『クッキングパパ』の“ぶっ飛び卵焼き”を再現!

先日、母の名前は実は紙飛行機で決められた物だという事実を初めて知り、かなりびっくりしました(名前候補を書いた紙飛行機を準備して飛ばし、一番長く飛んでいた紙飛行機の名前を採用)。何でも、母は男兄弟ばかり続いていて女の子を熱望していた両親の元にようやく生まれた待望の末っ子だったらしく、名前決めが相当に難航して悩んだ末にこの決め方を選択したそうです。それにしても、こんな漫画みたいな話が本当にあるとは…事実は小説よりも奇なりという言葉を実感しました。
こんにちは、どちらかと言うと母方の実家との方が縁が深いあんこです。

今回再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩主任が小さい頃妹の味知さんに作ってあげた初めての料理“ぶっ飛び卵焼き”です!
ぶっ飛び卵焼き図
荒岩主任のお父さんは妹・味知さんが生まれてまもない時に交通事故で他界していた為、母・カツ代さんはかなり昔から病院の賄い婦として朝から晩までがむしゃらに働いており、その為どうしても帰りが遅くなる日々が続いていました。もちろんその事は荒岩主任も味知さんも幼いながらよく理解していたのですが、荒岩主任が小学六年、味知さんが五歳だったある夜、味知さんは「スカーン!こんな毎日毎日パンなんかー!」「うちはお母ちゃんと一緒にご飯が食べたいとー」と言って泣き出してしまいます。
小さい頃は寂しがりやだった味知さん
荒岩主任は優しくなだめようとしたものの味知さんは聞き入れず、とうとうパンを放り出して部屋の奥へ逃げ出してしまいます。そんな時、味知さんに何とか晩御飯を食べてもらおうと荒岩主任が生まれて初めて作ったのが、この“ぶっ飛び卵焼き”(おそらく、単純に「パンじゃなかったら食べるのかな?」という予想をしたからだと思います)。
作り方はちょっとコツがいり、多種類の野菜や魚肉ソーセージのみじん切りをどっさり加えて混ぜた卵液をフライパンへ一気に流し入れてジワジワ焼き、最後にひっくり返してもう片面も焼いたら出来上がりです。厚焼き玉子の応用版って感じの調理法で、約一センチ近くの厚さに焼きあがった卵焼きはなかなか迫力があるとの事でした。確かに、それだけボリュームがあるなら「ぶっ飛び」と名づけられるのも頷けますね(^^)。
妹の為に一生懸命料理をするかつての荒岩主任
ちなみに、“ぶっ飛び卵焼き”を食べた当時の味知さんは、満面の笑みで「うーん、おいしいお兄ちゃん」と大喜びします。そして、思いがけず見た味知さんの笑顔を忘れられなくなった荒岩主任はその日から毎日台所に立つようになり、そのおかげで後にプロ並の料理の腕を持つ「クッキングパパ」へと成長していくのでした。
このお話を読むと、小学校低学年の時には鶏に追いかけられて泣いて逃げるような弱虫だった荒岩主任が、お父さんを失ってからは若干十二歳にしてすっかり立派なお兄ちゃんになっていたという事実を再確認し、温かい気持ちになります(^^*)。
この笑顔が、荒岩主任を料理好きにしました
いまだに卵焼きはあまり上手に焼けない人間なのでちょっと悩んだんですが、これはもう「練習して慣れるしかない!」という結論に至ったので、早速再現してみます(`・ω・´)キリッ!

という訳で、レッツ再現調理!
まずは、具の準備。玉ねぎ、にんじん、にんにく、しょうが、小ネギ、キャベツ、魚肉ソーセージを、全部みじん切りにします。この時、にんじんは後々火が通りやすくなるように他の野菜類よりやや小さめに切っておいた方がいいと思います。
ぶっ飛び卵焼き1ぶっ飛び卵焼き2
ぶっ飛び卵焼き3ぶっ飛び卵焼き4
ぶっ飛び卵焼き5ぶっ飛び卵焼き6
これらの具を、あらかじめ卵を割り入れて泡だて器で軽く混ぜておいたボウルへ投入し、さらに塩、こしょう、砂糖(これはお好みで)で味付けしてよく混ぜます。これで、卵液の用意はOKです。
ぶっ飛び卵焼き7ぶっ飛び卵焼き8
続いて、焼き作業。強火で熱した卵焼き器に油とバター(又はマーガリン)を加えて溶かし、そこへ先程の卵液を一気に全て流し入れ、菜箸でかき混ぜながらどんどん焼きます。表面がドロリとしてきたら平面になるようにならし、ごく弱火にしてフタをかぶせ、約五分間じっくり焼きます。
ぶっ飛び卵焼き9ぶっ飛び卵焼き10
片面が焼けたらフタの上へ一旦取り出し(生の部分が上、焼けた部分がフタに接するように)、まだ生の所が焼けるよう慎重に卵焼き器へ裏返して、再度ごく弱火でフタをして約五分もう片面を焼きます。ここら辺は結構難しくて息を呑みましたが、無事破らずにひっくり返せたのでほっとしました。
ぶっ飛び卵焼き11
中までちゃんと火が通ったらまな板の上へ取り出して食べやすい大きさに切り分け、お皿に盛り付けておかかをふりかければ“ぶっ飛び卵焼き”の完成です!
ぶっ飛び卵焼き12
作中で書かれているように、本当に目を見張るほど厚みのある断面で、思わずゴクリと喉を鳴らしました(^^;)。にんじんの赤、魚肉ソーセージのピンク、小ネギの緑などの色合いが美しく、食卓に置くとたちまち華やぐので副菜に向いてそうです。
ぶっ飛び卵焼き13
それでは、熱々の内にいざ実食!いっただっきま~す。
ぶっ飛び卵焼き14

さて、味の感想ですが…中身がぎっしり詰まっててウマーーー!食べ応えありまくりです!
味知さんもまこと君も絶賛!
生焼けという事は全然なくて隅々にまでちゃんと火が入っており、厚焼き卵みたいな厚みがある上ふっくらした口当たりでした。これはもう、卵焼きというよりはお好み焼き風オムレツって感じの味わいです。とにかく圧倒されるくらい具たくさんで、野菜の溢れんばかりな旨味や賑やかな食感を、卵のふんわり感が見事に受け止めていました。味付けは塩・こしょう・砂糖のみですが、玉ねぎやキャベツ、にんじんからにじみ出る自然な甘味のおかげで、一口食べるごとにほのぼのさせられます。
にんにくとしょうがのちょっぴり刺激的な風味が全体をうまくまとめていて、そのせいか醤油をかけて食べたらぴったり合いました(しょうが醤油みたいなイメージですね^^)。意外な事に魚肉ソーセージから卵にいい出汁が溶け出しており、魚由来の淡白なコクが全体にきいているのがよかったです。クセがないので大人はもちろん、子どもに大喜びされそうな一品でした。 野菜がたっぷり入っていて冷めてもおいしいので、バランスよく栄養を取る為に冷凍して毎日のお弁当に活用するのもありだと思います。

荒岩主任が言うには、おかかを乗せずにケチャップをかけてもおいしく食べられるんだそうです。私の場合、何もかけずにそのままパクリと、醤油をかけてバクッと食べるのが気に入りました。見た目の割には食べ応えがあるので、色んな時に活躍しそうなレシピです。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.10 Sat 18:56  |  ぶっ飛び卵焼き!・・・

自分も好きです!
何より、普通のソーセージではなく…
「魚肉ソーセージ」っていうのが良いですよね(^^)

『ぶっ飛び~』ではないですけど、
卵焼き系の料理は基本大好物です。
特に好きなのが、昔から父がよく作ってくれた
『鰻の蒲焼入り卵焼き』です。

「クッキングパパ」の話の中でも東山常務のために作った「鰻入り卵焼き」がありましたよね。
あんな上品な感じじゃないですけど(笑)

そういえば、あんこママさんの名前のエピソード…
アニメ版「クレヨンしんちゃん」の「ひまわり」の名前を付ける話を思い出しました。
その中でも、しんのすけ、ひろし、みさえ、秋田のじいばあが、それぞれ紙飛行機に名前を書いて、最後まで飛んでいた人のを採用と言う事で、しんのすけの紙飛行機が残り、めでたく「ひまわり」と命名された というお話しです。

長文、失礼しましたー。

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.07.10 Sat 19:12  |  なつかしいです

あんこさん、こんばんは。いつも楽しく拝見させていただいております。

「ぶっ飛び卵焼き」! なつかしいですね。まだ料理を始めたばかりの頃、
何とか簡単に作れるレシピはないものか、と『クッキングパパ』を読み漁り
この料理を見つけて挑戦した事を思い出します。みじん切りにして入れる
具材の大きさは適当、しょうがなんかは結構大きくなってしまいました。
卵焼きを裏返す時は、卵焼き器よりずっと大きいフライパンのフタに横に
スライドするように移して、ひっくり返した記憶があります。たしかレシピにも
そんなアドバイスがあったような…。おかげで下手な自分でも成功しました。
味もなかなか美味しかったです。大きくなってしまったショウガがホクホクと
意外な美味しさを出していました。僕も醤油・カツオブシで食べました。
卵焼き器の使用頻度が低くなり、処分されてしまったため作らなくなって
しまいましたが、この記事を読んで、久々に作りたくなりました。卵焼き器を
買って挑戦しようと思います。

ところで、冒頭のエピソード、『動物のお医者さん』でも漆原教授が一番
遠くまで飛んだレポートを合格にする…というような話があったような。
本当に漫画のような感じですね。

九州北部はまた大雨になるそうですが、気を付けてお過ごしください。
長々失礼しました。では、また。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.07.10 Sat 23:19  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ミトナリさんもお好きでしたか~、嬉しいです(^^)。
おっしゃる通り、この卵焼きは普通のソーセージではなく魚肉ソーセージを使う所がコツなんだと思います。
濃すぎず薄すぎず、独特のいい旨味がにじみ出てくるのがいいですね。

私も卵焼き系の料理(というより、卵料理全般;)が大好きなので共感です。
うちでは、母が甘くない出汁巻き卵をよく作ってくれます。
何も具は入っていないのですが出汁がきいてて十分ウマーで、出来立ての熱々を頬張るとたまらないです。
ミトナリさんのお父様が作られていた卵料理は、「うまき」に近い物があっておいしそうですね。
鰻と卵は意外と相性抜群の組み合わせなので、二年前に「うまき」を鰻料理屋さんで食べて以来すっかり虜です(^^*)。
そう言えば、『クッキングパパ』でもこの料理は紹介されていました(オムレツなら、『味っ子』にも登場してました)!
本格的なレシピでしたので、機会があったら是非試したいです。

はい…実を言いますと、私も真っ先に『クレヨンしんちゃん』のエピソードを思い出してました(^^;)。
テレビ放映当時は「現実だと、こうやって決める人はまずいないだろうな~。しんちゃんワールドだからこそ出来た技だ!」と内心妙に納得しながら見ていましたが、まさか母がそうだったとは…びっくりしました;。
もしかしたら、母が生まれた19××年代(何年か表記したら歳がバレてしまって母が怒るので、さすがに書けませんorz)は割とポピュラーな決め方だったのかもしれません。
私こそ長文すみません;。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.10 Sat 23:50  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく見て下さっているとのお言葉、非常に嬉しいです(^^)。
私も小さい頃、これを初めて見た時「料理はした事ないけど、こんなに簡単な料理なら私にも出来そう!」と胸を踊らせていた事を覚えています(ただ、小学生低学年だった事から台所で火や包丁を使う事は厳禁されてた為、実際には作らせてもらえませんでしたが…orz)。
確かに、具の大きさは割と適当でも結構何とかなっておいしいですよね。
私も、あのひっくり返し方の画像は分かりやすかったのでかなり助かりました。
簡易なレシピとはいえ、ここだけは大丈夫か内心ヒヤヒヤしてましたが、指示通りにやったのと外側にしっかり火を通していたのとで無事返す事が出来、ほっとしました。
kawajunさんのおっしゃる通り、しょうがが予想以上にいい仕事をしてくれるので必須だと思います!
おかげでかつおぶしと醤油がよく合いますし、後口もさっぱりするしでいい事づくめです。私にとっては、日本酒が欲しくなる味でした。
卵焼き器を新しくご購入をなさる場合は、テフロン加工かマーブルコーティングの物がおすすめです!
特にマーブルコーティングの物は余程焦げ付いていない限りツルツル食材がはがれてくれるので、重宝してますよ~(´∀`*)。
ぶっ飛び卵焼きでなくても、卵焼き器はウインナーなど細々した物を茹でたり、目玉焼きなどの小さな焼き物を作ったりするのにも便利ですので、よろしければ是非復帰させて下さい(←って、よく見たら回し者みたいですね…すみません;)。

そう言えば、漆原教授もそんな事をしていましたね(´Д`;)。
身近には絶対いて欲しくないですが、遠くから常に見ていたい方ではあります。
確かに、我ながら漫画みたいだなーと思います。ちょっとショックでした。

今、ちょうど外はすごい大雨なので「明日はどうなる事やら」と思いやられています。出来る限り気をつけますね;。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.11 Sun 14:31  |  

そうそう!
こういうオムレツ(?)って、作るのがムヅカシソーー!とずっと思っています。
むかーーーーし20代前半だった頃(遠い目)お友達の手作り弁当に入っていて、こやつは料理できるな・・・むむむ・・・と思ったものでした。
今度作ってみようかなぁ~

こないだ、近くに開店すし屋がオープンして行ったら、新鮮なイワシをくれたの!早速、イワシのツミレを作ってみました!
もちろん、フードプロセッサーさまのトリコのA子は、お願いして、ギュギュギュィーンと数十秒でとろとろになったイワシを見て大感動しました!
味は、本当に強烈においしくって・・・・・
これは、新鮮だからおいしいのか、フープロさまがおいしくしてくださったのか・・・まぁどっちもあるんでしょうけども、とにかく!ものすごくおいしかったのでした・・・・
また上げたての魚がほしいなぁ~釣り好きの気持ちがちょこっとだけわかりました!

  • #R/mMDolE
  • A子
  • URL
  • Edit

2010.07.11 Sun 21:15  |  残念すぎる

憧れの料理を再現してあって嬉しいんだが、
あんたァ写真がだめすぎる・・・

せっかくの力作なのに、「激ウマ!」って書いてあっても全然美味しそうに見えない・・・
写真にもう少し力入れてあったらお気に入りのサイトなのになぁ。。

  • #-
  • ちょい
  • URL

2010.07.11 Sun 22:41  |  A子さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

オムレツにしろ、厚焼き卵にしろ、卵料理って簡単そうに見えて作るのがかなり難しいので奥が深いです…。
残念ながら私はまだ下手な為、いつも失敗ばかりです;。
私も、卵料理がうまい知人や母を見ては「料理が上手だな~」としみじみ思います(^^;)。

それにしても、回転すし屋さんで新鮮なお魚がもらえるなんていいですねー!
新規オープンの特別サービスだったのでしょうか?私は大の魚好きですので、すごく羨ましいです。
鰯は魚へんに弱いという字がつくだけあって鮮度の落ちるスピードが結構早いので、ピチピチの状態の物を手に入れる事が出来ると嬉しいですよね(´∀`)。
あと、鰯のつみれ汁がおいしく出来たのは、恐らく新鮮な材料やフードプロセッサーのおかげだけではなくA子さんの料理の腕前が大きく影響したからだと思います(^^*)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.11 Sun 23:43  |  これを・・。

ご飯の上に乗っけて餡をかけて「天津飯」してもおいしそうです。
私も卵焼きが上手く巻けません。
(だしの素を使う手抜きだし巻きですが・・。それ以外にも、
とけるチーズがあったらだし巻きにせずチーズ巻きにしています。)
そうそう、卵焼きというと、「つまみ道場」に載っていた
「卵焼き3種」というのもありますね。

昨日、ようやくさがしていた、高田郁先生の「みおつくし料理帖シリーズ」(ハルキ文庫現在3巻まで、漫画版あり2巻までオフィスユー連載中)をようやく手に入れ一緒に買った別の本とどちらから先に読むかと
考えております。
みおつくし料理帖は、時は江戸時代大阪から江戸に下ってきた主人公の少女が料理屋でいろいろな料理を考案する話です。巻末に作中に
でてきた料理のレシピが載っています。
(個人的には「とろとろ茶碗蒸し」の話がよいです。この回を読んで、
所謂「茶碗蒸し」といわれて思い浮かべる料理は「上方料理」で
「江戸料理の茶碗蒸し」はまったく違う料理だというのを始めて知ったりして。)では。

  • #-
  • 波多野鵡鯨
  • URL

2010.07.12 Mon 00:01  |  ちょいさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ちょいさんのおっしゃる事は全くもってその通りで、私自身当ブログはあまりにも画像が汚なすぎると思います…;。
カメラアングルも下手でピントも合っていませんし、おまけにかなり前の携帯で撮っている為、画質も凄まじいものがあります。
我ながら、よくこんな酷い写真でアップしているなと大いに恥じておりますが、お恥ずかしながら只今経済的に結構厳しい状態な為、新しくて性能がいいデジカメを買う事が出来ずにいます。
その為、昨年からカメラを買うための貯金をコツコツしていますが、毎月本当に僅かな額しか貯めれていない為、いつ買えるのか明言できないのが現実です…。

また、再現料理の感想にしても、一口食べた瞬間の率直なイメージや、食事直後に詳しい味を忘れないよう急いで取った感情的なメモを頼りにして書いている為、どこか大袈裟でわざとらしい感じに見えるかもしれません(内心、信じて頂けなくても無理のない事だと感じています)。

いずれは必ずカメラを購入し、画質の改善や写真の撮り直し、文章の訂正をしたいと考えていますが、残念ながらすぐに取り掛かれる状態ではないのが当ブログの現状です。
未熟な運営内容でご不快にさせてしまい、誠に申し訳ございません。

既に以前からご存じでしたらすみませんが、当ブログよりもずっと画像がキレイな上、内容や記事数がとても充実している漫画料理再現サイト様の中に、umebonさんという方が運営していらっしゃる「マンガ食堂」様がございます。
そちらですと、画像はもちろん文章の完成度が非常に高いですので、よろしければ一度見て頂けたらと思います(^^)。
あと、『ミスター味っ子』料理再現という分野では、当ブログに度々いらっしゃっているギンさんという方が充実した記事を御サイトやニコニコ動画にてアップなさっています。再現度がすごくて画像のキレイですので、よろしければ是非足を運んでみて下さい(^^*)。

率直で貴重なご意見を下さり、ありがとうございましたm(_ _)m。
ご縁がございましたら、またご来訪して頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.12 Mon 00:40  |  波多野鵡鯨さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

天津飯!そういう風にアレンジしてもおいしそうですね~(´∀`*)。
野菜たっぷりなので、カラフルで綺麗だと思います。
卵焼き、側で誰かが作っているのを見ると自分でも簡単に出来ちゃいそうな気がするんですが、実際にすると「あれれ?」な事態になります;。
確かに、出汁の素は便利な調味料ですね。私も時間がない時は頼りにしてます(^^;)。
あと、チーズ巻きは私も大好きな卵焼きなので共感しました(出来立てだとチーズが伸びて美味です)。
風流つまみ道場の卵焼き三種は、私も前々から「作りたい…食べたい…」と思っておりました。
ただ、今より卵焼きの腕がもう少しだけマシになってから再現予定ですorz。

波多野鵡鯨さんの分かりやすい文章に惹かれて、先程早速『みおつくし料理帖』シリーズをネットで調べて参りました。
すると…食欲がそそられるお料理や感動的なお話内容があちこちで紹介されていて、読みたくてしょうがない気持ちになりました(´Д`*)。
『華中華』といい、『デリシャス!』といい、『ミックスベジタブル』といい、どうやら私は可憐に見えてしっかりした女の子が一生懸命頑張る料理漫画or小説に弱いようです;。
こうなったら明日から早速探し、読了次第にすぐ再現してみようと思います(それにしても、とろとろ茶碗蒸しって名前からして既にウマーそうですね)!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.12 Mon 00:45  |  おいしそう・・・

だめです・・・夜中にこのブログにくるのは超危険・・・
食欲増進されて、ポテトチップに手を伸ばしそうになるのを
今必死にこらえています(笑

数回だけですが、コメントさせてもらったものです。
虹子さんのクリスタルボールを作ってみましたとコメントしたものです。
あれからも毎日くらいのペースで遊びに来ています!
それでいつもいつも食欲を刺激されてます。
今日は大好きなクッキングパパの記事でとても嬉しかったです。
あーーー食べたい・・・

  • #w7E8CPEA
  • かなこ
  • URL
  • Edit

2010.07.12 Mon 22:23  |  

こんばんは。
ぶっとび卵焼きがあまりにおいしそうだったので、今日お弁当に作って持って行ってみました!焼きかけは柔らかくて、返すのにひと苦労でしたが…。なんとか成功しました。すごく緊張しました;

お弁当はこの卵焼きとおにぎりだけだったのですが、具がたくさん入っているのでとてもボリュームがあって、これで十分な食事でした。
あんこさんも書いていらっしゃいましたが、しょうがが予想以上にいい仕事をしていて驚きました。ほっくりしたしょうがに、シャキシャキしたねぎと、食感も楽しいですよね。こんな事を子供の時分で考えつく荒岩主任はやっぱりすごい!です。
楽しいメニューを紹介してくださって、ありがとうございました!
おいしかったので、また作りたいです☆

  • #3un.pJ2M
  • あっこ
  • URL
  • Edit

2010.07.12 Mon 23:11  |  かなこさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、私もかなこさんの事をよく覚えています(^^)。
食欲増進というこれ以上ないお褒めの言葉を下さり、感謝です。
最近新しい漫画の再現の方に集中していた為、すっかりクリスタルボール再現は先延ばしになってしまいました…orz。その節は、本当にすみませんでした。
日ごとに暑さが増していっている今こそ、まさにクリスタルボールの再現時だと思いますので、恐れ入りますがもう少しお待ちして頂けますとありがたいですm(_ _)m。

毎日来て下さり、本当にありがとうございます(´∀`)。
ぶっ飛び卵焼きは、ボリューム満点なのにあっさり食べられますので、この時期におすすめの一品です。
結構簡単に作れちゃいますので、是非一度ご賞味して下さい。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.13 Tue 00:33  |  あっこさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

あっこさんも再現して下さったんですね!嬉しいです(^^*)。
ぶっ飛び卵焼きをひっくり返す瞬間って、結構ドキドキしますね~!
私の場合、予想していたよりもちょっと柔らかかったので「崩れませんように」と半ば祈るような気持ちでフタに乗せました(^^;)。

私も最初に食べた時、野菜や魚肉ソーセージでかなりボリュームがあって一切れで結構ズシンとくるのにびっくりしました。
しょうがの爽やかな香りとほくほく感って、卵焼きと案外合うんだなーと感心したのを覚えています。
それにしても、あっこさんのおっしゃる通り荒岩主任は子どもの頃からすごいですよね。大人顔負けの発想力の持ち主です。
私が小学生の時は、カップラーメンを作るのがせいぜいなレベルだったので、尚更すごいと感じました;。
もしかしたら、カツ代さんの料理する姿を幼い時から見て知らず知らずの内に勉強していたのかもしれませんね。

私こそ、丁寧な再現レポートを教えて下さり誠にありがとうございます。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.13 Tue 20:44  |  色もきれいです

彩りがよくって、ボリュームもあっていいですね~。
これは是非お弁当に作って入れたいです。
魚肉ソーセージを卵で巻いて焼いたのをお弁当用によく作ってるのですが、今度はこちらを作ってみようと思います。
野菜が沢山とれるのが魅力的です!
生姜がきいてるのも、いいですね。
クッキングパパ好きで、ちょこちょこ読んでるのですが
巻数が多いのでなかなか全部読めてないので、こちらで美味しそうな料理がピックアップされてると嬉しいです。

名前を紙飛行機だなんて、すごい豪気ですね!
ある意味ドラマティックかも。
重要なことほど最後は運を天にまかせるってわかるかもです。

2010.07.13 Tue 21:41  |  イオニさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

お褒めの言葉を頂けて、とても嬉しいです(^^)。
ぶっ飛び卵焼きは出来立てはもちろん、冷めてもおいしい所が本当にお弁当向きだと思います。
野菜が手軽に取れるのも助かりますし、いいトコづくめです。
それにしても、魚肉ソーセージの卵焼きもおいしいそうですね~!
食べ応えがあるのにあっさりしてそうなイメージです。
魚肉ソーセージ好きな人間なので、今度試してみようと思います。
私も『クッキングパパ』は個人的に大好きな漫画ですので、そうおっしゃって頂けますと非常にありがたいです。
これ以後もドシドシ再現していきますので、その際はお立ち寄り下さると嬉しいです。

今月になって初めて知ったので、一瞬ポカーンとしました;。
母が言うには、あまりに悩みすぎたからそうしちゃったみたいとの事ですが…漫画みたいな現実の出来事って、案外身近にあるもんなんだなと実感しました。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 00:38  |  旨そ~

Goodjob!!

やはり卵料理は鉄壁ですね。
今度クッキングパパ読んでみます!

  • #RAa2TALo
  • ほくほく
  • URL
  • Edit

2010.07.16 Fri 01:52  |  ほくほくさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。

再度コメントをして下さり、ありがとうございます(^^*)。
ほくほくさんのおっしゃる通り、私も卵料理は鉄壁だと思います!
ただ作るだけならこの上なく簡単ですがうまく作るのが難しいという面白さがありますし、何と言っても味がおいしいです。

『クッキングパパ』はお話的にもレシピ的にも見どころがあって楽しいですので、よろしければ是非お読み下さい(´∀`)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.06 Fri 00:03  |  


はじめまして。

拵えてみた感想は、「日本の家庭料理風スパニッシュオムレツだよ、これ」でした。

あちらはジャガイモで旨みとボリュームを出す替わりに、こちらはキャベツで旨みとボリュームを出す、と。

で、ベーコンの替わりには日本のソウルフードである魚ニソ(笑をつかうと。

案の定、拵えすぎて食べ切れませんでしたよ。でも、余りは冷やしておいて食べてもこの季節は美味い、と :D

2010.08.06 Fri 00:18  |  千林豆ゴハン。さん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

千林豆ゴハン。さんのおっしゃる通り、確かにこれはじゃがいもを野菜や魚肉ソーセージに置き換えた日本風スパニッシュオムレツみたいですね。
じゃがいもを使う本家のオムレツもサクサクホクホクしてボリューム満点でおいしいですが、キャベツとかで作る日本風もあっさりしてウマーなので個人的にはどちらも好きです。
ベーコン代わりに魚肉ソーセージというのが如何にも日本風って感じですw。
今、海外では日本の練り物はヘルシーで食中毒の心配がないと少しずつ広まっているそうですので、いつか本家の方々も愛用して下さると面白いですね(^^)。
冷やしたのはまだ食べた事がありませんでしたが、この季節だと尚更おいしそうです!
いつもなら家族に分けて瞬時に消費しますが、今度は冷やして一旦置いてから食べてみます。
参考になる情報を教えて下さり、ありがとうございました。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際はまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.22 Wed 13:25  |  


これ、ですね。

具材を炊飯器へ流し込んで、炊飯スイッチON! でキレーに拵え上がりましたYO!

炊くんだ。ぶっ飛び卵焼きは、炊いた方が綺麗に焼きあがるんだ。

2010.09.22 Wed 23:12  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

炊飯器でぶっとび卵焼き!
今まで一度もした事がなかったので驚きましたが、確かにキレイに焼き上がりそうですね~。
以前、炊飯器ホットケーキを作った時焼き目がかなり美しかったので、余計そう思います。
炊飯器はつくづく便利な機械だと再認識致しました。
今度、実際にチャレンジしてみますね(^^)!

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.12.03 Fri 02:05  |  

ひさしぶりにこれ拵えてみようとおもったんですけど、キャベツがいま妙に高いんですよねー。1玉¥260円ー弱って、こんなもんでしたけっ? 季節のせい?

結局、拵えましたけれども :P 卵液5個に対して、キャベツみじん切り8分の1玉分って、多いのかしら。こんなもん?

春になりますと、安くなるんでしたっけ? それなら、しばらくおあずけだなー。

2010.12.05 Sun 02:50  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

確かに、キャベツを筆頭とする葉ものは今現在結構高いですよね。
以前など、一玉三百円というキャベツを某スーパーで見かけた為、
内心「キャベツは今や貴族の食べ物ですか?」という突込みが
頭を駆け巡ってしまいました(しょうがない事だと分かっているのですが…)。

うーん、千林豆ゴハン。さんのおっさしゃる通り、少々多めだと思います。
私の場合、二~三枚で済ませる感じでした。
春になると旬の春キャベツが安く手に入りやすいので、それで作ってみたいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.10.16 Sun 00:19  |  久々に作りました

あんこさん、こんばんは。 ここの所コメント出来ませんでしたが、ブログ
は楽しく拝見していました。

久々に作ってみましたよ、「ぶっ飛び卵焼き」!
以前この記事のコメント欄で、あんこさんにアドバイス頂いたマーブル
コーティングの卵焼き器を買って! 今はスーパーで調理器具が手に
入る時代なのですね。でもお高い買い物でした…!

あんこさんにアドバイスを頂いて程無く購入した卵焼き器ですが本業の
卵焼きには余り活躍せず少量の玉ネギをバターで炒めたり、アヒージョ
を作る耐熱皿の代わりに使われていました。ですが今夜久々に本業の
卵焼き作りとなりました。

この料理は技術的にはそれほどでもないのですが、具材を全てみじん
切りにする必要があるので、昔作った時はやたら手間取った記憶が
ありました。今夜はあっという間に準備が終わってしまったので、
「多少包丁の技術は向上したのかな~」などと思いました。とはいえ、
入れた具材が玉ネギ・ニンジン・ショウガ・キャベツ・魚肉ソーセージと、
種類が少ないせいもあったのですが。

さて、肝心の返しですが…。とあるテレビでやっていたのを真似して、
「平たいお皿を、ふたをするようにかぶせて、かぶせたまま卵焼き器を
ひっくり返し、お皿の卵焼きを横にスライドして戻す」という方法でやり
ました。この方法だと焼いてない部分がお皿に触れるのでこびり付き
そうですが、ふたをして5分焼いているうちに上の焼いていない部分も
それなりに固まるので、少しお皿に付いた程度で済みました。

今夜はもう1品、同じく『クッキングパパ』の54巻から「コンビニライス」
の「ニンニクライス」を作りました。ニンニクの醤油漬けをお米を入れた
炊飯器に漬け汁ごと加え、さらに卵スープの素も入れ若干少な目の
水加減で炊くだけ。簡単で美味しいです! コンビニで売ってる具材
で作るから「コンビニライス」。でも今の時代、関東の僕が住んでいる
地域ではコンビニにニンニクの醤油漬けは売ってません(代わりに
食べるラー油などが登場)ので、スーパーで購入しました。しかも、
ニンニクは「無臭ニンニク」に! いや~、時代は変わるものです。

食事兼晩酌のアテに作った2品。どちらもお酒のツマミにピッタリ!
ぶっ飛び卵焼きにはケチャップも添えて味を変えています。
今も飲んでます(笑)。

今年は世界的に見ても自然環境・経済の激動(ていうか厄年?)と
いう感じですが、あんこさんも無事過ごされる事をお祈りしています。

長々失礼しました。では、また~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2012.05.19 Sat 23:54  |  

おもしろい。ぶろくですね。

クッキングパパを検索していたらここに来まして、いろいろ読みました。

クッキングパパのはじめの方は、マーガリンが多かったですね。

中学生のときおかかチャーハンも作ったことがありますが、べたつきました。

個の卵料理はつくってみたいと思ったけど、たまごやきのふらいぱんがなかったですとうじは。

卵とぎょにくそうせいじはうまいいすよね。

  • #-
  • de-bu
  • URL

2012.06.13 Wed 06:49  |  

こちらのレシピを小学生の頃読んで探しておりました。さっそくこしらえてみます♪ありがとう!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/579-6f1e3758
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ