『美味しんぼ』の“油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯”を再現!

「ちりめんじゃこ・明太子・青じその混ぜご飯」、「梅肉・タコ・白ゴマ・青じその混ぜご飯」、「長ネギ・カツオ節・焦がし麦味噌を混ぜて乗せたご飯」と、近頃ご飯物に夢中になっています(その為、最近の再現はやたらご飯物が多くなっています;)。麺類や粉物も比べられない程大好きなんですが、最終的に帰ってくるのはやはり白米なんだな~としみじみ実感しています。
こんにちは、現在「艶麗大豆使用で二年熟成した天然醸造赤味噌」をある『美味しんぼ』料理再現の為にお取り寄せしているあんこです。

今日再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて新入社員・竹間吉郎さんが「日本人に生まれてよかったというのを作ります」と言って山岡さんと栗田さんに出した“油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯”です!
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯図
山岡さんと栗田さんが結婚して身辺が大分落ち着いてきた頃、東西新聞社政治部になかなか破天荒な新入社員・竹間吉郎さんが配属されます。どれだけ無茶をするかと言うと、例えばピアス・ネックレス・長髪・派手な柄物スーツを着て出社し続けたり、日本の政界の大物に「お茶目なおじいさん」と言ったり、回想録の本の執筆を依頼する重要な時に目の前で堂々と私用の電話をしたりなど、正直よくクビにならないな~と首を傾げてしまう程のご乱行っぷりです(^^;)。内心、「東西新聞社の人事部は大丈夫だろうか…」とつい余計な心配をしてしまいました(実は、今回だけでなく結構な頻度で問題新入社員が登場しているんです;)。
ただ、それでも社内で問題行動をとっているだけならまだマシだったのですが、困った事に政党本部で竹間さんの行状を見た政界の大物・日柄目先生は「あんな社員がいる新聞社は信用できないから、回想録は書きたくない」ともっともな事を言い出してそっぽを向いてしまった為、政治記者として駆けずり回ってきた人生の一つの区切りとして回想録出版に情熱を燃やしていた政治部のベテラン・松山政男さんは途方に暮れてしまいます。
これが問題の新入社員・竹間君;
竹間さんの教育係でもある松川さんは二重の意味で困り果て、山岡さんに「お前もわが社の困り者だ、困り者同士であいつを何とかできないか?な、頼むよ」と微妙に引っかかるお願いをします。山岡さん夫妻は最初は嫌がりますが、単行本三巻の時点から苦楽をともにしてきた松川さんのピンチを見過ごすことが出来ず、その結果竹間君と一緒に昼ご飯を食べに行きます(「腹を割って話すにはおいしい食事をしながらが一番!」という『美味しんぼ』ならではの価値観が垣間見えますね^^)。
ところが、いざ竹間君がお勧めしてくれた料理店へ行ってみると何とそこは竹間君の実家で、「本当は僕もこの仕事をしたかったけど、兄貴が継いじゃったんで…仕方なく会社勤めする事にしたんです」と竹間君は山岡さん達に打ち明けてくれます。ちなみに、それを聞いた山岡さんと栗田さんは一気に態度が軟化するので、本当に料理好きなんだな~と苦笑しました(´∀`;)。
そして、カミングアウトをした直後に竹間君が山岡さん夫妻に作ったのがこの“油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯”です。作り方はとっても簡単なんですが食材の組み合わせが見事なので、山岡さんから「これはいい!」「簡単だけれど、どの材料をどう調理して他のどんな材料と取り合わせると美味しいのかを見つける、これが料理の基本だよ」と絶賛されていました。
実は、この後も山岡さんが興に乗って“たたみしらすと海苔の佃煮のご飯”を作ったり、竹間君の人柄が決していい加減ではない事を示すエピソードが出たり、なかなかいいオチで話が落ち着いたりと読み応え満載な続きがあるんですが、それを書いてしまうと“たたみしらすと海苔の佃煮のご飯”の記事を書く際のネタがなくなってしまいますので;、次回にまとめて書きたいと思います(^^*)。
実は料理上手な小料理屋の次男でした
前々から作っていて相当に気に入っている料理ですので、自信を持って再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、材料の用意。大根の茎側に近くて甘い部分(真ん中や根の方は少々辛めですので、加熱してから食べる方が向いています)をすりおろし器でガシガシおろし、自分好みになるまで汁気をきっておきます。私の場合、大根の汁も好きなのでそのまま使う事にしました。
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯1油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯2
釜揚げしらすは、木製のザルといった蒸気が隅々まで行き渡る容器へ入れ、蒸し器でさっと蒸し上げます。この時、うっかり蒸しすぎてしまうとへにゃへにゃになって水っぽくなる為、気をつけた方がいいです(←過去に一回やらかしてしまいましたorz)。
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯3油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯4
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯5
その間、油揚げを網かグリル(オーブントースターでもOKです)で少し焦げ目がつくくらいにまで焼き、焼きたての内に約五ミリ幅に包丁で切ります。パリッとした音と手触りが案外心地いいので、個人的に好きな作業です(・∀・)。
※普段はスーパーで安売りしている一般的な油揚げを使っていますが、今回は記事にする為思い切って国産大豆100%とにがりで作られたちょっと高めの油揚げを使用しました。
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯6油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯7
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯8
次に、先程の釜揚げしらすと油揚げをざっくばらんに混ぜ、それをご飯の上にたっぷり乗せます。
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯9油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯10
気が済むまで乗せたらそこへ大根おろしをどっさり乗せ、仕上げに醤油をお好みでたらせば“油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯”の完成です!
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯11
キツネ色に焼き上がった油揚げ、透明感がある白色の大根おろしと釜揚げしらす、醤油のおいしそうな茶色の色合いが見事で、見るからに「THE和食」って感じです。私の大好物が勢ぞろいなので、否応なしにテンションが上がります。
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯12
それでは、全ての具をお箸で持ち上げていざ実食!いただきまーす!
油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯13

さて、味はと言うと…かなり美味(´Д`*)!誇張ではなく、本当に「日本人に生まれてよかった~!」とガッツポーズをとりたくなる味です。
山岡さんと栗田さんのお墨付きなご飯
こんがり炙られてサクサクパリッと心が浮き立つような食感になっている油揚げ、蒸しあげる事によって通常の二倍以上にしっとり潤ってフワッとした口当たりになった釜揚げしらす、そしてほんのり甘苦くてさっぱりした汁気がたまらない大根おろしが醤油で味付けされた炊きたてご飯と混然一体となると、思わず恍惚とします…。決して派手さはなく、むしろ侘び寂びに通じる物があるピンと張り詰めた感じの味わいなんですが、一口二口と食べ進めるごとにゆったりと静かに癒されていくおいしさなのが印象的でした。個々で見ると単純極りない材料なんですが、作中で山岡さんと栗田さんが「油揚げのこくのある甘さ、釜揚げしらすの軽やかな甘さ、それを爽やかな大根おろしの風味が引き締める!」「温かなご飯が全てを受け止めて、味も風味もご飯の力で膨らませるのよ!」と言っているのが頷ける奥深い味わいです。
大豆の味が濃い油揚げを使用したせいか、噛むたびに植物由来のあっさりしたコクと脂分がジワジワにじみ出るのがよかったです(勝手な感想ですが、ちょっとだけお肉っぽかったです;)。また、大根おろしが染みてシナッとした部分と、サクサクしたままの部分の二種類の歯触りがいいアクセントになっている為単調さを防げていたのに感心しました。釜揚げしらすの淡いようで存在感をしっかり主張する旨味がジュワッと広がっていくのを、大根おろしが優しく包みこんでいるのでかなりバランスがいいです。しらすおろしの朝食をぐっと豪華に進化させたぶっかけご飯みたいな物で、ザッパザッパと一気にかっこむと懐かしい気持ちにさせられました。

上質な材料を使えば使う程、美味さのランクが天井知らずで跳ね上がっていく料理です。軽い後味なので、暑い時や食欲がない時でもバクバク食べられるので体調不良な方にも是非おすすめしたいです。次は、たたみいわしが手に入り次第山岡さんの「日本人に生まれてよかったご飯」を再現してみようと思います(^^)。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.09.09 Thu 09:41  |  

同じ人物だとおもうから、どちらにもしらす。

  • #-
  • レモン
  • URL

2010.09.09 Thu 12:06  |  レモンさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

もしかして、先日コメントをして頂いた「remonnさん」と同一の方でしょうか?
言葉の感じが少し似ている気が致しましたので…違っていたらすみません(^^;)。
実は、私のブログは身内はもちろん、大抵の知人に知れ渡っているような状態ですので、
レモンさんの心当たりの方と私とでは違うような気がします…。
お恥ずかしい事に、最近では一部の職場の方にも知れてしまったのでorz;。
その為、確信がない限りその方にご迷惑かもしれませんので(同一人物だったら幸いですが)、
よろしければご本人に今一度ご確認なさってからをお勧めいたします。

余計な事をグダグダといってしまい、申し訳ございませんでした。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.09 Thu 13:05  |  

大根おろしのご飯の再現ありがとうございます。
私も久しぶりに食べたくなってしまいました。

もう一つのご飯は単行本の表紙でしか見たことがないのでw
どんな味なのか楽しみに待ってます

お恥ずかしいのですが、あんなふうに海苔の佃煮を作るのを知らなかったので
「山岡さんは海苔の佃煮をつくるのも、一からなんだ~。しかもあんな簡単に作れるんだ」
などとひっそりと関心したものですw


以前コメントで、このご飯のことを書き込んでから、
あんこさんをいろいろと悩ませてしまったようで
大変申し訳ありませんでした。

ただ私個人としては自分がおいしいとおもったものをあんこさんもおいしいと思っていただけるのはとてもうれしいです。

今再現のためにおとりよせ中とのことなのですが・・・・・
ある料理が思いつきますが、記事になるまで楽しみに待ってますw


  • #LO6ZGGAI
  • 玲音
  • URL
  • Edit

2010.09.09 Thu 14:17  |  

こんにちはあんこさん、今回のメニューは私もやってみたことがあるんですが、シンプルながら食材の組み合わせの妙を感じさせる一品でした。
元々しらすおろしをかけたご飯は大好物なんですが、この料理は油揚げを加えることで。一気に味に膨らみが増す感じですね。

山岡さんの“たたみしらすと海苔の佃煮のご飯”も期待しております。

  • #dZ2c3wmQ
  • 大鳥
  • URL
  • Edit

2010.09.09 Thu 19:21  |  玲音さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、私こそ再現記事を思い立つきっかけになりましたので、ありがたかったです。
今やすっかり我が家の定番になっていますので、感謝です。
もう一つの「たたみ鰯と海苔の佃煮ご飯」は私も初めてで、先日再現した時はドキドキしました(その為、後はまとめるだけです)。
海苔の佃煮は手作りだとかなり艶と風味が違いますので、作っててびっくりしました。
内心、「さすが山岡さん、間違っても『桃屋のご飯○すよ』は食べないんだろうな~」と料理に対するこだわりに脱帽しました。

いえ、むしろ玲音さんのおかげで私も当ブログもまた一歩前進出来ましたので、ありがたかったです。
再現料理について悩む事は苦しいと同時に張りがあって楽しかった為、ここ数日は生き生きとしながら過ごす事が出来ました。
これ以後は簡単過ぎるとか難し過ぎるという垣根にあまりこだわらず、「おいしい」もしくは「ネタになる」漫画料理を再現記事にしていきたいと思います。

恐らく、玲音さんが御想像する料理で間違ないですw。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.09 Thu 19:34  |  大鳥さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

この「油揚げ・釜揚げしらす・大根おろしのご飯」は、『美味しんぼ』料理らしからぬ手軽さなのに味は一級なので大好きです。
大鳥さんのおっしゃる通り、組み合わせの妙を感じます(^^*)。
バラバラのままだったら普通なのに、一緒に合わせて食べて口の中で混ざると途端に至高の輝きを放つ所は、ある意味卵かけご飯と似ているかもしれませんね。
私もしらすおろしが好物なのでよく朝食のおかずとして食べているんですが、油揚げが加わるとガラッと印象が変わる為すごいな~と感心させられました。
山岡さんの方の「日本人に生まれてよかったご飯」はもう再現していて後は記事にまとめるだけですので、その際はよろしければ大鳥さんに読んで頂けますと嬉しいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.09 Thu 20:33  |  

しらすと大根おろし、油揚げと大根おろしは、ありがちなパターンなんですけれど、3つを合わせると新鮮な味になるんですね。私も挑戦したくなりました。

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.09.09 Thu 20:43  |  oguoguさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も最初は普通の組み合わせでは…とタカを括っている部分があったのですが、
実際に食べてみるとそれらの組み合わせとはまた違った感じでバクバクいけちゃいました(^^)。
釜揚げしらすと大根おろしだけだと膨らみが足りないのを香ばしい油揚げがちょうどよく補い、
油揚げと大根おろしだけだと単純過ぎるのをしっとりした旨味の釜揚げしらすが補うといった感じです。
さっと作れる割には本当にウマーですので、よろしければ是非お試し下さい。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/612-824c7621
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ