『華中華』の“炊き込みチャーハン”を再現!

最近は『おかわり飯蔵』、『おいピータン!!』、『クッキングパパ』、『将太の寿司』、『華中華』(あいうえお順です。ちなみに、『大市民』は夏用メニュー再現を考えてあります)の再現がほぼ主流となっていますが、実はコメント欄にてアドバイスをして下さる方々のご意見を取り入れ、色々な作品の料理をちょこちょこ試作しています。中でも、文章にまとめられそうなくらいの状態に迫っているのは『華麗なる食卓』、『キングスヰーツ』、『拳闘暗黒伝セスタス』、『大使閣下の料理人』、『鉄鍋のジャン!』なのですが、改善点が結構あるのでまだ保留中です。ただ、それらの問題を解決して100%の自信をもって出せる料理記事を作り次第、すぐにアップさせて頂きます!
どうも、もはや長い前置きが普通になってきているあんこです。

今日再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが上海亭に行けない日の為に前日こしらえておいた“炊き込みチャーハン”です!
炊き込みチャーハン図
現在も元気に休憩時間の二時間を使って上海亭でチャーハンを作り続けているハナちゃんですが、実を言うと何度か深刻な危機があり、満点大飯店内の人間に正体がばれそうになった事があります。
まず最初に疑ったのは、ハナちゃんに意地悪ばかりしてくる先輩三人組(チビ太・ヒョロ吉・ブーちゃんという、なかなかにギャグっぽい名前です^^;)。毎日お昼に外出するハナちゃんの様子を見て、「華子は安月給だからバイトをしているに違いない」と思った三人組がハナちゃんを尾行し、上海亭へ続く裏路地に走り去ったハナちゃんを確認してしまいます。これに勢いづいた三人は「絶対ここで働いている!バイトは禁止なのに」「明日邪魔をして華子をここに来れなくしてやろう、そして店内で華子がサボってるみたいに言いつけてやろう」などと好き勝手な計画を立ててしまいます(ちなみに、ハナちゃんは無償でチャーハン作りをしています)。
秘密がばれてしまう!
その一部始終を見ていた楊貴妃さんは一瞬「呪い殺してやろうか!」と怒りますが、すぐにこれもハナちゃんの新しいチャーハン作りの修行の一環にしてしまおうと考え、あえて何も手を下さずにハナちゃんに先輩三人組の企みを話します。
当然ハナちゃんと上海亭ご夫妻は慌て、夜中に集まって何かいい案がないか悩みます。しかし結局、慢性的に腕を痛めているおじいさんでも作れる新しいチャーハンは思い浮かばず、一旦ハナちゃんは寮へ戻る事にします。そんな時、クタクタになっているハナちゃんのヒントになればと管理人のおじさん(実はハナちゃんの大叔父さんで、満点大飯店の前オーナー)は混ぜご飯のおむすびを差し入れします。それを見た勘のいいハナちゃんは「これだわ!」とアイディアを思いつき、急いで上海亭に戻って仕込んだのが今回再現する“炊き込みチャーハン”です。
作り方は単純で、香味油で炒めて味付けした具と生米を炊飯器で炊き、仕上げに温泉卵を乗せるという炊き込みご飯とチャーハンをミックスしたような感じです。おかげでハナちゃんと上海亭ご夫妻は前日の内にチャーハンの準備を終えられ、無事先輩三人組の疑いをごまかす事に成功するのでした(^^)。
ヒントになったおむすび
ホタテエキスを隠し味にしたり、おいしそうな具がゴロゴロ入れてたりで、以前から「絶対食べたい…!」と思っていました。レシピもある事ですし、早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、材料の下ごしらえ。豚肩ロース肉はダイス大に切って醤油・お酒・ごま油で下味をつけてもみこみ、しいたけ、にんじん、長ネギも同じくダイス切りにしておきます。
炊き込みチャーハン1炊き込みチャーハン2
次は、炒め作業。弱火に熱したフライパン(出来れば中華鍋)へ油と薄切りにしたしょうがを入れて香味油を作り、いい香りがしてきたらしょうがを取り出して豚肩ロース肉を加え、しっかり炒めます。
炊き込みチャーハン3炊き込みチャーハン4
豚肉から肉汁がジュワジュワ出てきたら、にんじん→長ネギ→しいたけの順に野菜類を投入してさらに炒め、途中で塩を入れて味付けをします。
炊き込みチャーハン5炊き込みチャーハン6
炊き込みチャーハン7
野菜の内部にまで火が通ったら生米(お米を洗ってザルにあけておいた物でもOKですが、無洗米をそのまま使用した方がよりパラッとしやすいです)を加えてざっと炒め、生米が具の水分を十分に吸い取ったら水、ホタテエキスと一緒に炊飯器へ入れて炊きます。この時、水は普通よりもやや少なめにした方がうまく炊き上がります。
炊き込みチャーハン8炊き込みチャーハン9
炊き込みチャーハン10炊き込みチャーハン11
炊き上がったらフタをあけ、しゃもじでさっくり混ぜておきます。
炊き込みチャーハン12
具とご飯がちょうどいい具合に混ざったらお皿へ盛り、仕上げに上へ出来立ての温泉卵を乗せれば“炊き込みチャーハン”の完成です!
炊き込みチャーハン13
もわもわと炊き込みご飯みたいに何ともいえない湯気が立ち上るのですが、この香りがとてつもなくおいしそうです…(´Д`*)。チャーハンっぽい湯気というのは初体験なので、味が楽しみです!
炊き込みチャーハン14
それでは、温泉卵をスプーンで突き崩してチャーハンになじませたらいざ実食!いっただっきま~す!
炊き込みチャーハン15炊き込みチャーハン16

さて、味の感想は…激ウマーーー(゜Д゜)!これは定番決定です!!
その名の通り、チャーハンと炊き込みご飯の良さを足して二で割ったような不思議な味わいです。程よくしっとりしているのに決してべとつかずにパラッとほどける為、とても食べやすく後口がすっきりしていたのが特徴的でした。面白い事に、小さい頃に給食でひんぱんに食べた中華風炊き込みご飯と味わいや香りがどことなく似ており、少しノスタルジーな気分に浸れました。
ごま油の香ばしさや下味のおかげで柔らかく仕上がっている豚肉、熱が加わってじんわり甘くなったにんじん、ご飯と一体化している長ネギ、お出汁たっぷりで香り高いしいたけといった個性豊かな具の旨さが、あっさりかつふくよかなホタテ風味の塩味ご飯によく浸透しており、たまらないおいしさです。ここへ温泉卵のプルプルと舌で震える白身と、まったりトロリとしたコクが嬉しい黄身とが絡んでくるとさらに旨味のグレードが上がり、幸せな余韻に浸る事が出来ました。何より、完成した後でも混ぜ混ぜしつつ食べるという「ミニ調理」は変化があって楽しいので、ナイスアイディアだと思います。

『華中華』はこういういつの時期でもおいしいチャーハンはもちろん、旬の季節にしか味わえない独特なオリジナルチャーハンがたくさんあって興味深いので、これからもストーリーに沿いながらその時々のチャーハンを紹介していきたいと思っております。時間はかかるかもしれませんが、お付き合いしてくださると幸いです(実は、『おかわり飯蔵』や『大市民』も季節色豊かなので再現のやり甲斐があります^^)。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.04.28 Wed 16:33  |  

これ、海鮮バージョンならよく作りますw
いろいろと応用が利くので便利。
豚の代わりに剥きえびとイカ、帆立だしのかわりに帆立の水煮の缶詰を
使うと、またあっさりした食感に。
味付けをゴマ油→オリーブ油、炊飯時の水→トマトジュースとホールトマト、しいたけ→マッシュルームに変えるとイタリアン風に。
(あくまでも「風」ですから!)
野菜を多く入れたら子供の野菜嫌いを治すのにGOOD。
温泉卵の代わりに薄焼き卵でくるむとオムライス風にも。

ひとつの料理からあれこれ考えるのも面白いですよ。

  • #JalddpaA
  • 通りすがりのコック
  • URL
  • Edit

2010.04.28 Wed 17:29  |  通りすがりのコックさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

確かに、海鮮バージョンもおいしそうですね(^^)。
隠し味がホタテエキスなので、よりしっくりきそうです。
あと、イタリアン風という発想は私にはなかったので、びっくりしました!
素人である上こういう応用料理を考えるのが苦手な為、
通りすがりのコックさんの色んなアイディアにはいつも感心しています。
今度、早速いくつか試してみようと思います!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に見ていただけると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/532-0e24c045
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ