『おいピータン!!』の“ラーメンスープのリゾット風”を再現!

ガチャピンのあまりにも多彩な才能に吹きました。宇宙飛行、スキューバダイビング、ロッククライミング、ヒマラヤ登山、流鏑馬などを全部こなしてしまうなんて、はっきり言って尋常ではありません。これはやはり、中ry…おや、誰か来たようです。ちょっと応対してから続きを書きますね(^^)。
…どうも、何故か記憶が一部飛んでしまった当ブログの管理人・あんこです!

今回再現する漫画料理は、『おいピータン!!』にて大森さんが作った残り物料理シリーズ第四弾“ラーメンスープのリゾット風”です!
ラーメンスープのリゾット風図
まだ大森さんと渡辺さんの料理勝負が泥沼化していなかった時に考え出された料理で、簡単に言ってしまえば「残った出前のラーメンスープを再利用したリゾット」です(その他の残り物料理は、“餃子チャーハン”“ゴルゴンゾーラのスパゲティオムレツ”“コーンとラー油とマヨネーズのかき揚げ”をご参照お願いいたします)。残ってしまったラーメンスープにご飯を入れておじや風にして食べる事が好きな私にとって、興奮度が高い一品だと前々から思っていました。そういえば、ラーメン大国である日本には醤油スープ・味噌スープ・とんこつスープ・塩スープ・カレースープなど様々なラーメンスープが存在しますが、そのどれもがご飯とぴったりなので不思議です(^^;)。
ラーメンリゾットのきっかけ
レシピは全く書かれていないので想像するしかないのですが、早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
最初は、リゾットの具の準備。本当はご飯をそのまま入れて煮込むだけにしようか迷ったのですが、せっかく「リゾット風」と書いてある事ですし、果たしてどんな味になるのか楽しみだったので随所にリゾットの要素を織り交ぜてみる事にしました。
まず、油を少量だけひいた小鍋に玉ねぎのみじん切りを加え、しんなりするまで炒めます。
ラーメンスープのリゾット風1
玉ねぎが透き通ってきたら生米も加えて炒め合わせ、徐々に生米が透明になった所で白ワインも投入してアルコール分を飛ばします。
ラーメンスープのリゾット風2ラーメンスープのリゾット風3
そこへ、とんこつラーメンのスープをひたひたになるまで入れて弱火で煮込み、口当たりを優しくする隠し味として牛乳をちょこっと加えてさらに約二十分~二十五分コトコト煮ていきます。
※スープの種類は作中では詳しく語られていませんでしたが、「ちょっと煮込んでリゾットにしてみました」という大森さんの証言から自然ととんこつスープが頭に浮かんできました。その為、濃い味が好みの私はとんこつラーメンを実家の近くから出前で注文し、あらかじめ別器に取っておいて使用しました!ちなみに、スープが少なめなとんこつラーメンは「スープ多めの皿ラーメン」って感じで、それなりにおいしかったです。
ラーメンスープのリゾット風4ラーメンスープのリゾット風5
お米に火が通ったらラーメンどんぶりへ移し、仕上げに刻んだネギを上からパラパラと散らせば“ラーメンスープのリゾット風”の完成です!
ラーメンスープのリゾット風6
見た目は色の濃いミルク粥みたいですが、香りはしっかりととんこつなので戸惑いを隠せません;。ただ、牛乳のおかげで大分控えめな匂いになっていたので、そんなに変な印象は受けませんでした。
ラーメンスープのリゾット風7
それでは、いざ実食!いただきま~す。
ラーメンスープのリゾット風8

さて、味ですが…おおっ!これは妙にいい感じです!
最初は「ラーメンスープで洋風リゾットを作っても大丈夫なんだろうか…」と少しだけ心配だったのですが、むしろ全然合っていました。考えてみれば、ラーメンスープのおじやというアレンジ料理も存在するくらいですので、そうそう外れる訳がありませんでした;。隠し味の牛乳と白ワインがいい方向に活きており、ジャンクっぽくも比較的マイルドな味わいになっています。
また、にんにく風味のとんこつスープをギリギリまで煮詰めたせいかまるで「極端にコクが強い無国籍風クリーム系パスタソース」のような後味になっていて、そのまま飲むのとは違う印象のおいしさになっていました。玉ねぎの自然な甘さや、長ネギの歯触りの良さもきいていましたし、個人的にはありだと思います。ただ、よくも悪くも個性的で結構クセがあるので、賛否両論そうな旨さではありました。

作中の机の上を注目すると、七味唐辛子っぽい容器も置いてあったので途中で振りかけてみましたが、それも一味違っていてウマーだったです。目先が変わった感じがするので、ラーメンおじやが飽きてきた時にオススメです!

●出典)『おいピータン!!』 伊藤理佐/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.04.23 Fri 22:32  |  

どうも、また書き込みをさせて貰いました。

「ラーメンスープのリゾット風」一見かなりのミスマッチに思えますが、
ラーメンのスープも色んな食材から旨みを引き出したスープ。
中華風(和風?)のブイヨンと考えれば、そんなに変ではないですよね。

イタリア料理の中でもリゾットは好きな料理なので、
今度絶対やってみようと思ったのですが
自分が住んでいる所にはおいしいラーメン屋さん、ましてや出前のラーメン屋さんがない事に気づきました・・・。
あー、無念(T_T)
日本(のラーメン)が恋しくなった今日この頃でした。

また、色々な再現料理にチャレンジしてくださいね。

  • #PooosTlY
  • ぷっり
  • URL
  • Edit

2010.04.23 Fri 23:13  |  ぷっりさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

確かに、ラーメンスープは様々な旨味成分から形成されている和中折衷(?!)のブイヨンスープみたいなものですね!
本場リゾットのレシピでも、ベースとして洋風ブイヨンスープは使われるケースは多々あるので、そう思うとより自然な感じです。
私の方は今まで「不思議だな~、面白いな~」と感心するだけでしたので、そこまで考えが及びませんでした(^^;)。

それにしても、ぷっりさんのいらっしゃる所はおいしい塩系ラーメンのお店がいっぱいありそうなイメージがありましたので、そうではないと聞いて少しびっくりしました(出前ラーメンというシステムは、日本だけではと朧気に想像してました;)。
勘違いでしたら恐縮ですが、プリプリのエビや香草がどっさり乗っているフォーのスープもおじやにしたら合うかも…と今回の再現中に考えを巡らせていました;。やっぱり、日本のラーメンスープは独特なのですね。
私は日本から出た事は一回しかないので、異国の地でちゃんとなさっているぷっりさんの事をひたすら尊敬してしまいます(´∀`)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.05.29 Sat 22:32  |  

今日はコレ作ってみました。
ブログをすっかりレシピ本活用させて頂いております~。
アジア食材屋で買った出前一丁九州とんこつ味の、麺だけ使って
調味料が残っていたので、それで。
一袋だけだったので、味薄いかなと、ベーコンも加えましたが、
米2合にはちょっと濃い口位の出来上がりでしたよ。
あ、面倒臭がりなので、
コトコト煮込まず圧力鍋で炊き込んでしまいました。

  • #-
  • 千代丸
  • URL

2010.05.29 Sat 23:09  |  千代丸さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

まだ未熟なブログなのにも関わらず、レシピ本代わりとして読んで頂けてとても嬉しいです(^^)。
出前一丁…最近食べていないので、何だか懐かしくなりました。ベーコンを入れるのもおいしそうですね。
あの後、出前ラーメンの残ったスープ限定だとあまり頻繁には作れない事から一念奮起し、様々な袋ラーメンのスープを使用しての再現に挑戦してみましたが、正直かなり当たり外れが多い印象を受けました。特に、とんこつラーメンのスープや塩ラーメンのスープの場合、外れた時の不味さは尋常ではないです…orz。
その為、一度はこの記事をお蔵入りにする事も考えましたが、合う物は合うので、悩んだ結果未だに掲載し続けております。
ですので、もしお口に合いませんでしたら、本当に申し訳ございませんでしたm(_ _)m。
一度、個人的に「これなら、比較的どんな人でもおいしく感じるはず」と感じる袋ラーメンの銘柄をスープの種類ごとに文章にまとめ、文尾に追記してみようと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.04.24 Sun 13:28  |  初コメです

はじめまして。Googleで「おい!ピータン」を検索していてこちらのブログにたどり着きました。常々あの餃子チャーハンは美味そうだ…と思っていましたので、あんこさんの見事な再現&ステキ感想を見た時はテンションがダダ上がり! しかもこちらのブログは文章が面白いっ(≧▼≦) またひとつチェックするのが楽しみなブログが増えちゃいました。

2011.04.29 Fri 15:36  |  カンさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

『おい!ピータン』の餃子チャーハンは妙においしそうな
感じが初見時から私も気になっていた為、思わず再現しちゃいました;。
なので、カンさんに気に入って頂けて非常に光栄だったです!
いえいえ、私の文章など未熟すぎていまだにお恥ずかしい限りです;。
これ以後も精進し、カンさんに楽しんでいただけるよう頑張りますね。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/538-58e95790
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ