『クッキングパパ』の“ヤング肉じゃが”を再現!

 連日の大雨で、地元がえらいことになっています。噴水状態の排水溝やら、川と化した道路やら、もう毎日がお祭り状態で出歩くのも一苦労です;。
 ただ、比較的涼しい日々が続いているので、それだけはありがたいな~と感じてます。

 どうも、お庭に青しその種をまいたものの全部流されて涙目のあんこです。


 今回再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩主任が梅田君の彼女(後に奥さん)であるユミちゃんに教えてあげた“ヤング肉じゃが”です!
ヤング肉じゃが図
 今となっては料理上手で、すっかり落ち着いた感じの女性になっている梅田君の妻・ユミちゃんですが、初登場時はまだ現役ノリノリの女子大生で、ある時などは夕食にホールの手作りショートケーキを用意するという豪気な行動をする程お茶目な女性でした(^^;)。
 後々、荒岩主任やきんしゃい屋のママと出会う事によって奥さんとしても人間的にも成長していく課程がほほえましいので、個人的に結構好きなキャラです。
 そのユミちゃんが本格的に登場するようになったのは、『クッキングパパ』五巻で梅田君が初めての一人暮らしをするようになったあるお話の中での事。
 引越しが済んで数日たった頃、ユミちゃんは手料理を持って梅田君のアパートへ訪問し、たまたま来ていた荒岩主任と一緒にささやかな夕食会をします。
 食事が終わった後、ユミちゃんは「また今度の日曜、お料理を作ってきてあげる。何がいい?」と梅田君に聞くのですが、早くも家庭の味が恋しくなった梅田君は「今度は肉じゃがみたいなの食べたいなぁ~」と照れながらお願いします。
 正直、日本料理を作るのが苦手だったユミさんは「マイッタな、肉じゃがか~。オジンみたいな事言うんだから(´Д`;)」と思いつつも、表面上は気前よくOKします。
 そして一週間後、練習の末に作った肉じゃがをまず荒岩一家へ持って行って味見(兼毒見)をしてもらうのですが、味が濃過ぎて失敗だったという事が分かるとすぐに捨ててしまい、「時間がなかったとか何とか言ってごまかしちゃいますから」と言って帰ろうとします。
 う~む、これは虹子さんでなくても「もったいない!どうにかすれば食べれたのにー」と引き止めちゃいたくなる展開ですね;(念の為に弁解しますが、根はいい人です^^;)。
この頃はまだ料理初心者だったユミさん(^^;)
 そこで、虹子さんから「あなた、教えてあげなさいよ」とせっつかれた荒岩主任が「面白い肉じゃがの作り方を教えてあげよう」と言ってユミちゃんに作ってあげたのが、ある意味伝説となっているこの料理・“ヤング肉じゃが”です!
 作り方も材料も手軽で、簡単に説明するとじゃがいも・焼いた鶏の手羽先・コーラ・塩をお鍋に入れて強火で煮ちゃえばもう出来上がりです(荒岩主任曰く、「炭酸の働きで、肉なんか短時間でやわらかーくなるぞ!」との事)。
 発表当時から現在まで「絶対まずそう」「やってみたけど、イマイチだった」という風評が根強く、そのせいか『クッキングパパ』ファンでも「他のレシピはともかく、これはちょっと…」という方は数多くいらっしゃるのだそうです。
何と、肉じゃがにコーラを投入!
 作中では、梅田君もユミちゃんも「うまい!」「ホント。おいしいわぁっ」と喜んで食べているのですが、実を言うと当管理人も試した事は一度もない為、実際の所はどうなのか分からずにいます。
 ただ、これまで『クッキングパパ』レシピに裏切られた事は一度もないので、「それなら、疑う理由はない(…はず)!」と腹をくくりました。
 こうなったらとことん荒岩主任を信じ、早速再現してみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、材料の下準備。じゃがいもは皮をむいた後に一口大の同じ大きさに切り揃えて水につけ、鶏の手羽先は多めに塩とこしょうを振ってしっかりなじませておきます。
ヤング肉じゃが1ヤング肉じゃが2
 鶏の手羽先に下味が強めについたのを確認したら、網でうっすらと焼き目がつく程度に焼きます(今回、より香ばしくなる事を期待して魚焼きグリルで焼きました)。
ヤング肉じゃが3
ヤング肉じゃが4
 次は、煮込み作業。
 鍋に先程焼いておいた鶏の手羽先、アクを抜いて水気をきったじゃがいもを順番に入れます。
ヤング肉じゃが5ヤング肉じゃが6
 そこへ、ヒタヒタになるくらいのコーラ(ダイエットコーラは厳禁!普通のコーラで作る事を推奨致します)をたっぷり注ぎ込み、塩を少し投入します。
ヤング肉じゃが7
 シュワシュワシュワ~~~~!シャワシャワブクブク・・・・・・・。
 …ハッ!いけないいけない、またほんの少しだけ“ヤング肉じゃが”に疑念を抱いてしまいました。
 思っていた以上にコーラの音が大きく、その上コーラに浸っているじゃがいもの光景がショッキングだったので、つい…orz。
 けれど、私は再度荒岩主任と『クッキングパパ』を信じ続けます!
鍋にとうとうコーラを入れてしまった瞬間ヤング肉じゃが8
 気を取り直して、調理続行。
 このコーラ入りの鍋を十五分以上強火でガンガン煮込み、アクを丁寧にすくいます。
 その際、相当な量のアクが大量発生しますので根気が必要です。
 ※この時、コーラを途中で継ぎ足しては絶対にいけません!変に甘ったるくなって失敗します。
ヤング肉じゃが9ヤング肉じゃが10
 段々コーラが煮詰まり、匂いが収まってきたら中火にし、煮汁がトロリとしてくるまで焦がさないようにさらに煮ます。
 この頃になると、甘い匂いが香ばしい香りになる為ほっとします;。
ヤング肉じゃが11
 手羽先肉やじゃがいもに火が通って煮汁がトロトロッと煮詰まってきたら火からおろし、そのままお皿へ盛り付ければ“ヤング肉じゃが”の完成です!
ヤング肉じゃが12
 照りっ照りになって美しい光沢を放つ手羽先とじゃがいもが、かなりおいしそうです。
 香りもコーラの面影はない為、黙って出したらまず分からないんじゃないかな~と思いました。
 一体どんな風に仕上がっているのか、ドキドキします。
ヤング肉じゃが13ヤング肉じゃが14
 それでは、あったかい内にいざ実食!
 いっただっきまーす!
ヤング肉じゃが15


 さて、味はというと…まさかの旨さ∑(゜Д゜)!意外にまともな味がするので、見事に肩透かしを食らった気分になります。
正しい手順で作るヤング肉じゃがは、ちゃんとおいしい!
 最初にお伝えしますが、はっきり言ってこれは肉じゃがではないです(キッパリ)。
 材料も見た目も通常の肉じゃがとは遠くかけ離れていますし、何より肉じゃが特有の甘辛い味がほとんどせず、どちらかと言えばスパイシーで甘じょっぱい味わいなのが決定打でした。
 しかし、新感覚の煮物として食べるのなら十分ありで、むしろ美味です。
 仮に例えるなら「ちょっと甘めであっさりしたエスニック風照り焼きチキンとポテト」という感じで、一風変わった後味ですが様々な香辛料の風味がきいてておいしかったです。
 また、不思議な事にカラメル状になった煮汁からは、ほのかなシナモンの香りが漂ってきました。
 この無国籍風な煮汁が絡んだホコホコのじゃがいもと、塩こしょうでしっかり下味がついた手羽先がなかなかにウマーで、箸がどんどん進みました。
 ご飯と合わせるとイマイチですが、その分ビールにぴったりで、手羽先のプルプルしてて柔らかいゼラチン質の肉が味わい深い一品です。


 とにかく、ポイントは「コーラは最初にドバッと入れておく」「最低でも十五分は大強火にする」「絶対に途中で継ぎ足さない」の三点です。
 これさえ守れば、まず失敗はないように感じました。
 本当に予想外な感じでおいしかったので、内心「荒岩主任、疑ってすみませんでしたー!」と申し訳ない気持ちになった再現でした;。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.14 Wed 21:50  |  コーラ煮・・・

ユミさん、昔は ご飯のおかずにプリン や アップルパイ&味噌汁 など
ある意味で味っ子並みのトンデモ料理でしたよね(笑)

コーラ煮も、調理過程ならともかく、まんま味付けに繋がるとなると…
確かに怖いものがありますよね(笑)
ご飯との相性がバッチリだったら、否の意見も少なかったかもですね。

焼きたてジャぱんの話の中でも、海苔の佃煮を簡単に作るために
海苔をコーラで煮てましたけど…
実際はどうなんですかねェ?

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.07.14 Wed 22:09  |  No subject

最初は驚いたけれど、肉をコーラで煮込むレシピはアメリカなどではよくあるみたいですね。
あとはマーマレードを使ったスペアリブの照り煮(?)なんかも驚いたけど予想以上においしかったな(^ ^)

食わず嫌いよりも色々試した方が楽しめますよね

  • #YLHfQ/Ow
  • 日ノ宮
  • URL
  • Edit

2010.07.14 Wed 22:58  |  

こんばんはあんこさん。まさかクッキングパパで有数の微妙な料理に挑戦されるとは……さすがチャレンジャーですねw(冷汗)
確かにこれは肉じゃがとは別物の料理だと思いますが、海外ではコーラで煮込む料理はそんなに珍しくないみたいですね。特にアメリカ人にとってのコーラは、食事の時には当たり前に飲む、ある意味日本人にとってのお味噌汁みたいなものだとか……

そういえばあんこさんは肉じゃがのルーツに関する話はご存知でしょうか? なんでも元を辿れば、日露戦争で活躍した東郷元帥が、イギリスで食べたビーフシチューを気に入って、乗艦の調理係になんとかして同じような物を作れないかと相談したものの、当時の日本ではデミグラスソースやワインは手に入らなかったため、醤油と酒・味醂でそれっぽく調理してみたものが始まりだと言われているそうです。まあ、さすがに東郷元帥も料理人も、コーラみたいな甘いジュースで煮込むなんてことは考えもしなかったでしょうねw
ちなみに東郷元帥はイギリズで欧風カレーも食べており、共通する材料が多いカレーと肉じゃがを海軍の食事として採用したことが、後々日本中にこの二つの料理が広まる下地になったそうです。

ユミさんといえば最初の頃は、ホント無茶苦茶な娘さんでしたw 梅田くんと学生結婚した後も、しばらくは夕食に手作りのケーキとお味噌汁、みたいなとんでもない取り合わせをしていましたよねw それが今ではすっかり料理上手な良い奥さんになって……まあ、荒岩主任という良いお手本が近くにいれば、自然と料理好き・料理上手になっていくのかもしれませんね。

九州は大雨で大変なご様子ですが、どうかお気をつけてお過ごし下さいませ。

  • #dZ2c3wmQ
  • 大鳥
  • URL
  • Edit

2010.07.14 Wed 23:19  |  懐かしい

作った人がマズイという感想を書いていたのを見たことがありますねー
でもなかなかおいしかったんですね

味っ子2だと炊飯器で肉じゃが作ってましたね

2010.07.14 Wed 23:30  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

本当、昔のユミさんはかなり個性的な献立で梅田君をドキドキビクビクさせていましたね(^^;)。
プリンとご飯なら、百歩…いえ、千歩譲って「ご飯を塩で食べた後に、デザートとしてプリンを食べてくれって事かな?」と無理矢理解釈する事が出来ますが…味噌汁とアップルパイはちょっと怖じ気ついてしまいますね;。
ミトナリさんのおっしゃる通り、確かに陽一君に負けない冒険っぷりだと思います(^^;)。
正直、私も調理中は結構ヒヤヒヤ物でしたが、最終的にはうまくいったのでほっとしました。
下ごしらえにならともかく、味付けがコーラと塩だけなのは日本だと珍しいですよね;。
また、今回私にとってはご飯との相性はNGでしたが、鶏肉のマーマレード煮とかをおかずにご飯を食べられる方ならOKなんじゃないかな?と感じました。

それにしても、焼きたてジャパンもなかなかにデンジャラスな事を試みていますね~(←って当管理人が言う台詞じゃないですね、すみませんorz)。
海苔とコーラは…内心「危険!危険!」ってイメージがありますが、ヤング肉じゃがの例もある事ですし、案外大丈夫なのかもしれません。
ただ、シナモンやら香辛料やらの風味が海苔についちゃうのは今回の結果から明らかですので、8:2の割合で「不可」な味では…と予想しています。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.14 Wed 23:39  |  日ノ宮さん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

今、ネットで「コーラ アメリカ 料理」という単語を検索してみましたが、確かに色んなレシピがいっぱいヒットしたのでびっくりしました。あるんですね~!
コーラは強い炭酸と様々な香辛料が含まれているので、その分肉にぴったりなんだと思います(^^)。
私も、最初「マーマレード煮」の存在を知った時は驚きましたが、食べてみて意外とおいしかったので衝撃を受けたのを覚えています。
日ノ宮さんのおっしゃる通り、食わず嫌いするよりまず食べてみる事はとても大切だと思います(さすがに、虫などは手で触る事すら苦手なので難しいですが;)。
世の中には本当に多種多様な食べ物や食べ方があって、知れば知る程楽しいですし、興味深いです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 00:09  |  大鳥さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、とうとう挑戦しちゃいましたw。
私も内心は冷や汗をかいていましたが、結果は大成功でしたので一安心です。
私も先程調べてみましたが、確かにアメリカだとコーラはいわば「ソウル・ドリンク」と読んでもいいくらいかなりポピュラーな飲み物で、実際コーラを使うレシピがわんさと見つかったのには驚きました。世の中は広いです。
コーラには肉を柔らかくする成分が多量に含まれているそうですので、濃いめに調味する料理ならば下ごしらえの段階で使うのもありなのかな~と思いました(カレーなどがよさげですね)。

はい、大学時代にふと興味を抱いて調べた事がありました!
まさに「失敗は成功の母」という教訓を見事に表すエピソードでしたので、よく覚えています(^^*)。
当時の料理人達も、少ない情報と材料で「さあ、作ってくれ!」と要求されてさぞ困った事でしょうね;。
戦争時には肉じゃが以外にも日本風カレーまでもが誕生していますので、内心「パスタを砂漠で茹でたイタリア軍程ではないにしろ、日本軍も比較的グルメな方だったんだな~」としみじみ感じました。

体力や気力がつかないと勝てる戦も勝てなくなるので、おいしい上に栄養抜群な肉じゃがやカレーを艦上食として取り入れた東郷元帥は英明な方だったんだと思います。

ユミさんは、梅田君を始め荒岩主任達に出会えて本っ当~によかったですし、本人のためにもなったと読んでて心から思います。
大抵の旦那さんなら、ショートケーキやアップルパイが味噌汁とセットになって出て来るだけで大喧嘩に発展しそうな物ですが、梅田君は優しく合わせながら「お、おいしいねー!」と付き合って食べ続けるんですからいい夫過ぎます。ユミさんは幸せ者の果報者です(^^;)。
今は大分落ち着いて花丸な奥さんになっているので嬉しい反面、お茶目なエピソードがみれなくなってちょっとだけ寂しいですね。

大雨の心配までして下さり、ありがとうございます。
今の所はまだ避難区域になっていませんので、何とか大丈夫です(^^)。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 00:19  |  ギンさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も何度か「おいしくない!」という体験談を読みました(^^;)。
なので最初は怖かったですが、実際に決まり事を守って作ると案外美味なので、ちょっとした感動を味わえました。
確かに、『味っ子Ⅱ』でも炊飯器の肉じゃががありましたね~。
理にかなっていておいしそうですので、いつか挑戦してみたいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 00:38  |  追記です・・・

よくよく思い返せば…
焼きたて~の海苔の佃煮に使用していたのは、
コカ ではなく ペプシ でした。
この2つでの違いは自分は解りませんが、「ヤング肉じゃが」もペプシで作ったら味に変化が出るのか気になりますね(^^)

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.07.15 Thu 00:52  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
再度追記コメントをして下さり、ありがとうございます。

コカコーラとペプシコーラの違いまでは思い至りませんでした;。
ですが、比べてみると確かに面白そうですね。
私は普段あまりコーラを飲まない上、「コーラはコカ」というなぞの思い込みがあったのでペプシては疎遠だったのですが、ヤング肉じゃがで違いを試したらと考えると俄然興味がわいていました。
もし作ってみていい結果が出た場合は、追記として後日こちらへこっそりアップしますね(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 11:10  |  

はじめまして。最近googleで「味っ子」を検索してこちらに辿り着き、すっかり目が離せなくなってしまいました。
最近では、料理漫画が好きな友人にも薦めたほどです。

料理漫画の類が昔から好きでして、特にクッキングパパは
6~7歳の頃から読んでいてお気に入りです。

ヤング肉じゃが、「まずい」という感想が多のは驚きです。
レシピそのまま・・・ではなくても、コーラを使った肉じゃが風の煮物は
我が家では何年か前から定番になっているので正直ショックでした。
感じ方は人それぞれですね。

これからも期待しています。

  • #NJsiWxd2
  • 板平
  • URL
  • Edit

2010.07.15 Thu 13:05  |  コーラといえば。

クッキングパパで、コーラというと、「コーラを使って旨煮(ふくめ煮だったかな?)をつくる。」という話があったような。
(今は無き「500ミリの瓶コーラ」を使って。)
焼きたてジャパン:あれは変な漫画でしたねぇ。
海苔の回は、「桃屋の親父」がでてくるわ、「亀の甲羅が「ペプシマーク」になっていたりして・・・。最終回は殆どやっつけ仕事みたいな
終わり方でしたが・・・。
日本軍は比較的グルメ:比較的より相当なグルメかも知れません。
海軍の調理本を復刻した、「海の男の艦隊料理」(新潮文庫)という本が
あります。それを読むと「和・洋・中」だいたいの料理が載っています。
これはなかなかおもしろいですよ。
あと、栃木県護国神社のHPに陸軍の料理(約300種)を再現するコーナーがあります。(写真による調理手順の再現とレシピ付き)
そうそう、海軍の食というと「豊田譲」先生が書かれていましたが、
江田島の海軍兵学校では、卒業する時に「フランス料理のフルコース」
が出たそうです。(ちなみに、テーブルマナーの授業の一環だそうですが。)では。

あり

  • #-
  • 波多野鵡鯨
  • URL

2010.07.15 Thu 14:18  |  お返事ありがとうございます

母親が、やっぱり、この漫画も持っていまして、私も読みました。
最近では、コーラ煮、テレビでも色々やってますが、この漫画を読んだ当時は、衝撃を受けました。
そして、早速、母親が作っていました。
ちょっと甘めになったようなぁ?
でも、料理好きな母親は、今も楽しく色々な料理を作っているようです。

2010.07.15 Thu 16:01  |  

あんこさん、こんにちは。

コーラ煮、実は自分もやったことあります。
その時はしょう油とコーラとお酒で手羽先を煮込みました。
味は思ったよりも美味しく、ちょっとビックリした記憶があります。
その時に食べさせた(実験台)の友達も意外に美味しくビックリしてました。
コーラで煮込むと短時間でも手羽先が柔らかく煮えたような気がします。

コメントを読むと「鶏肉のマーマレード煮」のカキコが。
自分としてはフランス料理とかに「鴨肉のオレンジソース」とかがあるので、そんなに不思議な感じがしませんでした。(オレンジの甘さと酸味が鴨肉とマッチして美味しいですよ)
世界的に見ると、果物系の甘いタレやソースなどで肉類を食べるのは結構あるような気がします。
例えば、アメリカ、ヨーロッパならターキーにはクランベリーソースとか、
チーズの付け合せにブドウやドライフルーツ、
自分の住んでいる所では海老のすり身上げにはプラムソース等でたべてます。
逆に日本では馴染みが無いのでみなさん「え!」と思われるのではと。
何だか偉そうに語ってしまってスイマセンでした。m(_ _)m

また、次回作楽しみにしてますので
がんばってくださいね。(^o^)/

  • #PooosTlY
  • ぷっり
  • URL
  • Edit

2010.07.15 Thu 18:33  |  板平さん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私自身『味っ子』は大好きですので、そのようなご縁で当ブログを知って頂けて非常に嬉しいです(^^*)。
未熟なブログですので恐縮ですが、過分なお褒めの言葉やお引立てに心より感謝致します。

私も、『クッキングパパ』との出会いはそれくらいの歳でした!
六歳から通っていたお習字教室の読書コーナーにあったのを手に取ったのがきっかけで、この漫画に憬れてラムレーズンアイスを小一の時に食べたのはいい思い出です。
ヤング肉じゃががあまり好評でなかったのは、恐らくコーラに十分な熱を加えなかったり、途中で継ぎ足したりという失敗をなさった方が案外多かったからではないかな~?と勝手に予想しています(^^;)。
ただ、手順を守って作るとヤング肉じゃがはちゃんとおいしいので、是非色んな方にご賞味して頂きたいですね(確かに感じ方は人それぞれかもしれませんが、コーラの癖は煮込んでしまったらあまり気にならないので余計にそう思います)。
板平さんのおっしゃるコーラを使った肉じゃが風煮込みも名前を読んだだけで惹かれましたので、近い内に作ってみたいです(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 18:58  |  波多野鵡鯨さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

何と、コーラを使うレシピがまだ『クッキングパパ』に存在していたとは!
恥ずかしながら、全く知りませんでしたorz。
旨煮もおいしそうな感じがしますので、一度単行本をくまなく探してみようと思います。
正直、『焼きたてジャパン!』は味っ子並みにトンデモな展開が多かったように感じます;(特に後半)。
ラストは、ダルシムが猛烈に突っ込んでお終いですし…アニメ版ミスター味っ子を紙面で表現されているような最終回でポカーンとしてしまいました(^^;)。

確かに、陸・空・海の三大軍の中では海軍はズバ抜けてグルメな感じだったようですね。
以前、海上自衛隊の方々が運営しているレシピサイトを拝見した事があるのですが、かなり充実した内容(和洋中の他に、カレーというジャンルまでありました!)で感心したのを覚えています。
知識が不十分だった昔の海の男達のように壊血病(?)の心配もなかったようですし、そういう意味では幸せだったと思います。
それにしても、海軍の調理本・「海の男の艦隊料理」といい、栃木県の護国神社の陸軍料理のHPといい、とても興味深くて面白そうです!
毎回、楽しくて為になる情報を詳しく教えて下さり、感謝です。早速、後で調べて読んでみますね(^^)。
あと、江田島にある海軍兵学校の卒業生さん達が、相当に羨ましかったです…。私など、マナー勉強らしき物は鰻屋さんでしかした事がありません。
本格的なフランス料理のフルコースなんて食べた事がないので、やはり海軍の人達は今も昔も舌が肥えているという事実を痛感しました(もちろん、その分見えない多大な苦労をなさっているのだとは理解しておりますが、つい…^^;)。

また長文になってしまい、すみません。
これからも色々な漫画料理をしていきますので、
お時間が空いた際はまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 19:09  |  tomoさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

最近では世の中のグルメ化が急速に進んでいる為、本当に多種多様な調理法が確立しつつありますね。
昔はまだ保守的だったので、「コーラは飲むためだけの物」という認識が強かったですが、近頃はようやく浸透してきていますので嬉しいです。
私の母も料理好きで、普段からあれこれと作ってくれるのでtomoさんのお母様に勝手ながら親近感を抱きました(^^*)。
料理に対する情熱や探求心は何十年たっても健在のようで(その為、ある日いきなり新メニューが登場する事もしばしば;)、私もこうでありたいなと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際はまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 19:34  |  ぷっりさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

おお~、ぷっりさんも以前にヤング肉じゃがを再現なさっていましたか!個人的に嬉しいです(^^)。
確かに、醤油やお酒を足してみてもいけそうなお味でしたので、おいしかったとのご感想に納得です。
我が家も母と父が「おいしい。一個食べたらまた食べたくなるね」と言ってパクパク食べてくれていました(客観的な意見が欲しかったので、私も実験台…もとい、味見役として両親にスタンバイしてもらいましたw)。
確かに、いつもより短時間しか煮ていないのに手羽先が柔らかくてジューシーに仕上がっていたように思います。

いえいえ、こういう「世界の食事情」的なお話は個人的に大歓迎ですので、むしろありがたいです!
そう言われてみますと、確かに海外では肉&果物ソースの組み合わせが数多く存在していますね。
私にとって「鶏肉のマーマレード煮」は初めて食べて以来結構お気に入りな料理ですので、絶対「鴨肉のオレンジソース」「ターキーのクランベリーソースかけ」「エビのすり身揚げプラムソース添え」も食べたら大好きになると確信しています(^^)。特に、エビはどんな感じなのが非常に気になります。
果物の酸味は後味を爽やかにさせるので、お肉もエビもさっぱり食べられそうなのがいいですね。

実を言いますと、私はオレンジソースどころか鴨肉すら食べた経験がない為、どれだけおいしいのか残念ながら知らなかったりします(^^;)。
しかし、日本には「鴨肉があまりにおいしいので日本人達は鴨を乱獲してしまい、おかげで数が激減した為しぶしぶ鶏をメインに食べるようになった」という眉ツバ物なお話が伝わっているので、さぞ美味なんだろうな~と思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.15 Thu 22:21  |  

炭酸は肉を柔らかくする効果がハンパ無いッス。
牛筋とかすね肉、ブタバラや塊肉も簡単に柔らかくなるッス。
是非試してみるといいッス。
コーラじゃなくて、普通の炭酸水でもおkっす。
ちなみにこのヤング肉じゃがは塩より醤油で作ったほうがうまいッス。
では ノシ

2010.07.15 Thu 23:14  |  rrさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

確かに、炭酸パワーはすごいですね!
今回実際に作ってみて、それを肌で実感しました。
これまでこしらえていた手羽先の煮物よりもやや柔らかめに仕上がっていたので、びっくりです(^^)。
今まで牛筋は圧力鍋で下ごしらえ(壊れてしまって今はないですが;)、すね肉は赤ワイン・塊肉はすり下ろした野菜に漬け込み、豚ばら肉は大根おろしで蒸すorおからで下茹でするくらいしかしていませんでしたが、炭酸水は味がついてしまわない分、すごく使い勝手が良さそうです。
最近では酒屋さんに行けばすぐに炭酸水は手に入るので便利ですし、今度からコーラ共々愛用しようと思います。
あと、rrさんのおっしゃる通り、確かに醤油の方がさらに肉じゃがっぽい旨さの煮物になると思います(昨日から、同意見をちらほら頂いていました^^)。
近い内に、また気楽に試してみようと考えております!

これからも色んな漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 00:22  |  すいません

わさびについて質問したのに、お礼が遅くなってすいません。
どうやら頂いたわさびの質が良くなかったらしくあまり辛くなく香りも今一つでした。

遂にヤング肉じゃが再現されたんですね,,,,
やはりあんこさんのブログは安牌料理もイイけど、こうゆうデンジャラス料理もとても面白いデス!!
大雨で大変でしょうが無理せず続けて下さい。
時期的にそろそろキャンプ料理もいいかも,,,,

  • #RAa2TALo
  • ほくほく
  • URL
  • Edit

2010.07.16 Fri 01:46  |  ほくほくさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、お返事はお気になさらなくても全然大丈夫ですよ~!
ほくほくさんがお手隙の時や、気が向いてふと思い出された時だけ気軽にお書き込み下さるのが、一番嬉しいです(^^)。
こちらこそ、あまりお役に立てず申し訳ございませんでしたm(_ _)m。

はい、再現しちゃいましたw!
私自身、「果たして実際はどうなのか?」「一体どんな味なのか?」という料理を再現する時が一番燃えます;。
もちろん、普段は完全に安心出来る料理を作る方がおいしいし楽しいのですが…やはり、新しい発見の可能性がある食べ物の方がよりワクワクしますね。
ですので、そう言って頂けますと非常にありがたいです。
確かに、これからの季節は『クッキングパパ』シリーズでお馴染みのキャンプ料理や野外料理もいいですね!
和風焼きそばやカレー焼きうどん、そば粉のお好み焼きなどなど…考えるだけでウキウキします(^^*)。
ナイスなアドバイスを下さり、感謝です!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 16:16  |  

今回こそ!今回こそはライトパパが見れると思っていたのに!

  • #-
  • あおべー
  • URL

2010.07.16 Fri 20:34  |  あおべーさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。

コメントをして下さり、ありがとうございます。
はい、残念ながらライトパパの出番は全くありませんでしたw。
正直言いますと、頭の片隅にいつでも出て頂けるようスタンバイしてもらっていたんですが、食べた瞬間「あ、やっぱり大丈夫です。お疲れ様でした~」と言ってお帰り願いました(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 20:56  |  

お返事、ありがとうございます!
本当に、いつの頃からか、新しい食べものが次から次へと出て来ますよねぇ。
最近では、へんてこ?食材とのコラボでも、びっくりしないようになってきましたぁ♪
なんか、美味しくなりそう!みたいなかんじで☆
母親も、新しいものも好きなので、どんどん新しいメニューが増えてますねぇ。
結婚してから、実家が遠いっていうのもあって、なかなか帰る機会が少ないですが、帰るたびに新しいモノがずらりと並べられて、楽しみです♪
私は、なかなか自分流創作料理?は作るのですが、イマドキの凝った料理などは、なかなかイベント事がないとしないので、あんこさん見習って、色々挑戦できたらなぁと思っています。

2010.07.16 Fri 21:37  |  あの話には。

豊田先生の話には続きがありまして、豊田先生が卒業した年度
(昭和16年度)からは、戦争が始まっていたので、フルコースがでず、「料理の無い皿の上で、ナイフ・フォークを動かして「食べる振り」だけをした。」と書かれています。
軍隊食というのは、案外「災害時」に使えるような気がします。
陸軍の調理本には、「カルピス風の飲み物」の作り方や、
「乾パン粥」(乾パンでつくるオートミールか?)という料理の
作り方なんてのもありますから。
そうそう、本日発売の「週刊漫画タイムス」に連載中だった、
「風流つまみ道場」が最終回をむかえました。
最後の料理は、「スーパーで買ってきた寿司に生ハムを乗っける。」
というものでした。次の連載が楽しみです。(いつになるか、分かりませんが・・。)では。

  • #-
  • 波多野鵡鯨
  • URL

2010.07.16 Fri 22:10  |  tomoさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私自身、最近の新しい食材や調理法には目を見張るものがあります。
一見ヘンテコでも、食べてみるとびっくりする程合う組み合わせってまだこんなにあるんだな~と感心させられる今日この頃です。
母の場合、定番料理・全く新しい料理・昔習ったレシピをさらにアレンジした料理の三種類に分かれているのですが、どれも確かな「おいしくなる計算」によって作られているので、日頃から尊敬していますね(^^*)。
以前、母にアレンジ料理を未だに作るのは何で?と聞いた事があるのですが、答えは「あんたがいつもおいしそうに食べるから、作り甲斐がある」との事でした。
なので、もしかしたらtomoさんのお母様も、tomoさんが里帰りする度においしそうな表情で食されるから新しい料理のレパートリーが絶えないんじゃないかな~と感じました(想像だけで、勝手に分かったような口をきいてすみません;)。

正直、私も再現料理以外では割と平凡な料理ばかり作っている為、目新しい技術はほとんどついてなかったりします(^^;)。
考えてみると、創作料理を新しく考え出すのって相当エネルギーがいるんだと思いますorz。
ただ、母に言わせれば「勘と経験さえあれば大丈夫」だそうですが…取りあえず、今は漫画料理を忠実に再現するだけにとどめようと考えています。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.16 Fri 22:50  |  波多野鵡鯨さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

詳細な追記をして頂き、誠に大感謝です(^^)。
な、何もないお皿の上でナイフとフォークを動かす年度に豊田先生はぶち当たってしまいましたか…戦争だから仕方がないとはいえ、災難でしたね;。
ただ、実物が目の前にない分精神力の鍛練には非常に役立ちそうです。
それにしても、軍隊食は災害食に転用出来るという説は確かにもっともだと思います(肉じゃがにしろカレーにしろ、大量に炊き出しする事が可能ですし…)。
特に、個人的には陸軍のカルピス風飲み物がかなり気になります。
甘くて口当たりがいい飲み物は疲れた時に最適そうですし、何より心がほぐれるのでまさに戦争時や災害時という非常事態にはうってつけのレシピですね。

『風流つまみ道場』が終わってしまったとのご一報を聞き、残念な気持ちになりました(´・ω・`)。
面白い上にためになった為、重宝していたのですが…こうなったら、次回作を期待しつつ待とうと思います。
あと、生ハム寿司は作り方が結構簡単なので、単行本が発売される前に先に試作してみる事にします。
お知らせして下さり、ありがとうございました。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.17 Sat 00:28  |  

こんにちは。
クッキングパパにこんな料理があったとは……!

コーラ煮を作ってると黒い添加物やアクが浮いてきますが、
グリーンコーラを使うと浮いてこないような気がします。

  • #-
  • やきにく
  • URL

2010.07.17 Sat 00:43  |  やきにくさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

初期の『クッキングパパ』は、ヤング肉じゃがを代表とするオリジナルレシピがたくさんあるので読んでいて楽しいです(^^)。
他にも色々とユニークなレシピがありますので、これ以後も是非試して行きたいと考えております。
確かに、アクはすごく出ましたね~。
一瞬、「コーラには一体何が入っているんだろう…(((゜Д゜;)))ガクブル」と不安になりましたw。
グリーンコーラは恥ずかしながら初耳でしたので、興味深いです。
機会があったら、早速実験してみますね!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.17 Sat 09:21  |  エスニックなら

私もこの料理には懐疑的でしたが
『エスニック風照り焼きチキンとポテト』と伺うと、ありかな?と
急に試してみたくなりました。

甘じょっぱい味は大好きなので、いけるかも~と。

ただ、コーラ飲めないので、余ったら困るなあと。
少量のものが売られてたら、コーラ煮にチャレンジしやすいのになあと。
でも、結構量を入れるのでしょうか?
それなら使い切れて大丈夫かな?

  • #-
  • イオニ
  • URL

2010.07.17 Sat 11:15  |  イオニさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も半信半疑でしたが、実際に試してみるとコーラの香辛料がきいてて美味でした(今は合成かもしれないので、あくまで「香辛料のような」かもしれませんが…;)。
和風というよりは本当に無国籍風なので、食べてて面白かったです。
原作通り塩の味付けだと甘じょっぱい味、アレンジして醤油の味付けだと甘辛い仕上がりになる感じです(^^)。

うーん、確かにコーラが余ってしまうと飲む以外消費法がないのが困った所ですね。
ただ、この煮物は結構な量のコーラを使うので、小さいサイズですと恐らく足りないのではないかな~と感じます。
私の場合、画像に写っているサイズ(うっかり確認するのを忘れていましたが、多分500mlサイズのペットボトルだったと思います)のコーラで「二~三口分余るかな?」くらいでちょうどよかったのを覚えています。
けれども、鍋がすごい勢いでボコボコ泡立つ大強火で約十五分煮立ててつつアク取りをしていると、相当な量が蒸発して減っていったので、多少多めに入れても大丈夫かと予想しています。

あまり参考にならないご返信で申し訳ございません。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際はまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.17 Sat 20:28  |  

母は、自分が食いしん坊だからなようです~♪
そして、確かに、いろんな方に料理を振舞うのも好きですねぇ!
レシピ、教えたり、パンやお菓子でも習いに行って、みんなに試食してもらってますねぇ~。
料理だけでなく、ものづくりが好きなようです!
趣味が多いですねぇ~。
私は、なかなか、飽きっぽい性格もあって、趣味が色々変わったりぃ?
でも、いまのところ、はじめたばかりですが、ブログは続いてますねぇ♪
生きがいになっています♪
絵本、写真、音楽、映画も好きですが、あんこさんのように専門的ではないですねぇ。。すごいなぁと思いながら、拝見させてもらってます!
今日は、肉じゃかをたくさん作ったので、早速、明日、ここのレシピを参考に肉じゃがピザ?を作ってみます~♪

2010.07.17 Sat 21:26  |  tomoさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

勝手な憶測でお話ししてしまい、大変申し訳ございませんでしたm(__;)m。
私は食いしん坊なものの、誰かに食べ物を振る舞うセンスや能力は皆無ですので、すごいな~と思います。
確かに、料理好きな方はもの作りをする事も好きなケースが多いですので、すごく納得しちゃいました!
好奇心旺盛なお母様で羨ましいです(^^)。

いえいえ、私自身あちこちへフラフラする性質で、全然専門的ではないです;(料理中心なブログのくせに、未だ「本ブロ」という訳が分からない名前ですし;)。
それにしても、肉じゃがピザを作って下さるとのご報告は非常に嬉しかったです。
あれは本当に意外なおいしさなので、おすすめですよ~。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.19 Mon 16:29  |  またまたお返事、ありがとうございます!

ここにコメントばかりしちゃっていいのですかね?!
ながーく、なっちゃいますよね?大丈夫かな?

いえいえ、ステキな憶測をして頂いて☆
母親、ただの?食いしん坊なのに、なんてステキな発想を!と思いまして!
でも、あんこさんの言うとおり、母親は言わないだけで、そう思っているのかもしれないですねぇ~

肉じゃがピザ用に、たっぷり肉じゃが作ったので、たっぷり出来て、
そして、私も病気のほうがボチボチ良くなりつつあり、食欲がっ
ほとんど、私が食べちゃいました♪
おいしかったです~♪

2010.07.19 Mon 20:31  |  tomoさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、大丈夫です(^^)。
こちらこそ、お気を使わせてしまいすみません。

いえ、これは私の発想というよりは母から直接聞いた話から想像した事なので、私オリジナルの物ではないですよ~(^^;)。
食いしん坊だと、料理を作るのも自然に好きになるとある方が本に書かれていましたが、最近はとみに実感します(例:当管理人)。
それにしても、tomoさんの体調が徐々によくなっていると知って嬉しいです。
肉じゃがピザもお口に合ったみたいで何よりです(^^*)。
私もあれはお気に入りのレシピで、肉じゃがを作る度にまた挑戦したいと思っています。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.20 Tue 14:05  |  

そうだったのですか!おかーさまの!
ステキなおかーさまなんだろうなぁ☆
こうして、丁寧に教えて下さる、あんこさんも、ステキです☆
そして、体調のことを気遣って下さり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!
あんこさんも体にココロにムリなくです!!

そして・・・とても親切にして頂いたのに申し訳なく・・私事で申し訳ないのですが、ご報告させて下さい。

ご訪問して下さいました皆様に!と、
どうしてもお礼の挨拶がしたくて、皆様のhpに伺わせてもらっていたのですが、
なんだか、お返事がままならずな中途半端になってしまうのも申し訳なく、
本当に勝手ながら、お返事巡りは、断念させて頂くことにしました。。
本当に、中途半端で、すみませんっっ
私事で申し訳ないのですが、治療や夢にも、ボチボチとマイペースにやってゆこうと。
本当に、すみませんっっ
ご訪問頂いたことは、本当に本当にうれしくてうれしくてしょうがなかったです。
皆様にお返事を~!と安易な初心者さんでした・・・
すみませんっっ
でも、気まぐれ屋さんですので、また、ぬぼぉ~と現れましたら、
コメントさせて下さいね!
そして、あんこさんも、ムリなくボチボチと続けて下さいね。
では!本当に、ありがとうございましたとすみませんでしたっっ

2010.07.21 Wed 12:33  |  tomoさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ!母はまだしも、私は未だに未熟者ですorz。
正直、私はまだまだ母には勝てないな~と痛感しております(^^;)。
tomoさんがおっしゃる通り、これ以後も健康に気をつけつつのんびりやっていこうと考えています。

お返事の件ですが、私は本当にtomoさんの都合がよい時だけに返事して頂けるのが一番嬉しいです(^^)。
私自身、頂いたコメントにはどうしてもお返事しないと気が済まない性分ですのでtomoさんのお気持ちは大変共感出来るのですが、tomoさんにHPを更新して頂いたり、ご自分のペースを守れる状態でいて下さる事が何よりだと感じています。
コメントがなくても、私としてはご訪問して下さるだけで既に十分光栄で嬉しいですので、どうぞお気楽に来てください。
私も、ぶらぶらしつつまったり更新をしながらお待ちしております(´∀`*)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.05.06 Fri 11:39  |  

いつも楽しくあんこさんの再現料理を見ています(^^)
とうとうある一種の伝説と化した「ヤング肉じゃが」を再現なさいましたか...!!
実は私も「これだけは絶対にあり得ん」「ウヘァ」などと思っていました...どんな味がするのか知りたい、だがヘタレなので実際作ってみる勇気がない、など長年もんもんと思いを募らせて来たので、正直大感動しています!( °∀°)=3
そしてさらに衝撃なのが、実は美味しいと言う事です!私も恐怖を克服して作ってみるぞ。
あんこさん、どうもありがとうございました!(´∀`)

  • #-
  • 京子
  • URL

2011.05.10 Tue 22:02  |  京子さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく見て頂いているとのお言葉、とっても嬉しくて光栄でした。
はい、ある日我慢できなくなって再現しちゃいました;。
私も当初は「先人達の二の舞だったら…(((゜Д゜;)))ガクガクブルブル」
と恐れおののいていたのですが、とってもおいしかったので感動でした。
お肉が柔らかくなって相当にスパイシーな味になるので、
ある意味カルチャーショックだと思います。
調べてみると、コーラとお肉を組み合わせておいしくする裏技は海軍にも
ある伝統的な手法らしいので、よろしければ是非ご賞味して頂けますとありがたいです。
B級どころか、何種類かスパイスを調合したみたいな香りになるので一食の価値ありです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/588-ea5caa62
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

 『クッキングパパ』の“ヤング肉じゃが”を再現! とか 【フィギュア】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破・式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツVer. ヱヴァンゲリヲン新劇場版:真希波・マリ・イラストリ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツVer. 完成品フィギュア ヱヴァンゲリヲン新劇場...

  • うはw嫁さんちょwww
  • 2010.07.15 23:02

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ