『おかわり飯蔵』の“飯蔵流簡単漬物五種の朝食”を再現!

「眠気覚ましをしたいなら、息を止めるのが一番」というアドバイスをあるサイトで見て半信半疑で試してみましたが、確かに余程無理している時でない限りは結構ききます。ただ、何度も繰り返していると頭がだるくなってきますので、何事も程々にしないと…と実感しました;。あと、トイレの回数が増える欠点さえ除けばカフェイン最高です。
どうも、首の後ろを刺激したり、親指と人差し指の付け根(「合谷」というツボ)を強めに押すのもちょぴっとだけきく気がしたあんこです。

今回再現する漫画料理は、『おかわり飯蔵』にて飯蔵さんがさくらさんとその親友・美智子さんの為に作った朝ごはん“飯蔵流簡単漬物五種の朝食”です!
飯蔵流簡単漬物五種の朝食図
美智子さんはさくらさんの大学時代の同期で、現在は某大手テレビ局にて新人スタッフとして働いています(以前再現した“イカす月見丼”の回にも登場しています^^)。本人はいたって真面目で毎朝誰よりも早く出勤して一生懸命仕事を覚えようとするものの、やる事なす事全てが裏目に出てしまって先輩から疎んじられ、そのせいで最終的には誰からもお昼に誘われなくなって完全に孤立してしまいます。…正直、この要領の悪さ&浮きっぷりの描写は自分と重なる部分がかなりあった為、見ていてものすごく共感しちゃいましたorz。
ある夜、美智子さんはさくらさんに「まあまあ、おいしいモノ食べて元気だしなよ~;」と言われて飯蔵さんのお店≪古道具JIN≫に連れて行かれるのですが、元気になるどころか泣きながら日本酒で酔いつぶれてクダを巻いてしまった挙句、遂にはそのまま眠ってしまいます。そして翌朝、何も解決しない状況のまま一緒に泊り込んでくれたさくらさんと起床した美智子さんが朝一番に食べたのが、この“飯蔵流簡単漬物五種の朝食”です。
用意されてあったのは、「押し麦飯」・「柴漬け風のきゅうりの漬物」・「ナスの辛子和え」・「セロリと玉ねぎのマヨネーズ和え」・「大根の塩漬け」・「納豆昆布ときゅうりの酢漬け」の計六品で、朝からこんなにバリエーション豊富な朝ご飯を作ってくれた飯蔵さんに対して美智子さんは思わず「漬け物って手間がかかりそう…私には無理だわ」とやや自嘲的な苦笑いをします。しかし、飯蔵さんはあっけらかんと「うんにゃ、昨日の夜の十分しか使っとらん」と言った為、美智子さんは相当に衝撃を受けていました。
飯蔵さん曰く「切って・もんで・ビンビン(瓶瓶)!」して一晩寝かせるだけで作れる即席漬物との事で、その言葉通りどの漬物も基本的に材料を切って塩や調味料をまぶしてもみ、仕上げに瓶に入れて放置するだけで簡単に作れていました。確かに、これなら夜にちゃちゃっと仕込んでおくだけで済むので、朝が弱い方には最適な朝食だと思います。
切って揉んでビンビンで、漬物天国
仮に、その漬物すらも面倒な時は納豆・小女子・すりゴマ・海苔さえ用意してご飯と一緒に食べれば動物性たんぱく質やミネラルがバランスよく取れるとの事で、読んでいて感心しました。作中の記述によると、朝に何も食べず出勤する人は車にガソリンを入れずに走るのと同じような物で、結果頭がボーっとして失敗しがちになりやすいんだそうです(どうやら人間の頭のエネルギーはブドウ糖でしか生成されないらしく、これが不足すると血流の悪化=仕事の能率低下に繋がるのだとか)。
どれもこれも、ご飯に乗せるだけで簡単に栄養が取れます!
飯蔵さんが言うには「早起きする根性があるんなら、寝る前の十分を工夫してみ。朝メシっちゅうても、朝作る必要はないんじゃから」との事で、これは色々な事柄に応用可能な考え方なんじゃないかな~と勉強になりました(例:お弁当作り、仕事の手順など)。おかげで美智子さんは、「そうですね、アタシ仕事の事ばかり考えすぎていたのかも…余裕を持つことって大切なのね」と冷静に反省する事が出来ていました。うーむ、当管理人も早速見習おうと思います!
飯蔵さんの柔軟な発想力を見習いたいです。
最近朝食が納豆ご飯だけという由々しき事態になっていましたので、それを補う為にも再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、柴漬け風のきゅうりの漬物作り。きゅうりは斜め薄切り、みょうがは千切りにし、ナスはサイコロ状にきります。全部切り終えたら最初になすだけきっちり塩もみして水気をきり、すぐ後にナスとみょうがを投入してさらにもみます(全部一緒に塩もみしてもOKです)。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食1飯蔵流簡単漬物五種の朝食2
飯蔵流簡単漬物五種の朝食3
野菜類がしんなりしてきたら、種を取ってつぶした梅干しと酢を加えて和え、瓶に移してきっちりフタをし閉めます。
※ちなみに、瓶は新しく買った物でもジャムなどの空き瓶を洗って乾かした物でも大丈夫です。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食4飯蔵流簡単漬物五種の朝食5
飯蔵流簡単漬物五種の朝食6飯蔵流簡単漬物五種の朝食7
次は、ナスの辛子和え作り。ナスはさっきと同じくサイコロ状に切って塩もみし、数十秒経って水分が出てきたらしっかり絞ります。また、練り辛子と蜂蜜を好みの塩梅になるまで入れ、よーく混ぜて練っておきます。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食8飯蔵流簡単漬物五種の朝食9
飯蔵流簡単漬物五種の朝食10飯蔵流簡単漬物五種の朝食11
先程の塩もみナスと蜂蜜入り練り辛子をボウルに入れたら気が済むまで混ぜ合わせ、ナスに辛子が行き渡ったら瓶へぎゅうぎゅうに詰め込み、フタをします。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食12飯蔵流簡単漬物五種の朝食13
今度は、セロリと玉ねぎのマヨネーズ和え作り。セロリは薄く小さめに切り、玉ねぎは極薄にスライスしてそれぞれに軽く塩をふってさっと合わせます。一方、別器ではマヨネーズと練り辛子と混ぜておきます(後々辛味も甘味も弱くなるので、適当でも結構おいしく出来ます)。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食16飯蔵流簡単漬物五種の朝食17
飯蔵流簡単漬物五種の朝食18
セロリと玉ねぎから水分が出てきたらボウルで一緒に混ぜ合わせてからキュッと軽ーく絞り、そこへさっき作っておいた辛子マヨネーズを加えてお箸でちゃっちゃか混ぜます。全体的に馴染んだら、そのまま瓶に入れてフタを閉めます。こうして見ると、漬物っぽくない見た目ですね(´∀`;)。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食19飯蔵流簡単漬物五種の朝食20
飯蔵流簡単漬物五種の朝食21
ここまできたら、ようやく大根の塩漬け作り。大根は皮をむいてから薄いいちょう切りか半月型に切り、塩をふってザッと混ぜます。やがてしなっとしたら水気をきり、瓶に移してフタをきつめに閉めます(実は、十分経過した時点でもう食べられます;)。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食14飯蔵流簡単漬物五種の朝食15
最後に、納豆昆布ときゅうりの酢漬け作り。きゅうりを薄く斜めにスライスしたら瓶に詰め、その上に納豆昆布をワサワサ乗せます。翌日にはカサが減るので、多めに乗せることをお勧めします。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食22
飯蔵流簡単漬物五種の朝食23飯蔵流簡単漬物五種の朝食24
ここにお酢をヒタヒタ~ギリギリ上部分の納豆昆布が浸らないかな?くらいの量を注ぎ、フタを硬く閉めて二、三回ほど振ります。個人的に、普通のお酢より熟味酢やりんご酢のように柔らかい酸味のお酢が好きなのでそれを使ってみました。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食25飯蔵流簡単漬物五種の朝食26
これらの瓶達を一晩冷蔵庫で寝かせ、翌朝お皿に取り出して炊き立ての押し麦ご飯をよそったお茶碗と共に机へ運べば“飯蔵流簡単漬物五種の朝食”の完成です!
飯蔵流簡単漬物五種の朝食27
どの漬物も一見本格的な仕上がりで、とても寝る十分前に仕込んで放って置いただけで作れたおかずとは信じられません。ここに納豆や海苔、そして味噌汁が添えられたら、「これぞ完璧な朝食っ!」て感じです。ちょっと色味が乏しいのが残念ですが、それさえ除けば満足な出来上がりでした。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食28

それでは、いざ実食!
一個目は、柴漬け風のきゅうりの漬物。いただきま~す!
飯蔵流簡単漬物五種の朝食30
さて、味の感想ですが…本格的な芝漬けみたいにさっぱりしてておいしいです!
梅干しの酸味とみょうがの鮮やかな香りが入り交じり、とてもキレのいい後味になっています。正直、漬け時間が短くてさっと出来た分爽やかな味わいは本家を上回っていました。梅干しとお酢が強くなりすぎるギリギリの所まで効いている為、ご飯にぴったりなのはもちろん突き出しとしても向いてそうな仕上がりです。ナスのキュッとした噛み応え、きゅうりのパリパリした食感、みょうがのシャリシャリした歯触りの組み合わせがかなり小気味良く、夏場に最適な漬物なように感じました。個人的に、ご飯の他にはそうめんと一緒に薬味代わりにして食べても合うんじゃないかな~と思います。

二個目は、ナスの辛子和え。いっただっきまーす!
飯蔵流簡単漬物五種の朝食31
味はというと…ご飯どころかお酒もすすみそうな一品でかなりウマー!
皮はシコシコ、身はしんなりした漬かり具合で、噛むごとにナス本来の旨味が染み出てくるのがたまりませんでした。何と言っても味付けが素晴らしく、練り辛子のキーンと突き抜けるような強い辛味が舌を通り抜けた後に蜂蜜の自然でほのかな甘味が衝撃を和らげてくれるのが絶妙な感じで、そのおかげでご飯がどんどん進みます。蜂蜜が隠し味として入っている為通常の辛子和えよりもぐっとまろやかで、さらに一般人受けしやすくなっているように感じました。醤油を垂らして塩気をプラスするとさらに味わいが深くなりますし、これら五種の内では最も広範囲で活躍する漬物なのではと思います。

三個目は、セロリと玉ねぎのマヨネーズ和え。いただきまーすっ!
飯蔵流簡単漬物五種の朝食32
味ですが…漬物というよりはもはや立派なサラダ風料理で、とても美味です!
辛子マヨネーズが全体にしっかり効いているおかげで相当に洋風な味わいで、作中でさくらさん達が「マリネ風ヨーロピアンテイスト!」と褒めるのが分かる気がしました。セロリは塩でもんだ為余分な水分が抜けてバリバリした歯応えや独特の香り高さがいい方向に活きていますし、玉ねぎはヘナッとした舌触りとほのかな甘辛さがナイスです。材料は数種類しか使ってないのに複雑かつ洒落たおいしさで、ご飯というよりはパンや生野菜に乗せて食べるのがより向いているように感じました。辛子マヨネーズのコクある旨味が効果的に使用された料理なので、他の塩もみ野菜を足してもさらにおいしくなりそうです。

四個目は、大根の塩漬け。いただきま~す。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食33
味の感想は…たったあれだけの手順なのに、意外とちゃんとしてて美味しっ!
パリパリカリカリした軽い食感やほんのりした塩味が癖になりそうな味わいで、ご飯はもちろん単品のままでもつい手を伸ばしてかじり続けちゃいそうな魅力があります。塩をふって放置するだけなのに如何にも「きっちりこだわって漬けた大根のお新香」って仕上がりだったのでびっくりしました。単純な調味しかしていない分、大根本来の甘味・苦味・瑞々しさを最低限な塩味で心ゆくまで堪能出来ます。目が飛び出るような旨さじゃない上控え目で目立たぬ漬物ではありますが、その分飽きないので常に冷蔵庫に用意しておいて色んな場面(ご飯のおかず、お茶漬け、晩酌など)で活用したいうい漬物です。

五個目は、納豆昆布ときゅうりの酢漬け。いただきまーす。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食34
さて、味はというと…好き嫌いが分かれそうですが、体に良さそうなおいしさです(^^;)。
ひたひたになるまでお酢を入れたせいか強烈な酸っぱさで、喉がギュ~ッと痺れるような味わいでした(その為、酸味が嫌いな方には向かないと思いますorz)。しかし、ゲッソリ疲れている時に一口食べると不思議と腹の底から元気が湧いてくるような気持ちになれる為、時々無性に食べたくなるような印象の酢の物です。ブクブクと泡立つまで混ぜてから口に含むと、納豆昆布のネバネバトロ~リとした粘りある舌触りやきゅうりのパリパリした歯触りがなかなか悪くない感じで、ご飯と共に納豆代わりに食べたり、そのまま健康食品と割り切って食す分には十分いける味でした。

作中で飯蔵さんがおすすめしていた押し麦入りご飯もプチプチクニクニした食感が美味で面白かったですし、白ご飯にはない香ばしいアクセントが邪魔にならない程度にあるのがよかったです。実は雑穀系の何かが混ざっているご飯ってどちらかと言うと苦手な方だったんですが、押し麦くらいなら全然負担にならないと分かったので、これからは週に一度は押し麦ご飯デーにしようと思いました。少し混ぜるだけでビタミンやミネラルが気軽に摂取できるのが嬉しいご飯です。
飯蔵流簡単漬物五種の朝食29

個人的に今回特に気に入った漬物は、ナスの辛子和え・セロリと玉ねぎのマヨネーズ和え・大根の塩漬けでした。みんなどれも片手間に作れる物ばかりで、しかもそこそこ日持ちする物ばかりですので(お弁当の副菜にしてもナイスでした)、ちょくちょく朝食の席に出そうと思います。

●出典)『おかわり飯蔵』 原作:魚柄仁之助 作画:大谷じろう/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.10.07 Thu 09:33  |  祝! 300突破!!

あんこさん、おはようございます。
ついに、ついに再現料理300回突破ですね! おめでとうございます!

記念すべき300回目は、久々の飯蔵さんのアイディア料理ですか。
飯蔵さんの料理にはすでに再現されているイワシの炊き込みご飯や
納豆をチリビーンズ風に調理してパンに合わせる洋風朝食など、
朝ご飯に一工夫するものも結構ありますね。しかもコンセプトは
「手早く簡単・安上がり」と、とてもありがたいもの。今回の漬け物も
5種のうち自分好みのものを2つくらいなら、さらに早いですよね。
僕は「茄子の辛子和え」「大根の塩漬け」が気になって以前作った
ことがありますが、これはヒットでした。

新しいお仕事、忙しそうですが無理せずのんびりと更新してください。
これからも楽しみにしてます。ではでは~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.10.07 Thu 19:20  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

すみません、最近バタバタしていたせいかすっかり忘れており、
kawajunさんにご指摘されてようやく気づきました(^^;)。
教えてくださり、感謝です。

しかし、意図した物ではないものの、三百個目が朝食とはなかなか意味深だな~と思います。
朝、何かを食べてエネルギーを補充するのとしないのとでは一日が結構変わってくると
個人的には考えておりますので…。これまでも、そしてこれからも朝にはきっちり
食べてから出かけたいな~と思います。…って、偉そうに言ってすみません;。
ただ、私自身最近はそれすら忘れかけて頭がボーっとしていたので、襟を正す想いで
朝食を食べることを心がけ、のんびりと四百個目を目指そうと思います。

kawajunさんのおっしゃる通り、『おかわり飯蔵』には色んな朝食が登場してきますね。
イワシの炊き込みご飯はべらぼうに美味ですし、納豆チリビーンズはまだ試してはいませんが、
どちらも私の好物なので、いずれパンにたっぷりのっけて再現してみたいです(^^)。
それにしても、kawajunさんも茄子の辛子和えと大根の塩漬けがお好きだと聞いて
すごく嬉しくなりました!あれは簡単でご飯にも合う上にバリエーションが広がる可能性があるので、
以後も定番として作っていくつもりです。

慣れないので前みたいに更新する事がなかなか出来ませんが、
時が経つにつれてうまくペースが掴めていくのではと考えておりますので、
恐れ入りますが長い目で見ていただけますとありがたいです。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.14 Thu 16:52  |  

> ご飯というよりはパン


はい。

飯蔵、、、というよりは魚柄料理をたまに拵えますので
こちらもたまに用意しています。

マスタードとマヨネーズをほぼ等量やね。で、サンドイッチにするわけ。
もともとジャムとかマーガリンの代わりに、欧米ではパンにマスタード
塗りたくって昼飯とかにしていますから、美味くないわけがない。

具は、うちではベーコン。お弁当に、ちょうど良し。

2010.10.15 Fri 18:50  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

魚柄先生の料理はどれもこれも簡単なのに見合わないくらい
ウマーなものばかりですので、私もよく作ります(^^)。
確かに、マヨネーズとマスタードが同量だとちょうどいい感じだと思います。
パンにマスタードは童話本『こまったさん』に載っていたので
知識としてはあったんですが、なんとなく今まであまり試さずにいました。
明日、早速千林豆ゴハン。さんのベーコンマスタードサンドを試させていただきますね!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際はまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.25 Mon 23:38  |  

> 塩もみし、数十秒経って水分が出てきたらしっかり絞ります。


これ、茄子ってスカスカのスポンジみたいにおもっていたのに
えぇっていうくらい水がでますよね。こんなに絞っちゃっていいの、みたいな。

2010.10.26 Tue 22:37  |  千林豆ゴハン。さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。
この度はご返信が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

確かに、びっくりするくらいの水分が出ますね~。
私ももんでいて、「一体どこから水が湧いたんだろう…」と不思議な気持ちになります;。
塩もみをすると、味が凝縮されるのでお気に入りの手法です!

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.20 Sat 00:51  |  

> 練り辛子のキーンと突き抜けるような強い辛味が舌を通り抜け
> た後に蜂蜜の自然でほのかな甘味が衝撃を和らげてくれるの
> が絶妙な感じで、


んんー、んんー、、んんー、、、

これはね、もう2・3晩ほど味が馴染むまで寝かせた方がよいかも。

たぶん未だトンガリ過ぎていて、マスタードと蜂蜜と茄子の味がそれぞれバラバラで噛み合っていないんです。

わたしは1週間ぐらい放置しておいた方が、好き。

2010.11.20 Sat 09:32  |  千林豆ゴハン。さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

実をいいますと、このお漬物はしょっちゅう作り置きしており、
一晩目~四番目それぞれの味を検証済みのため、千林豆ゴハン。さんの
おっしゃる通りだと思います。段々馴染んで美味になるのが面白いです(^^)。
ただ、一晩目の辛味がまだまだ強めな方もそれなりにおいしいので、
好みによって作り分けてくださるのもありかな~?と考えています;。
今度、一週間近く寝かせてみたのも試してみますね!

千林豆ゴハン。さんにとってとんちんかんな意見でしたら、申し訳ございません。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/623-0ac037d7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ