『ダシマスター』の“豚ばら肉の出汁チャーハン”を再現!

昨日、相方・マサル君から「『ダシマスター』の原作者さんって、『きららの仕事』と同じ人だよ」と言われてびっくりしました。双方とも読んで大分経つのに、言われるまで全く気づかなかった自分の鈍さにちょっとショックですorz。
こんにちは、他にも見落としがないか注意深く探しているあんこです。

今日再現する漫画料理は、『ダシマスター』にて依頼を受けたダシマスターがあり合わせの材料で作った“豚ばら肉の出汁チャーハン”です!
豚ばら肉の出汁チャーハン図
漫画『ダシマスター』とは、かつてヨーロッパ社交界を震撼させて「一度食べたらその人の心を掴んで離さない」と有名になった出汁のスペシャリストである出張料理人・ダシマスターことダイゴ・ヤタ(詳しい経歴と名前の漢字は未だ不明)と、初登場時は普通のOLだったもののダシマスターの作る料理の虜となってその助手に転職した高原承子さんのお二人が、多種多様な依頼人の元へ出向いて希望される通りの料理を作るという出張料理人グルメ漫画です。
この作品は何とも珍しい事に「出汁」をテーマにした料理漫画で、作中でも繰り返し「出汁こそ料理の命」である事が強調されています。ダシマスター曰く、いい出汁を取るのに重要なのは高価なブランド食材を使うことではなく、如何に手間と工夫を凝らして素材の持ち味を生かすかで、そうしないとせっかくの料理も台無しになってしまうのだとか。確かに、使う材料がどんなによくても出汁が変だと料理の味はガクンと落ちてしまうので、すごく説得力があると思います。これまで「出汁」はあまりに身近すぎて見過ごされてきた観があるので、これからどういう技法や活かし方が紹介されるのか非常に楽しみな作品です。もちろん、ストーリーや出てくる料理自体も独創的で面白いので要チェックです(個人的に、主人公・承子さんの不器用だけどあたたかな性格に萌えてます^^)!
ダシマスターの依頼成立!
今回再現するのは、第二話目でダシマスターが「彼はニセモノに違いない!」と疑ってかかる日本一のグルメ評論家・里村壮一郎先生の依頼に応じて作った“豚ばら肉の出汁チャーハン”。ダシマスターの事をしきりに胡散臭く思う里村先生は、化けの皮をはがそうとして唐突に冷蔵庫に入ってる材料のみでの調理を命じるのですが、それでもダシマスターは慌てずにあり合わせの豚ばら肉・冷ご飯・卵・ネギ・梅干しで見事な出汁入りチャーハンを作り上げ、里村先生を改心させる事に成功するのでした(本来ならもっと洒落た料理も作れたそうなのですが、その場にいる全員分の料理を作る為にあえてチャーハンにしたみたいです)。
家庭用キッチンなのに本格的なチャーハンを作れた秘密は、ダシマスターが即興で作った二種類の出汁にあります。一つ目は豚ばら肉だけを慎重に煮てとった豚の出汁、二つ目は梅干しを茹でてとった出汁で、豚の出汁はチャーハンの仕上げ、梅干しの出汁は醤油などを調合して味が抜けた豚ばら肉へ旨味をつけ足す漬け汁にする事によって、本場の味に近い味わいを作り出したとの事でした。
豚ばら肉から出汁をとる
梅干からも出汁をとる
作中での描写がこれまたそそる感じで、絶対に再現したいと思っていました。詳細なレシピはありませんので手探りになりますが、『ダシマスター』の料理の中では比較的簡単な部類に入りますので、早速再現してみようと思います。

そういう事で、レッツ再現調理!
まずは、豚の出汁の用意。鍋に豚ばら肉の塊と水を入れて火にかけ、決して沸騰させすぎないように一時間以上弱火でじっくり煮ます。その内アクが多量に発生してきますので、アク取りで残さず丁寧にすくい取ります。この時、どれだけ根気強くアクを取るかによって出汁の味が決まる為、相当に神経を使いました(^^;)。
豚ばら肉の出汁チャーハン1豚ばら肉の出汁チャーハン2
その間、同時進行で梅干しの漬け汁作り。別の小鍋に種を取ってほぐした梅干しと水を入れてアクを取りながらゆっくり煮立たせ、四十~五十分程経って梅の出汁がほぼ出切ったら醤油、お酒、みりんを加えてよく混ぜます。一口飲んで「結構酸っぱしょっぱいな~」というくらいの濃度にまで味付けし終えたら、梅干しの漬け汁の出来上がりです。
余談ですが、無着色の梅干しを使用してもお湯が桜色のような淡いピンクへ染まったのに少し感動しました;。自然が作り出す色って、本当に美しいです。
豚ばら肉の出汁チャーハン5豚ばら肉の出汁チャーハン6
豚ばら肉の出汁チャーハン7
一方、豚肉入りの鍋の出汁が澄んできたら火を消し、鍋から柔らかく煮えた豚ばら肉を取り出してキッチンペーパーの上に乗せ、鍋に入っている出汁と共にそのまま自然に冷ましておきます。
豚ばら肉の出汁チャーハン3豚ばら肉の出汁チャーハン4
豚ばら肉の熱が大体冷めたら先程の梅干しの漬け汁へそのまま投入し、約一時間漬け込みます。ちなみに途中、外側に漬け汁の色が染みこんでいるのを確認したら一旦取り出し、ダイス状に切って再度漬け汁の中へ戻し入れます(作中にはない勝手な手順ですが、こうすると中心までより漬け汁が浸かりやすくなるかな~と思ってしました)。
豚ばら肉の出汁チャーハン8豚ばら肉の出汁チャーハン9
次は、チャーハン作り。熱したフライパンに油を入れてなじませ、そこへ溶き卵→冷ご飯の順に加えてあおりながらざっと混ぜ、塩、こしょうで調味します。味見していい塩加減になっていたら、漬け汁から引き上げた豚ばら肉、刻みネギを入れて混ぜ合わせ、最後に豚の出汁をベチャつかない程度にさっと回しかけます。
豚ばら肉の出汁チャーハン10豚ばら肉の出汁チャーハン11
豚ばら肉の出汁チャーハン12
出汁とチャーハンがバランスよく混ざったら火を消し、すぐにお皿へ盛り付ければ“豚ばら肉の出汁チャーハン”の完成です!
豚ばら肉の出汁チャーハン13
見た目も香りも普通のチャーハンとそう変わりませんが、強いて言うなら豚肉のいい匂いが結構強めに漂っています。塊から切り分けた為、脂肪の部分・赤身の部分・両方が入り混じっている部分と様々な豚肉が入っているのが特徴的で、どこを食べても豚肉尽くしっぽいのでほほが緩みます。
豚ばら肉の出汁チャーハン14
それでは、いざ実食!いただきまーす!
豚ばら肉の出汁チャーハン15

さて、味ですが…かなり美味!さすがダシマスターの考え出したチャーハンです!
調味料は普通のチャーハンとほぼ同じなので基本的に似た味なのですが、豚の凝縮された旨味がふんだんに含まれている出汁を仕上げに加えている為、味の輪郭が一般的なチャーハンよりも数段くっきりしています。一粒一粒に豚の風味がしっかり染み込んでおり、ある意味チャーハンというよりは炊き込みご飯に近いのおいしさだと思いました。それくらい、ふっくらと奥深い仕上がりだったです。これは、出汁がご飯粒に適度な水分を与えているからこその味わいだと感じました。
また、合わせ調味料に漬け込んだ豚ばら肉の方も、噛み締めるとほのかな梅干しの酸味が肉汁と共にじわじわ~とにじみ出し思わずうっとりします。一回煮ている分、お肉が十分な弾力を残しつつ柔らかくなっていますし、その上余分な油分が抜けているのでちっとも脂っこくありません。個人的に、焼き豚よりもチャーハンに合うのではと感嘆しました。フワフワ卵とシャッキリした刻みネギが程よいアクセントとなって単調さを防いでいますし、チャーハンにしては珍しく食べ終わるまであっさりした後口のままだったのにびっくりさせられました。

たまたま試食してもらった油物が苦手な母からも「これはおいしい」と珍しくパクパク食べてもらえましたし、あまった出汁と漬け汁も一緒にあわせて塩加減を調節すればウマーなお吸い物&雑炊へとリサイクルに成功しましたので、また作ろうと思います。これに気をよくした為、今度は“肉なし野菜の出汁ハンバーグ”を再現したいと思います!

●出典)『ダシマスター』 原作:早川光 作画:松枝尚嗣/集英社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.05.26 Wed 13:49  |  はじめまして

はじめておじゃまさせていただきました。す、すごいです!!
ダシマスター、初めて聞きました!でもめちゃめちゃおもろそう。
本屋さんにゴー!したいです。
私も食べ物漫画、妙にすきで気づけば本棚食べ物漫画ばっかりになってしまっていたのですが、再現できるなんて・・!!
おいピータンと、よしながふみの漫画のくだりとか、ほんまに楽しく読ませていただきました!
一気に読むともったいなさすぎるから、ちょこちょこ読ませてもらいます!
あんこさんの作る料理は全部愛情こもってそうで、見とってすごくほんわかしました、ありがとうございます。

  • #-
  • しよん
  • URL

2010.05.26 Wed 20:20  |  しよんさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

少しでも楽しんで頂けたのでしたら嬉しいです(^^)。
『ダシマスター』は、最近連載が始まった料理漫画の中でもピカ一な出来の作品ですのでかなりおすすめです!
グルメ漫画のセオリーすら覆す新常識まで載っていますし、読んでて飽きないですよ~(他には、『丼なモンダイ』という丼専門漫画が面白いです)。
私自身、再現料理記事を始めたばかりの頃は「本当に漫画通りにいくのかな…」と不安でしたが、いざやってみると驚くくらいおいしい料理ばかりなので、今ではすっかり虜です。
中には、普通に生活していたらまず食べないような組み合わせや手法の料理もあるので勉強になりますし、好奇心も満たされるのですごく楽しいです(^^*)。
『おい、ピータン!!』と『きのう何食べた?』は個人的に好きな作品なのでもっと再現しようと考えていますし、これ以後も再現したいと思う漫画料理はまだまだたくさんありますので、楽しみにして待って下さるとありがたいです。
それにしても、当ブログの料理に愛情がこもっているように見えるとのご感想はとても光栄でした。
漫画料理を再現する事や、食べる事に対する喜びを僅かながらでもお伝え出来るよう、明日も頑張ろうと思います!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お手隙の際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.05.26 Wed 20:57  |  

あんこさんが『ダシマスター』の再現料理をするのは意外でした。あんこさんは、新古書店でマンガを入手すると思っていたので。『ダシマスター』は、まだ評判になっていませんし、どうして知ったのでしょう。作者や原作者で選んだのでも無さそうなので不思議です。
『ダシマスター』は、最近2巻が発売になりました。まだ新古書店に並ぶのには時間が掛かるかも知れませんけれど、面白さは1巻と変わらないと思います。再現料理に向く話があるかは解りませんけれど。

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.05.26 Wed 21:37  |  oguoguさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

実を言いますと、『ダシマスター』は『傷だらけの仁清』と『珍遊記2』目当てにビジネスジャンプをパラパラめくっている時に偶然見つけた漫画で、出会ったのは全くのラッキーです(^^;)。
最初に読んだのは第一回目ではなくラーメンの回だったんですが、相性がよかったのか「何だか面白いな~気になるな~」と思って毎号読み、そうこうしている内に段々ハマっていきました。
こういう事があるので、漫画雑誌にはなるべく広く目を通すようにしております(^^)。
正直、再現料理でお世話になっておきながら古本屋さんでばかり単行本を買うのは我ながら作者の方々に失礼だと感じている為、時折ではありますが、金銭的に余裕が出来たら本屋さんでその作者さんの正価の単行本を買うようにしています。ただ、個人的な経済理由で大部分を古本に頼る現状は続いている為、ちょっと申し訳ないですorz。
ちなみに、『ダシマスター』一巻と二巻は発売日にダッシュで新刊を買いました;。
確かに再現料理に向かない話は多い方だと思うので悩んだのですが、私の中の「大好き心」がうずいて止まらなかった為、再現しちゃいました。現在二巻の方も楽しんでいる真っ最中ですので、懲りずに再現しようかなと企んでいます。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.05.27 Thu 11:05  |  おいしそう~~

あんこさんこんにちは。
ちょっとご無沙汰してしまいましたが、またたくさん再現料理記事がアップされていて、ほくほく気分で読ませていただきました。

豚ばら肉の出汁チャーハンおいしそうですね~。
それに、「ダシマスター」の漫画があるってはじめて知りました!
世の中にはまだまだ知らない料理漫画があるんだな~と実感しました。
あんこさんのブログのおかげで新たな作品を知ることができてうれしいですv

ほんと、残った出汁はいろいろなものに活用できそうですね。
市販の鶏がらスープの元や出汁の元を使うよりなんだか体によさそうです。

そういえば、いつもあんこさんの作るチャーハンは、まるで中華料理のお店のものみたいにきれいにお皿に半円形にもられていますが、どうやって形を整えてるんですか?私はいつも適当にのせてしまうのであんまりきれいに盛れません・・・(泣)

  • #-
  • りく
  • URL

2010.05.27 Thu 13:11  |  りくさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私の方こそ、またりくさんに来て頂けてほくほく気分になりました(^^)。
この出汁チャーハンは作り方が比較的簡単な割には本格的な味になるので、結構おすすめです。何より、出汁や漬け汁を色々な料理に転用出来る為何かと便利なのがよかったです。
忙しい時や、濃い調味の料理だと市販スープの素は便利だと思いますが、余裕がある時なら素材から直接出汁をとった方がより自然で美味なので個人的に好きですね。豚ばら肉の出汁はコクがあるので、塩を足すだけでも本格派な味がしますよ~。
正直、今回の記事は『ダシマスター』布教の為と言っても過言ではないので、気に入って頂けましたら光栄です。
以後も、あちこちで発掘してきた面白くて新しい料理漫画をご紹介しつつ再現していきますので、楽しみにして下さると嬉しいです(´∀`)。
ちなみにチャーハンの盛り付け法ですが、底に丸みのあるお茶碗か丼容器へチャーハンを入れて木ベラで軽~くきゅっきゅっと押さえ、その上に逆にしたお皿を乗せて「ふんっ!」と逆さまにした後、容器を取ったら簡単に丸いチャーハンが出来上がります。
慣れた方でしたら大きめのお玉ですぐに盛れるそうですが、残念ながら私はまだその域にまで達せずにいます;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた際にまた読んで頂けると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.12 Sat 18:10  |  再現料理の竜虎

毎回楽しく拝見しております。
再現の際のお手前については驚愕を覚えずにはおられません!
また再現の枠にとらわれず、レシピや手順もそれ単体で
わかりやすく、センスが伺えます。

現在、再現料理系では、マンガ食堂さんと、貴ブログが竜虎ではないでしょうか?
是非Twitterをおやりでしたら交流をさせてくださいませ。

2010.06.13 Sun 08:11  |  totti_azzurrai10さん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

毎回楽しく読んで頂いているとのお言葉、とっても嬉しかったです(^^)。
私など、料理も文章もまだまだな若輩者ですが、お褒めして頂けて非常に光栄です。
実は、昨日も本日も所用で更新が難しい状況になっており、心細い気持ちになっていたのですが、おかげさまでグングンやる気が湧いて来ました。
心より感謝致します。

いえいえ、当ブログは他の再現料理サイト様の方々の中でも、限り無く下位に位置するブログだと思います;。
私自身が特に面白くも何ともない人間な上、画像の汚さが群を抜いてひどい為、あとは忘れ去られる一方だと考えております。
しかし、こんなつたないブログなのにも関わらず応援をして下さったり、更新を楽しみにして下さる方々がいらっしゃる為、そういう方が一人でもおられる限りはありがたく思いながら運営を続けさせて頂こうと思う今日この頃です。
その為、totti_azzurrai10さんのお気持ちは大変嬉しいのですが、私よりもずっと優れているあちらの方と竜虎に例えられることはむしろ恐れ多い、失礼にあたる事では…と感じております。
当ブログを実力以上に評価して下さり、ありがとうございます。

ちなみにTwitterですが、残念ながら現在はまだ参入しておりません。
ただ、今より時間が経ってもう少し身辺が落ち着いて余裕ができたら、是非登録したいと考えております。
気の長いお話ですが、その際はよろしければお声をかけて頂けますと心強いです(^^*)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた際はまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.04 Sun 10:59  |  

いつも楽しく拝見させていただいています。
常々出汁は偉大だと考えていたので、こんなピンポイントにつぼをついてくる作品があったとは驚きです。早速アマゾンで注文してきました。

豚ばら肉が脂っこくて苦手でもこれなら食べられそうですね。アク取りが大変そうですが、梅干も大好きなのでぜひとも再現してみたくなります。
ただ、あんこ様ほど料理が上手ではないので、こんなに美味しそうに出来ないだろうというのが問題ですが(^^;)

本当にあんこ様の作る料理はどれも食べてみたくなってしまって困ります。
肉なし野菜の出汁ハンバーグも再現されるそうで、そちらも楽しみにいております。

  • #hGw9Rqg.
  • riruriru
  • URL
  • Edit

2010.07.04 Sun 22:18  |  riruriruさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私には過分過ぎるお褒めの言葉だけでも十分嬉しいですのに、大好きな漫画『ダシマスター』までご注文して下さった事を知り、さらに嬉しかったです。
出汁は全ての基本であり、最終的な味の決め手でもありますので、私も興味深く感じておりました。その為、riruriruさんのお役に少しでも立てたのでしたら光栄です。
最初は、アフィの契約もしていないのにブログへ勝手にアマゾン様のURLを貼っていい物かビクビクしていましたが、こういうご報告を聞きますと、出典欄の漫画名にURLを貼るようになってよかったと心から思います。

豚のバラ肉は旨味が濃いのですごくおいしいんですが、同時に脂っこさがきつい部位でもありますから調理の仕方が難しいですね;。
ですが、このチャーハンは純粋なコクだけを活かす事が出来る上、梅干しの酸味がほんのり加わる分さっぱり仕上がりますので、豚のバラ肉好きにはおすすめのチャーハンです!
ただ、チャーハンにスープを適度に吸わせつつパラッと炒めるのはフライパンでは結構難しかったので、中華鍋で作られる事を推奨致します(ちなみに、私は未だにチャーハン作りがドヘタですよ~;。現に、この時も本番前に三回程失敗してますorz)。
また、これは雑誌のオマケページのレシピに書かれていた事ですが、お肉が少々硬くなってもいい場合は漬け込み方式よりも、火にかけて煮詰める方式が味がさらに染みやすいです。
おふを使う野菜ハンバーグは、只今料理本で様々な方法を調べつつ試行錯誤しております。
よろしければ、記事発表の際には読んで頂けますとありがたいです(^^*)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2013.01.22 Tue 16:01  |  

正直ダシマスターで後で出てくるどんな豪華絢爛な料理より
最初に出てきたこの一見素朴なチャーハンが一番印象が強いです。
それにしてきもきららの仕事ワールドバトル編といいダシマスターといい
非常に面白い漫画なのですが、この原作者は運に恵まれてないですね…

  • #LkZag.iM
  • ヤドカリ
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/562-83f6a056
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ