『華中華』の“秋茄子チャーハン”を再現!

最近、味噌とろろご飯と茄子の塩もみに目がないです。前者は出汁の代わりに味噌汁でゆるくといてしめじや豆腐を具にした亜種のなめこ汁風とろろご飯、後者は単に切った茄子を塩もみしただけの簡易漬物なんですが、どれも食が進む代物です。秋はおいしい食材が目白押しなので、近頃では「奮発して松茸に初挑戦してみたいな~」と思い悩む今日この頃です。
どうも、「天高く馬肥ゆる秋」の由来が結構物騒だった事に驚いたあんこです。

本日再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんがある農家の方の為に旬の秋茄子を使用して作り上げた“秋茄子チャーハン”です!
秋茄子チャーハン図
ある日、ハナちゃんがいつも通りお昼休みを利用して上海亭へチャーハンを作りにやって来たところ、おじいさんやおばあさんと色々立て込んだ話をしていた三浦半島の農家・斉藤さんと初めて顔を合わせます。斉藤さんが言うには、大分前におじいさんが「肩を壊してしまったので、治るまで店を休みます」と連絡したっきりなしのつぶてだったのを心配して上海亭に様子を見に来たとの事で、現在は完全に料理人生命を絶たれてしまったおじいさんの代わりにハナちゃんが毎日二時間だけチャーハンを作っていると聞いて驚きます。
声には出さなくても「こんな若い女性が…」と半信半疑の様子だった斉藤さんですが、そんな事は露知らずなハナちゃん達は斉藤さんの手土産である朝摘み秋茄子を見て喜び、「今日は秋茄子のチャーハンにしましょうか?」「お宅の秋茄子だ、よかったら食べて行って下さい」と言って斉藤さんの為に“秋茄子チャーハン”を作ります。
以前、野菜を上海亭に卸していた農家の斉藤さん
今回再現する“秋茄子チャーハン”のポイントは、秋茄子の下ごしらえ!通常、茄子はザク切りにしてそのまま使うか水につけてアク抜きをするかが関の山ですが、ハナちゃん曰く「茄子と油は相性がいいんですけど、油を吸いすぎるのはよくないので…」との理由で、何と一回塩を軽くふって少々水気を絞ってから調理に使います。ちょっと斬新な発想なので初めて読んだときはびっくりしましたが、確かにこうする事によって余計な油は吸わなくなりますし、おまけに下味まで済ませる事が可能になるので「さすがハナちゃん!」と感心しました。旬の茄子と油を合わせるとこの上なく美味なので病みつきになりますが、同時に油の取り過ぎが懸念されるので、これは画期的な下ごしらえ法だと思います。茄子は思わず「スポンジか!」と突っ込んでしまいたくなるくらい油を吸収しやすい野菜なので悩みのタネでしたが、これで一部の茄子料理(茄子の天ぷらといった水分を抜いてはいけない物)以外は問題が解決出来そうです。
この茄子を豆板醤と甜麺醤などで甘辛く味付けして、基本チャーハンに混ぜ込めば出来上がりなんですが、それを食べた斉藤さんは「こ、こいつは旨い!」「秋茄子の味が活かされている!」と感動します。
このまま斉藤さんが満足したまま帰ったらお話はおしまいだったんですが、「あんなに美味しくて幸せになれる料理を作れるのは、きっと心が優しいからだろう→一緒に秋茄子を育てた息子にも食わせてやりたいなぁ…→ハッ!待てよ、息子は畑にかかりきりで三十過ぎても出会いがなくて未だ独身、そしてハナちゃんも来年には二十歳になる独身だ→これは是非ともお見合いして欲しい!」という怒涛のチャート式お見合い発想が成立し、急遽斉藤さんの一人息子・康彦さんとのお見合い話がハナちゃんの元へ舞い込んできます(^^;)。中華の料理人として一人前になる事しか頭にないハナちゃんは内心困惑しますが、上海亭のおじいさんとおばあさんがすごい熱意で断りきれなかったという話をすると、悩みつつもお二人の立場を思いやり、最終的に断るという暗黙の了解を取ってお見合い話を受ける事にするのでした…。相変わらず、ハナちゃんは人がいいな~と苦笑です;(この続きは、次回再現する“秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け”にて紹介します)。
このチャーハンがきっかけで、見合いが決定してしまいます。
秋茄子のシーズンがようやく到来したことですし、早速再現に挑戦してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、茄子の下ごしらえ。ヘタを取って縦四つに割った後は二~三センチ幅の大きさに切り、パラパラ程度に塩を振ります。数分後に水分がジワッと出てきたら、軽~く優しく絞ります。この時絞りすぎてしまうと、まるで漬物みたいになって炒め物には向かない水加減になってしまいますので、要注意です(画像の茄子だと、少し絞りすぎたかな~?って感じです)。
秋茄子チャーハン1秋茄子チャーハン2
秋茄子チャーハン3
その間、中華鍋(又はフライパン)にスライスしたしょうがと油を入れて熱し、弱火~中火くらいでゆっくり熱を通して香り油を作っておきます。ちなみに、使い終わったしょうがは千切りにして炒め物や和え物に入れても十二分においしいですよ~(´∀`)。
秋茄子チャーハン4
この香り油に豆板醤を投入して炒め、唐辛子特有のいい匂いが漂い出したら下ごしらえ済みの茄子を加えて手早く炒め合わせます。
秋茄子チャーハン5秋茄子チャーハン6
秋茄子チャーハン7
やがて茄子に火が通ってきたら刻みネギと甜麺醤を入れてさらに炒め、全体的に熱が通ったのを確認したらボウルに移しておきます。パッと見は、簡易的な麻婆茄子ってイメージでした。ここへにんにくの茎のみじん切りを入れても美味しそうです、
秋茄子チャーハン8秋茄子チャーハン9
秋茄子チャーハン10秋茄子チャーハン11
次は、いよいよチャーハン作り。大分前に作り方をご紹介したハナちゃん流基本チャーハンのレシピ通りにシンプルなチャーハンを作り、仕上げに先程とっておいた茄子炒めを入れて、ざっと混ぜ合わせます。その際、あんまり炒め過ぎると茄子から水分が出過ぎてしまうのでささっとすませるのがベストです。
秋茄子チャーハン13
秋茄子チャーハン12秋茄子チャーハン14
茄子と基本チャーハンがしっかり馴染んだら火を止め、そのままお皿へ盛り付ければ“秋茄子チャーハン”の完成です!
秋茄子チャーハン15
秋茄子が油にまみれてテカテカとしたキレイな紫色に輝いているのを見ると、つくづく「やっぱり茄子は油と相性がいい!」という事を実感させられます。豆板醤や甜麺醤ならではの熟成された香りも芳しくていいですし、これは味も期待大です!
秋茄子チャーハン16
それでは、出来立ての熱々の内にいざ実食!いっただっきま~す!
秋茄子チャーハン17

さて、味ですが…四川風チャーハンと名付けたいくらい刺激的でウマーーー!ナスが主役として引き立っています!
未来のお義父さんも大喜び!
塩を振って水気を少々きったおかげでナスがキュッキュットロリとしたちょうどいい食感になっており、おまけに程よい塩味もついています。中でも特筆すべきはナスの絶妙な油加減で、とろけるような身肉になる為に必要最低限な油しか吸っていないのでかなりさっぱりした後味なのが特徴的でした。全体的にキレのあるピリ辛味噌味がついているせいかガッツリいける力強い味わいで、例えるならば「肉抜き麻婆茄子風チャーハン」といった印象です。単に麻婆茄子とご飯を炒めるだけだったらもっとくどくなっていたと思いますが、肉が入っていない上にきつくなり過ぎるギリギリ寸前の所を炒り卵がふんわりまろやかにしてくれている為、バランスが取れていました。
長ネギのシャキシャキした歯触りと独特な甘さがいいアクセントになっていますし、何より香ばしい味噌風味で深い旨味が染み込んでいるパラパラチャーハンがナスとたまらなくマッチしています。豆板醤のビリビリくる辛味と甜麺醤の大豆由来のコクが効果的に使われている、よく考えられたチャーハンだと感じました。これはビールが進みそうです。

野菜でもチャーハンの具として十分成り立つと言うことが証明できる、ナイスアイディアな料理だと思います。簡単に作れてボリュームがあるのにバクバクいけちゃうので、この秋は大いに作りまくろうと思いました(^^)。
○追記
皆様のコメント欄での温かいご意見に甘え、以後もあからさまにおかしくならない限りいつも通りに更新していく事に決めました。その為、あちこちにいつも通りの表現が混ざっています。このように、あまり成長がみられない管理人・あんこですが、これからも当ブログをご不快に感じない心の広い方々と細々と楽しめあえる環境作りをしていけましたら幸いです。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.10.01 Fri 00:03  |  美味しそうです!

 いつも楽しみに拝見しております。

 茄子の下処理、私もマンガを見たときにびっくりしたまま実現していなかったのですが、今回の記事を参考にやってみたいと思います。

 こちらに取り上げてある作品が美味しそうでおもしろそうでいくつか新しく買ったものがあります。
 『華中華』もその内のひとつでした。

 どうぞ、今後とも頑張ってください!

  • #iNcTRtMU
  • Piromi
  • URL
  • Edit

2010.10.01 Fri 01:43  |  Piromiさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しみにして頂いているとのお言葉、非常に嬉しかったです(^^*)。
この下処理の仕方は私も驚きましたが、実際にやってみると案外理にかなっていた為よかったです。
ただ、「塩のかけ過ぎ・水の絞り過ぎ・揚げ物への使用は厳禁(バチバチッと一気に油が跳ねる為、火傷と掃除が大変ですorz)」には要注意ですね~。
うまくいったら、適度に油を吸ってとろりとしているのに油っこくない、美味な茄子が楽しめます。
それにしても、当ブログがきっかけで何点か買って読んで頂けた作品があり、大変感激致しました。
自信を持っておすすめする料理漫画ばかりですので、すごく光栄です!
『華中華』再現を始め、以後も様々な漫画料理に挑戦してみますね(´∀`)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.01 Fri 09:48  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.10.01 Fri 11:12  |  LICAさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

お褒めの言葉を数多く頂けて、大変嬉しかったです(^^*)。
いえ、私の書く文章などまだまだですので、そうおっしゃって頂けますと
非常に恐縮してしまいます…;。

私自身、昨日から今日にかけて文体を代え、内容を変えての一方的なコメントを
お受けしたばかりですので、LICAさんのお気持ちは痛いほどよく分かります。
そして、一度でもそういった目にあった事があるLICAさんに、それと同じような
文体で書き続けるという事に、心から申し訳なさを感じております。
大変、申し訳ございません。
ただ、それだけに私の文に対して嫌悪感をあまり感じないとおっしゃって頂けたり、
その上2ch派生の言葉に対する感情が僅かながらでも和らいで頂けた事に、
心底ありがたさを感じております。感謝いたします。

大変心苦しいのですが、2ch用語はこれまでのように書くと思います。
あれもこれもと欲張っていては、その内本当に何も書けなくなる事を
身に染みて実感したからです(先程、それを立証するコメント合戦もありました)。
LICAさんのご好意に甘えてしまい、申し訳ございません。
しかし、「w」は他の方のコメントで使われていても全然OKですが、
私自身コメント欄で使う事は控えようと思います。
こればかりは気をつければ十分実行可能ですので、心がけさせて頂きます。

ご不快な体験をお話して下さってまで勇気付けて下さり、
誠にありがとうございました。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.02 Sat 17:27  |  

はじめてコメントします。
いつも楽しみに拝見しています。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

を見るたびに心が痛みます。

あんこさんのように、ここまでの記事を書けて、コメントについても真摯な対応している人は見たことがありません。

ビジネスでもないのに、表現がどうのとか内容がどうのってコメントを書きたい人たちは来なくていいのにと思います。
他にやることあるだろ。

あんこさん、もし、嫌になったらコメント欄なくしてもいいですよー。
それでもファンはこのサイトを見続けていますから!

  • #-
  • きよゆき
  • URL

2010.10.02 Sat 21:44  |  茄子の下処理

 とても丁寧なご返答有り難うございます。
 茄子の下処理、アドバイスいただいたとおりにやってみたところ、とてもうまくいきました。
 有り難うございました。

 自分が好きな料理マンガの再現が、いつ登場するかな、と思うのもこのブログを拝見する楽しみのひとつとなっております。

 今後とも、どうぞ頑張ってください。

  • #iNcTRtMU
  • Piromi
  • URL
  • Edit

2010.10.03 Sun 22:21  |  きよゆきさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく見て頂いているとのお言葉、大変嬉しかったです。
実は、非公開コメントは畏れ多くも全て当ブログを応援して下さって
いる皆様からのコメントですので、批判内容は一切ございません(^^)。
ですので、むしろありがたい気持ちになっております!
ご心配してくださり、ありがとうございました。
お心遣い、まことに痛み入ります。

いえいえ、私より人格も文章も雰囲気も優れたブログやサイト運営を
なさっている方は、それこそ星の数程いらっしゃいますので、
そうおっしゃって頂きますと非常に恐縮してしまいます;。
私は例のやり取りで暴露された通り、軽々しくて嫌な人間ですが、
それでもきよゆきさんのように寛大にも当ブログを応援してくださる
方々が少しでもいらっしゃる限りは、末永く頑張ろうと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間があいた際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.03 Sun 22:26  |  Piromiさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえ、少しでもお役に立てたのでしたら光栄です(^^*)。
こちらこそ茄子の下処理がとてもうまくいったとのご報告を
頂けて、大変嬉しい気持ちになりました。感謝です。
ちなみに、リクエストでしたら無理のない範囲でいつでも
受付中ですので、もし「絶対これが見たい!」と特にご希望の
漫画料理がございましたら、いつでもおっしゃって下さい。
(ただ、最近時間がなくなってきている為ペースは相当に
マイペースかつのんびりした物になってしまいます…すみません)

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2016.01.09 Sat 02:43  |  なす

なすは、油通し刷るとほんと
すんごくあふれを吸いますよね。わたしは、油通しのあとでざるにとって熱湯をかけて油をおとしたりしています。それと油通しの時、普通言うように低温ではなく高温で、サッとやったほうが家庭の火力では油切れがいいようです。

  • #-
  • まーく
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/615-c5391892
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

【本】華中華

10月2日(土) 【本日の食】  漫画『華中華』 1巻 【ひじゃう式 解食新書】(解説) 今日の写真の1枚は、漫画「華中華」(ハナ・チャイナ)のインドネシア語版。 表紙だけ見ると、英語版のようにみえますが、 中身はぜ~んぶインドネシア語です。 ...

  • LOVE&PEACE with FOOD
  • 2010.10.03 22:34

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ