『おかわり飯蔵』の“天カス野菜炒め”を再現!

全国のガンダムファンから「あえて言おう、カスであると!」と吐き捨てられる事確実ですが、ある告白をさせていただきます。実を言いますと私、かなり前にランバ・ラル大尉の名前を「え?ランランルー?」と聞き違えた事があり、それ以来ランバ・ラルの名を聞くと自動的にドナルドの画像も連想されて頭の中によみがえってきます…(名づけて、「ランランルーの呪い」)。
こんにちは、相方・マサル君から「馬鹿やろう!ランバ・ラルに謝れー!」と言われ続けているあんこです。

今日再現する漫画料理は、『おかわり飯蔵』にて飯蔵さんが金欠で追い詰められているお客さんに教えた天カス料理第二弾“天カス野菜炒め”です!
天カス野菜炒め図
以前に再現した“ジャガイモのお好み焼き”と同じ話の際に紹介された料理で、お好み焼きが「天カス天国・主食バージョン」と言われているのに対し、こっちは「天カス天国・おかずバージョン」として表現されています。作り方はため息をつく程手軽で、キャベツ・もやし・にんじんを炒めた物に天カスをドバッと入れて塩とウスターソースで味付けすればあっという間に出来上がります。飯蔵さんが言うには「十分ちょいの料理じゃい!簡単じゃろ?」との事で、こりゃすごいです(゜Д゜;)。
天カス炒め作業
何でも、天カスはトッピングどころか肉の代わりも果たせる食材との事で、少なくとも作中では「肉の味がする!」「おかわりプリーズ!」と大絶賛されていました。まるで「貧乏人のチーズ=パン粉」「貧乏人のパン=じゃがいも」「貧乏人のキャビア=なす」を髣髴とさせる話なので、少し感心です。
肉の変わりに天カス
飯蔵さんのすごさは知りつつも、「本当かな~…?」と半信半疑な気持ちが一向にぬぐえません。こうなったらガタガタ言わず、実際に作ってみてから判断してみようと思います!

そういうことで、レッツ再現調理開始!
まずは、材料の用意。にんじんは皮をむいて細切り、キャベツはザク切りにし、もやしは流水でさっと洗ってザルで水気をきっておきます。
天カス野菜炒め1天カス野菜炒め2
次は炒め作業。油をひいて熱したフライパンへにんじん→キャベツ→もやしの順に野菜を入れ、全体的に火が通る程度にまで炒めます。
天カス野菜炒め3天カス野菜炒め4
しっかり炒められたら手作り天カス(卵・水・小麦粉を混ぜ、泡だて器でポタポタ垂らしながら高温の油で揚げればすぐに出来ます)をどっさり加えて混ぜ、続けて塩、ウスターソースを投入して炒め合わせます。
天カス野菜炒め5
天カス野菜炒め6天カス野菜炒め7
調味料が野菜や天カスに染みたらすぐに火を消し、そのままお皿へ盛り付ければ“天カス野菜炒め”の完成です!
天カス野菜炒め8
本っ当に短時間で作れたので、びっくりしました。おまけに、香りまでウスターソースのおかげで本格派って感じになっています。ご飯だけといわず、パンに挟んでみてもウマーそうです。
天カス野菜炒め9
それでは、いざ実食!いただきまーす!
天カス野菜炒め10

さて、味ですが…おおーー!確かにお肉っぽい味がしていいです!!
ウスターソースのエスニックな甘辛味と野菜のエキスを存分に吸収したふわっふわの天カスが、肉のようで脂身のような不思議な旨さを出しています。豚肉や牛肉よりはあっさりしていてしつこくなく、かと思えば鶏肉よりもっとコクがある感じで、食べれば食べる程面白い気持ちになりました。正直、この衝撃は実際にやってみないと分からないと思いますので(実際私も半信半疑でしたので…;)、「野菜炒めは寂しいけど、かと言って単に肉を入れるだけなのも飽きた…」「今週は野菜だけで乗り切るしかない!」という方には、是非おすすめです!
サクッとしたにんじんの甘味、ザクザクキャベツの歯触り、もやしのシャキッとした瑞々しさもソースや天カスと合っていておいしかったです。激安なのにこの味が出せるとは、新発見でした!個人的に、これはコッペパンに挟むのが向いているように思います。

ジャガイモのお好み焼きよりもはるかに天カスの肉らしい部分を引き出せているように感じました(もちろん、どっちも違った良さがあってウマーです^^)。そのまま食べてお酒のつまみにしてもいいですし、試す価値は十分あります。

●出典)『おかわり飯蔵』 原作:魚柄仁之助 作画:大谷じろう/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/523-7b976a5d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ