『おかわり飯蔵』の“鶏皮メシ”を再現!

ようやく腹を据えて再現する事を決めた『華中華』を現在読み返しているのですが(今出ているのは十巻まで)、どの巻でもハナちゃんの努力家で明るい所が際立っているのでほのぼのしました。相方・マサル君も「ハナちゃんはいい子だな~」と言っていますし、ある意味ハナちゃんほど身近にいて欲しい主人公って実は少ないんじゃないかな~と思いました(個人的に、キャラとしては好きなものの、実際に現実世界にいたら関わりたくない主人公の方が漫画・アニメ界には多い気がしているので…)。
こんにちは、ハナちゃんの精神を見習いたいと思うあんこです。

今日再現する漫画料理は、『おかわり飯蔵』にて飯蔵さんがとあるネタに詰まって困っている人気小説家に作って食べてもらった“鶏皮メシ”です!
鶏皮メシ図
見た目はごく普通の鶏釜飯みたいですが、その実は何と鶏皮や乾物が主役の創作炊き込みご飯!干し海老・干し貝柱・干ししいたけ・切り昆布・キクラゲといった乾物が勢ぞろいするので、一見すると戻すのに手間がかかりそうに思われるかもしれませんが、飯蔵さんが言うにはプライアーでバキバキッと気軽に砕いた物を使えばかなり時間が短縮されるそうですので、そんなに面倒ではないのだとか。その上飯蔵さんは鶏皮の方にも一工夫をこらしており、お湯でさっと茹でてから細く切っていました。こうする事によって臭みが消え、歯ざわりもよくなるのだそうです。
これには小説家の先生も感心しており、「料理は想像力…それさえあれば可能性は無限大に広がるってことか!」「料理か…料理と作品作りは似てるかもしれない…」とスランプ脱出のヒントを得ていました。
鶏肉ではなく鶏皮
鶏皮メシの材料
干した事によってミネラルや旨味成分が増えた乾物をふんだんに使ったご飯というだけでもウマーそうなのに、最後のダメ押しでみんなが「おいしい」!と言ってパクついているシーンまで読んでしまったので、無性に食べたくなってきました(´Д`*)。せっかくレシピが手元にあることですし、早速再現してみます!

という訳で、レッツ再現調理!
まずは材料の準備。干し貝柱、干ししいたけ、キクラゲといった大きい乾物は清潔なプライアーで適度な大きさになるまで砕き(四方八方へ飛び散りやすいので注意が必要です^^;)、にんじんはいちょう切りにしておきます。
鶏皮メシ1鶏皮メシ2
炊飯器に研いだお米とお水、プライアーで楽しくバチンバチンと砕いた乾物三種類のみを入れ、約一時間放置して水を吸わせます。
鶏皮メシ3
時間がたって乾物とお米に水が行き渡っていたら、そこへにんじん、干し海老、切り昆布、三十秒~一分茹でて余分な黄色い所を取り除いて細く刻んでおいた鶏皮、醤油、みりんを加えます。入れ忘れた食材がないかどうかチェックし、大丈夫だったら炊飯のスイッチを押してそのまま炊き上がるのを待ちます。
※鶏皮の下処理ですが、あんまりこだわって脂肪部分を全部捨ててしまうと味気なくなってしまいがちですので、「こんなもんかな~」くらいの適当さでいいと思います(^^)。
鶏皮メシ4鶏皮メシ5
鶏皮メシ6鶏皮メシ7
炊き上がったら、米粒をつぶさないように気をつけながらさっくり混ぜてまたフタをし、数分蒸らします。
鶏皮メシ8鶏皮メシ9
いい具合に蒸らせたらすぐにフタを開け、しゃもじで好きなだけお茶碗へよそえば“鶏皮メシ”の完成です!
鶏皮メシ10
乾物独特の何ともいえない複雑な香りがそこら中に漂い、うっとりさせられます…。炊き込みご飯大好き人間ですので、一刻も早く食べたい気持ちと必死に戦いながら画像を撮りました;。
鶏皮メシ11
それでは、炊き立ての内にナスの味噌漬けと一緒にいざ実食!いただきまーす!
鶏皮メシ12

さて、味はというと…贅沢。多種多様な出汁がぶつかりあって、すっごく美味です…。
干し貝柱の豊潤な旨さ、干ししいたけの深い風味、切り昆布の穏やかな磯の香り、干し海老の膨らみのある香ばしさ、そして鶏皮の程よいコクがご飯全域へと染み渡っており、噛むごとに奥行きのある味です。乾物がたくさん入っているおかげで普通の炊き込みご飯とは一風違っており、しみじみと落ち着く味に仕上がっていました。このどこか懐かしい炊き込みご飯に、にんじんの優しい甘さやキクラゲのコリコリした食感がばっちり合っており、一度食べたら忘れられなくなるおいしさです。
醤油とみりんのみの味付けなせいか、あっさりしててちょうどいい甘塩味で、後味がべったりしていないのが特徴的でした。軽くお湯を通した効用で鶏皮は臭みもなくプリプリ、干しエビはプチプチしていたのもよかったです。「一杯食べたら十分満腹になる」というよりは「一杯でもいいけど、二杯食べたらもっと満足」といった感じの濃さで、ついおかわりをしたくなるので食べ過ぎに注意な料理です(^^;)。

鶏釜飯だと中に入っている鶏肉が硬くなってることが多くがっかりしますが、この“鶏皮メシ”だと鶏皮のクニッと弾力ある食感を堪能できますので、かなりお気に入りです!お花見のお弁当を作るとき、おにぎりにして是非持って行きたいと強く思った再現でした。

●出典)『おかわり飯蔵』 原作:魚柄仁之助 作画:大谷じろう/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.04.06 Tue 15:51  |  

あんこさん、こんにちは!
今回も秀逸です!! 出た!! 必殺「乾物早戻し技」!!!
魚柄さんの得意技(笑)である乾物ネタを再現していただき、拝読しているこちらもたまらなくなりました…。
同じく炊き込みごはん好きのわたしも近々、挑戦します!!
あんこさんの「お花見弁当のおにぎりに」…というアイディア、拝借してもよろしいでしょうか…?

2010.04.06 Tue 18:31  |  Commyさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

この魚柄先生流乾物早戻し術はすごく便利ですので、実は前からちょこちょこ利用させて頂いていますw。一日放置のはずが一時間で済むので、助かります(^^)。
炊き込みご飯は私も大好きで、白ご飯よりもおかわり率がグーンとアップします;。ですので、今回またレパートリーが増えて嬉しかったです。私は九州在住な為、炊き込みご飯といえばかしわ飯がほとんどでしたが、飯蔵さんのおかげで何とか変化がつけられそうです。
お花見弁当のおにぎり案ですが、よろしければ是非活用して下さい!あの後冷めてからおにぎりにしたのですが、食べてみて身悶えしましたので、むしろ私の方からお願いしたいくらいです(´∀`)。

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の時にまた読んで下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/522-ede84e07
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ