『クッキングパパ』の“クリスタル・ボール”を再現!

近頃、『クッキングパパ』前半期(1巻~40巻くらい)を読み返しては、「あれも食べたい、これも食べたい…(´Д`*)ジュル」という状態になっています;。基本的なレシピももちろんおいしそうなんですが、私の場合どちらかと言うとうえやまとち先生ならではのオリジナル料理の方により興味を持っている為、どうしてもそちらばかり再現してしまいます。最近では、定番のアウトドア料理・ティートさんの和風スパ・キムチドリア・ボンゴレラーメン・いきなりトリ鍋・サンマの蒲焼き丼を作ろうかな~と企んでます。
こんにちは、夏でも未だ食欲が衰えず夏太りが懸念されるあんこです。

本日再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩主任の愛妻・虹子さんが偶然思いついたアイディア料理“クリスタル・ボール”です!
クリスタル・ボール図
虹子さんがみゆきちゃんを妊娠してまだ日が浅かった頃、虹子さんは妊娠届けを出したおかげで残業を免除されたりゆっくりペースで仕事を進められたりなどと比較的余裕があった為、毎日家事に仕事に大忙しだった荒岩主任を少しでも楽にさせようとちょこちょこ家事を手伝います(ただし、相変わらずパンを焦がしたりお皿を割ったりしていましたが…^^;)。
ある日、虹子さんは朝出かける前に「あなた今日もすごく急がしいんでしょ?今夜は夕食も私が作ってみるわ」「ネッ、何が食べたい?」と荒岩主任に聞きます。荒岩主任は少し悩んだものの、最近野菜をあまり食べていない&失敗のしようがなさそうという理由で、「サラダをたっぷり食いたいなっ!」とお願いします。
生野菜がたっぷり食べたい!
その夜、虹子さんは荒岩主任の予想通りおいしいサラダを作り上げるのですが、待っているうちに段々「帰りは何時になるか分からないって言っていたし、このままじゃサラダしなびちゃうな…」と思い悩み、何か一手間を加えようと考えます。
そんな時、虹子さんが居間に飾ってあった宮崎土産の置物(ガラスの中にサボテンが封じ込められているデザイン)を見ている内にピンときて作ったのが、この“クリスタル・ボール”。液体状態のコンソメゼリーにミックスベジタブル・アスパラ・きゅうり等の野菜を入れて冷やし固め、仕上げにトマトやパセリで彩ったら出来上がりという極めてシンプルなレシピなんですが、写真を見るといかにもひんやりとしておいしそうなのが印象的でした。
サラダの鮮度を落とさない為のアイディア宮崎のお土産でひらめいた!
とにかく見た目にインパクトがある為、荒岩主任も一目見て思わず「わはは、何じゃこれは!」と驚きますが、一口食べてすぐに喜んでいました。以前からどんな味になるのか非常に気になっていましたので、早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、野菜の準備。ミックスベジタブルとアスパラ(はかまと根元の硬い皮は取り除いておきます)は熱湯で程々茹でた後に湯きりをして塩で軽く味付けし、きゅうりは薄い輪切り状に切っておきます。この時、トマトはスライス、パセリとレタスはちぎって別に冷やしておくと後々楽です。
クリスタル・ボール1クリスタル・ボール2
クリスタル・ボール3
次は、コンソメゼリー液作り。小鍋でお湯を沸かしたら少々薄めに仕上がる分量のコンソメの素を投入して溶かし、塩を適量入れて味付けします。
クリスタル・ボール4クリスタル・ボール5
一旦火を止め、約七十度にまで温度が下がったらゼラチンパウダー(お湯でふやかさなくてもいいタイプ)を加えてまんべんなく混ぜ合わせます。
※その際に重要なのは、ゼラチンパウダーの量!後で型からうまく外せるよう、通常の約二倍の量を入れます。こうしておくと、形くずれの危険性がぐっと減ります。
クリスタル・ボール6クリスタル・ボール7
四十度くらいにまで温度が下がったら、今度はミックスベジタブルときゅうりを投入し、ざっと混ぜます。
クリスタル・ボール9クリスタル・ボール8
多少とろみが出てきたら、アスパラをきっちり敷いて氷で冷やしておいた容器へそ~っと流しこみ(乱暴に入れると、アスパラの位置がバラバラになって汚くなってしまいます…かつての私のようにorz)、その上にちぎったレタスを慎重に敷き詰めて冷蔵庫で一~二時間程度冷やします。
クリスタル・ボール10クリスタル・ボール11
クリスタル・ボール12
完全に固まり切ったら容器へ温かいタオルを巻いてゼリーを外しやすくし、そのままお皿にひっくり返してトマトやパセリを周囲に添えれば“クリスタル・ボール”の完成です!
クリスタル・ボール13
作中で書かれていた通り表面がゼリーでプルルンとしていて、見るからに涼しげな一品です。一人前に切り分けてみると断面がガラス細工みたいでなかなかきれいでしたし、何より大きいゼリーが「ドーンッ!」と目の前にあると、まるで巨大な氷を見て涼を取っているのと似た感覚を味わえるのが愉快だったです。
クリスタル・ボール14クリスタル・ボール16
クリスタル・ボール15クリスタル・ボール17
それでは、一口分を切り取っていざ実食!いただきまーす!
クリスタル・ボール18

さて、味はと言うと…ひんやりツルルンとした冷たい舌触りが、たまらなく美味!暑い時にこれはかなりのご馳走です!
サラダ好きな荒岩主任も大喜び
作中で、荒岩主任は「冷たいコンソメと生野菜の組み合わせが最高だなっ!!」と絶賛していましたが、確かにそんな感じの旨さでした。正直、甘くないゼリーを食べた事は今までに一度もなかったので「うーん、どうなんだろう…」と少し不安でしたが、一口ですぐに癖になりました。甘味がなくても全然違和感はありませんでしたし、何より薄めでさっぱりな塩コンソメ味のゼリーが舌の熱で徐々に溶けていくのは、予想以上に心地よかったです(´Д`*)。
パリパリと涼しげな食感のきゅうり、噛んだ途端に甘さが弾けるコーン、バリバリシャキッとした歯触りのレタス、ほんのり塩味なグリーンピース、サクサクしてていいアクセントになっているにんじん、そして爽やかな風味のアスパラなどといった多くの野菜がプルプルのコンソメゼリーと一緒に口の中を泳ぎ、体をどんどん冷やしていきます。野菜の新鮮な食感で口の中がお祭りみたいに賑やかになるのが楽しく、気分的に明るくなれるサラダでした。トマトやパセリも付け合わせとしてぴったりでしたし、満足です!

中に入れる野菜を変えてみたり(きゅうりは必須です!)、一人分ずつ冷やし固めてみたりなど、様々なバリエーションが思いつきます。見た目でも口でもひんやりした感じになって楽しめるので、是非夏におすすめしたい料理です(^^)。

○おまけ
実は、このお話の最初と最後のページには福岡の夏の風物詩・博多山笠の様子が描かれています。その為、せっかくですので今月始めに撮っておいた画像もついでに載せときます;(今年は竜馬ブームのせいか、幕末キャラで構成されていました)。
クッキングパパ界の山笠2010年度の博多山笠

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.23 Fri 22:18  |  

いつも楽しく拝見させてもらってます。
これ実際にやったら見た目どうなるんだろうとずっと思ってたので、見れて嬉しかったです。

どっちが先かわかりませんが昔OHmyコンブという漫画でも似たような料理がありましたね。ゆで卵びっちり敷き詰めてましたが。

2010.07.23 Fri 22:42  |  名無しさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく見て頂いているとのお言葉、大変ありがたくて嬉しかったです(^^)。
私も小学生時代に初めて読んだ時、「実際に作ったら一体どんな感じになるんだろう」とワクワクしました(いざ作ってみると、味も見た目もツルツルプルプルした感じで予想を裏切らなかった為、大満足でした)!
ですので、名無しさんに少しでも楽しんで頂けたのでしたら何よりです(´∀`*)。
そう言えば、確かにOhmyコンブにも似た料理がありましたね~。
あちらはいつもギリギリな料理ばかりですので、読むと毎回ハラハラしたのを覚えています;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.24 Sat 00:04  |  

これはいきなり出されたらたまげるだろうなー
しかし家庭料理でここまで美しいものは始めてみる
おまけにうまいですと?
よーし今度作ってみるし!!
個人的にプチトマを中に入れて
レタス一杯ひこーっと
横のトマト、パセリの代わりにブロッコリーとヤングコーンだな
それとコンソメにあら引きこしょうを入れたら美味しいかなー?
作るときに試すか


追記
最初「クリスタルボーイ」に見えたのは内緒
コブラなつかすいのぅ

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.07.24 Sat 01:21  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

作った私自身、完成したクリスタル・ボールを見た時にはたまげましたので、初見の方でしたら確かにびっくりすると思います(^^;)。
温度調整は少々面倒ですが、作り方自体は簡単な為おすすめですよ~!
何と言ってもいい具合に体が冷えますし、見た目がド迫力なので見るだけでも結構楽しめますw。
確かに、プチトマト・ブロッコリー・ヤングコーンはこの料理にぴったりな野菜だと感じます!色鮮やかな物ばかりですから、きっと数倍華やかになると思います。
コツは、ミックスベジタブルの量を自分好みに変えたり、コンソメを濃くし過ぎない事ですね。
ミックスベジタブル特有のモサッと感が苦手な方の場合は、ミックスベジタブルを最小限に押さえて他の野菜を増やした方がいいのではないかな~と感じました。また、コンソメは濃いと後々くどくなる上にせっかくの野菜の旨味が半減するように思いましたので、あまりいれ過ぎないのが吉な気がします。よろしければ、参考にして下さいm(_ _)m。

実を言いますと、私もとっさに連想しましたw。クリスタルボーイ。懐かしいですね!
内心、半透明で不気味な彼は未だにちょっと怖いキャラです;。初めてコブラと戦ったのを見た時は、「こんな奴にどうやって勝つんだ~!」と絶望したのを覚えています。
それが、劇場版だと「目には目を、骨には骨を…ってね!」なんですから、コブラには痺れます(´∀`*)。あれは、珍しく原作を超えたオチだったと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.24 Sat 05:15  |  これはすごい

野菜嫌いの野球選手に食わしてやりたいですね
恐怖のキャベツハンバーグよりずっといいですね
私はトニオさんのコース料理を開始しました
前菜の投稿完了

2010.07.24 Sat 11:32  |  ギンさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いや~、これは見るからに「ザ・野菜!」って感じですので、件の野菜嫌い選手は震え上がると思います(^^;)。
味っ子ですと、「嫌いな素材は見た目をごまかす」が基本な感じがしますが、重症な場合はむしろそっちの方が気楽でいいのかもしれません。
ただ、これは美味なので、野菜嫌い選手にも有無を言わせず是非食べて頂きたいですねw。
そう言えば、mayuさんが言うにはキャベツハンバーグはお好み焼きっぽい感じみたいですので、それはそれでおいしいそうです~。
あと、動画のお知らせありがとうございます!後で早速拝見致しますね(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.24 Sat 14:52  |  わわわ!!

うきゃーーっ(みゆき風)!!
すごいっ!!見れて良かった!嬉しいです!!
再現率が高くてすごいです!ほんと本から抜け出たみたい!!
私も今度はもうちょっと忠実に作ってみようかと思います。
新鮮な味わいでなかなか美味ですよね!
野菜もたくさん食べられるし!

  • #w7E8CPEA
  • かなこ
  • URL
  • Edit

2010.07.24 Sat 15:01  |  こ、これは・・。

なぜか、子供ができると「料理勘」が冴える虹子さんの
実際つくったらどうなるのか料理ですねぇ。
きっちりと、「大皿ながら、一品料理」になっているところがよいです。
私は、「整形外科」でこの巻を読みました。
(この整形外科医院なぜか、クッキングパパとナショナルジオグラフィクが揃っていたのでした。)
オーマイコンブ:今じゃ再現出来ない料理(?)もありますねアレ・・。
あの作品にでてくる料理(?)は、「実際に試食して、いけると踏んだもの
を採用していた」とか。(のわりには、「チョコレートご飯(ご飯の上に
チョコレートをのせて、レンジでチン)」なんてのもありましたが・・。)
そうそう、この間やっとこさ「給食の時間」の単行本を手に入れることが
できました。でもなんで、「極上!給食秘レシピ(きゅうしょくマルヒレシピ)」なんて名前に改題してしまったのかが不思議ですが。(ミートソースなど4品のレシピ付き)では。

  • #-
  • 波多野鵡鯨
  • URL

2010.07.24 Sat 18:23  |  かなこさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

かなこさんのように喜んで頂けますと、私も大変嬉しいです(^^*)。
こちらも今回は「うまいぞっ!(荒岩主任風)」な再現で楽しかったですw。
再現度は…今見直してみるとちょっと形が崩れたかな~?というのが
少し気にかかりますが;、大体の所は本通りになったかなと思いました。
夏らしくて冷たくて、結構おいしいですよね(^^)。
なんといっても、かなこさんのおっしゃる通り野菜がたっぷり食べられるのがナイスです。
私も、近いうちに野菜を色々変えて再チャレンジしてみようと思います。

これからも色々な漫画料理を再現してきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.24 Sat 18:35  |  波多野鵡鯨さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

本当、子どもが出来た時から虹子さんは料理のセンスが磨かれてきましたね~。
もしかしたら眠れる獅子が牙を剥いただけで、本当は才能があるのかもしれませんw。
大皿にドンッと盛り付けると、なかなか迫力があって涼しげなのがいいです。
それにしても、すごく本揃えがいい整形外科さんですね!
我が家の近くの病院だと、本といえば飛び飛びしかない一昔前の少女漫画か、
去年頃に発行された女性週刊誌・レタスク○ブくらいしかないので羨ましいです…。
Oh!myコンブは、相当に奇妙で怖い料理ばかりでドキドキしたのを覚えています(^^;)。
「ひょっとして、これはギャグで言っているのか?(byクロマティ高校)」という
メニューばかりで、チョコレートご飯を最初に見た時は思わず「うっ」と唸りました;。
ただ、『クッキングパパ』ではポンポン菓子にチョコをかけて固めたお菓子があったので、
もしかしたらご飯とチョコは相性がいいのかもしれませんね(試す勇気はないですが…)。

確かに、「給食の時間」の方がほのぼのしたそれらしい感じでいいですよね。
私も今日本屋に言ったときに背表紙を見ましたが…ちょっとケバくて少しがっかりでした。
内容は面白いですので、その内購入しようと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.24 Sat 21:24  |  さまざまなメニューの思い出が…

あんこさん、こんばんは。いつも楽しく拝見させてもらってます。
毎日のようにブログを更新されて、再現料理も数多く作られていて、本当にすごいです。
ブログで再現料理を始められて、1年半も経っていないのにこの数…。感心しきりです。

『クッキングパパ』は1000話を超えるだけあって、そのメニューは膨大ですが、どの料理と
エピソードも、思い出深いですね。今回の「クリスタルボール」と虹子さんの懐妊の頃を
思い浮かべただけで、さまざまなメニューが思い起こされ、ちょっとビックリした程です。
「だしスパ」「いそぎんちゃん」「杏仁豆腐」「ペチキン」「サラダそうめん」…。この後、
荒岩さんは韓国に行ったんだよな~とか、メガネさんが退社して養豚業に転職したのも
この辺りだったっけとか…。エピソードもすぐ思い出せますね。

この作品は、作者のうえやま先生が試作を重ねてレシピを作るだけあって、ユニークな
メニューもハズレがないのがありがたいですね。「キムチドリア」「サンマの蒲焼き丼」も
美味しかったですよ。「和風スパ」はうるかは入手しにくく、ちらし寿司の素は躊躇して
しまって、イカの塩辛のものしか作ってませんが、簡単で美味しかったです。再現を
されるのであれば、ちらし寿司スパもぜひ!

話がどんどん飛んで恐縮ですが、ティートさんが絡むエピソードのメニューは魅力的な物が
多いように感じます。「タンシチュー」「スペインオムレツ」「チーズフォンデュ」「ペッタンピザ」…
う~んジュルリ。そういえば、上の方の話の「チョコレートご飯」ですが、『クッキングパパ』でも
ティートさんに娘のマリアちゃんとみゆきちゃんがご飯を使ったお菓子を贈ってましたね。
ご飯をミルクで煮込んで砂糖やココアなどを加えた甘いおかゆという感じでしたが、
そんなにマズそうには見えなかったので、ご飯も使い方ではチョコと合うのかも…。

とりとめの無い話を長々とすみません。これからも楽しみにしまいます。では、また~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.07.24 Sat 22:42  |  やり方によりけりだと思います。

ご飯にチョコレートはやり方によりけりだと思います。
クッキングパパの方は、「ポン菓子(←ここが重要です。)にチョコレートをかける」からおいしいのです。
(実際に「ライスチョコレート」というのがあります。)
が、コンブの方は「バターのせご飯の要領で、茶碗(丼だったかな?)
によそったご飯の上にチョコレートを直載せしてあまつさえそれを
レンジにかけてしまう」という暴挙に等しいやり方ですので、
「うっ・・。」となるのです。(私もそうでした。)
実際にやった方の書き込み(2ch)によると、
「とてつもなく不味い。」そうです。
それにしても、コンブにでてくる料理(?)は
「味皇様が怒りそうだ。」というようなものがおおいですねぇ。
(そういえば、クッキングパパ・味っ子・コンブのアニメ版は、
「高山みなみ」がでてますねぇ。)では。

  • #-
  • 波多野鵡鯨
  • URL

2010.07.25 Sun 00:14  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく読んで頂いているとのお言葉、すごく嬉しいです(^^*)。
本当、クオリティは低いものの数だけは結構な物になりました;。我ながらやや呆れ気味です。
恐らく、再現料理がもはや自分の一部と化してしまったから自然と更新してしまうんだと思います。以後も、無理のないよう続けたいです。

私も、『クッキングパパ』の料理はどれも思い出深い物ばかりです。1000話になってもネタが尽きないうえやまとち先生に、内心感嘆しております。
私にとって印象強い虹子さんに関する料理は、kawajunさんと同じく「だしスパ」「いそぎんちゃん」「サラダそうめん」、そして「牛タンの味噌漬け」です。後者は、虹子さんがまこと君やみゆきちゃんの為に世界で一つだけのオリジナル積み木を長年かけて完成させる話なんですが、料理もさる事ながらお話自体がとても心温まりました。
確かにその頃荒岩主任は韓国に行ったり、メガネさんは転職していましたね~。個人的にメガネさんは好きなキャラですので、何だか懐かしくなっちゃいました。

ユニークだけど失敗がない!これが『クッキングパパ』の最大の売りですよね(^^)。
それにしても、私などよりkawajunさんの方がずっと再現料理の上級者で、思わず尊敬しました!「キムチドリア」も「サンマの蒲焼き丼」もおいしいと知り、ますます再現したい度がググッとアップです。
…うう~む、やはりちらしスパをリクエストしちゃいますかー(´∀`;)。正直、どうなるか分からないだけにビクッとしました(苦笑)。
しかし、こういう人柱的再現を何だかんだいって実践するのがお調子者な私の性ですので、高菜スパ・塩辛スパと一緒に絶対再現いたしますね~!

確かに!ティートさんが出る回は、基本的においしそうな料理ばかりです。
特に、「牛タンシチュー」「ペッタンピザ」には同意しました。他にも酢味噌のスパゲティとかもありましたし、ここらへんも是非再現したいと考えておりますので待って頂けますとありがたいです。
そう言えば、ご飯のデザートもありましたね!あれは『キングスヰーツ』だと「リ・オレ」という名前で登場していましたが、あれもゆったり優しい味でウマーそうでした。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.25 Sun 00:42  |  波多野鵡鯨さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
再度コメントをして下さり、ありがとうございます。

すみません、私の書き方が軽率でおかしかったですorz。
波多野鵡鯨さんのおっしゃる通り、『クッキングパパ』のレシピはあくまでポン菓子というお米にひと手間加えた材料にチョコをかけたからこそうまくいったんだと思います。
「リ・オレ」のようなおかゆにココアをふりかけるならまだしも、いくらなんでもご飯にチョコレートを乗せてレンジでチンだけではまずいのが普通ですよね…。
不躾なコメントをしてしまい、申し訳ございませんでした。
そう言えば、Oh!myコンブには「バナナーグ」「カレータマ」「すーぱーでりしゃすきゅうり」のような、味皇様が見たら卒倒して記憶喪失になりかねない料理ばかりがよく出ていましたね。
それにしても、親父の団五郎がふざけて作った料理はとてもおいしいというのは極めてマニアックな設定ですよね…(もはや私くらいしか覚えている人間はいないかもしれません)。
あと、高山みなみさんは考えてみれば料理漫画がアニメ化すると必ずと言っていい程ご縁がありますね。私自身、ご指摘されて初めて気がつきました。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.04 Thu 05:01  |  何度もお邪魔します。

こんにちは、あんこさん。

コメントの返信嬉しかったです。ありがとうございます!

クリスタルボール、私も前作ってみました。
ゼラチンが家にあったぶんだけで作ったんですが、スープの量をゼラチンに合わすということも浮かばず。。
ゼラチン少ないなぁ、まぁできるかなぁ。。でみごとに失敗!(笑)

お皿に移したら、べろ~~っとくずれてお皿からあふれでそうになりました(笑)
ほんとに、料理経験がなかったんだなぁと思います。

しかも、急にお友達が家にきて、ちょうど、お皿に移したところで、なにこれ?といわれてしまいました(笑)

あの、あんこさん。
私のブログに、あんこさんのブログを読んでいてと、ブログの名前を書いてもいいでしょうか?
私のブログを読んでいる方はほとんどいないと思うのですが、このごろ毎日あんこさんのブログを読んで、料理について思い出すことが増えたので、そのことについて書きたいなぁと思いました。
リンクの仕方等なにもわからないので、名前だけ書くことになると思いますが。。

はじめにあるあんこさんの日常で感じたコメントも楽しく読ませていただいてます。
また、ご家族や、相方さんは、あんこさんの料理が食べられて幸せ者だなぁと思います。

これからも、楽しみです。
いつもお疲れさまです(^▽^)

  • #-
  • 花売り
  • URL

2010.11.04 Thu 18:39  |  花売りさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、私こそ再度コメントして頂けて嬉しかったです(^^)。
クリスタルボールは、正直ゼラチンの配合が厄介で難しいですね~;。
多すぎるとガチガチですし、かといって少ないと固まりませんし…私も試作の時に一度失敗しましたorz。
それにしても、お友達に失敗作を見られてしまうのって、地味に落ち込みますよね。
私自身、今以上に料理の腕が絶望的だった高校時代に作った「ビターチョコレートドーナツに見える卵ドーナツ」は、未だに家族・友人の間で笑い話として語られていたりします…;(そんな人間が料理ブログをしちゃいけない気がしますが;)。

ブログ記事への掲載ですが、もちろん大歓迎です!
むしろ、こんなブログがネタになるかどうか心配な気持ちになっております(^^;)。
当ブログが花売りさんの素敵な料理作りやブログ生活のお役に立てる事が少しながらでも出来るのでしたら、とても光栄です。
また、当ブログの落書きに過ぎない前置きにお褒めの言葉を下さり、ありがとうございます!
実はあそこ、地味に悩むのでそう言って頂けますとありがたいです。

確かに、最近は「おいしい!」「うまい!」と言われる回数が増えた為、内心ホクホク顔です(^^)。
しかしそれでもまだ未熟ですので、慢心せず精進する所存です。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/597-6fd76bf9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ