『大市民Ⅱ』の“山形流ざるそば”を再現!

とっくの昔にいい歳になっている当管理人ですが、いまだに『クレヨンしんちゃん』の映画DVDを視聴しては涙ぐんだり笑ったりしています。特に、感動するなら「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」、純粋に爆笑して楽しむなら「暗黒タマタマ大追跡」「雲黒斎の野望」「ヘンダーランドの大冒険」がおすすめです。
こんにちは、「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」は感動作ではあるものの、おすすめするにはちょっとせつなすぎる映画と感じているあんこです。

本日再現する漫画料理は、『大市民Ⅱ』にて主人公・山形さんが体調を崩しがちだった時に作った“山形流ざるそば”です!
山形流ざるそば図
ある雨が降る昼下がりに、山形さんが「さぁて、今日はソバでも食うかのぉ」と言いながらのんびり作っていたお手軽料理です。
餃子の皮は毎回粉から作るという凝り性な山形さんの事ですので、最初読んだときは「手打ちかな?」と思っていたのですが、この時は何と乾麺を使用します。山形さん曰く、最近では高級志向で質のいい乾麺が広く出回るようになったとの事で、食べやすい量だけ茹でれて長期保存が出来る乾麺のそばは「ホンット重宝してます(´∀`)」だそうです。
普段、食べ物に関しては常に「手作り」「本格派」「適温」である事に細かい程こだわりまくる山形さんですが、かと思えば時折“夏のとんかつとカチ割りビール”や“具なし冷やし中華”のように常識の枠に囚われていない料理を愛好していたりするので、そういう所は割と好きです(^^)。こうすると変なのかな~手抜きかな~と迷うのではなく、「おいしいなら何でも認める!」という姿勢は、私も是非見習っていきたいです。
高い乾麺のおそばを茹でるのがポイント!
ちなみに、このおそばはシンプルにすり立ての本わさびのみを添えていただきます。チューブのわさびよりも断然香りがいいとの事で、おそばは乾麺にしてもこれだけは譲れないと山形さんは言っていました。
内心「生わさびはもったいないのでは…」と思いましたが、考えてみれば『美味しんぼ』初期に載っていたハンバーガーのお話の中でも、「いい肉を使ったこだわりハンバーグを使っても、バンズが悪かったら台無しだ。バランスが崩れ過ぎる事によってよりマズくなる」とか、「逆にそこそこのハンバーグを上質なバンズで挟んでも、バンズの旨さがハンバーグを包み込むのでなかなか食べられる味になる」と言われていました。なので、もしかしたら「そこそこのハンバーグ=乾麺のおそば、上質なバンズ=生の本わさび」という図式が成り立ち、結構美味になるのかもしれません。
本わさびを食べる直前にすって入れます。
ちょうど近所で良さ気な乾麺を見つけられた事ですし、早速再現してみようと思います!

という訳で、レッツ再現調理!
まずは、おそばの用意。ネットで調べてみた所、あちこちで「値段の割に本格的な味がしておいしい!」と評判な乾麺がありましたので、今回はそれを購入してきました(「滝沢更科・十割そば」という商品で、発売元は日清フーズ。お値段は298円でした)。
山形流ざるそば1山形流ざるそば2
このおそばを、袋の裏面に書かれている通りに茹でます。実を言いますと、このおそばは一連の行程の中に「蒸らし」という独特の手順があります。ザルにあける数分前に、フタを半分だけかぶせた鍋の中で二~三分放置するという物ですが、こうする事によっておそばがさらに味わい深くなるんだとか。さすがそば粉100%を使用して作っているだけあるな~と感心しました。
※茹でている時、普通のおそばを茹でるみたいにお箸で強く混ぜると麺がブチブチ千切れてしまいますので、要注意です(私は一度、これで失敗しましたorz)。
山形流ざるそば3山形流ざるそば4
その間、熟成かえしとカツオ出汁を1:3の割合で割ってそばつゆを作り、生の本わさびは水で細かな汚れを洗い流した後にイボやしつこい泥を包丁で薄く切り取っておきます。
山形流ざるそば5山形流ざるそば6
おそばの蒸らしが完了したらザルにあけ、氷と一緒に流水でよ~くすすいでぬめりを取ります。その後、おそばがいい具合に冷えてきたらザルを振り、余分な水気をキッチリきります。
山形流ざるそば7
このおそばをクルクルッと手で一口大に丸めながらお皿へ盛り付け、その傍らに冷やしておいたそばつゆ・本わさび・おろし金を置けば“山形流ざるそば”の完成です!
山形流ざるそば8
確かに、普通の乾麺よりもおそばの質感が本物っぽいです。盛る時の手触りも柔らかくザラついた感じで、乾麺と言っても馬鹿には出来ないな~と最近の技術に感心しました。
山形流ざるそば9山形流ざるそば10
すぐにでも食べたい気持ちでいっぱいですが、そこをぐっと抑えてわさびを食べる分だけすります。この時、わさびは「の」の字か円を描く事を意識してなるべく丁寧にすり下ろし、出来るだけ早く使い切るようにします(私の場合、『将太の寿司』を意識してわさびの先端に砂糖をつけました^^;)。
山形流ざるそば11山形流ざるそば12
このわさびとおそばを一緒にお箸で取ってそばつゆにつけ、いざ実食!いただきま~す!
山形流ざるそば13

さて、味はというと…う~ん、美味し!インスタントでこの味が出せるなら、十分大満足です!
日本人でよかったと思わせるおそばのおいしさ
やはり乾麺ですので、お店の物よりは数段風味が落ちますが、それを差し引いても結構本格的な味わいです。喉越しの良さが抜群な所といい、噛むとプツンッと歯切れが心地よい所といい、本物の手打ちそばのような表面のザラザラした質感といい(これにそばつゆがよく絡むんです!)、一口すすって「ちょっと思い切るだけで、家庭でこれだけのそばが食べられる時代になったのか!」と少し感激しました。このそばに、キリッとした甘辛さとカツオ出汁の深い風味が特徴的なおつゆがこの上なくなく合っており、一回食べ出すともう止まりません(´Д`*)。
また、すったばかりの本わさびも薬味として素晴らしく優秀で、そばやおつゆの味を格段にグレードアップさせていました。うまく言えないんですが、胸へ染み渡るように鮮やかで、ほんのり青っぽいのに嗅いだ後もしばらく余韻が後を引く、そんな香りでした。そばにつけてそのまま食べればツーーンと頭に響く辛さ、つゆに溶かして食べるとジワジワくる辛味で、食べ方次第で味が変化するのが印象深かったです。

福岡はどちらかと言うとおそばよりもうどんの方が主流の土地柄ですので、手頃なお値段でおそばを楽しむならむしろ家で乾麺を茹でて食べた方がいいんじゃないかな~と思いました。最後はそば湯も楽しめて評判通りいいおそばでしたので、これからも買い続けようと思います(^^)。
山形流ざるそば14

●出典)『大市民Ⅱ』 柳沢きみお/ぶんか社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.16 Fri 18:05  |  おそばもいいですね

あんこさん、こんにちは。
九州地方もそろそろ梅雨明けだそうですが、今年は激しい雨が続いて
大変でしたね。逆に関東の僕の住んでいる辺りでは、まとまった雨が
少なく、水不足が心配される程です。本当に天気は都合良くいかない
ですね。

ざるそば、いいですね。これからの季節、そうめんを食べる機会が
多いのですが、「さすがに続くのはちょっと…」という時、乾麺が
常備してあると重宝しますね。地元の24時間営業のスーパーには
生麺も売ってますが、生麺だと賞味期限が気になりますよね。
その点乾麺は忘れた頃に使っても大丈夫なのがありがたいです。
それにしても、美味しそう! お腹が空いてきました…!!

全く話は変わりますが「食漫」に『孤独のグルメ』の久住昌之が
コラムを連載してますね。今日は何号か前のそのコラムに載っていた
「ツナタマネギ」(ツナと細切りのタマネギをマヨネーズと少々の
醤油で和えたもの)を、バゲットやクラッカーに乗せて、赤ワインで
やろう、などと考えております。

長々失礼しました。では、また~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.07.16 Fri 19:28  |  クレしん映画・・・

「戦国」と「オトナ帝国」は鉄板ですよね。
「夕陽の~」はカスカベ防衛隊が中心なのが好きです。
後は…「ケツだけ爆弾」。シロが軸の物語で、個人的に好きですね。
 (ラストのひろしの台詞もイイ味出てます)

「そば」は温かいのよりも冷たい方がどちらかと言うと好きです。
山葵を卸さずに、千切り(細切り?)で食べたり、山葵の葉を刻んでの薬味で食べたり…
何となく、そばと山葵って合いますよね。

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.07.16 Fri 21:10  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

昨日から、ようやく晴れてきました;。
本当、毎日が雨・大雨・雨とうんざりするくらい水責めにあっていた為、九州では常に傘が必需品でした。
長い梅雨でしたが、天気予報によると明日からやっと夏が訪れるそうですので一安心です(^^)。
kawajunさんのおっしゃる通り、天気だけは思うようにはいかませんね;。神のぞ知るって感じです。

おいしそうと言って頂けて、とても嬉しいです。
実を言いますと、私自身夏の季節になるたび「そうめんは友達!」ってくらいそうめんのお世話になる為、続いた時のきつさは経験済みです(^^;)。
その為、我が家ではそうめんの他にも冷麦・そば・うどんの乾麺を常に常備しています。
最近はコンビニがあるので生麺も買おうと思えばいつでも買えるのですが、私の場合は近所が田んぼばかりで物騒な為、自然と保存がきく乾麺を愛用してしまいます(←結構コンビニ強盗が多発する地域なんです;)。

私も、『食漫』で連載されている久住先生のコラムは毎号拝見しています!
確かに、「ツナタマネギ」は簡単な割にウマー(゜Д゜)そうでしたね。
最近はビールでの晩酌が多いので、そんなおいしそうなおつまみで赤ワインが頂けるkawajunさんが羨ましいです…(´Д`)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 21:30  |  

いつも楽しませてもらっています。
新選組の話があり初めてコメントしてみました。
私も中学3年のとき新選組が好きで、修学旅行で勝手に新選組の関連場所めぐりをしました。
新撰組記念館や関連寺社は地味で、池田屋だったパチ屋のところは本当に簡単な石碑がある程度で、普通のコース回ればよかったと後悔したのが懐かしいです。
大人になってまた行ってみると楽しめるかもしれないですね。

  • #SFo5/nok
  • 別所
  • URL
  • Edit

2010.07.16 Fri 21:44  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、私もそう思います(^^*)。
確かに、「夕陽のカスカベボーイズ」は、カスカベ防衛隊のみんなが活躍しまくるのがいいですね。
映画バージョンだと、何気にまさお君(ネネちゃん曰く「泣き虫おにぎり」)がはじける確率が高いので好きです。
残念ながら、まだ「ケツだけ爆弾」は視聴出来ていないので、明日早速DVDを借りてみてみようと思います!

私も、どちらかと言えばおそばはザルの方が好みです。
わさびを千切りにして使ったり、わさびの葉を刻んで薬味にしたりするとは思いも寄らなかったので、びっくりしました。
前者は残っているわさびで再現可能ですので、早速明日作ってみますね(^^)。
生わさびはおそばに本当にぴったりなので、夏に重宝しそうです(ちなみに、わさびをご飯に混ぜて作るわさび飯も美味なので好きです)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 21:52  |  山葵の・・・

千切りやら葉を刻むなどは、
あくまで僕が個人的に好きでやってるだけなので
…あまり期待しないで下さいね(^^;)
でも、感覚的には山芋の千切りみたいなものと思ってくだされば良いかもです。

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.07.16 Fri 22:25  |  ガガマムさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、実は山口生まれの福岡育ちです;。
ただ、九州各地や本州数か所に親戚がいたり(実は、親戚ではないものの熊本にも縁の方がいます)、小さい頃あちこちへ転勤でついていったりしますので、私自身あちこちで育ったって意識が強いです。
ちなみに、牛乳やにゃっとうは、地元の大型スーパーで見つけました;。

にゃっとう、本場でも消えてしまいましたか~…。
実を言いますと、我が家の近くにあるスーパーからも撤退していましたorz。
私もわりかし好きな味だったので、残念です。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 23:01  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
再度コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、どちらもすごくおいしそうですし、ネットで調べた所同じ食べ方をなさっている方はちらほらといらっしゃったので絶対大丈夫だと思います(^^)!
特に、わさびの葉は捨てるのがもったいないくらい色々な料理法がある事が分かりましたので、いいきっかけになりました。
この場をお借りして、お礼を申上げます。

それにしても、山芋の千切りみたいな物とは想像していませんでしたので、ちょっと意外でした。
分かりやすい表現を教えて下さり、感謝です。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.18 Sun 04:28  |  

それにしてもこの親父のりのりである
何食っても「美味し!日本人でよかった~!」
だが、俺も激しく同感である。ブラボー日本

本わさびってチューブに比べると辛味?が少ないけど、香りは全然別物なんだよねー
前はよく職場からかっぱらって(ぁ)使ってたよー

あと、本わさびが無いときのこつ(チューブしかないとき)
それは、「ごま」
軽く炒ったゴマをめんつゆにぱらぱらっと入れると、これはこれで香りだってうまいにょろ!
おすすめ

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.07.18 Sun 18:00  |  私には無理ー

なぜなら山葵が食べれないから。
いろいろ麺類をマシンで作ったけど蕎麦だけがどうしてもうまくいかない

原因、練りこみ不足でした、そば粉と小麦粉混ぜたものは柔らかくすぐまとまるので、あんま練りこまなかったんですよね、それだとボロボロに千切れてしまいます
念入れにローラーにかけ続けたらしっかりとなりました

うそばもおいしいですよ

2010.07.18 Sun 21:52  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、山形さんは365日毎日同じような事を繰り返しては「美味し!」と、それはノリノリに過ごしています(^^;)。
一度など、影で観察していた佐竹さんが「お前って一年中そんな感じだな」と呆れて出て来た程です;。
ですが、個人的においしい食べ物に感動しつつ感謝出来る方に悪人はいない(?!)と思っておりますので、ほのぼのしながら山形さんの言動を眺めています。
日本は、世界有数の美食国なので私も毎日が楽しいです(・∀・)!

確かに、純粋に辛さだけを評価するならチューブわさびの方が上ですね。
ただ、三世さんがおっしゃる通り香りが断然違いますので、嗅ぐ度にうっとりします…。
それにしても、職場から持ち出されていたとはびっくりです;。関係ありませんが、つい酒盗のエピソードを思い出してしまいました。
軽く炒ったゴマは、正直盲点でした。
今までにゴマをつゆに入れた事はあっても、暑さに負けてそのままパラパラ~と散らすだけでしたので、明日から是非試してみようと思います!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.19 Mon 00:00  |  ギンさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

わさびは苦手でしたか~。何だかすみません;。
そう言えば、以前何かの雑誌でおそばを素人が一発でうまく打つ事は相当に難しいと書いてあったのを思い出しました。
どうやら、扱いが普通の粉より少し難しいみたいですね。
私も一度は挑戦したいと思いつつも、なかなか出来ずに現在に至ります(^^;)。
なので、おそばをちゃんと打てるギンさんは本当にすごいと思います。
先程、うそばをネットで調べてみましたが、結構ユニークでおいしそうな為印象に残りました。
近くで買える機会があったら、是非食べてみたいです(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/584-920a8813
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ