『華中華』の“秋刀魚チャーハン”を再現!

再現料理をするようになって以来、「一時期注目されたものの数ヶ月で飽きられてすっかりホコリをかぶったままの調理器具」と遭遇する機会がかなり多くなっています。もはや壊れて恐ろしい物体しか作れないんじゃないかと怖いホームベーカリー、そのまま使うと灰色のジュースが出来そうなハンドジューサー、一回失敗して以来戸棚の奥の方で物品入れと化している電子レンジパスタ容器、昭和の香りが未だに現存されている旧式ゆで卵カッター…orz。フードプロセッサー・ミキサー・鉄板は再現料理で使うことが多いので辛うじて活用出来ていますが、近頃では彼らが「頼むから、もう二度とあっちの仲間にはせんでくれよ…(つД`)」と語りかけてきているような気がしてなりません。
どうも、とりあえず旧式ゆで卵カッターから救い出そうと考えているあんこです。

今回再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが実家から送られた材料を使って作った秋の新作・“秋刀魚チャーハン”です!
秋刀魚チャーハン図
ハナちゃんが満点大飯店へやって来てもうすぐ二年目になる秋頃、それまで何かと電話や手紙をくれていた実家のご家族といきなり二~三週間連絡が取れなくなってしまいます。おかげでハナちゃんは急激に元気がなくなっていって職場で失敗を繰り返し、遂には上海亭のおじいさんから「どうかしたのかい、ハナちゃん?」「そんな状態で作ったって旨いのは出来ねぇし、お客様にも失礼だろ?今日は臨時休業だ」と気遣われ、余計落ち込んでしまいます。
けれど、その日のお昼に楊貴妃さんが実家からやって来た手紙付きの荷物を上海亭までわざわざ届けてくれた事から真相が発覚します。それによると、実家のご家族は稲刈りの為にお店を休んでてんてこ舞いになって刈り入れを済ませ、終わり次第すぐに数日がかりの温泉旅行へ出発していたので連絡が取れなかっただけとの事でした;。どうやら、ハナちゃんは横浜に来て実家でのサイクルをすっかり忘れていたのでこんな騒動になってしまったんだそうです。いざ分かってみるとずっこけますが、考えてみれば現実でもこういう単純な思い違いってよくあるので「ハナちゃん、お疲れ様」と肩を叩いてあげたい気分になりました(私自身、忘れ物をしたと思って慌てて探していたら思わぬ場所からポロッと出てきてどっと疲れるという事がよくあります^^;)。
ちなみに、関係ありませんが下の画像は荷物受け取りの際に楊貴妃さんがうっかりドアをすり抜けて判子を押した時の衝撃映像です。内心ヒヤッとしましたが、案の定運送の方も帰りがけに「…え?何だ今の……(((゜Д゜;)))ガクガクブルブル」状態になってました;でも、私がもし幽霊になってもものぐさでつい同じ事をしちゃいそうです…。
楊貴妃さんの衝撃映像;
その後、ほっとして元気復活したハナちゃんはおじいさんが用意してくれた秋刀魚、ハナちゃんの実家が救援物資として送ってくれたすだちと新米を使い、秋の新メニューを考え出します。それが、この“秋刀魚チャーハン”。ごま油や醤油などで中華風に味付けして炒めた秋刀魚を基本チャーハンに混ぜ込み、すだちをかければ出来上がりというシンプルなレシピですが、秋刀魚のよさが全面的に活かされてそうでとてもウマーそうでした(´Д`*)。
秋刀魚とすだちの相性は抜群です!
近所の評判なお店で新鮮な秋刀魚を安く手に入れられましたので(180円でした!)、早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、秋刀魚の下準備。さすが「秋の刀の魚」と名づけられるだけあり、スラリと真っ直ぐに尖った白銀色の優美な姿がとても美しいです。調べてみた所、秋刀魚は白い部分はキラキラと白く輝き、逆に黒い部分は黒々と黒光りをして身が締まっている物が一番鮮度がいいんだそうです。この時私が買えた秋刀魚は目からしっぽの方までツヤツヤとキレイでしたので、いい買い物をしたな~と嬉しくなりました(^^)。
秋刀魚チャーハン1秋刀魚チャーハン2
この秋刀魚を三枚おろしにして皮と腹骨を取り除き、一センチ~二センチ幅のぶつ切りにします。なお、旬の秋刀魚の身は脂で非常にヌルヌルしていて手が滑りやすい為、捌く際は十分にお気をつけ下さい。
秋刀魚チャーハン3秋刀魚チャーハン4
この秋刀魚をボウルへ入れ、同時に醤油、料理酒、ごま油、こしょう、おろししょうがを加えて菜箸か手でよく混ぜ、あらかじめ下味をつけておきます。
秋刀魚チャーハン5秋刀魚チャーハン6
秋刀魚チャーハン7秋刀魚チャーハン8
秋刀魚チャーハン9秋刀魚チャーハン10
油をしいて熱した中華鍋かフライパンへ先程の秋刀魚を汁ごと入れ、半ば揚げるようにして炒めたら一旦別器へ取り出しておきます(中骨が取りきれていない時は、弱火で皮側→身側の順でじっくり焼くと多少食べやすくなります。ただ、今回はせっかく生でも食べられそうな新鮮な秋刀魚が手に入った為、しっかり骨を取ってさっと炒めるだけに留めておきました)。
はっきり言って、この時点で既に秋刀魚の皮の破れ目から今にもとろけそうな一~二ミリの白くてぶ厚い脂肪の層がチラリと見えており、超絶においしそうだったです(゜Д゜*)。
秋刀魚チャーハン11秋刀魚チャーハン12
次は、チャーハンの炒め作業。以前にこちらでご紹介したハナちゃん流基本チャーハンの作り方通りシンプルなチャーハンを一気に作り上げ、完成する直前にさっきの炒めた秋刀魚を投入して軽く炒めます。その際、秋刀魚の形が崩れないようそっと混ぜた方が身がバラバラにならなくていいです。
秋刀魚チャーハン13秋刀魚チャーハン14
秋刀魚と基本チャーハンが混ざり合ったらすぐに火を消し、そのまま器へ盛り付けて傍らに半分に切ったすだち(他の柑橘類でも可)を飾れば“秋刀魚チャーハン”の完成です!
秋刀魚チャーハン15
秋刀魚の清々しい香りとしょうがの匂いが混ざり合って漂い、食欲が湧きます。見るからに秋の味覚って感じで、知らず知らずの内に胸が高鳴りました。こんがり焼けた秋刀魚の香ばしさが辛抱たまらん一品です。
秋刀魚チャーハン16
実を言いますと、私の住んでいる地域はかぼすが98%のシェアを誇る場所な為、残念ながら生のすだちを手に入れる事は出来ませんでした…一応、約十軒回ったのですがorz(再現後日、中央区のデパートが密集している地域でまた探してみましたが、それでも五軒中一軒しか生のすだちは扱っていませんでした;。その為、探している内に段々「すだち鎖国令」「かぼすが憎い」という危ない思想に染まりそうになってしまいましたorz)。
原作には「すだちがないなら、レモンやポン酢でもおいしいよ」と書いてありましたが「外見や味の再現度が低くなりすぎてしまう…」と大いに悩み、その結果「見た目が酷似しているシークワーサーを飾りとして使い、すだちはボトルに入って売られている物を使用する」「すだちがフレッシュでない分、絞りたてシークワーサーでカバーだ!」という結論に至りました。あまりレシピに忠実でなくてすみません。
食べる直前、このシークワーサーをぎゅ~っといっぱい絞った物とボトル入りすだち果汁をチャーハンへ好きなだけかけます。私の場合、酸っぱいのは平気なタイプですのでシークワーサー一個分の果汁と、すだち果汁大さじ二~三杯を回しかけました。
秋刀魚チャーハン17実は、このすだち果汁もほんのごく少数の専門店にしか置いてなくて苦労しました…orz
それでは、熱々の内にいざ実食!いっただっきま~す!
秋刀魚チャーハン18

さて、味の感想は…激ウマーーーーーッ!秋刀魚の塩焼きと同じくらい秋の定番にしたい名作チャーハンです!
おじいさんとおばあさんにも好評な秋のチャーハン
作中でおじいさんが「秋刀魚とすだちの酸味が秋祭りの様に楽しい味だよ!」と言っていましたが本当にそんな感じのおいしさで、食べるごとに心がどんどん浮き立って華やいでいくような気持ちになりました。幸い、シークワーサーと併用して使ったのが功をなしてさらに薫り高くなったようです;。
ごま油の香ばしい風味、しょうがのふうわりした優しい香り、焦がし醤油の深い味がしっかり染み込んでいる秋刀魚の旨味がチャーハン一粒一粒をより奥行きのある物にしており、尚且つ豊かな味わいにしています。秋刀魚独特の重厚なコクとあっさりした脂が口の中の隅々まで広がるのを、すっきり爽快で清々しい酸味が特徴的なすだちがキュッと程よく引き締めてくれるのが何とも言えず鮮やかでした。また、香気が強い材料が多く入っているせいか青魚には付き物な臭みが全くなく、チャーハンにしては珍しく落ち着いて上品な匂いが終始薫るのに驚きです(事実、小さい頃から魚嫌いな母も「魚臭さがなくておいしいから、これなら食べれる」と言ってパクパク食べていました)。
フワフワとまろやかな炒り卵、シャキシャキと小気味いい食感の長ネギが要所でいいアクセントになっていますし、有り余る脂分でしっとりトロリとした舌触りになっている秋刀魚とこの上ないくらいよく合っています。しょうが醤油・すだち・秋刀魚が三者三様で入り交じって大変賑やかな味わいで、思わず口許が緩む旨さでした(^^)。秋刀魚の塩焼きが技巧を削ぎ落として素材の良さのみを純粋に探求した料理とするなら、この秋刀魚のチャーハンは鼻に付く寸前まで様々な技巧をバランス良く凝らした料理と言えそうです。ビールがダントツに合うので、おつまみ兼食事として食べるのに向いてました。

今年はどちらかと言うと秋刀魚よりも鰯や鯖の方が豊漁だそうですが、やっぱり秋は秋刀魚を食べないと始まらないな~と実感した再現でした(^^*)。個人的に、このレシピはかぼすを使ったり、鰯で調理したり、大根おろしをたっぷり乗せても合いそうだと睨んでいます。かなり気に入りましたので、近い内にまた作ってみようと思います!

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.09.20 Mon 00:34  |  

こんにちは。
マンガ飯ではありませんが、面白い話が先日テレビで放送されてました。
それは「松本家のミートソース」という話です。
松本人志は今まで、美味いと言われている店にいき、どこのミートソースを食べても「このミートソースは実家以上の味ではない」と感じていたそうです。
そして、つい先日、おかんから実家のミートソースのレシピを聞いたそうです。
その驚きのレシピです。
サラダ油でタマネギとひき肉(牛、豚、合い挽きなんでも)を炒めてトマトケチャップで味付けして片栗粉でとろみをつける、です。
塩コショウも香草も一切なし、これだけです。
とても単純ですが、変なものは入っていないので、まあ美味しいのかな……。
片栗粉が謎だけどw

  • #89zBIK8s
  • マ・ケイヌ大佐
  • URL
  • Edit

2010.09.20 Mon 16:02  |  マ・ケイヌ大佐さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

漫画料理に関係にないお話でも、食べ物に関する話題なら大歓迎です(^^*)。
実は、私も先日同じ番組を拝見していました!
松本さんちのミートソース、単純ではありますが結構おいしそうでしたね。
ケチャップ・玉ねぎ・ひき肉・片栗粉しか使わないのにウマーなミートソースになるなんて
今まで考えもしなかった為、かなりびっくりしました。
正直、ずっこけた松本さんのお気持ちがよーく分かります(苦笑)。
しかし、これだけのレシピでも長年虜にさせられる旨さになるというのですから、
料理は不思議で面白いですね(^^;)。片栗粉はとろみの為とはいえ、確かに謎でした;。
正直、見ていて「スパイスとかきのことか入れて数時間に込んだ自分はなんだったんだろう…」
とちょっと落ち込みました。やはり、未だに主婦の方の実践的料理に叶いませんね~。
どんな味なのか気になるので、今度試してみようと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.21 Tue 01:44  |  

いつも深夜の小腹がすくときに読んで空腹をごまかさせてもらってます
九朗と申します
華中華自分も何回か読んだことがあるんですがその時もチャーハン作ってたきがします(なんかオカマっぽい人と対戦してました)
中華と名前がついてるんですが他の中華料理はしない漫画なんすかね?あまりしらなくて;

あ また質問で申し訳ないんですが以前再現された「いきなり鶏鍋」なんですがあのダシで鶏 チャンポン以外の具をいれたなべにしちゃっても問題ないですかね? 冬場友人たちと鍋パーティーでもしようとの計画がありまして そこでこれだしたら面白いかなと考えまして
ただ鶏だけだとボリュームに欠けるかなと 
野菜とかには合わないですかね?おいしそうなダシなんですが

ながながと質問失礼しました これからも再現料理がんばってください
(できればミスター味っ子のグレーゾーン的な料理をw)

  • #pUVxx6Y2
  • 九朗
  • URL
  • Edit

2010.09.21 Tue 13:13  |  

> 松本さんちのミートソース、


そこへね、小さめに切ったお豆腐入れたら

「ケチャップ風味の麻ぁー婆ぉードウフー。」

とか松っちゃんのおかん、平気で言い出しそう。

2010.09.21 Tue 18:06  |  九朗さん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも読んで頂いているとのお言葉、大変ありがたいです。
実は『華中華』はチャーハン専門漫画ですので、基本的にはチャーハンしか出ないのが特徴です。
ただ、ごく稀に「冬瓜の中華粥」や「ヘルシーきのこ丼」といったチャーハン以外の料理も
出ておりますので、これ以後はチャーハン以外の料理もちょこちょこでてくるかもしれません;。
ちなみに、オカマっぽい人は島野さんという凄腕料理人で、主人公・ハナちゃんの現時点の師匠です。

「いきなりトリ鍋」に目を留めていただけてとても嬉しかったです(^^)。
正直、私もこれまでに何度か他の具を試して入るのですが、やはり野菜を入れると大量の水分が
お鍋に出てきて水っぽくなる為、どうも中途半端でぼやけた出来になってしまいました。
今の所、それでも成功した具はきっちり水切りした木綿豆腐・きのこ類・長ネギが挙げられますが、
やはり大勢で囲むお鍋の具としてはどうしても物足りない感や地味な観が否めません…。
個人的には、これは『クッキングパパ』内のようにパーティー用として作るのではなく、
あくまで自分ひとりか家族内で一~三人前だけ作って食べるのが向いているように感じました。
ただ、具が寂しいものの味自体はすごくおいしいですので(特に、シメのちゃんぽんかおじや)、
よろしければ一度是非『クッキングパパ』に載っている分量でお試しして下さると嬉しいです。

あまりお役に立てず、誠に申し訳ございません。
これからも、グレーゾーン的な物wも含めた漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いたときにまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.09.21 Tue 18:13  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

松本さんのお母さんは臨機応変に美味な料理を作れる達人ではないかと個人的に思っておりますので、
確かにそんな風に自由な発想の創作料理をお出ししてくれそうです(^^)。
手間はさほどではないのに、それ以上の味わいな料理が作れたらいいのですが、
当分は無理っぽそうですね~orz。熟練主婦への道は遠いです。
それにしても、ケチャップ風味の麻婆豆腐って意外といけそうですね。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/618-70c9e8c1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ