『風流つまみ道場』の“肉じゃがピザ”を再現!

大学時代、癖のある食べ物が大好きという知人から「納豆マヨチーズトースト」という食べ物を勧められたことがあります。食パンに納豆→マヨネーズ→ピザ用チーズを順番に乗せて焼いて食べるという料理なんですが…これが相当に臭く、納豆嫌いの人間なら卒倒するんじゃないかという臭気でした(納豆好きの私が思わずひるんだくらいです)。ただ、味だけは結構おいしいので、勇気をお持ちの方は是非お試しください。
こんにちは、納豆に一番合うキング・オブ・薬味はあさつきだと思っているあんこです。

今回再現する漫画料理は、『風流つまみ道場』にて主人公・錦ちゃんが赤ワインにぴったり合うと言って作った“肉じゃがピザ”です!
肉じゃがピザ図
錦ちゃんが普段からちょくちょく通っている和風居酒屋・「夕月」へ行ったある秋の夜、「夕月」のママは気を利かし、解禁したてのボジョレー・ヌーボーを錦ちゃんを始めとする常連さん達に振る舞います。
最初の内は時差の問題で本場よりも早く飲めると喜んでいた常連さん達ですが、肝心の赤ワインに合うような洋風おつまみが用意されておらず、あるのは通常通りのお決まり和風メニュー(豆腐サラダ、イワシの丸干し、肉じゃが、ホッケの塩焼き、マグロのづけなど)だけだった為がっかりします。…これを読んだ時、内心「ママはつめが甘いな~」と思いました(^^;)。
困った常連さん達は、おつまみ名人である錦ちゃんに何か出来ないかと聞きますが、錦ちゃんは和風メニューをざっと見回して「大丈夫だよ、ここにあるもので」「例えば、肉じゃがとマグロのづけ。これらは十分このままでいけるよ」と言います。何でも、醤油味のおかずと赤ワインは意外とばっちり合うので、このままでも結構おつまみになるのだとか(これは、『美味しんぼ』や『丼なモンダイ!』でも既に立証されていましたね)。
肉じゃがやマグロのヅケは赤ワインに合う!
しかし、常連の一人である松田さんはそのまんまじゃあんまり絵にならないよーとごね出し、「錦ちゃん、これを使って洋風にアレンジしてよ」とお願いします。そこで、錦ちゃんが即興で考え出したのがこの“肉じゃがピザ”です。
作り方は手軽で、あらかじめ作っておいた肉じゃがをケチャップ・チーズ・ミニトマトと一緒にピザ台へ乗せ、高温に熱したオーブンでこんがり焼いたら出来上がりです。たったこれだけの手順ですが、ぐっと赤ワインに合う味へと変身するんだそうです。
肉じゃがピザの作り方
肉じゃがとピザの組み合わせは初耳でしたが、何だか妙に美味しそうだったので気になっていました。せっかくですので、レシピ通り再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、肉じゃが作り。作中に簡易なレシピが載っていましたので、同じように作ってみます。
じゃがいもは皮をむいて一口大、玉ねぎはくし切り、牛肉は食べやすい大きさに切り、しらたきは熱湯をかけた後に塩もみをし、流水で洗い流してザルにあげておきます。
肉じゃがピザ1肉じゃがピザ2
肉じゃがピザ3肉じゃがピザ4
鍋にじゃがいも、玉ねぎ、ひたひたになるくらいの水を入れて火にかけ、砂糖、酒、醤油で味付けしてコトコト煮ます。
肉じゃがピザ5肉じゃがピザ6
沸騰してきたら牛肉としらたきを加え、出てくるアクを丁寧に取りのぞきます。徐々にアクが出なくなったら落とし蓋をし、さらに煮ます。この時、菜箸でいじりすぎるとじゃがいもがボロボロになりますので、触るのは最小限に抑えます。
肉じゃがピザ7肉じゃがピザ8
肉じゃがピザ9肉じゃがピザ10
全ての具材に火が通ってきたら火を消し、そのまま放置させて煮汁をたっぷり含ませます。これで、「夕月」風肉じゃがの出来上がりです。
肉じゃがピザ11
次は、ピザ生地作り。ボウルへふるいにかけた強力粉と薄力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れ、そこへぬるま湯とオリーブオイルを投入して混ぜ、十五分程かけてよくこねます。
肉じゃがピザ12肉じゃがピザ13
段々まとまってきてツヤが出てきたらラップをかけ、暖かい場所で少し寝かせて発酵させます。約二倍の大きさに膨らんだら、ピザ生地の出来上がりです!
肉じゃがピザ14
ここまできたら、いよいよピザ作り。清潔にした後軽く打ち粉をした台で、ピザ生地を麺棒で二~三ミリの厚さの円形状に伸ばし、そこへケチャップ(又はトマトピューレ)→肉じゃが→輪切りにしたミニトマト→ピザ用チーズの順にたっぷり乗せます。このピザ生地を、約220度に熱したオーブンの中に入れ、十~十五分前後かけて焼きます。
※肉じゃがを乗せる際は、なるべく汁気をきってから乗せた方がベチャつかなくていいです。
肉じゃがピザ15肉じゃがピザ16
肉じゃがピザ17肉じゃがピザ18
肉じゃがピザ19
ピザがちょうどいい具合に焼けたらお皿に移して切り分け、傍らに赤ワインかボジョレー・ヌーボーを添えれば“肉じゃがピザ”の完成です!
肉じゃがピザ20
牛肉の香りとチーズの匂いが入り混じり、食欲がそそられます。見た目はピザですが、匂いをかぐと肉じゃがの名残りがどことなく残っている為、どんな味なのか非常に楽しみです。
肉じゃがピザ21
それでは、出来たての内に一切れとっていざ実食!いただきまーす!
肉じゃがピザ22

さて、味はというと…想像以上に重厚な味わいでウマーーー(゜Д゜*)!これ、お店で出したら絶対売れると思います!
肉じゃがとピザの見事な融合
一口食べた感想は、「和風ビーフシチューのピザ」。見た目は肉じゃがその物なんですが、甘酸っぱいトマト味が特徴的なケチャップと、砂糖や醤油で甘辛く煮詰められた肉じゃがの汁が見事な科学変化を起こし、まるで濃厚かつあっさりしたビーフシチューを味わっているかのような錯覚に陥りました。正直、目をつぶって食べたら一発で肉じゃがピザと見抜く事は相当に難しいと思います。この奇天烈極まりないピザソースに、熱々トロ~リととろけてコクのあるチーズが絶妙にマッチしており、不思議と後を引くおいしさに仕上がっていました。
ジューシーで旨味が濃い牛肉、ホコホコした食感がたまらないじゃがいも、煮汁をたっぷり含んで甘味が増した玉ねぎ、プニプニと弾力ある歯触りが面白いしらたき、そしてフルーティーな果汁が瑞々しくていいミニトマトといった具がサクッと薄めなピザ生地にぴったりで、食べれば食べる程ハマります。あと、ピザの中心近くの煮汁が染みてほんのりモチモチした部分が結構美味で、外側のカリッと香ばしい部分とはまた一味違った感じの旨さなのがすごく印象的でした。和洋折衷の代表格として表彰したいくらい、素晴らしいピザです!

こってりした肉じゃがピザにかぶりついた後、赤ワインをくいっと飲むと余分な油分が洗い流される上、味がさらに膨らむ感じがします。やはり、醤油と赤ワインは相性がいいんだな~と感心しました。

●出典)『風流つまみ道場』 ラズウェル細木/芳文社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.12 Mon 23:03  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/585-d90214f8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ