『丼なモンダイ!』の“特製カツオ・アボカド丼”を再現!

世界初の生麺カップラーメンとして有名なラ王が今月で製造中止すると聞き、ちょっとショックです。そのせいか、普段は全然食べていないくせにスーパーでいそいそとラ王の醤油味&味噌味を買いました。おそらく、私みたいな人間は結構いるんじゃないかな~と思ってます(^^;)。
どうも、ここまで盛り上げておいて数ヶ月もしない内に「お待たせしました!新・ラ王の登場です!」と日清が言い出したらガックリきそうなあんこです。

今日再現する漫画料理は、『丼なモンダイ!』にて主人公・国嵩さんがうまくコミュニケーションが取れない親子の為に考えた料理“特製カツオ・アボカド丼”です!
特製カツオ・アボカド丼図
「丼ぶり一丁」の経営が軌道に乗り出して少し経ったある日、国嵩さんは元・大手証券会社のエリート社員だった森井さんというお客さんから悩みを相談されます。森井さんは今まで肩で風を切る勢いだったいわゆる勝ち組サラリーマンだったのですが、一年前に会社からリストラされ、その後奥さんとも離婚してしまいます。それでも何とか再就職し、一人息子である靖斗君の養育権も勝ち取れたのですが、それまで靖斗君には散々贅沢させて甘えさせてきたのが仇となって親子仲はいまだにしっくりきません。何とか仲良くしたいと思って自分で丼を作って食べさせようとしても反応はイマイチで、「自業自得とはいえ、どうしたら…」と森井さんは途方に暮れます。
しかし、それらのお話を聞いて国嵩さんは何かピンときたらしく、土曜日に森井さんの家でとっておきの丼の作り方を直接教えに行く事にします。
国嵩さんが早速協力をしに訪問
そして土曜日当日、国嵩さんが森井さんに詳しくレシピを教えて作ってもらったのが“特製カツオ・アボカド丼”。作り方は料理初心者の森井さんでもすぐに作れる程簡単で、にんにく醤油に漬けたカツオ・アボカド・プロセスチーズをボウルで混ぜ、ご飯の上に乗せるだけで出来上がりです。
本来ならこの料理はあっさりめの初カツオを使うのが正解なんですが、作中ではあえて脂がたっぷりのった戻りカツオを使用しています。その理由は、ステーキや大トロなどこってりした食べ物が大好きな靖人君にとってさらにおいしく感じるようにした為。国嵩さん曰く、「我々大人の味覚と靖斗くんの味覚では違いがあります」「料理は何を作るかよりも、誰に作るかを考える方が大事なんです」との事で、これからは二人で生きていくのだから、まずはお互いの事を理解しあう事から始めてはいかがでしょうと提案していました(森井さんの作る丼を靖斗君が喜ばなかったのは、おいしくなかったからではなく好みから外れていたのが原因みたいです)。
確かに、私も普段「何を作りたいか」という事の方を重視して料理を作りがちですので、大いに反省しました(^^;)。自分も相手も「おいしい!」と感じる食べ物を作る方が、お互い楽しい毎日になりそうですよね。
その後、国嵩さんの話と森井さんのボロボロになった手を見て感じる物があった靖人君は笑顔で丼をおかわりしており、ぎこちなくも徐々にこの親子は仲良くなっていくのではないかという気配を匂わせていました。
あっさり好きには初カツオ、こってり好きには戻りカツオお父さんと息子さんの間では味覚の違いがあった
実は、作中の作り方と単行本の巻末に載っている作り方とでは少々違う点があるのですが、今回はよりおいしいと思われる巻末レシピの方で早速再現してみようと思います。

という事で、レッツ再現調理!
まずは、カツオの準備。初カツオの刺身用ブロックを一センチ角のサイコロ状に切り分け、あらかじめ作っておいたにんにく醤油に約三十分~一時間の間漬けておきます。ちなみに、初カツオは戻りカツオに置き換えても十分OKです。
※にんにく醤油は、皮と芯を取って大雑把に切ったにんにくを醤油に三日~一週間漬けるだけでもう出来上がりですので、案外手軽に出来ます。匂いがきつい分旨味が濃く、炒め物や和風スパゲティに使うとかなり味がグレードアップします。また、匂いを出来るだけ抑えて作りたい場合は、一回蒸してから漬ける事をおすすめします。
カツオ・アボカド丼1
カツオ・アボカド丼2カツオ・アボカド丼3
次は、他の材料の用意。皮が黒くてよく熟したアボカドから皮と種を取り除き、これもさっきと同じように一センチ角の角切りにしてレモン汁を振りかけて軽く混ぜておきます。こうすると味に変化がつくだけでなく、黒く変色する事をも防げるのでまさに一石二鳥です。
カツオ・アボカド丼4カツオ・アボカド丼5
カツオ・アボカド丼6
その間、プロセスチーズも同じく一センチ角のサイコロ状に切っておきます。
カツオ・アボカド丼7
ここまできたら、いよいよ仕上げ。ボウルにヅケになったカツオ、アボカド、プロセスチーズを入れてざっと混ぜ合わせ、そこへにんにく醤油を少々加えてさらに混ぜます。これで、具は出来上がりです。
カツオ・アボカド丼8カツオ・アボカド丼9
硬めに炊いたご飯を盛った丼に先程の具をにんにく醤油ごとどっさり乗せ、最後に小口切りにした小ネギと刻み海苔をパラパラ散らせば“特製カツオ・アボカド丼”の完成です!
カツオ・アボカド丼10
カツオの艶やかな赤色、プロセスチーズの淡い黄色、アボカドと小ネギの目にも鮮やかな緑色、刻み海苔の濃い黒色と見た目は相当に綺麗な色合いで、食べる前からワクワクします。にんにく醤油の強めな香りも食欲を増進させてくれますし、どんな味か非常に楽しみです。
カツオ・アボカド丼11
それでは、出来たての内にいざ実食!いっただっきまーす。
カツオ・アボカド丼12

さて、味ですが…ユニークなおいしさでびっくり!見た目よりも結構まともな味がします!
こってり好きな子どもにはたまらない丼
最初は本当に合うのかどうか少し怖かったですが、実際に食べてみると多少は好みが分かれそうなものの、そう突飛な組み合わせではありませんでした。あっさりしたカツオの身に、プロセスチーズとアボカドがちょうどいいコクをプラスしており、例えるなら「カツオ版ネギトロ」って感じの味わいです。ポイントは、恐らくにんにく醤油。野性的な強い香味で生のカツオの臭みを消し、その上こってりした旨味で個性派揃いの具材をうまくまとめあげたからこそ、これ程の一体感が生まれたんだと思いました。かなり濃厚な後味なので、そういう料理が大好きな方には喜ばれそうです。
にんにく醤油でヅケ状態になったカツオと、アボカドについているレモン汁が染みてちょっぴり酢飯っぽくなったご飯の相性がぴったりで、全部混ぜたらなかなかにワイルドな洋風手こね寿司に変身するんじゃないかなと感じました。ほんのり青っぽくて噛んだ途端にとろける熟れたアボカド、ぐぐっとくる酸味で懐かしいおいしさのプロセスチーズ、シャキッとして鮮やかな香りの小ネギ、磯の風味がふんわり漂うのがたまらない刻み海苔が意外とご飯に合っていましたし、個人的にお気に入りな新しい丼です。確かに、これは靖斗くんのように勢いよくかっこんで食べるのが向いている料理でした。

もっとこってりした味がお好みの方は、作中で作られていた物と同じく脂が乗った戻りカツオを使用する事をお勧めいたします(^^)。サラダ寿司とかに抵抗感がない方でしたら、満足すること請け合いです!

●出典)『丼なモンダイ!』 原作:花形怜 作画:吉開寛二/日本文芸社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.08.22 Sun 21:18  |  カツオの代わりに・・・

普通にマグロにしたり、サーモンとかでもいけそうですね!
コッテリを抑えるのにトマトを入れてみたりとかも…
色々と変化が楽しめそうな丼です(^^)

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.08.22 Sun 23:19  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なるほど!カツオの代わりにマグロやサーモンを使うのは思いつきませんでした。
マグロはじんわり重厚、サーモンはトロリとまろやかに仕上がりそうです。
アボカドやレモン汁が入っているので、トマトとも十分似合いそうですし…
機会があったら是非試してみようと思います!
あ、あとこれは追記になりますが、簡単チーズ餅おいしかったです!
すぐに出来るので夜食向きですが…食べすぎに気をつけないとますますメタボになりそうです;。
おいしいレシピとアドバイス、ありがとうございました。

これからも色々な漫画料理を再現してきますので、
お手隙の際にまた読んで頂きますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.23 Mon 18:29  |  

マグロとアボガトの組み合わせはよくありますよね
なんかトロの味になるとかなんとか。。

味っ子のアボガトの玉子焼きを思い出す

2010.08.23 Mon 21:14  |  ギンさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ギンさんのおっしゃる通り、マグロとアボカドは比較的ポピュラーですね(^^)。
さすがにトロその物みたいな味はしませんが、似た感じでおいしいです。
そういえば、『ミスター味っ子』でもアボカドの卵焼きは出ていましたね。
私の場合、アボカドはオムレツにして食べるのが好みです!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.25 Wed 22:19  |  チーズ餅…

お試し頂けましたかぁ。
餅にとろけるチーズを乗っけて、レンジで温めるだけですからね(^^)
醤油たらして食べても美味しいのですよ。
簡単で良いですよね。

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.08.25 Wed 22:29  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、先日早速試させて頂きました!とても簡単なのが嬉しかったです。
チーズもお餅もトロントロンしていてかなりウマーでしたので、感謝です。
確かに、お醤油をたらしてみても相当に美味しそうですね(^^*)。
私の場合、アレンジとして海苔を巻いて洋風磯辺巻きにしてみましたが、
こちらは持ちやすい上に海苔がシンナリしてそれなりにおいしかったです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.25 Wed 23:07  |  

 
アヴォカドがね、2玉¥100円ーとか超安かったんで拵えましたよ。

キングサーモンのアラが¥250円ーでしたので、カツオの替わりに
はこちらで。えぇ、スプーンで身をこそげ落とすんですけれどもえらい
時間がかかりましたYO☆ お金持ちになって、値段を気にせずキン
グサーモン=スライス買って帰る身分になろう、と思い知らされました
orz

で、丼にするつもりはさらさら無いのでわたしはこれに玉葱スライス
と常備してあるオリーブ豆の缶詰を開けて加えたんです。

プロセス=チーズの替わりには、例によってうちにしこたま常備してあ
る(問題の)クリームチーズをつかいました。

さて、気になるお味は?

うん。

あ り ま す よ 、 こ う い う メ ニ ュ ー ふ つ う に 。

どこで食べたんだろ、とか考えたのですが
サーモン(やカツオ)であるところを海老に替えたら、西海岸とかハワ
イの人たちが、ふつーにサンドイッチの具にして食べてます。これ。

クリームチーズ(やプロセスチーズ)は、おそらくサワークリーム=チー
ズに替えた方がいい。シュリンプ&アヴォカド=カクテル・サンドイッチ
っていうはずなんです、これ。

レシピ通りにつくっても再現が難しかったんですが、変に料理本の通
りつくりますよりも、こっちの方がたぶん遥かに近い。

わたしは今回、レモン汁の替わりにふつうにグレープフルーツ=ジュ
ースをつかいましたので、次回はライム果汁かなんかもっと酸味のき
ついものをつかいます。そっちの方が本場のS&Aカクテルにいっそ
う近づくはず。

ただですね、問題は今回すでにゆうに

4 人 前 は つ く っ て し ま っ て 余 り ま く っ て い る

んですよ。

冷凍保存して、つど解凍しますけど
どれくらい日保ちするのかしら……×

2010.08.26 Thu 00:09  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

アボカドが二玉で百円!
うちの近くのスーパーだと、どんなに安くても一玉八十円なので羨ましいです。
確かに、アラは身を取るのが面倒臭い部位ですね~;。
ただ、骨に近い分旨味がギュッと詰まっている場所なのでありがたいです。

玉ねぎ・オリーブ豆・クリームチーズ・グレープフルーツの組み合わせもおいしそうですねー!
丼じゃない分、おつまみとしてもいけるっぽい感じです。
それにしても、西海岸やハワイの方々が食べているサンドイッチの具に似ているとは意外でした。
シュリンプ&アボカド=カクテル・サンドイッチ…おしゃれな響きで素敵です(^^*)。
あと、ライムの果汁はまだ試した事がないので興味津津です。
実は最近手作りチューハイにハマっているので、それで様々な果実と合わせて試してみようと思います。
それにしても、すぐに四人分を消費するのは確かにきつそうです…(^^;)。
前に冷凍保存を詳しく書いているサイトを見た時には、「仮に冷凍したとしても出来る限り早く消費して下さい」という注意書きがあったのを覚えているので、なるたけ早く食べ切れるといいですね;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.30 Mon 16:07  |  

お待たせしました!新・ラ王の登場です!

予知能力者ですか?

2010.08.30 Mon 20:19  |  名無しさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、予知能力どころか社会人としての能力も危うい、ごく平凡で普通な人間です。
というより、むしろ一般水準以下な「まだ女(まるで駄目な女)」ですorz。
単に、完全に終了する割にはやたらと華々しいサイトとかが開設されていたので(大抵はひっそりと終わるのがデフォだと感じてます)、「もしかしたら…」と勝手に妄想してたらたまたま的中しました;。
というより、私以外の方も大勢予想されていたと思いますので、私ごときが当てたというのはおこがましいので主張出来ません…。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.13 Mon 00:45  |  アボガドの切り口

こんにちは
はじめてコメントします~ いつもお疲れ様です。
今回の写真にあったアボカドですが、きれいに真っ二つですね、、

自分はいつも種の周りをぐるっと切る方法なのですが
どうやったらこんなにきれいにきれるのかとっても気になります。

熟れていると、種を切るときにうまくいかないような気がします。。。
よかったらご教示いただきたく。。。
よろしくお願いします~

  • #E8gdJObk
  • naori
  • URL
  • Edit

2010.09.13 Mon 22:35  |  naoriさん、初めまして

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

お褒めの言葉を頂けて嬉しいです(^^)。
実はこの時、研いだばかりの銘柄包丁(関孫六という銘です)で勢い良く切ったらスパーンッ!と鋭く切れたので思わず写した画像で、私も毎回うまくいく訳ではないです;。
熟したアボカドは種も随分柔らかめですし、この時は体重をかけてやったからうまくいったんだと思います(←危険ですので、あまりやらない方がいいです;)。
やはり、種ごと切ろうとしてもなかなか切れずに実だけがグチャグチャになってしまいがちですね;。
その為、私も普段はnaoriさんと同じく種をグルッと回して切る方法を採用しています。
あまり参考にならなくてすみませんm(__;)m。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/581-55e4b9d9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ