『大市民』の“田舎風そうめん”を再現!

蒸し暑い季節になるたび、映画『少年時代』のラストシーンを思い出しては切ない気分になります。さすがに私の子ども時代は良くも悪くもあの頃ほどのレトロさは残っていませんでしたが、それでも毎年蛍がいる川を見に行ったり、クロールで何メートル泳げるかプールで記録をとったり、朝五時半くらいにラジオ体操に行ったり、花火大会や神社の夏祭りに参加したり、家族で遠出して滝のふもとで涼んだり、山口の本家を訪問していとこ達と遊んだりしていました。もう戻れないだけに懐かしいです。
こんにちは、小学生の時にいじめっ子男子の怖いんだか優しいんだかよく分からない所に、『少年時代』の主人公の如く翻弄された経験があるあんこです。

今回再現する漫画料理は、『大市民』にて主人公・山形さんが「夏の夜はそうめんがうまい!!」と言って作った夕食“田舎風そうめん”です!
田舎風そうめん1図田舎風そうめん2図
ある夏の夜、山形さんが「どんなに夏バテで食欲が衰えてる時も、これなら入る」と断言しながら食べていた料理で、山形さん流の工夫やセンスが随所に光る一品です。
例えばそうめんの茹で方自体は普通ですが、肝心なのはその盛り付け方。氷水に入れたりそのままドサッとお皿に盛ったりするのではなく、あえてきっちり水切りをしてか一口分ずつクルクルッと分けてから大皿へ乗せていきます。こうする事によって食べやすくなる上、途中でそうめんがブチブチッっと千切れたり、氷水によってそうめんが水っぽくなる恐れがなくなるのだそうです。
あと、手作りおつゆの最大のポイントはその味付けと具!砂糖・醤油・水だけをお鍋に入れて沸騰させ、そこへしょうがを入れて風味付けをした後に豚の薄切り肉を加えて一緒に煮たら出来上がりという割とシンプルな作り方ですが、このおつゆにそうめんをつけると「いくらでも食べられる」のだとか。
どんなに食欲が落ちていても、これなら入るとの事
実際、作中で山形さんは「一心不乱」「鬼気迫る」という言葉がふさわしい程、このそうめんをビールと一緒にすごい勢いで貪り食っています(^^;)。見るからに味が濃そうなので、真夏の昼頃の陽気でしたらぐったりして食べる気が起きなさそうですが、山形さんのように夜になって少し蒸し暑さがおさまった時でしたら確かに結構いけるかもしれません。
この勢いのあるそうめんの食べっぷり!
ちなみに、クルクルッと巻いて盛るそうめんは別作品の『おいピータン!!』の中でも主人公の一人・大森さんが「実家でずっとこれで食べていてね…」「僕こっちの方が好きで…;」とおずおずしながら提唱した食べ方でもあります(あと、渡辺さんのお母さんも隠れクルクル派)。正直、これまで私はそうめんの盛り方について何にも考えずに生きてきた為、ここまで様々な流派が存在するとは思いもよりませんでした;。これまではザルにザバーッとあけながら適当に食べてきましたが、以後は色々と試しながら食べてみようと思いました(^^)。
『おいピータン!!』では、大森さんがクルクル派で渡辺さんが氷水派『おいピータン!!』でもクルクルまいたそうめんを支持!
ちょうどお中元のそうめんがそこそこたまってきた事ですし、早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、おつゆ作り。小鍋にお水、醤油、砂糖を好きな濃度になるよう入れて火にかけ、グルグル混ぜながらよ~く溶かし込みます。小鍋の底に砂糖のザラッとした感じがなくなったらしょうがを皮ごと薄切りにした物も投入し、中火で煮ていきます。
田舎風そうめん1田舎風そうめん2
グツグツと沸騰してきたら、豚の薄切り肉(豚バラ肉だとかなり脂っこくなってしまいますので、豚肩肉辺りが一番ちょうどいいと思います)をお箸で一枚ずつ泳がせるようにしながらしゃぶしゃぶして火を通します。この時、パックから直に全部入れてしまうと豚肉がアンバランスに固まって味が染み込みにくくなりますので、出来れば一~二枚ずつ入れることを推奨いたします。
田舎風そうめん3田舎風そうめん4
アクを丁寧にとりながら適度に煮込み、ある程度煮えたら一回火を止めて放置します(こうすると、味が豚肉の中心にまで浸透しやすいです)。これで、おつゆの出来上がりです。
田舎風そうめん5田舎風そうめん6
その間、そうめんをたっぷりのグラグラと沸かしたお湯で茹でてザルにあけ、流水で氷と一緒にジャブジャブもみ洗いしてきっちりと水気をきっておきます。
※個人的な好みですが、そうめんは「揖保の糸」が値段の割においしくてお得です。
田舎風そうめん7田舎風そうめん8
そうめんの水気をあらかたきったら一口大にクルクルと巻きながら大皿へ盛り付けていき、仕上げにキンキンに冷やしておいたビールと、温め直したおつゆを豚肉やしょうがごと器に入れて添えれば“田舎風そうめん”の完成です!
田舎風そうめん9
見た目からしてもう「夏っ!」という感じです。しょうがと豚肉のあらがい難いいい香りが漂う為、匂いで食欲を強制的に呼び覚まされます。また、子どもの頃はビールの魅力がからっきし分かりませんでしたが、大人になった今はこういう蒸し暑~い時に冷えたビールの存在は非常に頼もしくありがたいです(^^;)。
田舎風そうめん10
それでは、そうめんにおつゆをいっぱい絡ませていざ実食!いただきまーす!
田舎風そうめん11田舎風そうめん12

さて、味はというと…かなり旨ーしっ!如何にも田舎風って感じの素朴な味わいで、ズルズルいけちゃいます!
夏のそうめんとビールは最高の相性
豚肉のこってりした旨味と脂身の濃いコクが、砂糖と醤油だけでシンプルに甘辛く味付けされたおつゆの隅々にまで溶け込んでおり、それを細いそうめんにたっぷり絡めてすするとまさに絶品です!しょうがのキリッと爽やかな風味が程々にきいているので豚肉特有の臭みが消えている上、途中で味がだれる事もないですし、何より同じそうめんとは思えない程斬新な麺料理でした。仮に例えるとするなら「つけ麺風豚南蛮」って感じの味で、これならツルツルと軽く食べられる割にお腹が膨れそうです。豚肉の出汁と噛み応えがあいまって野性的な後味ですが、どこか心休まる食後感が印象的でした。
作中で山形さんが言っている通りビールが進みまくる一品で、そうめん→ビール→豚肉→ビール→そうめんという素晴らしき永久ループが続くくらい食欲が増進しました。つけ汁の脂分をビールでさっぱり流してまたすすると、こたえられない感じです。個人的に「そうめんはビールに合わない」という思い込みがあったんですが、これならおつまみとしても食事としても十分に成り立つなと思いました。

ただ、これはビールが必須の料理です。ビールがないと、豚肉の脂分をさっぱり洗い流してまたすするというあの快感は味わえないと思いますので、再現の際はビールを何本か用意した方がよさ気です(麦茶とかウーロン茶でもある程度流せますが、ガツガツ食べるまでには至りません)。

●出典)『大市民』 柳沢きみお/双葉社
     『おいピータン!!』 伊藤理佐/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.08.06 Fri 15:50  |  

いつも美味しそうな再現料理をありがとうございます。
この蕎麦や素麺を一口分づつまとめる盛り方は
当方、新潟県(柳沢先生のご出身)で「手振り」といいます。
こうまとめた蕎麦を四角い反物の容器に並べると「へぎそば」になります。
また、同じようにまとめたものを丸いザルに並べると「ぼっち盛り」になり
これは長野県(伊藤先生のご出身)の戸隠そばの盛り方です。
地元のやりかたがまんがに出てきて、それを再現されているのを見て
すっかり嬉しくなりました。これからも楽しみにしています。

  • #-
  • koma
  • URL

2010.08.06 Fri 19:21  |  

コメントありがとうございました。
1点だけ訂正を・・・。
あいつと俺はそんな素敵な関係じゃあ、ありません。
とにかくいつも言い合いになって、顔も見たくないのですが
15歳の頃と違って、大人ぶって余裕かましあってるだけです。
お互いに、俺が意見しないとこいつあ、ダメになる!!っと
思ってるんです。余計なお世話だよ!
でもホントにコメントはいつもうれしいです、ありがとうございます。

  • #-
  • パン屋のおっさん
  • URL

2010.08.06 Fri 20:27  |  komaさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私こそ当ブログのようなマイナーブログをいつも読んで下さり、心より感謝致します(^^)。
なるほど、このように一口分ずつ盛り付ける方法は手振りと言うのですね。初めて知りました。
しかも入れる器によって名前が変わるなんて、何だか粋です(特に、「ぼっち盛り」という名前がかわいらしくて気に入りました)。
正直、手振りの方が麺がしゃっきりしたままなのでより好みです。クルクルまくのも楽しいので、我が家での定番盛り付け法になりそうです。
それにしても、柳沢先生と伊藤先生のご出身地がスラスラと出てくるなんて、komaさんの方が私より余程漫画界についてお詳しいですね。
何も知らずにただ漫然と再現をしている身としては、勉強になると同時に反省です;。
komaさんのように喜んで頂けると、本当にやる気と元気が湧いて来ます。やり甲斐がまた増えました(^^*)。
以後もローカルな観点を含んだ再現を致しますので、少しでも楽しんで頂けますと嬉しいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.06 Fri 20:40  |  パン屋のおっさんさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

わざわざ当ブログにまでご返信をして頂き、ありがとうございます!
ご負担にならないようにと非公開拍手コメントにて投稿したんですが、かえってお手数をかけたみたいですので反省です;。
また、勝手な勘違いコメントをしてしまって誠に申し訳ございませんでしたm(_ _)m。
相方マサル君と親友さんのジャブのし合いにかなり酷似していましたので、ついつい重ね合わせてしまいました…。
我ながらあまりの軽はずみさに自己嫌悪です。以後は、こういう考え方は自重致しますね。
私こそ、失礼な事をしてしまったにも関わらずこうしてパン屋のおっさんさんにコメントをして頂けて非常に嬉しかったです。
以上のように開けっ広げなうっかり者ですが、どうぞよろしくお願いします。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.06 Fri 22:11  |  

はじめまして、いつも楽しく読んでいます。
そうめんを一口分ずつ取ってざるに並べていく描写は、
谷口ジロー先生の「センセイの鞄」第2巻(最終巻)にも出てきます。
静かなのに妙に印象的で、心に残るシーンです。

  • #GKt4MZEc
  • すぎもと
  • URL
  • Edit

2010.08.06 Fri 23:18  |  

夏場のそうめんは美味しいですよね。私も大好きです。ただ、麺を小分けにした事はありません。面倒臭いのもあるのですけれど、小分けにしていう間に麺が伸びそうで。夏の麺類は、早く茹でて早く食べるのが一番という気もしますしね。
私の家の台所にはクーラーがないのが原因かも知れませんけれど。お湯を沸かすと余計に熱いですから、一瞬でも早くクーラーの効いた部屋に帰りたいですから。
これからも、あんこさんの再現料理に期待します。

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.08.07 Sat 08:27  |  すぎもとさん、初めまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく読んで頂いているとのお言葉、非常に嬉しかったです(^^)。
谷口ジロー先生の作品といいますと、今まで『孤独のグルメ』『散歩もの』『餓狼伝』の三作品しか知りませんでしたので、ご指摘されるまで気付きませんでした(^^;)。教えて下さり、感謝です。
谷口ジロー先生の作品は淡々としつつも何か心にしみていく画風な為、一気に興味が湧きました。
早速今日本屋さんへ探しに行こうと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.07 Sat 08:57  |  oguoguさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

夏のそうめん、いいですよね~!oguoguさんも同じご意見だと知り、嬉しいです。
確かに、一見すると時間がかかってしまいそうなイメージですが、実際にしてみると案外チャッチャカチャ~と所要時間一分くらいで出来ちゃうので、結構大丈夫でした(私が雑過ぎるのもあると思いますが…orz)。
ただ、私も今までそうめんは「ザルあけ→水洗い→さっと水きり→ザルから直食い」というワイルド盛りでしたので、お気持ちはよく分かります;。
実を言いますと、我が家はリビングと台所が繋がっている為「大掛かりな料理をしている時はクーラーのききが悪いから、いっそ消して作業しろ」という恐ろしい掟があります。
その為、最近では汗まみれで再現を行っているのが現状で、再現料理はともかく普段の料理は手間いらずな手抜き料理が主流な状態です(^^;)。
長時間火を使うのって、この季節は本当にきついですよね…。牛筋肉の仕込みはもちろん、唐揚げとかゴーヤカレーを作る時はまさに阿鼻叫喚の心境でした(前温度計を見ると、四十度超えてて驚きました)。
内心、作業中に脱水症状で倒れたらどうしようとか考えたりしてますが、「記事にするまでは意地でも倒れるか!」と無駄に踏ん張ってます(←そこまで価値がある内容か?とセルフ突っ込みをしてますが)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際はまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.07 Sat 19:02  |  くるくるそうめん

『おいピータン!!』でありましたね!
くるくる派と氷水派の歩み寄りとして、氷の上にくるくるそうめんを乗せてたのを真似してます(笑)
くるくるそうめんを初めて見たのは、『美味しんぼ』の栗田さんのおばあちゃんに食べてもらうために山岡が作った回なんですが
そうめんって、奥が深いと思いました。
特に何も考えずに茹でて氷水に入れてめんつゆで食べてたのですが
もっといろんな楽しみ方ができる食べ物なんだ~と。
でもくるくるは、氷水派にとっては今ひとつ…と思ってたらのピータンでして。
そうだよ、氷にのっければいいんだ~と。
こういう発想って楽しいなあと思いました。

こちらのタレが、肉々しくて好いですね~。
なんでもそうめんには、ビタミンB系を一緒に摂取した方がいいらしいので豚なら最適ですよね。
ビールと一緒ならではというのが、酒好きにはなんて素敵な口実!でいいです。是非、この暑いうちにやってみます。

写真見てたら、喉がなりますね~(*^_^*)

  • #-
  • イオニ
  • URL

2010.08.07 Sat 19:36  |  イオニさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私もあのオチは内心「さすが渡辺さん!」と感心しました。
クルクルして水気はきっていても、氷を乗せて冷やす事によって自分の満足度も高める。柔軟で優しい人だな~と感心しました。
私もイオニさんのように、今度早速試してみようと思います(´∀`)。
ああいう思いやりある歩み寄りは、恋人だけでなく家族や友人にも日頃から心掛けて実践したいですね。
確かに、『美味しんぼ』でもそういう話がありました!
あれは縛る手間までかけていたので、さすがにそこまでするのは普段使いだと躊躇しますが、あれはあれでおいしそうですね(^^)。
そうめんは茹でた後にチャンプルーに流用して楽しむ事も出来ますし、夏には頼りになる食品なので本当に大好きです(小学生の頃、教科書で読んだツナチャンプルーとかよく作ってます)。

何と、そうめんにはビタミンBを足した方が良かったんですか~!勉強になります。
今までは「そうめんを食べる時は薬味や香味野菜があれば十分!」と考えていましたが、この豚肉をしょうが風味の甘辛つゆで煮込んだ田舎風そうめんはその思い込みをぶち壊してくれるくらい美味なのですごくおすすめです。
ビールに合うのは間違なしですので、お酒好きでしたらきっと気に入って頂けると思います(^^*)。
余ったおつゆは豚の旨味がたっぷりなので煮物に転用すると深いおいしさに仕上がりますし、私もこの夏にガンガン作ろうと考えています(ちなみに、里芋やお豆腐が相性ぴったりでした^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.10 Tue 04:40  |  

素麺好きにはたまらない再現ですな。いつも素麺を食べるときは、揚げ物など味の濃いものを一緒に食べでしまうのですが、コレならこのメニューだけでイケそうです。試してみようと思います。

あと、たいしたことじゃないですが文中「あらがい難い」が「あがらい難い」になってますよ・・・

  • #-
  • ここ
  • URL

2010.08.10 Tue 18:18  |  ここさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

そうめんは色々な食べ方が出来るので、私も大好きです(^^)。
ここさんは、そうめんと一緒に揚げ物を食べるんですね。実は、私も時々やっています;。
釜揚げうどんに天ぷらをつけたり、冷やしうどんに鶏天を添えたりしてるんですが、
なかなかおつな組み合わせですよね。
ここさんのおっしゃる通り、このそうめんは結構ボリュームがあるのでおすすめですよ~。
あと、誤字のご指摘をして下さりありがとうございますm(_ _)m。
後程すぐに訂正致します。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.20 Fri 11:52  |  気になってしまったので

ツナチャンプルーが、後々じわじわと気になってしまいまして。
どのようなレシピのお料理なのでしょう…。

蒸し返してしまってすみません。

>私もあのオチは内心「さすが渡辺さん!」

は、私も思いました。
相手を否定せず、でも自分だけ我慢せずな発想っていいなあと。
相手や自分のいいところを組み合わせて新しい形を作っていけるっていいなあと思います。
シニカルに他者を否定するより、いいとこ探しな人になりたいなと思えたエピソードでした。
歩み寄りってこういう微笑ましいものなんだ~と思えました。
ソーメンを茹でる時には思い浮かびます。
しかし、奇麗にソーメンをくるくるするのって難しいorz
美味しんぼのしばって茹でるをその時試したのですが
しばった部分は固くて使えない状態になったので
以後勿体なくてやらなくなりました(;^ω^)
もうちょっとなにかコツがあったのかと思いつつ…。

蒸し返しコメント失礼いたしました。

  • #-
  • イオニ
  • URL

2010.08.20 Fri 23:28  |  イオニさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、全然蒸し返しじゃないです!
むしろ、またコメントをして頂けて嬉しかったです(^^)。
ツナチャンプルーの初出は椎名誠さんという方が教科書用に書き下ろした『ヤドカリ探検隊』で、要は単なるツナ入りソーミンチャンプルーです;。
作り方は教科書で簡単に書かれていた物に私なりのアレンジを加えた物で、油をきった缶のツナ・ネギ・卵を油で炒め(ごま油にしてもナイスです)、油をちょっとだけまぶしてほぐしたソーメンを入れて塩・こしょう・醤油を入れてチャッチャッと炒め合わせるだけで完成です。
簡単ですが、夏場でもツルツル入るおいしさなのでおすすめです!

私も、そうめんを茹でるたびに渡辺さんのエピソードを思い出しては和みます(^^)。
違う所を「そうじゃない!」と否定するのではなく、「じゃあ、こうするのはどうかな?」と柔軟な考えで全ての人と歩み寄れたら、とても幸せな事だと思います。

私も、未だにそうめんをキレイにクルクルする事はできずにいますorz。
一日でも早く、作中に出てくるそうめんのように整然と並べられるようになりたいんですが…これはもう、日頃から特訓するしかなさそうです。
あと、確かに『美味しんぼ』流そうめんの茹で方は想像するだけでもあの結び目部分って硬そうですよね;。
あそこはどう考えても捨てるしかなさそうなので、ある意味贅沢な茹で方だと思います;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.21 Sat 00:20  |  

> そうめんをキレイにクルクルする事はできずにいますorz。


フォークをつかうのじゃ。

それも、みかんの缶詰をちょい串刺しにしてつまむときにつかうアレくらいちょっとしたやつでクルクルしてよそうのじゃ。

大市民ソーメンはわたしも毎年こしらえますが、豚コマ切れスライスですねぇ。だって肩肉細キリって100g¥90円ーくらいするんですもの。
冷凍の豚コマ切れスライスならそれが100g60円ーくらいで済ませられるかな。

で、麺はソーメンじゃなくてカッペリーニ。

玉ネギ串切りを入れるとよろし。その場合には、すぐにいただくと
若干、水っぽく感じられますのでそこで! 一晩冷蔵庫で寝かせるのじゃ。

そして、ゼラチン状態と化したこのツユへと麺を絡ませれば気持ちのいいくらいねっとりとツユが絡むこと絡むこと。

2010.08.21 Sat 13:11  |  はじめまして!

よく拝見させて頂いています!
この手のマンガはあまり読まないので、わからない事も多いですが
再現料理、とても参考になります!
素敵な料理ばかりで眺めているだけでも楽しいです(^^)
今の季節、そうめん良いですねー
また見に来ます!!

2010.08.21 Sat 13:20  |  千林豆ゴハン。さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なるほど、確かにフォークを使えばキレイに巻けますね!目からウロコです。
心のどこかで「そうめん=和」「フォーク=洋」という意識の隔絶がありましたので、全く気がつきませんでした;。
小さくてかわいらしいフォークならちょうどいい大きさに早く巻けますし、いい所尽くめでですね!今度早速やってみます。

すみません、何故か豚肩肉という思い込みがあって豚こま肉でやった事はありませんでした;。
ですが、考えてみれば豚こま肉の方が安い上に脂の量がちょうどよくなりそうなのでより向いているように思います!
それにしても、そうめんの代わりにカッペリーニとは思い付きませんでした。でも、かなりウマー(゜Д゜)そうです。
カッペリーニの細さは常々そうめんに通じる物があると考えていましたので、確かに合いそうです。
甘くて水っぽくなくなった玉ねぎのくし切りも、ゼラチンが固まってねっとりしたおつゆも、どれもこれもおいしそうです…。
こうなったら今日仕込んで再現し、明日にその味を確かめてみようと思います!
良質なアレンジを教えて下さり、ありがとうございます。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.21 Sat 13:27  |  ユコさん、初めまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

よく見て頂いてとのお言葉、とても心強くて光栄です(^^*)。
その上、あまり分からない漫画の再現料理ばかりであるにも関わらず参考になると言って頂けてすごく嬉しかったです。
まだまだ未熟で浅い部分が目立つブログですが、お暇が出来た時にちょこっとだけでも楽しんで頂けたらありがたい心持ちです。
このそうめんはビールと共にズルズルッといくと堪えられませんので、よろしければ是非お試し下さい。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.23 Mon 22:58  |  

美味しそうでしたので、さっそく拵えてみましたよ
ツナチャンプルー。

おそうめんの替わりにはカペッリーニ、卵は炒めずに
後から加えて半熟状態で、油はドライトマトオイル漬けに
つかってあるひまわり油でほのかなトマトの風味をプラス
します。

さて、気になる
お味は?

えぇ。

と っ て も 、 ツ ナ の 味 が し ま し た よ

っていうかそのまんまです、ありがとうございます m(_ _)m

、、、っかしーなー。ツナ缶185gのやつ使ったから
カペッリーニは1人前半150g茹でたのになー、お葱も冷凍のやつ
まとめ買いしてあるからツナとほぼ同量投入したのになー。

もっかいチャレンジしてみます。

2010.08.23 Mon 23:52  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

実は、あの後に千林豆ゴハン。さん特製のそうめんを仕込んで翌日に早速試食しましたが、本家とひと味違った感じでかなりウマーでした!
確かに、豚こま肉で十分ウマーです。今度からは、これでいこうと思いました。
玉ねぎもおつゆがしっかり染みてて美味でしたし、ゼラチン状にかたまったおつゆがトロ~ンと極細カッペリーニに絡むのがたまりません(´Д`)。
それにしても、ゼラチン状のおつゆが舌の熱でいつの間にか溶けて無くなるのは、個人的にかなりお気に入りでした。不思議と贅沢な感じになるのがいいです。
カッペリーニの細い割に強いコシも、九州の硬麺を食べ慣れた私にとって相当にしっくりきました。

何と、ツナチャンプルーを試して頂けるとは…っ!
作って下さり、ありがとうございます。
しかし、私のせいで失敗なさったのかと思いますと、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです…。
少しでもお役立ち出来ればと思い、下に追記を載せます↓。
・2人前の分量になりますが、いつもはそうめん3~4束(150~200g)に対し、ツナ缶(80g)を1缶使っています。
・もうちょっと複雑な味にしたい時は、醤油を少し減らして麺つゆとごま油を垂らします。
・ツナはシーチキンでも可です。
…以上です。差し出がましかったらすみませんでした。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.10 Fri 00:34  |  


似たような料理こしらえてるひと
http://umanga.blog8.fc2.com/blog-entry-236.html
が、居たよ。

2010.09.10 Fri 00:51  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ!そちらの方の再現料理の方がずっとおいしそうですし、
何よりカッペリーニというスパゲティですのでずっとお洒落ですし、似てはいないと思います;
(『大市民』の漫画料理は素晴らしいのですが、私が作ると何故か泥臭くなってしまうので反省です)。
すみません、あまりに恐れ多いのでちょっとアタフタしてしまいました\(´Д`;)丿。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.01.28 Fri 03:51  |  あけおめ~

冬です。真冬なのです
それは判っているのですがね
買ってきた安いめんつゆ(濃縮)があまりにもまずいんで・・・
豚肉と生姜もあったので作ってみたよ♪(後長ねぎな)

うどんゆでる~♪(うどん食べたかったの。素麺なかったし)

さて、できたわけで


うまああああああああああああああああし!
いや、まじ、んまぁぁぁぁぁぁい!
やっすいまずいうどんとやっすい不味いめんつゆがここまで化けるか!?
ありがとう山形の兄貴!ありがとうあんこさん!
うどん2玉とびーる1㍑、さくっと消えたわー


それとさ、生姜って偉大だねー
ガキjのころはさ、そもそも食べられないし、しかもくせーし、何であんなの入れるんだろうって思ってたけど
このめんつゆ、生姜がなきゃ絶対うまくないよ
と、よくわからないところに感動していた独身男でした

PS.今年の初コメが過去料理で申し訳ない^^

  • #-
  • 三世
  • URL

2011.01.29 Sat 15:20  |  三世さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。
あけましておめでとうございます(^^)。

そこまでおっしゃって頂けますと、とても嬉しくて光栄です。
これはうどんでもおそばでもおいしいと思いますので、
私も是非三世さん方式で試してみたいな~と感じてみました。
あまりおいしくない麺つゆでも、豚の脂としょうがの香りで
おいしくなるので、未だに重宝しているレシピです。
これまたビールが良く合うので、一リットル消えたとのコメントに
大きく納得いたしました(笑)。おつまみ感覚でぺろりといけますよね。

しょうがって食材の臭みを消したり、爽やかな香りをつけるので
個人的に大好きな薬味です(いえいえ、過去料理が最初でも全然OKです)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.07.08 Fri 13:34  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2011.07.19 Tue 22:08  |  狐ヶ崎さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

早速、コメント内にて教えていただいたウィキの項目や
肉汁うどんについて調べてみたのですが、確かに山形さんの
作った汁とそっくりだったのでかなり驚きました!
作るたびに「コシのあるうどんに合いそう」と考えたりしていましたが、
まさかとっくに原典があったとは…勉強になりました(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2012.11.23 Fri 20:23  |  

いつも楽しく拝見してます。
このレシピで作ってみて好評だったんですがあんまりめんどくさい時は
レトルトの牛丼を水と市販の出しつゆで伸ばしたので食べてたりしますです
そうするとそーめん湯がいたらあっという間に食べれますので・・・

これからも健康に留意してぜひおいしい料理を相方さんと楽しくすごせたらいいですね?

  • #-
  • URL

2013.04.27 Sat 14:59  |  

実家のばーさんのソーメンと蕎麦がこれですね。
ビールではなく日本茶でズルズルバクバクかっ食らうんですけど。

まわりの家でやってるとこは無いんですが、何処から伝わったのやら。

  • #-
  • URL

2014.08.17 Sun 22:23  |  

この冷えた肉ツユに、バルサミコ酢を加えるというのも美味いんだぜ。

くーねるまるたメッソドだけどなー

2016.04.29 Fri 23:10  |  

これ、私も作ってみました。子どもは、けっこうウマイ、と好評だったけど、嫁様は、あんまり好きゃないようす。オレもけっこう好きなんだけどなぁ。

  • #-
  • まーく
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/582-63b4ebfa
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ