『風流つまみ道場』の“ハマグリのペタンコ焼き”を再現!

その昔、熊本に行った際には必ず食べていた「熊本蜂楽饅頭」の蜂楽饅頭が未だに忘れられません。小さい頃は美味さの秘訣も知らずにただただ「おいしい!」と貪っていましたが、後に調べてみた所、保存料を加えず小豆と砂糖だけで煮た餡子・国産純粋蜂蜜を贅沢に使用して作る生地で出来ている事が判明しました。実は、ここは饅頭だけでなく夏季限定のかき氷がまた絶品なので、機会があったら是非また立ち寄りたいです(ここのかき氷は、比喩ではなく本当に淡雪の如く舌の上でシュワッと溶けます…)。
どうも、十年以上前に食べたっきりの味でも瞬時に口の中へ蘇ってくる食いしん坊・あんこです。

本日再現する漫画料理は、『風流つまみ道場』にて主人公・錦ちゃんがお隣さんであるマユミさんと大五郎さんの為に作った“ハマグリのペタンコ焼き”です!
ハマグリのペタンコ焼き図
錦ちゃんのお隣に住んでいる色っぽい未亡人・マユミさんと、かなりの強面なものの実は臆病者な大五郎さんは普段はとても仲良しなのですが、ある夜、マユミさんが買ってきた中国産ハマグリに大五郎さんが「ちょっと小ぶりだな」とつい不満を漏らした事から二人は危うく大ゲンカになりかけます。
一見くだらないケンカに見えるかもしれませんが、考えてみればこういう些細な事がきっかけで大ゲンカへと発展する事って実は結構あるような気がします(^^;)。相手との仲が親しければ親しい程、怒りの沸点って下がりがちなのかもしれませんね。ちなみに、私が覚えている限りで我が家史上最もくだらなかったケンカ理由は「醤油をちゃんと元の場所に戻したか、戻していないか」ですorz。
ハマグリで大ケンカするお二人
そんな時、たまたまその現場に居合わせた錦ちゃんが何とか二人を仲直りをさせようとしてちゃちゃっと作ったのがこの“ハマグリのペタンコ焼き”です。
作り方はそこそこお手軽で、酒蒸しにしたハマグリ・しいたけ・長ネギを刻んで小麦粉や酒蒸し汁などで作った生地に入れてよく混ぜ、フライパンで両面を焼いてマヨネーズ、ポン酢、ウスターソースといったお好みの調味料を添えたら出来上がりです。
錦ちゃん曰く、国産のハマグリとは違ってやや小ぶりな物が多い中国産ハマグリでも旨さ倍増にしておいしく作れるというアイディア料理らしく、このレシピならば安くお手軽にハマグリを楽しめるのだとか。こういう、「安価で身近な材料を工夫次第で目新しい料理に作り上げる」という錦ちゃんの精神は私も見習っていきたいな~と読むたび感心させられます。
ハマグリだからこそ出る味わい深さ
アサリともシジミとも違うハマグリ特有のおいしさを久々に味わってみたくなりましたので、早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、ハマグリの下準備。約一時間塩水に漬けて砂出しを済ませたハマグリを流水の中こすりあわせて洗い、あらかた汚れが取れたらお酒と一緒にお鍋へ入れてフタをし、数十分蒸します。
※この時にハマグリの身から出た蒸し汁は後々重要な味の要となりますので、蒸発しきってしまわないよう気をつけます。
ハマグリのペタンコ焼き1ハマグリのペタンコ焼き2
ハマグリのペタンコ焼き3
ハマグリのフタが全部開いたら火を止め、殻から身を取り出して蒸し汁も別皿に取っておきます。
その際、ハマグリの殻も出来れば綺麗に洗って乾かしておきます(←これは原作にない勝手な手順ですが、実際に殻を見てみると予想以上に頑丈で美しい色合いだったので、急遽調味料を入れる容器として再利用する事にしました^^)。
ハマグリのペタンコ焼き4
ハマグリの身は小さければそのまま、ちょっと大きめだったら適度な大きさに切っておきます。
ハマグリのペタンコ焼き5ハマグリのペタンコ焼き6
ハマグリの蒸し汁は一旦冷ました後に溶き卵が入っているボウルへ加え、泡だて器でざっとかき混ぜます。この段階で既にいい香りが漂うので、仕上がりを想像するだけでウキウキしてきます(^^*)。
ハマグリのペタンコ焼き7ハマグリのペタンコ焼き8
ハマグリのペタンコ焼き9
そこへ小麦粉をふるいにかけながら投入してダマにならぬようガーッと混ぜ、さらに先程のハマグリ、長ネギとしいたけのみじん切りも加えてよく混ぜ合わせます。これで生地は出来上がりです。
ハマグリのペタンコ焼き10ハマグリのペタンコ焼き11
ハマグリのペタンコ焼き12ハマグリのペタンコ焼き13
ハマグリのペタンコ焼き14ハマグリのペタンコ焼き15
この生地を、油をひいて熱したフライパンへ流し入れて両面をじっくり焼きます(今回、油は原作通り普通の物を使いましたが、これをごま油にアレンジして作ってみてもおいしそうです)。
ハマグリのペタンコ焼き16ハマグリのペタンコ焼き17
中にまで火が通ったら火からおろして食べやすい大きさに切り分け、ハマグリの殻に注いだウスターソース・マヨネーズ・ポン酢を添えたお皿へ乗せれば“ハマグリのペタンコ焼き”の完成です!
ハマグリのペタンコ焼き18
名前通り少しだけペタンとした焼き上がりですが、断面から色々な具材が詰まっているのが見える為、そこまで寂しい感じはしませんでした;。表面はしっかりしていますが中はふんわりした印象で、見るからにおいしそうです。
ハマグリのペタンコ焼き19ハマグリのペタンコ焼き20
それでは、温かい内にそれぞれ好きな調味料に浸していざ実食!いっただっきまーす!
ハマグリのペタンコ焼き22ハマグリのペタンコ焼き23
ハマグリのペタンコ焼き24

さて、味の感想ですが…一風変わった味でウマママーーーー(゜Д゜)!しみじみした旨さがたまらない一品です!
三種のタレとハマグリの旨味が存分に活きている一品
チヂミとお好み焼きを足して二で割った感じのフワフワモチモチした生地に、ハマグリの出汁に含まれている甘味・塩味・苦味が混然一体となって染み込んでおり、噛めば噛む程様々な味わいが口の中を満たしています。長ネギのシャキシャキした心地よい食感や、しいたけのジュワッと風味あるコクが全体にさらなる深みを与えているのがまた美味で、磯の香りがする生地によくなじんでいました。一口で「お!」となるインパクトはありませんが、その分ずーっと後を引く味です。味付けは全くしていないはずなのに、ハマグリから出た強烈な旨味エキスと自然な塩分だけで病み付きになるような味わいに仕上がっていた為、思わず感動しました。ハマグリのジューシーさ、プリプリと柔らかくて弾力のある歯触りを余す所なく堪能出来ます。
ウスターソースで食べるとスパイシーかつ甘酸っぱいおいしさ、マヨネーズをつけるとまったりとして濃厚なコクでガツンとくる旨さ、ポン酢を染み込ませると和風っぽいさっぱりした後口でハマグリの繊細な味がよく分かるといった感じで、個人的にはマヨネーズ→ウスターソース→ポン酢の順でお気に入りでした。そこそこビールが進むので、いいおつまみになります。
ハマグリのペタンコ焼き21

アサリでも十分おいしく出来そうな料理ですが、やはりこれはハマグリで作った方がより深い醍醐味が味わえそうです。ジューシーなハマグリを心行くまで楽しめますので、貝類好きな方におすすめです(・∀・)。

●出典)『風流つまみ道場』 ラズウェル細木/芳文社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.08.24 Tue 22:42  |  

これは旨そうですねー
でもハマグリは売ってないや

ところでラ王ですが、すぐに新しくなって復活するようですね

ガッカリですか-・??

漫画料理とは関係ないのを投稿してみました。。
その名もうそば

2010.08.24 Tue 22:52  |  ギンさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

おいしそうと言って頂けて、嬉しかったです(^^)。
うちの近所にあるスーパーは何故かハマグリがどんな季節でも置いてあるので、非常に助かっています。
ラ王復活の件ですが…実際に聞いてみると、がっかりというよりは「やっちゃったか~」って気持ちになっています(^^;)。
あと、動画のお知らせをして下さりありがとうございます!
うそば…どんな料理か非常に気になりました。
早速拝見させて頂きますね(´∀`*)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.25 Wed 19:21  |  あはは

ヤフーのトップに

ラ王」わずか1カ月で復活のお味 ファン怒りも

やっちまったな・・・

うそば、通販でも買えますが値段が高いですね

3食840円とか・・・・

自分で作ると安上がりです

2010.08.25 Wed 20:19  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.08.25 Wed 22:14  |  ギンさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

やっちゃいましたね~;。せめて、あと三ヶ月は沈黙した方が良かったように思います。
う~ん、ヤフーのトップに出てしまうくらい反感がすごかったようですね;。
企業様の方としては、ロスを出さずに一日でも利益を出したかったのかもしれませんが…
それだったらラ王生産終了発表後に、「新しいラ王出しますよ~」と言って欲しかったです(^^;)。
まあ、日清様にも難しい事情があったと思いますので、これ以上は生意気な意見は控えさせて頂きます。
うそばは通販で買えるのが魅力的ですが、確かにギンさんがおっしゃる通り
手作りの方がお手軽かつたくさん出来そうですね。一回試してみたいです(・ω・)/。

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.25 Wed 22:25  |  もずさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

お久しぶりにコメントを頂けて嬉しいです!お忙しい中感謝いたします(^^)。
それだけに、相変わらずおいしそうと言って頂けて大変ありがたかったです。
私こそ、まだ未熟な身にも関わらずこうしてもずさんや他の方々から
コメントや拍手を頂ける為、雑事が多い毎日でも幸せな気分を感じつつ過ごせています。
私もモチモチフワフワした食感のお好み焼きは大好きですので、同感です(・∀・)。

もずさんがお勧めして下さった興味深い漫画『にがくてあまい』の再現料理ですが、
実はマンガ食堂という素晴らしいブログを運営なさっているumebonさんが既に再現なさっています。
umebonさんは『にがくてあまい』を初め、多くの美味しそうな再現をされておりますのでお勧めです!
URLはこちら↓ですので、よろしければ是非ご覧になって下さい(^^)。
http://umanga.blog8.fc2.com/

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.08.25 Wed 22:57  |  たのもー!!

ズバリお願い致します。 あんこさんトコの『柚子胡椒』のレシピをば!m(__)m。

  • #9BPdTliE
  • FMN
  • URL
  • Edit

2010.08.25 Wed 23:35  |  FMNさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

う~ん、自家製柚子胡椒の作り方ですか…。
実を言いますと、恥ずかしながら我が家は柚子胡椒を手作りした事がない為、詳しいレシピはなかったりします。
柚子胡椒自体は普段からよく使う調味料なんですが、いつもは近所の農協や八百屋さんで完全手作りの物を買うのがデフォです。
お役に立てず、誠に申し訳ございません。

ネットを回ってみた所、下記のレシピが以前農家の奥様方から聞いた作り方に一番近かったので、よろしければ参考にして頂けますと幸いです。
http://oisiso.com/html/memo/yuzukosyo.html

お役に立てず、すみませんでしたm(_ _)m。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/598-160fda2f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ