三位一体となってきしめんに染み込んでおり、自然とくせになる味わいでした。時折シャクシャクと歯に当たるにんにくのかけらがいいアクセントになっていますし、むしろ余計な具はない方が断然OKって感じの料理です。
下手に調味料を入れていない分キレがあり、あっさりとしてくどくない後口が「もう一口!」とあと引く味にさせていました。にんにくの香りが食欲を増幅させると同時に元気を呼び覚ましてくれますし、正直たったあれだけの材料で作ったとは思えないくらいの出来栄えです。味が濃い割には胃にもたれず、ビールにも抜群に合っているのが個人的にいい感じでした!

きしめんは味噌煮込みだけでなく、焼きうどんにしてもいけるものなんだな~と感心しました。ひょっとしたら、そばとかも案外醤油味で炒めたらおいしいかもしれません…。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.04.03 Sat 14:34  |  

クッキングパパの19巻にそば焼きという
そばをめんつゆで炒めた料理がありますよ!

  • #-
  • URL

2010.04.03 Sat 15:01  |  名無しさん、こんにちは!

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

何と、クッキングパパには既にあったんですね~。知りませんでした!
意外な組み合わせですが、結構おいしそうです。
今度単行本を探し、再現を検討してみようと思います。

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.04.03 Sat 20:48  |  

はじめまして。暗黒山と申します。
いつも楽しく再現料理の記事を読ませていただいております。
美味しんぼを読まなくなって久しいので、こちらのブログが海原雄山氏の近況を確認する唯一の手段になっております(笑)。

さて、当方名古屋在住歴36年(年齢同じく)のオッサンではありますが…うーん、雁屋&花咲両氏を含めた他県の方にとって「きしめん」は味噌煮込みなんでしょうか…
無論個人の好みもありますが、大抵はつゆに茹でたきしめん、ヒラヒラ舞うかつお節にネギと油揚げという形がほとんどと考えていた小生にとって、きしめん=味噌煮込みというお話はちょっとした衝撃でございました。ちなみに、JR名古屋駅の新幹線ホームではしょうゆ味のつゆにヒラヒラ舞うかつお節とねぎ、油揚げの乗ったきしめんが味わうことが出来ますし、コンビニ冷麺でもしょうゆ味のつゆで冷たいきしめん(こちらで言う「ころ」です)を味わえたりします。
そちらなら「きしめんの焼きうどん」というレシピが出てきても納得なんだよなーとか思いながら、今回も楽しく記事を読ませていただいた次第です。

  • #-
  • 暗黒山
  • URL

2010.04.03 Sat 23:08  |  暗黒山さん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく読んで頂いているとのお言葉、とても嬉しいです。
海原雄山氏の様子は相変わらずですが、年が経つにつれて徐々に穏やかになっていっているので(何とツンデレ要素まで強まりました;)、見ててほのぼのしますよ~。
それにしても、本場・名古屋の方から詳しい情報やご意見を知る事が出来て非常に勉強になりました(^^)。感謝です。
私自身も今まできしめんの調理法は味噌がデフォだと思っていた為、おつゆに入れたりぶっかけ風に食べる方が本場の方にとってのデフォだと知ってびっくりしました。かつお節・ねぎ・油揚げをトッピングしたきしめんってすごくおいしそうなので、今度家でも是非試してみたいです!冷麺風もひんやり涼しげで、夏にぴったりそうですね。
きしめんの焼きうどんは、麺がよければよい程その旨さがより際立つように思いましたので、本場の方にこう言うのも差し出がましく恐縮なのですが、おすすめです!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた時にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/514-7a890014
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ