『おかわり飯蔵』の“薬膳うどん”を再現!

先日道を歩いている時、ごく普通のサラリーマンらしき男性と擦れ違ったのですが、何とストロベリー系のとってもファンシーな香りが強く香った為びっくりしました。思わず振り返ってしまいましたが、今は男性でもかわいい匂いが好きな方が多いのかな~と思いました。
こんにちは、香水はプラネットシリーズが好きなあんこです。

本日再現する漫画料理は、『おかわり飯蔵』にて飯蔵さんが風邪をひいたさくらさんの為に作った“薬膳うどん”です!
薬膳うどん図
普段は友達感覚で話している為なかなか素直に気持ちを表現できず、何と最終巻(?!)まで「両思いなのに片思いと勘違いしたまま」という状態が続いていた二人ですが、実は何度かいい雰囲気になった事があります。その内の一つが、さくらさんが夏風邪をひいて寝込んでいた時のお話。
仕事の忙しさで周囲との繋がりをおざなりにしがちな中での発病だった為、いつになく弱気になって「就職してからどんどん人間関係が希薄になっていく…今の私を見舞う人なんているのかな」「病気やケガの時、人って無力だ…自分ひとりだけがいらない人間のような気がしてきた」と徐々に元気を失うさくらさんでしたが、そんな矢先人づてにさくらさんの不調を聞いた飯蔵さんが一も二もなく駆けつけてきます。おかげで二人は、ぎこちなくも初めてお互いの本音をちょこっとだけ話しあえます。
その際、飯蔵さんは照れ隠しに「毎日ウチに来る奴が来ちょらんと、心配じゃろ」と半ば口実めいた理由を言うのですが、こんな言葉を弱っている時に聞かされたら誰だってグラッとよろめくんじゃないかな~と思いました(^^;)。
照れる飯蔵さん
そして、何も食べられなくて体力が落ちているさくらさんの為にキッチンで飯蔵さんが手際よく作ったのがこの“薬膳うどん”。昆布とかつお節で取った出汁を塩・みりん・くず粉だけで調味してうどんにかけ、仕上げにトロロ昆布や刻みネギ、七味唐辛子をかければ出来上がりという極めて単純な作り方です。飯蔵さん曰く片栗粉の代わりにくず粉を使う事がポイントとの事で、何でもくず粉は葛根湯の素になる漢方薬の一種なので、いい風邪薬になるのだとか。おまけに七味唐辛子に入っている唐辛子とちん皮、刻みネギは発汗作用があるので、風邪には最適な材料だそうです。
薬効あらたか
幸か不幸か、極端な気温変化のせいで体調を崩しかけていた所でしたので、早速レシピ通り再現してみます!

そういう事で、レッツ再現調理!
まずは、おつゆ作り。小鍋に水、昆布の切れっぱし、みりんを入れて火にかけ、沸騰してきたら最弱火にして塩で濃い目に味付けします。塩味がやや強くついたらかつお節を投入してフタをし、一分で火を消します。
薬膳うどん1薬膳うどん2
そこへ水で溶いたくず粉をゆっくり加え、くず粉がくっついて焦げてしまわないようにお玉で鍋底をこするようにしてよく混ぜます。ちょうどいいとろみがついたら、準備OKです。
薬膳うどん3薬膳うどん4
薬膳うどん5
丼へ好きな硬さに茹でたうどん麺を入れ、網じゃくしで昆布やかつお節が入らないよう気をつけながらおつゆを漉してかけます。
薬膳うどん6薬膳うどん7
その上にトロロ昆布→刻みネギ→七味唐辛子の順に具をたっぷり乗せていけば“薬膳うどん”の完成です!
薬膳うどん8
くず粉でとろみがついたおつゆと、ゆらゆらと揺れながら浸っているうどんの対比が何ともきれいでおいしそうです。刻みネギの緑と七味唐辛子の赤がいい彩りになっていますし、どんな味が楽しみです。
薬膳うどん9
それでは、うどんが伸びない内にいざ実食!いただきま~す!
薬膳うどん10

さて、味の感想ですが…心底温まっておいしいです!
くずによってトロ~ンと程よいとろみがついたおつゆが喉に心地よく、それをまとったうどんと共にスルスルいけちゃいます。トロロ昆布の濃い風味やふんわりした舌触りが七味唐辛子のピリリと刺激的な辛さと意外に相性がいい事もあり、簡単に作れたとは思えない程の出来栄えでした。うどんのおつゆとしては珍しく醤油を一滴も使用していませんが、かつお節と昆布のお出汁がちゃんときいているので薄すぎるという事はなく、むしろ弱っている胃に負担をかける事なくあっさりと頂けるのが嬉しかったです。
実を言いますと、私はそんなにトロロ昆布が好きではなかったので正常に判断出来るか不安だったのですが、いざ食べてみるとトロロ昆布のわずかな酸味と陳皮の爽やかな香りがきいた辛味の取り合わせが絶妙で、その上刻みネギのシャキシャキした食感がいいアクセントになって単調さを防いでいた為、すぐに「やっぱりトロロ昆布好き!」と趣旨変えしました;。食べ終わる頃には心なしか冷えきった体がポカポカしていたので風邪予防効果もばっちりですし、なかなか癒されました(´∀`*)。

塩味だけと言うと「物足りない!」と思われる方も多いと思いますが、風邪をひいて弱っている時にはむしろこの素朴さが嬉しいと感じた再現でした。

●出典)『おかわり飯蔵』 原作:魚柄仁之助 作画:大谷じろう/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.02.18 Fri 15:06  |  とろみ

片栗粉やコーンスターチによるとろみより葛粉でつけた
トロミが一番体を温めるらしいですね

魚柄さんの公認サイトです
参考になれば幸い

http://www.ne.jp/asahi/uotuka/official/


このサイトに書いてあるひたし豆、本当に美味しいのでお勧めします

  • #pwutJTUc
  • 狐ヶ崎太郎左衛門
  • URL
  • Edit

2011.02.19 Sat 15:28  |  狐ヶ崎太郎左衛門さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

『おかわり飯蔵』にもそのお話が載っていて、
初見時には「なるほど~!」と非常に勉強になりました。
それ以来、春がくるまで試してみようと、我が家には葛粉が
常備されています(^^)。優しいとろみがいいですよね。

魚柄先生のサイトは、狐ヶ崎太郎左衛門さんに教えて頂くまで来訪した事が
無かった為、いいきっかけになりました!ありがとうございます。
近い内に、おすすめされたひたし豆を是非再現してみますね!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.06 Sun 19:33  |  

「おかわり飯蔵」では無いですが
魚柄さんの著書に載っている
手抜きうどんというレシピ非常に美味しいので
お勧めです。

約十分で出来る手打ちうどんなんですが
これが本当に美味しい。

国産小麦だと美味しく出来ますが
ベタつき易いので普通の小麦粉の
半分くらいまでにするのがベストかと・・・・。

讃岐うどん店の店主からそうするのが良いと
教えてもらった次第。

  • #20ag1ESI
  • 狐ヶ崎太郎左衛門
  • URL
  • Edit

2011.03.08 Tue 21:50  |  狐ヶ崎太郎左衛門さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

何と、約十分で出来る手打ちうどんとは驚きです!
それまで手打ちうどんは、平気で半日つぶれてしまう
手間ひま料理だと思っていたため、目からウロコでした。
早速、本屋さんで魚柄先生の著作を探してじっくり読んでから、
本格的に再現してみようと思います!
その際は、せっかくですので国産小麦粉で再現してみる予定です。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/526-facc8b06
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ