『華中華』の“秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け”を再現!

軽い気持ちで就いた仕事が思ったよりも責任が重い上に難しくなってきて、キャリアウーマンでも仕事が出来る訳でもない(むしろ要領が悪くて凡ミスが多いポンコツ人間orz)一般人な私はクビにならないようオロオロしている毎日です(´Д`;)。その為、今日もギリギリの更新になってしまい、落ち込んでいます。ただ、大変ではありますが再現料理を作ったり記事を書いたりしている間は疲れが吹っ飛びますので、これ以後もなるべく頑張る所存です!
こんばんは、ウジウジと愚痴を言ってしまってすみません、あんこです;。

今回再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんがお見合いの席で相手の男性・康彦さんが育てた秋野菜をたっぷり使って作った“秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け”です!
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け図
前々回にご紹介した“秋茄子チャーハン”を作った事がきっかけで三島半島の農家である斉藤さんに気に入られたハナちゃんは、斉藤さんの一人息子で大事な跡取り・康彦さんと半ば断れない状況でお見合いすることになります。最初は「でも、お見合いするだけですからね。ちゃんとお断りしますからね!」と内心浮かない心境で話を受け入れたハナちゃんですが、いざ会ってみるとなかなかの好青年な上に野菜や農業について話が合う男性だった為、結構いいムードになってしまいます(ハナちゃんは農業高校を卒業後に満点大飯店に就職、康彦さんは農業大学を出てすぐにバイオテクノロジーや品種改良を研究する会社に就職し、後に農業を継いだとの事ですので、ごく自然な成り行きだったのかもしれません;)。
ちなみにこの日、康彦さんはハナちゃんに「うちの仕事の事を分かってもらいたくて、今、栽培している秋野菜を持ってきました!」と言い、ダンボールにいっぱい詰め込まれたチンゲンサイ・にんじん・ブロッコリー・ごぼう・新しょうが・大根・れんこん・山芋をプレゼントしています。どれもこれも丹精こめて作られた事が一目で感じ取れる素晴らしい出来の野菜ばかりだったので、ハナちゃんと康彦さんはまたまたいい雰囲気になるのですが、残念ながらそれもここまででした。何故なら、あまりにも瑞々しい野菜達を見ている内にハナちゃんの料理人としての血がつい騒いでしまい、「上海亭に帰って、斉藤さんが育てた野菜でチャーハンを作りたいです!」とチャーハン作りに燃えてしまったからです(^^;)。料理の事となると、お見合いの席もほのかな好意もたちまちフッ飛んでしまうハナちゃんの様子に初めて読んだ時は「このままだと、ハナちゃんは一生縁遠いかもしれない…;」と余計な心配をしてしまいましたが、同時に「このひたむきさこそ、ハナちゃんの魅力であり何よりの武器」と密かに安心したのを覚えています。
新鮮な野菜にハナちゃん大喜び
その後、急遽上海亭へ戻ったハナちゃんがプレゼントされた秋野菜全種類をどっさり贅沢に使用して作り、斉藤さんご夫婦と康彦さんにご馳走したのがこの“秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け”です。
作り方は普通のチャーハンよりもそこそこ手が込んでおり、ごま油と塩を入れたお湯で湯通しした秋野菜をオイスターソースなどで味付けして基本チャーハンに混ぜ込み、仕上げにおろし山芋・おろし大根・中華スープを合わせた物を上からかければ出来上がりです。
ハナちゃん曰く、「すりおろした山芋に大根おろしを入れるとキレがいいし、ビタミンCや消化を助けるジアスターゼが生きます」「それに、何より美味しくなりますから!」との事で、味だけでなく栄養にもこだわるハナちゃんらしい心配りだと脱帽しました。
この特製チャーハンは康彦さん達にも大受けで、おかげで斉藤さんはすっかり「こんなチャーハンを毎日作ってもらえたら、男として最高に幸せだな!」と上機嫌になります。しかし、ハナちゃんはにこやかな笑顔で間髪入れず「それでしたら、この上海亭にいつでも来て下さい。私はここだけで作っていますから(^^)!」とやんわりかわします。それまでは世間知らずな面ばかりが目立っていたハナちゃんですが、ここのシーンを見るとたおやかなようで決して折れない芯の強さが垣間見えるので、個人的にかなり好きなシーンです。
そんなこんなで結局お流れになってしまった二人のお見合いですが、実はハナちゃんと康彦さんのご縁はこれで終わりではありません。これ以後の展開は面白いのでもっと詳しく書きたいのですが、そこらへんは次のチャーハン再現の時に細々と書いていこうと思います(^^*)。
珍しい中華スープ味の山芋新鮮でおいしい秋野菜が近所の八百屋さんで安く大量に出回るようになって来ましたので、早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、特製山芋おろし作り。すり鉢の側面に擦り付けるようにして山芋を丁寧に細かくすりおろし、そこへ大根おろし、中華風鶏がらスープ、塩を入れてよくすります。その内混ざりきってなめらかになってきたら、特製山芋おろしの出来上がりです(冷蔵庫で冷やした方が、よりおいしく召し上がれます)。
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け1秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け2
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け3
次は、野菜の下準備。ごぼうは笹がきにして真水にさらし、チンゲンサイ、にんじん、ブロッコリー、れんこん、新しょうがはそれぞれちょうどいい大きさの小口切りにしておきます。
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け5秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け4
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け6
塩とごま油を入れて熱した大量のお湯の中に先程の野菜を全てガバッと投入し、軽く湯通し出来たらザルにあけて余分な水気をきります。
※気になる方は、硬い物から順々に入れて湯通しするのもアリです。
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け7秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け8
お湯をきっちりきれたら油をひいたフライパン(又は中華鍋)に湯通し野菜類を加えて炒め、塩とオイスターソースで好みの濃さに味付けして別皿に取っておきます。これで、野菜は準備OKです!
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け9秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け10
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け11
ここまできたら、いよいよチャーハン作り。以前、当ブログにてご紹介したハナちゃん流基本チャーハンの作り方通りにシンプルなチャーハンをあらかじめ作っておき(今回は野菜に味がしっかりついていますので、塩気は通常より少なめがいいです)、最後の段階でオイスターソース味の野菜炒めを投入してざっと混ぜ合わせます。
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け12秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け13
基本チャーハンに野菜が行き渡ったら火を止め、そのままお皿へ盛り付けて上から特製山芋おろしをたっぷり掛ければ“秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け”の完成です!
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け14
実際に作ってみると、その名通り本当に宝石箱のような豪華さでしたので、一瞬見惚れてしまいました。にんじんのオレンジ、ブロッコリーの緑、山芋の白、炒り卵のレモンイエローと見れば見るほど色鮮やかな出来栄えで、食べる前から圧倒させられます。香りもチャーハンにしては清々しいですし、何より山芋の見た目が雪みたいに綺麗なので、食べる前から楽しい気分になります。
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け15
それでは、熱々のチャーハンにひんやりした特製山芋おろしをたっぷりのっけて、いざ実食。いっただっきま~す!
秋野菜の宝石箱チャーハン山芋掛け16

さて、味ですが…様々な食感と香りが交差して、何とも言えない複雑なおいしさ!確かにこれは秋野菜の宝石箱と言っても過言ではありません!
未来の夫と義両親にも好評だった秋のチャーハン
新しょうがの爽やかな風味と、こっくりしたオイスターソースの旨味が染み渡ったチャーハンが野菜のエキスと一緒に舌の上へ広がり、不思議と満ち足りた気分になります。さらに、そこへ中華風の味付けがなされたとろとろ山芋がトロ~ンと絡み付き、まるで和風あんかけチャーハンみたいな味わいになっていました。山芋と言っても、大根のほんのりした甘味や中華スープの水分が程よく混ざっている為いわゆるとろろとは全く別物な感じになっていて、比較的キレよくサラッと軽く頂く事が出来ます。その上、山芋独特の匂いが薄まって淡雪みたいな舌触りに変化していた為、とろろが苦手な方でも抵抗なく食べられそうな味だと思いました。
コクある旨さなブロッコリーのシコシコした歯触り、優しい甘さがたまらないにんじんのサクサク感、ほのかな粘りがついているれんこんのバリバリした歯ごたえ、土の香りが香ばしいごぼうのザクザクした食感、そしてさっぱりしているチンゲンサイのシャキシャキ感がランダムで口の中を行き交うのが何とも賑やかで、とても心地よいです。あと、今から旬を迎える秋野菜をふんだんに使用したせいかスタミナ食とはまたひと味違った感じで力がみなぎってくるチャーハンで、強いて言うなら「野菜オンリーの八宝菜」みたいな印象を受けました。

秋野菜をこんな風な形で活かしたチャーハンは、おそらく世界中を探してもないと思います。野菜好きはもちろん、そんなに野菜が好きではない方でも気に入られそうな料理だと感じました。アレンジとして海鮮類(イカ・エビ・タコなど)を入れたら、来客用として立派に通用するメインになりそうです。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/627-4951b2bc
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ