『美味しんぼ』の“牛肉の南蛮揚げ”を再現!

個人的にアイスを食べる時間帯は太陽が照る真昼間ってイメージなんですが、世の中は広く、何と<夜にゆったり味わうアイス>ってコンセプトの『真夜中の贅沢』というアイスがありました。何でも、約43%の女性は夜にアイスを食べることが多いという統計結果が残されており、そこに目をつけた森永乳業さんが女性向けのアイスを開発したんだそうです(その為、カロリー控えめが売りだと書いてました)。それにしても、どことなくドキドキする名前です;。
こんにちは、普段はスーパーカップのバニラ味が大好きな庶民・あんこです。

今日再現する漫画料理は、『美味しんぼ』に出てくる老舗洋食店「ラッパ艦」が創業以来看板メニューとして作り続けている“牛肉の南蛮揚げ”です!
牛肉の南蛮揚げ図
小泉局長の知り合いである愛猫家・玉畑夫妻に捨て猫を引き取ってもらった山岡さんと栗田さんは、そのお礼の為に、玉畑夫妻の娘さんである美佐子さんが何故いきなり婚約破棄をされたのか事情を探って何とか解決しようと奔走します(ちなみに、捨て猫は東西新聞社へ生まれたばかりの幸子ちゃんを見せに来た近城さんとまり子さんが「うちの近くで拾ったの。だから文化部のお力でこの猫を飼ってくれる人を探して(´∀`)ヨロシク」と言って、山岡さん達に押し付けた子です;。相変わらず、マイペースなご夫妻ですね^^;)。
調べた結果によると、美佐子さんの婚約者である白川さんの実家・洋食店「ラッパ艦」は弟さんが後を継いでいたもののお店へ嫌がらせをしていたヤクザを刺して懲役を食らってしまい、たちまち経営難に陥った「ラッパ艦」を救う為に白川さんは会社を辞めてお店に入ったとの事でした。婚約破棄は心変わりのせいではなく、懲役になった家族がいる自分と結婚すると美佐子さんや玉畑夫妻まで迷惑がかかると判断したからというのが真相で、あまりにもやりきれない話に山岡さん達は一計を案じます。
その案とは、事情を聞いて結婚の決意を新たにした美佐子さんに「弟が帰ってくるまでは作らない。メニューからあえて外しておく」と白川さんが決めていた看板メニュー・“牛肉の南蛮揚げ”を刑務所の弟さんや白川さんのお父さんから伝授してもらい、お店で山岡さん達がわざと“牛肉の南蛮揚げ”を注文する声を合図に白川さんの前で作らせるという物でした。
作戦は見事成功で、突然の事に動転しながらも「君とご両親に迷惑はかけたくなかったし、将来を約束された社員ではなくなったし…」とまだ言う白川さんに美佐子さんが「何言ってるの、馬鹿!」と怒り、それでもいいから会社を辞めて一緒にお店を手伝うと話した事が決定打になって、お二人は無事結婚の約束を交わすのでした(^^)。逆境は辛い物ですが、逆に言えばこういう時でも傍にいて力になってくれる人達は一生信頼できる付き合いになると思いますので、そういう伴侶や友人がはっきり分かると思えばある意味ラッキーかもしれません(まあ、誰も残らず一人になるという可能性もきっちりありますがorz)。
秘伝のレシピを教えてもらって厨房へ来た美佐子さん
“牛肉の南蛮揚げ”とは、『美味しんぼ』だけに登場する洋食風オリジナルメニュー。牛赤身肉にカレー粉で風味付けした南蛮衣という衣をつけて揚げ、それを鉄皿で熱したドミグラスソースの上に乗せたら完成という、ちょっと変わった料理です。山岡さん曰く、「ああいうのを食べると、洋食ってのはもはや“純粋日本料理”って思えてくる」んだとか。
牛肉の赤身に南蛮衣を鉄皿で作るのがポイント!
先日、鉄皿を購入しようかどうか迷っていた時に母から「鉄皿?うちにあるよ~」と事も無げに言われてずっこけたので、早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、南蛮衣の用意。卵と冷水をあわせて溶いた液体に薄力粉を加えてざっと混ぜ、そこへカレー粉を投入して全体に行き渡るまで混ぜれば南蛮衣の出来上がりです。この南蛮衣を、冷蔵庫に入れてキンキンに冷やしておきます(画像を見て分かるように、結構混ぜすぎましたlllorzlll。粉の粒があちこちに残るくらいが一番おいしいです)。
牛肉の南蛮揚げ1牛肉の南蛮揚げ2
牛肉の南蛮揚げ3
南蛮衣の準備が整ったら牛赤身肉をやや薄めに切り分け、少々たたいて柔らかくさせてから塩、こしょうをふります。
牛肉の南蛮揚げ4
塩、こしょうを両面に振り終えたら薄力粉を前面にまぶし、そのまま冷えた南蛮衣をたっぷりつけます。
牛肉の南蛮揚げ5牛肉の南蛮揚げ6
この南蛮衣つきの牛肉を約180度に熱した多量の油でカラッとなるまで揚げ、八割がた火が通ったらキッチンペーパーに移して余分な油分をきっておきます(原作には油の温度や揚げ加減は明記されていませんが、今回試してみた所これがベストだったのであえて表記しました。勝手な解釈を書いて、すみません)。
牛肉の南蛮揚げ7牛肉の南蛮揚げ8
その間、原作に付け合せ温野菜として載っていたじゃがいも、にんじん、いんげんを少量の塩を入れた熱湯で茹で、別皿に取っておきます。
牛肉の南蛮揚げ9牛肉の南蛮揚げ10
牛肉の南蛮揚げ11牛肉の南蛮揚げ12
ここまできたら、あとは一気に総仕上げ。薄く油を引いた鉄皿をそのままガスコンロに置いて直火で熱し、熱くなったらドミグラスソースを流し入れ、鉄皿の隅に先程の温野菜を三種類とものっけます。
牛肉の南蛮揚げ13
ドミグラスソースがグツグツと音を立てて煮えてきたらその上にすかさず揚げたての南蛮揚げを乗せ、温かい内に木皿へ鉄皿を移せば“牛肉の南蛮揚げ”の完成です!
牛肉の南蛮揚げ14
カレーとドミグラスソースの個性的な香りが強く漂い、みるみる内に食欲が湧いてきます。鉄皿から「フツフツ」「グラグラ」「ジュージューッ」と賑やかな音が出ているのも楽しいですし、見るからに「今がまさに食べ頃!」って感じでウキウキした気分になりました(^^*)。
牛肉の南蛮揚げ15
それでは、原作通り切った南蛮揚げにドミグラスソースをどっさりつけていざ実食!いっただっきま~す!
牛肉の南蛮揚げ16

さて、味ですが…とってもウマーーー!懐かしいようで新しいおいしさです!
カレー風味の衣が秀逸!
牛肉の南蛮揚げ17
肉汁でしっとりしている割に比較的淡白な味わいの牛赤身肉が、カレー粉でピリッとスパイシーに味付けされた南蛮風の衣によって刺激的かつ複雑な旨さになっています。牛赤身肉は柔らかい肉質とややあっさりした味が特徴的な部位なので、食べ進めていく内に段々物足りなくなるのが難点ですが、衣やソースを付け足す事によって程よい重厚感がプラスされている為ちっとも飽きませんでした。牛肉の天ぷらにドミグラスソースというと一見ゲテモノっぽく思えますが、実際に食べてみるとごく自然にマッチしているので脱帽します。カリッと揚がって香ばしいカレー風味の衣に、鉄板でグツグツになるまで熱されてとろみとコクが増したドミグラスソースがもったり絡んで染み込むと意外にぴったりの組み合わせで、面白い事にカレーの香りの方が勝っていました。
山岡さんは「衣自体が味わいの深いソースに変貌しているんだ」、栗田さんは「からりと揚がった衣にドミグラスソースを吸わせると、衣がくったりしてもったいないと思うけれど、実はそれがこの料理のコツなのね」と言っていましたがまさにそんな感じで、衣といえば普通なら脇役中の脇役であるはずですが、この料理だと珍しい事に牛赤身肉と同じくらい主役になっています。単品でも美味ですがご飯との相性がまた殊更によく、「これぞ洋食!」という印象を受けました。甘味、酸味、辛味が混然一体となった濃厚で奥深い料理です。

付け合せ三種にしても、いんげんはさっぱり・じゃがいもとにんじんはホクホクしていて、いい箸休めになっていました。鉄板で出されるというのも目先が変わってワクワクしますし、ちょっと贅沢したい時にまた作りたいです。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.22 Thu 21:05  |  

こんばんはあんこさん、このエピソードは料理も美味しそうですし、一度は婚約解消したお二人も無事に元の鞘に納まって、非常に爽やかな結末で大好きなエピソードです。
実際事情はどうあれ家族が刑務所に行くようなことになっては、結婚する相手とそのご家族にどれほどの迷惑がかかるか計り知れません。白川さんがあえて何も事情を話さずに婚約破棄しようとしたのも無理の無いことですが、そんなこと関係なく彼と一緒になってお店を手伝おうと決意をした美佐子さんは素晴らしい女性だと思います。このお二人は一回限りのゲストキャラなのが勿体無いくらい良い夫婦になれると思います。

それとこのエピソードは導入部のやり取りも可笑しかったですねw 近城夫妻に赤ちゃんが産まれたのに、文化部一同はお祝いを贈るのをうっかり忘れていて、「そんなこと気にしてないから、猫の引き取り先を探してよ」と言い出す夫妻のちゃっかりぶり。皆が難色を示すと、「何もお祝いしてくれないような薄情な人たちだもんな」と掌返す様が笑えましたw
さらには雑種の猫なんかいらないという古泉局長に、「血統書付きの猫しか興味無いなんてとんだ俗物。社内に言い触らしてやろう」と言い捨てて局長を慌てさせる、山岡夫妻の釣り師ぶりも可笑しかったですw

  • #dZ2c3wmQ
  • 大鳥
  • URL
  • Edit

2010.07.22 Thu 22:15  |  大鳥さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も大鳥さんと同じく、このエピソードは大のお気に入りです!
やはり、いい男女が行き違いのまま離れ離れになってしまうのは現実でも『美味しんぼ』世界でもやりきれない話なので、ハッピーエンドが一番です(^^)。
確かに、理由がどういう物でも一度刑務所に行った身内がいると、身近な人達に迷惑がかかってしまうのを恐れてしまうのはあると思います。
自分があれこれ言われるのは覚悟の上で構わないと感じられても、家族や大切な人達が悪く言わてしまったら…そう考えるとたまらないものがありますので、白川さんの気持ちはよく分かります。
ともあれ、幸いにも美佐子さん・白川さん・山岡さん達みんなが笑い合える結末でよかったです。
大鳥さんのおっしゃる通り、ゲストキャラなのがもったいないくらい勇気あるお二人でしたので、後々報われて欲しいな~と願わずにはいられません。

私も、導入部では思わず笑ってしまいましたw。
チクリチクリと嫌味を言ったかと思えば「飼い主探すなら許す!」と言わんばかりにニコニコしたり、かと思いきや薄情だと嘆くふりをしたり…結婚しても近城さんとまり子さんは何一つ変わってないな~と苦笑しました(´∀`;)。けれども、こういうアッケラカンと「誰が何と言おうと、我が道を行く!」という所はある意味お二人らしくて微笑ましいので、これ以後もどうかそのままでいて欲しいものです(考えてみれば、二木さんの一族は祖父にしろ叔母にしろそういう方々ばかりですね…。幸子ちゃんにまで遺伝しない事を祈ります;)。
あと、初期に比べると山岡さんは大分局長使いがうまくなっているのがこの話で窺えたので、ある意味感心しました。
何だかんだ言いつつ、最終的には「仕方ないな」と協力する局長の人の良さ(兼見栄っ張り)を山岡さんは長い付き合いの中で見越してきているのかもしれませんね。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.22 Thu 23:05  |  

あわわわわ~そら豆のスープに続き、またしてもリクエストに答えていただいてありがとうございます。

実物で見るともっと美味しそうです。あ・・・よだれがw

美味しんぼではよくカップルの仲を山岡夫妻が取り持つお話しがありますがこのお話もとても好きでした。

同じ女性としてどんなことがあっても一人の人を思い続けられるような人になりたいなぁなんて思います

それにしてもこのメニューを再現できるなんてあんこさん尊敬しちゃいます

美味しんぼ大ファンとして本当にあんこさんのブログに出会えてうれしいです

これからも料理の再現楽しみにしてますw

  • #LO6ZGGAI
  • 玲音
  • URL
  • Edit

2010.07.23 Fri 00:34  |  玲音さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

過分なお褒めの言葉を頂けて、とても嬉しかったです。
いえいえ、私も前々から「おいしそうだな~」と憬れていましたので、かえって背中を押された感じがしていいきっかけになりました。ありがとうございます(^^)。

『美味しんぼ』の山岡夫妻は、作中で何気に縁結びや結婚の後押しを数多く行っていますよね~。
どれくらいの数のカップルが救われたのか、一回数えてみたいですw。
私も、今回のエピソードはそれらの中でもかなり好きな部類に入りますので、玲音さんに楽しんで頂けたのでしたら非常にありがたいです(´∀`*)。
自分も、こんな風に相方さんを大事にしてついていきたいとつい考えてしまいました(って原作に関係のない一人言を書いてすみませんorz)。

私の方こそ、ブログを更新し続けていなかったら出会えなかった『美味しんぼ』ファンの方々、同じく漫画料理に興味を抱いている方々、そして玲音さんとも出会えて本当に嬉しいですし、感謝の気持ちでいっぱいですw。
様々な方々のご意見を聞いたり、感想を教えて頂いたり、時々は叱咤してもらったりと、貴重な体験を日々積ませて頂いております。だからこそ、短い間隔での更新も続けられています。
こちらこそ、心から皆様にお礼を申し上げます。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.23 Fri 02:57  |  はじめまして

初めてコメントさせていただきますが、いつも楽しく拝見させていただいております。

これ!当時読んだ時から憧れだったんです!凄く美味しそう!!鉄皿を手に入れたら私もやってみたいです!

これからもガツガツ作ってください☆

  • #1n9Tsjm2
  • ぱぴぴ発狂食品
  • URL
  • Edit

2010.07.23 Fri 09:21  |  

くそーうまそうだなー
一人暮らしだとどうしても揚げ物がなー

たーべーたーいー
カレー風味の衣・・・
だめだよだれが止まらん

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.07.23 Fri 20:24  |  ぱぴぴ発狂食品さん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく見て頂いているとのお言葉、大変うれしかったです!
私も、前々から「これはおいしそう…!さすが『美味しんぼ』」と
思っていた為、今回早速再現いたしました(^^)。
想像に違わずおいしかったので、ぱぴぴ発狂食品さんにも是非お勧めいたします。

個人ブログの自己満足な再現なので、記事も料理もイマイチな出来かもしれませんが、
少しでも楽しんで下さったのでしたら何よりです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んでいただけますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.23 Fri 20:29  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

おいしそうと言って頂けて、すごく光栄です(^^*)。
正直、私も揚げ物は作っている最中が暑い&後片づけが少々面倒な為、
夏場には辛いものがありますorz。
ただ、どうせ揚げ物を食べるならどうしても揚げたてが食べたいので、
一~二週間に一度は作ってしまいますね;。
カレー風味の衣はすっごく香りがよくて美味でした!
あまった衣でエビ・鶏肉・野菜類も揚げてみましたが、
どれも食欲をそそる出来でしたので三世さんもよろしければ是非ご賞味して下さい。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/596-c32ab196
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ