『酒のほそ道』の“わさびトマト&たこポテ&づけオクラ”を再現!

『あらびき団』という深夜番組が大好きで、毎週録画しては必ず週末に見ています。当たりからハズレまで幅広い内容のお笑いコントが繰り広げられるのが特徴なんですが、中でもお気に入りは「アイヒマンスタンダード」「リー5世」「BBゴロー」「モンスターエンジン」「楽しんご」「パンダーズ」「安穂野香」です。
こんにちは、落ち込んでいる時にはパンダーズの無垢な瞳がよく効くあんこです。

本日再現する漫画料理は、『酒のほそ道』にて主人公・岩間宗達さんが夏にぴったりなおつまみとして紹介した“わさびトマト&たこポテ&づけオクラ”です!
夏ならではのおつまみ三種図
『酒のほそ道』とは、お酒とおつまみをこよなく愛するごく普通の営業サラリーマン・岩間宗達さん(29)がお酒のうんちくや独自のこだわりを語りつつ飲み食いするという、一見エッセイ風にも見えるお酒中心のグルメ漫画です。
基本的には会社仲間と飲みに行ったり、一人でのびのびと晩酌する話が多いんですが、中にはかすみちゃんや麗ちゃんという「友達以上恋人未満」な女の子とあれこれ言い合いながら飲んだり、変わったシチュエーションで飲食したりする話も時折あるので、何冊でも飽きずにスラスラ読めます。季節感溢れるシーンが活き活きと描かれている事にも好感が持てますし、何より一話のページ数が長くて六ページ、短くて四ページなので、テンポよく読み進められるのが嬉しい所です(^^*)。
ビール・日本酒・焼酎・ワイン・ウイスキー・カクテルなどいった様々なお酒について詳しく説明されるのはもちろん、四季折々の美味な食べ物をさらにおいしく食べる方法もたくさん紹介されている為、一回手に取ると時間を忘れて読みふけってしまうという、一度で二度おいしい作品です。
『酒のほそ道』主人公・岩間宗達さん
今回再現するのは、単行本の番外編にあたる「宗達流四季の肴」コーナーで、夏のおつまみとしてレシピが書かれていた“わさびトマト&たこポテ&づけオクラ”の三品。
実を言うと、『酒のほそ道』はグルメ漫画にしては珍しく漫画とレシピが完全分離している作品で、作中に出てきた食べ物がレシピコーナーに出てくる事はちょっと稀だったりします。その為、このおつまみ達も作中では全く触れられていない物なんですが、むしろ「宗達流四季の肴」コーナーの料理はお話に出てくる料理よりも創作性が高くてオリジナリティーある料理なケースが多々ある為(意外な事に、漫画の中に出てくる食べ物はオーソドックスな物がほどんどです)、前から「再現するならこっちだ!」と考えておりました。
わさびトマト図たこポテ図づけオクラ図
せっかく手元に単行本と材料が全部そろっている事ですし、早速レシピ通り再現してみようと思います!

という訳で、レッツ再現調理!
まずは、わさびトマト作り。流水でジャーッと洗ってヘタを取ったトマトをさいの目に切り、お皿に高く盛っておきます(イオンで扱っている「鉄おじさんのトマト」が甘くてナイスです)。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ1
その上に、醤油、酢、サラダ油、練りわさびをよく混ぜて作った即席和風ドレッシングを適量かけ、冷蔵庫へしまってキンキンに冷やせばわさびトマトの出来上がりです!
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ2わさびトマト&づけオクラ&たこポテ3
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ4
次は、たこポテ作り。刺身用の茹でたこを薄く切り、酢とオリーブオイルを乳化するまでかき混ぜておいたボウルへ入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で数時間寝かせてマリネにします。この時、塩こしょうで好みの塩加減にすると味がしっかりつきます。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ13わさびトマト&づけオクラ&たこポテ14
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ15わさびトマト&づけオクラ&たこポテ16
たこがいい浸かり具合になるまでに、シンプルなポテトサラダをあらかじめ作っておきます。ちなみに今回、作中にはポテトサラダの作り方が全く書かれていなかったので、念の為に材料は茹でたじゃがいもとにんじん、塩もみしたきゅうり、マヨネーズ、塩、こしょうのみでやや素っ気ない感じに仕上げておきました(ただ、個人的なこだわりでマヨネーズだけは滝の如く絞って混ぜました^^)。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ17わさびトマト&づけオクラ&たこポテ18
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ19わさびトマト&づけオクラ&たこポテ20
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ21
たこのマリネの水気を軽くきったら細かく刻み、先程のポテトサラダへオリーブオイル少々と一緒に加えて混ぜます。その後、冷蔵庫にしまって少し冷やし、お皿へ盛ったらたこポテの出来上がりです。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ22わさびトマト&づけオクラ&たこポテ23
今度は、づけオクラ作り。マグロのサクの両面に熱湯をざっとかけて湯霜にし、すぐに氷水へ投入して冷やします。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ5わさびトマト&づけオクラ&たこポテ6
マグロの温度が少しぬるい程度にまで冷めたら取り出し、キッチンペーパーでそっと水気を拭き取って短冊状のお刺身サイズに切り分けます。全部切ったら深めの容器に入れ、濃い目のそばつゆをヒタヒタになるまで注ぎ入れて冷蔵庫で三時間~一晩浸け込みます(市販の物でもいいそうですが、私の場合以前に作って以来継ぎ足しながら熟成させているかえしにカツオ出汁を割った、オリジナルそばつゆを使用しました)。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ7わさびトマト&づけオクラ&たこポテ8
その間、オクラに塩を振り表面をこすり合わせて毛を取った後お湯で三分前後茹で、冷水にとって水滴を拭いてから小口切りにしておきます。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ9わさびトマト&づけオクラ&たこポテ10
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ11
小鉢に浸け終えたマグロのづけを盛り、仕上げにさっきのオクラを乗せて醤油をお好みでかけたらづけオクラの出来上がりです!
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ12
これら三品のおつまみを出来たての冷たい状態のまま机へ運べば、“わさびトマト&たこポテ&づけオクラ”の完成です!
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ24
思いがけず、色とりどりでにぎやかな見た目になりました。夏にはトマトやオクラ、きゅうりといった派手やかできれいな色合いの野菜が数多く出回るので、目で楽しみやすいのが嬉しいです。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ25

一番目は、わさびトマト。いただきま~す!
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ32わさびトマト&づけオクラ&たこポテ33
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ34
さて、味ですが…旨し!不思議と後を引く味です。
甘酸っぱくてフルーティな生トマトに、わさび醤油ドレッシングの柔らかい辛さがよく合っています。普通のわさび醤油だったら辛味ばかりが先立ってとてもトマトを味わうどころではなかったと思いますが、これはサラダ油を足して口当たりを優しくした分、ちょうどいいバランスを保っていました。
わさびの鮮やかな風味のおかげでトマトの爽やかな甘味がより際立ち、さっぱりとした旨さを堪能出来ます。これ一品だけでも立派な小鉢料理という印象で、トマトごと他のサラダにかけてもおいしく頂けそうでした。トマトの果汁が混ざったドレッシングの甘辛い後味がたまりませんし、トマトの新しい魅力を新発見って感じです!

二番目は、たこポテ。いっただっきまーす。
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ26わさびトマト&づけオクラ&たこポテ27
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ28
さて、味の感想ですが…意外とぴったりな組み合わせでウマーー!
ポテトサラダといえば、ほっくりしたじゃがいもとこってりしたマヨネーズで重厚かつボリュームある味が特徴的ですが、マリネしたたこが入る事によって少しあっさりした感じに仕上がっています。マリネしたたこは、例えるならば「洋風酢だこ」といった感じで、程よい酸味と生たこに近い自然なおいしさが特徴的でした。たこのクニュクニュシコシコした食感が、ねっとりしている舌触りのポテトサラダへいいアクセントを与えており、きゅうりやにんじんとも相性がよかったです。
濃い割にはパクパクいけちゃう味わいな為、ビールとの相性は三品の内で一番いいです。個人的に、パンに挟んでサンドイッチにしても良さげだと感じました。

三番目は、づけオクラ。いただきます!
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ29わさびトマト&づけオクラ&たこポテ30
わさびトマト&づけオクラ&たこポテ31
味はというと…渋い大人の味でおいしいです!
づけにする前に表面を熱湯でさっと固めたせいか、生で食べるよりもマグロの食感がしっかりしています。かつお出汁のふくよかな風味と、熟成されたかえしの旨味がマグロの中心にまで染み透っていて、噛めば噛む程深い味わいを楽しめました。濃過ぎず薄過ぎず、マグロ好きには堪えられない絶妙な調味になっていると思います。
また、醤油の効用で生臭みは消えており、逆にマグロのコクが凝縮されていました。オクラのネバネバサクっとした歯触りが単調さを防いでますし、とろみのおかげで醤油がソースっぽくなり、マグロへさらに絡みやすくなっているのにも感心です。如何にも江戸っ子らしい、おつなおつまみだという感じでした。

お酒のおつまみになるものはご飯のおかずになるものも相当に多いので、晩ご飯兼晩酌として箸が進みました。ラズウェル細木先生の作品には、こういう便利なレシピが春夏秋冬の四種類に分類されて山程載っているので、今後もバンバン活用していこうと思います(^^)。

●出典)『酒のほそ道』2巻 ラズウェル細木/日本文芸社
     『酒のほそ道』3巻 ラズウェル細木/日本文芸社
     『酒のほそ道』5巻 ラズウェル細木/日本文芸社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.06.09 Wed 22:48  |  

お、まさかのあらびきフリーク。私はアイヒマン、リー5世の他
渡辺ラオウ、風船太郎もイケます。

  • #-
  • エクルヴィス課長
  • URL

2010.06.09 Wed 23:46  |  エクルヴィス課長さん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、約二年前に初めて見て以来、すっかりあらびき団フリークです(^^)。
渡辺ラオウと風船太郎、どちらもわりかし好きな芸人ですw(ついでに、夙川アトムも)。
渡辺ラオウは…内心「ラ~ちゃん、あんた大丈夫とね?その内大ケガするっちゃないと?」と博多のおばちゃんのような心境になりつつ、半分ハラハラ、半分ドキドキと面白がりながら見ています(^^;)。
特に、この前のわんこそばロケは笑いつつも胸にくるものがありました。
とにかく、頑張って欲しい芸人の内の一人ですね(DVDで謝ってくれたおばあちゃんの為にも)。
風船太郎はうっかり書き忘れてしまいましたが、私も好きです。
最近はお笑い芸人しても、ボディーフィルダーとしても大会荒らしとして名をはせていらっしゃるみたいで、正直「偉くなったな~」と遠い目になっています。
これからも、是非あらびき団員のマスコットとして活躍して欲しいですね。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.10 Thu 15:46  |  ついに登場ですね!

ついに、リクエストした「酒のほそ道」の登場ですね。
ラズウェル先生の「呑んべえ漫画」のすごいところは、
「買ってきた惣菜にひと手間かけて、一品料理な肴にしてしまう。」というところでしょうか。
ラズウェル先生は、他にも「時代物」も手がけられています。
こっちは余り料理のことは描いてありませんがこれもおもしろいので、
息抜きには良いと思います。
あらびき団というと、たまにチャンネルを変えたときにいつも、
「チャイナドレスの女性を中心に刀を持った人や、ノートパソコンを
持った人達がアングラ芝居みたいなことをしている一団」を観るのですがあの人達は一体何者なんでしょう?
(この人達を観たらまたチャンネルを変えてしまうので全部観たことが
ないですが、あらびき団・・。)では。

  • #-
  • 波多野鵡鯨
  • URL

2010.06.10 Thu 19:57  |  波多野鵡鯨さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

波多野鵡鯨さんのおっしゃる通り、ラズウェル細木先生の作品は「ありふれた食材を立派な一品料理にする」天才漫画だと思います!
『酒のほそ道』を読むと、飲む事や食べる事を心から楽しむ飲ん兵衛精神を垣間見るようで、実に楽しく興味深いです。
これ以後も、『酒のほそ道』や『風流つまみ道場』を積極的に参考にしながらおつまみを作っていきたいですね。
それにしても、ラズウェル細木先生が時代物を書かれていたとは知りませんでした;。今度、早速探して読んでみます。
ちなみに、その見るからに怪しいあらびき団員達は、「キュートン」という前衛集団です(^^;)。
チャイナドレスの女性は「椿鬼奴」さんという方で、パソコンを持って操っているのは「しんじ」さんという名前です。
音楽に合わせてシュールなダンスを踊るのが芸風の方々で、確かにパッと見は不審者ですが、結構いい人達ですので一度見て下さると嬉しいです…。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた時にまた見て頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/570-ff5168a2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ