『クッキングパパ』の“高菜スパゲティ”を再現!

先日、リニューアルオープンしたての「餃子の王将」某支店へ行ってきました。店内はきれいで店員さんも感じがよく、サービスだけなら文句はなかったのですが…奇妙な事に、味が前と少し違っていましたorz。特に餃子が顕著に変わっていて、肉汁を閉じ込めるどころか半分くらい閉じられてない所があった為妙にパサパサした食感(´・ω・`)。気のせいか、「リニューアルオープンをしたお店に行くと、味が結構変わっててがっかりする」という現象は昔から身の回りでしょっちゅうあるように思います。もしかしたら、オープンしたてでバタバタしているのが原因なのかもしれませんので、ちょっと様子見をしてみます。
こんにちは、いっちょ前に根拠のない予想をかいてすみません、あんこです。

今回再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて新婚ほやほやのティートさんが結婚お祝いパーティーで作った和風スパゲティ第二弾・“高菜スパゲティ”です!
高菜スパゲティ図
作り方は前回再現した“イカの塩辛スパゲティ”と基本はほぼ同じで、にんにくと唐辛子で風味付けしたオリーブ油で高菜漬けを炒め、そこに茹でたてのスパゲティを入れてささっと混ぜれば出来上がりです。漬物とスパゲティの組み合わせはあまり聞いたことがないので最初は「?」と思いましたが、ネットを大雑把に回ってみるだけでも「沢庵スパゲティ」「浅漬けスパゲティ」など様々なレシピがございましたので、もしかしたらご飯に合う物は全てスパゲティに合う物なのかもしれません。
それにしても、お話の終盤でティートさんが「お互いの国の食べ物を理解しあうのは、大切な事デース!」と陽気に話しているシーンを見るたび、つくづくイタリア人は食べる事が大好きなんだな~と実感させられます(^^;)。しかし、日本人もイタリア人に負けず劣らず食への関心を非常に持っている国ですので、もしかしたらこの二国は実はものすご~く気が合う者同士なんじゃ…と感じました。
日本とイタリアの文化交流ともいいます
ちょうど国産手作りの高菜漬けを入手できたことですし、早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、材料の用意。にんにくは芯を取って薄切り、赤唐辛子は種を取って小口切りにします。
高菜スパゲティ1高菜スパゲティ2
高菜漬けは流水でジャブジャブ洗った後にしっかり絞って水気をきり、食べやすい長さになるように包丁で細めに刻んでおきます。その際、茎の部分はともかく葉の部分は思った以上に長い物なので、念入りに刻んだ方が後々食べやすいです(ただ、長い葉も歯ごたえがあってそれなりにおいしいので、ここら辺は完全に個人の好みによると思います)。
高菜スパゲティ3高菜スパゲティ4
次は、炒め作業。オリーブ油をひいたフライパンに先程のにんにくと赤唐辛子を加え、弱火でゆっくり火を通します。その際、にんにくや赤唐辛子が焦げてしまわないように気をつけます。
高菜スパゲティ5高菜スパゲティ6
にんにくからいい香りが漂い、オリーブ油にも赤唐辛子の辛味が十分なじんできたら刻んだ高菜漬けを投入し、中火で一気に炒めます。なお、高菜漬けはダマになってもつれやすいので、菜箸で絶えずほぐしながら炒めた方がいいです。
高菜スパゲティ7
高菜漬けに油が染みてちょうどよく炒まったら、そこへ袋に書いてある時間よりも少し短めに茹でておいたスパゲティを加え、ざっと混ぜ合わせます(この時、スパゲティソースと呼べる水分がほとんど発生しない為、スパゲティの茹で汁を少々入れておいた方がパサつきを防げます)。
高菜スパゲティ8高菜スパゲティ9
高菜スパゲティ10
高菜漬けの風味がスパゲティに絡みきったら火を止め、そのままお皿へ盛り付ければ“高菜スパゲティ”の完成です!
高菜スパゲティ11
にんにくや赤唐辛子の旨みが染みこんだ高菜の色合いと香りが何ともおいしそうで、すぐにでもパクつきたい衝動に駆られます…(´Д`*)。上品に少しずつ味わうよりも、お腹がすいた時にガーッと食べる方が向いてそうなイメージです。
高菜スパゲティ12
それでは、スパゲティが伸びてしまわない内にいざ実食!いただきまーす。
高菜スパゲティ13

さて、味はというと…ワイルドなおいしさでウマママーーーー!高菜好きには堪えられません!
高菜スパも意外とウマー!
ザクザクシャキシャキとした歯切れの良い噛み心地や野趣あふれる風味を併せ持つ高菜と、ツルッとアルデンテに茹で上がっているスパゲティの相性が予想以上によく、次から次へと食が進みます。ピリッと刺激的な赤唐辛子の辛さが全体にきいているので一向に飽きが来ませんし、一応野菜のみで構成されている為胃がもたれる事もありません。どこか癖になる強い塩気が特徴的な高菜に、にんにくのコクがギュッと詰まったオリーブ油が染み込むとさらに旨味が増し、そしてそれがスパゲティに絡まると二重にも三重にも味わいが高まります。
内心、以前に作った“たかなライス”と少し似ていると思いました(但し、こちらの方がにんにくが入っている分より強力な味わいです)。カリッとしっとりの中間に炒められているにんにくチップスがいいアクセントになっていて、噛み当てるとラッキーな気分になります。濃いめな味なのですが後味が結構あっさりしているのでくどくないですし、簡単に出来るので軽く晩ご飯を済ませたい時にうってつけな料理だと感じました。

予想以上にしっくりきた為面白い再現でした。漬物が余った時の定番になりそうです。こういう「おいしければ何でもあり!」な考え方が近代日本料理のいい所なんじゃないかな~と思いました。
今度は、どんな味になるか全く分からない“ちらスパ”を再現してみますね(´∀`;)。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.28 Wed 22:09  |  もっ最高!

高菜って本当に何にでも合うんですね~。豚骨ラーメンでも定番ですし。ご飯、麺類ときたら次の高菜の活躍はパンでしょうか?

  • #1n9Tsjm2
  • ぱぴぴ発狂食品
  • URL
  • Edit

2010.07.28 Wed 22:20  |  ぱぴぴ発狂食品さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

高菜漬けは多少癖があるものの、慣れたら本当に病み付きになります(^^)。
こちらの方では豚骨ラーメン屋さんに無料の高菜炒めが備えられている事も珍しくないですし、これがまたご飯やラーメンにぴったりでウマーです。
ただ、ご飯や麺とも相性抜群なのは確認したものの、パンはさすがにまだ試してないですね~。
おやきの具になったのは見た事がありますので、合いそうなんですが…今度調べておきます。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.29 Thu 10:51  |  パスタ大好きです

あんこさんこんにちは。
久しぶりの雨で涼しくなって一息ついてるりくです。

最近パスタが食べたいな~と思っていたところ、27、28日と2日続けてあんこさんの記事がパスタ料理だったのでうれしくなりましたv

イカの塩辛は炒めるととってもおいしいですよね~。
じゃがいもと炒めて食べてもおいしいですよ。
高菜パスタも意外な組み合わせですがとってもおいしそうですね!
チャーハンに入れてもおいしいし、高菜は重宝する食材ですよね~。

パスタに塩辛や高菜が合うというのはびっくりですが、前にお店でゆかり(しそのふりかけ)と豚肉のパスタというのがあり、しかもおいしかったのでとってもびっくりした覚えがあります。

ほんと、おいしければ何でもあり!ですよね。

これからもいろいろな作品の再現料理、楽しみにしています。

  • #-
  • りく
  • URL

2010.07.29 Thu 19:27  |  りくさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。
私の住んでいる地域も雨が降っていて、珍しく涼しい状態が続いています(^^)。

おおー!偶然とはいえ、りくさんのご希望に添える形になって私も嬉しいです。
私も最近無性にスパゲティが食べたい気分になっていましたので、先日ガーッと作っちゃいました;。
イカの塩辛は生でも炒めても美味しいのが便利でいいですね。
ただ、じゃがいもは初耳でしたので不覚でした~。今日早速実践してみます!
九州育ちの私も高菜をスパゲティに入れるのは初めてでしたが、意外といけてほっとしました。
以後はご飯のお供にはもちろん、麺のお供としても広く活用していきたいです(´∀`*)。
りくさんのおっしゃる通り、高菜は意外に重宝するので助かります。

それにしても、ゆかりと豚肉のパスタは完全に想定外でした!びっくりです。
お店で出されるパスタは、「さすが本業の料理人!」と思わされるアイディアの物が非常に
多いので、感心させられることしきりです。おいしそうですので、是非一度食べてみたいです…。
本当、「おいしければ何でもあり!」な世の中に生まれてよかったです。
一昔前だとタブーが多かった為、現在のようにはとても行かなかったと思いますので尚更身に沁みます
(ただ、素材は昔の方が上質そうですので、それはそれで惜しかったり;)。

また長々としたコメントになってしまってすみません!
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.03 Tue 11:31  |  

さて、高菜を買ってきましたよ
これを軽く絞って包丁でばっしばし切ってごま油で炒め~
スパ投入したら水で溶いたお味噌加えからめからめ炒め炒め
最後にゴマ振って出来上がりっと

ウマー


ゆかりと豚肉のスパも美味そうだなぁ
こんど試そう

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.08.03 Tue 19:50  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

高菜スパゲティを作った上にご感想まで教えて下さり、感謝です。
それにしても、ごま油風味の味噌ベースなソースも高菜と相性がよくて美味そうですね。
ご飯にかけてみてもすごくおいしそうです(^^*)。
私もゆかりと豚肉のスパゲティもかなり興味深々なので、同感です。
いくつかのレシピを我流で参考にしつつ、オリジナルのレシピを開発したいな~と考えております。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/592-15d2a2ca
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ