餃子の王将の天津飯

昨日、また近所にある「餃子の王将」に行ってお気に入りの天津飯を食べてきました!
「お待たせいたしました~」とにこやかな店員さんが運んできた後、興奮を隠しながら早速パシャッと一枚(と言っても、携帯ですが;。不愉快な方がいるかもしれないので、お店では自重しないといけませんね)。丼へたっぷり注がれている醤油色のあんの海に、黄色に輝く天津飯の孤島がどっしり構えている様は、未だにたまらない気持ちにさせられます…。
とある支店の天津飯1
味は、やっぱり絶品。天津飯としては珍しい事に甘酸っぱさは一切なく、まるで醤油ラーメンのスープを少し濃くしたものをそのまま水溶き片栗粉でトロミをつけたような不思議な味がします。このゆるゆるしたあんを、ふんわり半熟卵と白ご飯に絡めて食べると、もう、言葉はいらないって状態になります…。白ご飯では味が物足りないように思われるかもしれませんが、あんとご飯を混ぜてトロトロの雑炊状態にしてからすくって食べれば、全然気になりません。むしろ、絶妙なバランス。見た目よりはボリュームがあるのでちょうどいい腹具合になりますし、最初から最後まで幸せ気分で退店出来ます。
とある支店の天津飯2
380円で、この至福。改めて、「餃子の王将」の偉大さを実感いたしました。

以上、九州のとある支店へ行った際のレポートでした(・∀・)。

Comment

2010.06.16 Wed 14:39  |  

はじめまして
天津飯の餡は地域によって違うようですね
甘酢餡が関東で 出汁風餡は関西です

  • #-
  • .
  • URL

2010.06.16 Wed 20:25  |  . さん、初めまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。

コメントをして下さり、ありがとうございます。
なるほど!関東が甘酢あんで、関西が出汁風あんなのですね。
今まで知りませんでした、勉強になります。
甘酢あんも好きですが、正直今の所はあの支店のあんが一番好きです;。
出汁風醤油味のあんは、それくらい衝撃的でした(^^;)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.16 Wed 20:48  |  この辺には無い

餃子の王将・安くて美味しいんですか、いいですねー
餃子も美味しいですか?

現在、三色パスタ作ってます

ここ数年、自分のサイトは作ったPC用壁紙張るだけだったので、かなり使い方忘れていて四苦八苦してますがなんとか三色パスタアップできそうです。・
ミクシィに比べるとやっば使いづらいなー

そろそろ生地寝かせ終わりかな・

クマバチに太もも刺されて飛び上がった・・・

2010.06.16 Wed 21:15  |  ギンさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

餃子の王将はお得でおいしい中華料理がいっぱいあるので、おすすめです。
餃子も各支店での手作りらしく、支店によって味が違うのでなかなか面白いですよ~
(ちなみに、私の近所の王将は結構餃子がおいしい方な支店だと思います)。
まさに現在、三色パスタを製作中だと聞いてワクワクしております。
実写版だと一体どんな感じになるのか、興味深いです。
引き続き、記事を楽しみに待っていますね(^^)。

それにしても、クマバチに刺されたと聞いてびっくりしました;!
うちの妹も刺された事があるのですが、ぶわ~っと腫れて痛そうだったのを
覚えています…くれぐれもご自愛くださいませm(_ _)m。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.16 Wed 22:59  |  でっきたー

更新しましたよー

20年前にミツバチに刺されて以来ですね

絶叫しました、病院に行く途中でブツブツと独り言で痛いーとか言うくらい痛かったですが、死ぬほど痛い歯の痛みから比べればマシですね

2010.06.16 Wed 23:24  |  ギンさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

先程、早速ギンさんのサイトに行って再現記事を読んで参りました!
見た目はかなりおいしそうなので、これは味も大丈夫なのでは?と思いながら読み進めていたのですが…う~む、味がなかったとは残念でしたね。
やはり、原作通りにソースや味付けなしで麺を食べるのには無理があるのかもしれません(漫画で見た時は「いや、これは案外ウマーそうかも…」と完全にイメージだけで感じていましたが;)。
ギンさんの手作り麺自体は、色鮮やかな上にモチモチとコシがあっておいしそうでしたので、麺に罪はないと思います。
恐らく、ミートソースなどといったパスタソースをかけたり、ペペロンチーノ風に調味したらすごくおいしくなると思います。何より、普通のスパゲティよりもずっと栄養価が高そうなのがいいですね。

何がともあれ、三色パスタの再現調理、お疲れ様でした~!
これからも、ちょくちょく拝見させて頂きますね(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.17 Thu 02:44  |  

王将の餃子は美味しいですよね。安くてうまくてとっても好きです。
王将では"餃子×2+野菜炒め"が俺的鉄板メニューなので、天津飯は食べたことないなー。でも美味しそうだなー…

記事の「380円で、この至福。」というのを見て「ん?」と思ったので王将の公式サイト見てみたら、関東の天津飯は440円でした。他にもメニューを見比べてみたんだけど、関東は全般的に高い(メニューも結構違うです特に麺類)。東京以外は地代そんなに高くないのにな…なんか東京があるってことに便乗されてる関東地方の現実を見ました。
orz

2010.06.17 Thu 11:46  |  王将は

あんこさん、こんにちは。
これが噂の天津丼ですか。シンプルだけどおいしそうですね!
関西風と関東風…僕が住んでいるのは関東ですが、うちの近所の王将の天津丼の味付けはどうなのか、今度行って確かめてみようと思います。

毎日新聞の記事(「毎日新聞 時代を駆ける 大東隆行」で検索すると読めます)からの追記になりますが、王将は餃子やチャーハンなどの基本的な中華のメニューは全店統一のレシピがあるそうですが、定食や一品料理などは各店舗ごとにオリジナルのメニューを出しているのだとか。お客さんに合わせて店ごとの独自色を出す工夫をしているらしいです。なんだかすごいですね。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.06.17 Thu 11:46  |  尻臼さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

本当、王将の餃子はおいしいですね~。
そのまま食べてもいけるのはもちろん、ビールやご飯にぴったりです!
今までは炒め物といえばレバニラ炒めばかりでしたので、野菜炒めは食べた事がありませんでした。
今度、天津飯を頼む時に一緒に注文してみますね。

私もあの後HPで調べてみましたが、同じメニューなのに場所によって値段が違う事が結構あったので驚きました。
野菜やお肉の平均価格が各地域によって違うんでしょうか…何とも不思議です。
県によって値段も材料も調理法も異なるとは、王将の奥深さを垣間見た気持ちです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.17 Thu 12:04  |  kawajunさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、極めてシンプルなんですが、一回食べると癖になります(^^)。
関東だと出汁風あんではなく、甘酢あんが主流なのだそうです(先日、コメント欄にて教えて頂きました)。
ただ、調べてみると地域ごとで結構異なるケースも珍しくないそうなので、kawajunさんのご近所にあるお店はどちらのスタイルなのか楽しみですね。

やはり、王将はお店によってレシピがかなり違ってくる稀有なチェーン店なのですね…。感心しました。
どこで出されても統一された味だと安心する反面、徐々に飽きがきてしまうという致命的な弱点がある為、支店によって個性を確立しておくというのはとても面白い試みだと思います。
その内、旅行に行く度に「○○県はこんな味が多い、△△県はこういうセットがあった」というレポートを書いてアップする方が現われるかもしれませんね(^^)。
特に、定食内容を見ると同県でも相当に違うメニューや料金形態だったりするのが楽しくていいですね。
ある支店では、一時期「ご飯orラーメン&スープ&ザーサイ&唐揚げ&棒棒鶏&好きな料理二種」という太っ腹なB定食(800円)がありましたが、今はもうなくなってしまいました。残念です。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.18 Fri 01:06  |  

またきましたーw

王将は「店長の持ちネタメニュー」というのがありまして
各店舗で色々なセットや特別メニューがあったりするそうです
店長の持ちネタだけに、担当のお店が変われば
そのメニューも一緒に移動してしまうそうですよ

  • #-
  • .
  • URL

2010.06.18 Fri 11:34  |  . さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なるほど、餃子の王将には「店長の持ちネタメニュー」と
いう料理が存在するのですね。初めて知りました!
お店と言うより、店長の性格や気質によってメニュー作りがなされて
いくんだったら、そりゃ個性豊かでバリエーションも豊富なはずです(^^)。
メニューの引越しというのもユーモラスで、想像したら何だか
ほほえましくなりました。恐らく、あのB定食もそうだったのでしょうね。
今の店長さんは女性を意識してかボリュームが少ない気がするので、
また以前のように豪快な定食メニューを増やしてくれたらな~と思いました;。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.06.21 Mon 22:36  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.06.21 Mon 23:43  |  BLUEさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
非公開コメントをして下さり、ありがとうございます。

おお~、BLUEさんも王将のご常連さんでしたか!
私は学生からではなく、社会人になってからやっと王将ファンになった人間ですので、羨ましいです…。
支店や店長独自のメニュー表って個性が表れるので、読むだけでも面白いですね(^^)。
それにしても、そのラーメンセットはかなりボリュームがあっておいしそうですね~。晩ご飯を食べ終わってもうこんな時間だというのに、またお腹がすいてきました(実は、本日も再現料理を二品作ったばかりです;)。
自分自身経験がありますが、最初はよかったのに後からどんどん悪くなるお店って、前の記憶が美しい分切ない気持ちにさせられますね(´・ω・`)。腹が立つと言うよりは、悲しい想いになります。
特に、お得なセットメニューがなくなって味が落ちるのは手痛いです。
私も思い出補正が入って他のお店では満足出来なくなったりした料理が何個かありますので、BLUEさんのお気持ちはよく分かります。
一回食べて「これだー!」と思った時の舌の記憶って、案外なかなか消えないものなんだな~とつくづく不思議な気持ちになりました。人間の体や機能って、面白いです。

パソコンが直り次第、また色々な漫画料理の再現記事をアップしていきますので、
もしご縁がございましたら再度ご来訪して頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.03 Sat 00:58  |  

今日は王将に行ったんで、天津飯食べてみたよー!
ふわっふわの卵にあんかけ最高でした。
関東のメニューでは天津飯は甘酢or塩ダレが選べるんですよ!そのせいかちょっと高いんだけど。
甘酸っぱいのが好きなので、迷わず甘酢で食べましたけど、今度行ったら塩ダレで食べてみようかと思います(ちなみに天津飯うまかったのですがほとんど嫁に食われました)。
王将安くて最高です。

2010.07.03 Sat 10:26  |  尻臼さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

尻臼さんや奥様も王将へ行かれましたか~!
天津飯ファンなので、天津飯を食べられたとのご報告はとても嬉しかったです。
王将は安くてお得でボリュームたっぷりで、なおかつおいしいのがいいですね(^^)。
甘酸タレか塩ダレかを選べるなんて、羨ましいです(こちらでは、選べないのがデフォですorz)。

この記事を書いて少し経ちますが、未だに王将の天津飯には飽きずにいます。
フワフワ卵とご飯とタレの共演がバランスよくて、食べるたびにうっとりさせられます…。
こうして書いている内に、また食べたくなってきちゃいました;。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/575-7baf5625
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ