『クッキングパパ』の“ちらスパ”を再現!

驚くべきことに、最近「とけにくいソフトクリーム」という商品が開発されたそうです。何でも、おからで作った特製ペースト・米粉・牛乳を独自の製法で混ぜることによって、四十分たっても一向にたれないソフトクリームが出来上がったのだとか(この会社は、他にも「ホットソフトクリーム」「溶けにくいかき氷」も開発してるとの事)。確かに便利ですが、少々我がままを言うなら「あ、たれる!たれそう!たれた!」と常に緊張しながら食べるソフトクリームも結構おいしい物なので、そちらも消えないで欲しいな~と思います。
どうも、ソフトクリーム売り場で子どものソフトクリームのたれ具合をじっと監視し、少しでもたれようものならすかさず注意するお母様方を見るたび本格的な夏の到来を実感するあんこです。

今回再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて新婚ほやほやのティートさんが結婚お祝いパーティーで作った和風スパゲティ第三弾・“ちらスパ”です!
ちらスパ図
初めて読んだときから気になってはいたものの、正直「なるべく避けて通りたいな~…」とびくびくしながら見ていた一品(^^;)。正式名称は“ちらし寿司の素スパゲティ”で、作り方を簡単に説明するとにんにく・唐辛子・刻んだしょうが・紅しょうがで風味付けしたオリーブ油でちらし寿司の素を炒め、そこへ茹でたてのスパゲティを入れて混ぜ合わせれば出来上がりと言う、料理初心者にはかなり恐ろしい代物です。
作中では主に梅田君が受け持って食べており、最初に食べた時は気の毒にも「ん~っ!なっ、何だこのスパゲティは~!?」と相当にびっくりしていました。ティートさんが言うには「ワタシ、ちらし寿司大好きダカラー」という理由で作ったとの事でしたが、「ちらし寿司=伝統的な米料理」と信じきっている当管理人からすると、「お茶漬けスパゲティ」くらい大胆かつ仰天な発想力だと感じました(´Д`;)。しかし、何かと言うと他国の食べ物を自国流にアレンジしている日本こそ海外から「不思議な国~!」と思われているのかもしれません。
ちらし寿司の素を使うから、ちらスパ!
「危険!怖い!」という恐怖心よりも、実際にどんな味がするのかという好奇心の方が勝ってしまったので、早速再現してみようと思います。

という事で、レッツ再現調理!
まずは、材料の準備。にんにくは芯を取って薄切り、赤唐辛子は種を取って小口切りにし、しょうがは皮をむいてから千切り状に切ります。この時、紅しょうがをザルにあけて余分な漬け汁をきっておいた方がいいです。
ちらスパ1ちらスパ2
ちらスパ3
次は、炒め作業。オリーブ油をひいたフライパンに先程のにんにくと赤唐辛子を加え、弱火で焦がしてしまわないようじっくり火を通し、いい匂いがしてきたら千切りしょうが、紅しょうがを投入してさっと炒めます。
※にんにくがほのかなキツネ色になり、赤唐辛子のエキスがオリーブ油へ存分ににじみ出てきた時がしょうがを入れるのにいいタイミングです。
ちらスパ4ちらスパ5
ちらスパ6
しょうがが大分炒まってきたら、そこへちらし寿司の素(作中には「すし次郎」というあからさまなネーミングの商品が使われていましたので、私も見習って「すし太郎」を使用しました)を投入し、さらに炒めます。なお、付属されている「のりごま」は後々トッピングにするので、この段階ではまだ入れません。
ちらスパ7ちらスパ8
ちらスパ9
オリーブ油と汁が乳化して少しだけ煮詰まってきたら、袋に書いてある時間よりも少し短めに茹でておいたスパゲティを加え、よ~く混ぜ合わせます。その際、塩で味を微調整します。
ちらスパ10ちらスパ11
ちらスパ12
スパゲティにソースが絡みきったら火を止めてお皿へ盛り付け、仕上げに「のりごま」を上からパラパラと振れば“ちらスパ”の完成です!
ちらスパ13
匂いは、まさにちらし寿司そのもの!ただし、見た目はごく普通の和風スパゲティみたいですので、長く見つめているとちょっと困惑します;。何せ、ちらし寿司の素をスパゲティに混ぜる事は今までに一回もなかったので、「果たして酸っぱ過ぎはしないか」「というより、やっぱり地雷なんじゃないか」などとすごく心配ですorz。
ちらスパ14
それでは、覚悟を決めて出来立ての内にいざ実食!いただきま~す。
ちらスパ15

さて、味の感想ですが…好みは激しく分かれそうですが、少なくとも私にとってはアリでした!何だか懐かしい料理です!
非常に個性的な味なので表現するのが難しいのですが、あえて例えるなら「にんにく風味のつゆなし冷やし中華・スパゲティバージョン」って感じの味わいでした。にんにく独特の濃い旨味や、赤唐辛子の辛味を溶け込ませたオリーブ油がちらし寿司の素とスパゲティを見事に繋ぎ合わせており、出来る限り違和感を無くさせるのに成功しています。懸念していた酸味もそんなに強くなく、むしろ甘酸っぱい程度で済んでいた為ほっとしました。あらかじめちらし寿司の素に含まれていたカツオ出汁も薄いようで全体にしっかりきいていますし、これはなかなかのアイディアソースだと思います!
また、れんこんのパリパリした食感、調味液が染みたしいたけやにんじんの甘味、かんぴょうのクニクニした弾力、ごまの香ばしさなどがいいアクセントとなっており、具として十分楽しめる仕上がりになっています。海苔のほんのりした磯の風味としょうがのさっぱりした後味もこの甘めなスパゲティにぴったりですし、まるでお祭りの屋台で買い食いでもしているような気分に浸りました(←正式なメニューというよりは、屋台で食べるおやつ兼夜食メニューってイメージでしたので^^;)。あと、これは個人的な意見ですが、錦糸卵をたっぷり乗せるともっと癖がなくなって一般向けになるのでは?と感じました。

正直、「ものすごーくおいしい!」という訳ではありませんでしたが、思わず童心に返るような面白いおいしさでした;。作中で言われている通り、これは子ども向きのスパゲティだと思います。
長々と続きましたが、これで28巻のティートさん流和風スパゲティの紹介は以上です(^^)。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.30 Fri 17:34  |  スパ3種おつかれです

あんこさん、こんにちは。和風スパ3種再現、おつかれさまです!

いや、「ちらスパ」、すごいですね! なるほど、ちらし寿司の
素だから、寿司の具がそのままスパゲティの具になるんですね!
漫画で読んだ時は「すし飯の素」を入れると勘違いしてました。
「粉を炒めてスパゲティと混ぜるのか~。」と勝手に想像してた
のですが、今回の再現記事を読んで、勘違いだと気付きました。
これなら確かに食べられそう…。

もう1つの前の「高菜スパ」も、記事を読んで思わず作っちゃい
ました! 唐辛子で更にピリ辛になった高菜がスパゲティに合い
ますね~。今まで「塩辛スパ」しか作ったことがありませんでし
たが、高菜もいいカンジだったので、「ちらスパ」も作ってみよ
うかな…。

ティートさんの「オ互イノ国ノ食べ物を理解シアウ~」のセリフ
には、作者のうえやまとち先生の考えも垣間見えますね。違う国の文化を自国と「違うもの」と認めて、それを楽しむ事が出来た
ら、人生楽しいですよね。食べ物は文化を楽しむのにまさにうっ
てつけ。そんなうえやま先生の言葉が聞こえるように感じます。

これからも再現料理、がんばってください。では、また~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.07.30 Fri 18:57  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

和風スパゲティ三種の記事を全て読んで下さり、誠に感謝です。
私も最初にちらスパを『クッキングパパ』で見た時にはかなり驚きました;。
私もてっきり「寿司ネタを酢入りソースで和えて合わせるのかな?」と生温い予想をしていましたが、想像の斜め上をいっていました(ちらし寿司の素を使うのだと知った時、一瞬すし太郎のCMでお馴染みの「♪ちぃらぁ~しぃ~、寿司がぁ~あ♪」というサブちゃんの歌声が頭をよぎりました;)。
ただ、すし粉もやり方次第では何とか合うかもしれませんね。
個人的に、甘めの冷やし中華みたいな味が平気な方なら大丈夫そうな味わいだと感じました。錦糸卵のトッピングがおすすめですよ~!

高菜スパゲティを再現して下さり、ありがとうございます。あれも美味ですね(^^)。
油と高菜と唐辛子は非常に相性がいいので旨味がグンと上がっていますし、これがまたスパゲティにぴったりなのでお気に入りです。
ちらスパは…正直塩辛スパゲティ程万人受けするような料理ではなく、好みがはっきり分かれそうなので「是非!」とまではおすすめ出来ませんが、一食の価値はあると思います(´∀`)。

ティートさんは一見軽~く見えて、実は時々深い事を言ったりなかなかなレシピを生み出すキャラですので、意外と侮れませんねw。
kawajunさんがおっしゃる通り、確かにうえやまとち先生はそういう考え方をなさっている所があると思います。
私自身自国の文化はもちろん、他国の違う文化も認めて受け入れて、最終的には同化しちゃって楽しむ事が出来るのなら、こんなに楽しくて素晴らしい事はないと感じています。
中には変えてはいけない箇所もあるのかもしれませんが、それでも基本的には自由に食を楽しむ姿勢でありたいですよね。そういう積極的な挑む姿勢で料理に向き合った先人達によって、今に至るまで愛されている定番料理も数多く生まれていますので…。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.30 Fri 23:27  |  

スパゲッティ・シリーズお疲れさまでした。しかし、本当の事を言うと、前回、前々回のスパゲッティよりも食欲をそそられませんでした。前二回のは自分でも挑戦してみようかと思ったのですけれど。
今回のスパゲッティが、あんこさんにとって成功なのか失敗なのか解りませんけれど、これからも失敗を恐れずに挑戦して下さい。期待しています。
失敗すらも後続の人のヒントになるのですから。

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.07.31 Sat 08:23  |  相変わらず美味しそうな♪

次から次へと、ホントすごいですよね!
また作ってみよう!

それからですね。。
皆さんにご訪問して頂いたおかげで、
絵本ランキングにて1位と、
雑誌、本ランキングにて3位が取れたようなんです。。
本当に本当に、ありがとうございます。
今月始めたばかりの初心者なので、
自分の力ではないと思っております。。
まだまだ絵本紹介も、やっとこさ出来たところですし、
相変わらずのへなちょこぶり。。
ボチボチと頑張っていきたいと思いますので、
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

2010.07.31 Sat 12:51  |  oguoguさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

相変わらず食欲があまりそそらないような微妙な料理を作ってしまい、すみません;。
普段からその傾向は顕著なので恐縮なのですが(レシピのせいではなく、私の力量不足が原因です)、
今回は特にそんな感じになってしまったと思いますorz。

私にとっては、「ネタになった」「好奇心を満足できた」という点で少なくとも
成功の部類に入ると思うのですが、見る方としては退屈そのものだったのではと内心反省しています。
しかし、こういうスレスレの再現こそが私のやりたい事・目的でもありますので、
それと見て頂いている方々が楽しんで頂ける内容を両立できるよう頑張りたいと思います。
以後も、失敗を恐れず精進いたします(^^)!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.31 Sat 12:58  |  tomoさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。
お褒めのお言葉を頂けて、私こそありがたいです(^^)。

絵本ランキングにて1位、 雑誌&本ランキングにて3位おめでとうございます!
私もその報を聞いて、大変嬉しい気持ちになっています。
ただ、それは私の訪問ではなく、完全にtomoさん自身の力量による物だと思いますよ~。
絵本の紹介は私もしたいと思ってできていないジャンルですので、
本当にすごいと感じています。以後も、影ながら応援いたしますね!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.07.31 Sat 23:25  |  

あんこさんの更新のスピードは速いので古い記事への再コメントになってしまいます。本当のところを言うと、あまり成功していない再現レシピを公開している、あんこさんを尊敬しているんです。それが伝わっていない気がして再コメントをします。失敗があったって、良いじゃないですか。それが次の漫画レシピへの挑戦者への助けになると思いますから。
これからも失敗を恐れないブログの更新を楽しみにしています。
ただ、美味しそうではない料理には、これからも突っ込みを入れると思いますけれど。私の批判は誹謗中傷にはなっていませんよね?

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.08.01 Sun 00:28  |  oguoguさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

引かれるかもしれませんが、oguoguさんのコメントを拝見して大変感動しました。
なので、再度コメントをして頂けてとても嬉しかったです。

正直、汚い画像が載っている記事や失敗再現の記事は、羞恥のあまり三日に一回は消したい衝動に駆られているのが現状です。
じゃあ何故消さなかったかと聞かれると、個人的に「自分にとって都合のいい面しか見せない」「さも失敗した事がなかった風に詳細をごまかす」というのは卑怯以外の何物でもないと考えているのと、勝手に消したりしたらこんなブログでも見て楽しんで下さっている方に失礼なのではと思ったという二つの理由で、内心落ち込みつつもじっと堪えて消さずに載せ続けていたというのが真相です。
恐れ多くも、尊敬して頂けるような大層な考えで載せ続けていた訳では決してありませんでした(どっちかというと何様?な考えですね)。
その為、まさかoguoguさんからそうおっしゃって頂けるとは夢にも思っていなかったので、すごく有り難かったですし勇気づけられました。
これからも失敗を恐れず私なりの再現料理記事を書き、どんな内容でも次々と更新していこうと思います。
至らぬ点や失敗にめげない雑草精神こそが、当ブログ&管理人の唯一のとりえだと今回考えさせられましたので…本当にありがとうございます(^^;)。

おいしそうではない料理への突っ込みは、むしろドンドンお願い致します。
私としては、欠点やいけない箇所に気付かずへらへらと更新し続ける方がずっと恐怖です。
裸のピエロ(王様は喩えとしても傲慢極まりないので、ピエロに置き換えました)として当管理人が見苦しい様を晒さないよう、少しでも気になったらいつでもご指摘して頂くと非常に助かります。

長々とすみませんでした。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/600-e4ed99c4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ