『花のズボラ飯』の“ハナさん流明太子丼”を再現!

先日、東京に行った妹から「福岡のスーパーはどこでも絶対明太子が置いてあるけど、こっちは必ずしも明太子を置いているって訳じゃない(たらこはある)。仮にあったとしても、福岡の物よりかなり高い」という情報を入手し、激しくショックを受けました。今まで「もはや明太子はどこでもそれなりの値段で手に入る」と勘違いしていた為、結構恥ずかしかったです…orz。スイーツ脳ならぬ明太子脳で、申し訳ございません;。
どうも、明太子を丸ごと包んだ卵焼きにマヨネーズをたっぷりつけて食べるのが好きなものの、コレステロールを気にして一ヶ月に一回しか食べられないあんこです(´・ω・`)。

本日再現する漫画料理は、『花のズボラ飯』にてハナさんが電車の中でこっそり聞いたレシピを自分流にアレンジして作った“ハナさん流明太子丼”です!
ハナさん流明太子丼図
実を言いますと、『花のズボラ飯』は今回のお話でめでたく第二回目の冬を迎えます。とは言ってもハナさんに別段大きな変化がある訳ではなく、ノホホンといつも通りな日々を過ごしている様子なのが読んでて癒されました(^^*)。ちなみに今月号の冒頭で、ハナさんは本屋さんでのパート仕事を終えた後に乗った電車の中で「どうして電車で座るとこう眠くなるんだろう。夏は冷房で眠くなるし、冬は暖房で眠くなるし…」「電車は大人のゆりかごね」という名言を残しています。確かに、クタクタになって乗った電車には眠気を誘う魔力がありますので、激しく共感です(そのパワーたるや凄まじく、私自身高校時代に一度だけ爆睡して終着駅まで辿り着くというお約束をやらかした事がありますorz)。『花のズボラ飯』はおいしそうなズボラ創作料理がバンバン出てくるのはもちろん、本家である『孤独のグルメ』に負けず劣らずなさりげない名言が飛び交うので、ついつい隅から隅までチェックしてしまいます。
電車は大人のゆりかご…う~ん、名言
今回再現するのは、電車でうっかり眠りこけていたハナさんが唐突な振動で目を覚ました後、自分のまん前に立って料理談義をしていた若い青年二人組がひょんな事で話題にした明太子丼。元はといえばこの料理は片方の青年だけの十八番料理だったのですが、もう片方の青年が料理に不慣れなのにも関わらず「俺の彼女料理作んねぇよ。どっちかっつーと俺が作ってるよ」と言っているのを聞いて「じゃあさ、超簡単で超うまい丼教えてやるよ」と言って親切にも詳しく教えてあげたのが話の発端でした。この時、見知らぬ二人の会話を聞くのをちょっと後ろめたく思いつつ、食いしん坊精神でそ知らぬ顔をしながら必死に耳をダンボにして聞くハナさんの表情がかわいかったです(でも、話の最後らへんで耐え切れずにお腹をグ~ッと鳴らした為、結局晒し者状態になっちゃいました^^;)。
作り方はかなり簡単で、丼ご飯の上に豆腐・明太子・白ネギ・バターを乗っけてラップをし、レンジで軽くチンをして醤油をピピッとかければもう出来上がりです。青年曰く「うーん…ネギはなくても…いや!やっぱネギポイント高い」「バターをひとかけ乗せるのが超重要」との事で、速攻出来る割にはレベルが高いおいしさに仕上がるんだとか。ただ、私が今回作るのはハナさんが長年の主婦の勘でカツオ節をパラパラ~ッと加えた“ハナさん流明太子丼”ですので、ほんのちょっぴり手がかかります(とは言っても、カツオ節を振るだけなのであっという間です^^)。
それにしても、お腹がペコペコな状態な時に目の前でこんなそそる料理の話を語られたら、私もいけないとわかってはいてもつい盗み聞きをしてしまいそうです;。昔に比べると最近は個人の考えたアイディア料理を知る機会は大分増えましたが、それでもまだまだ斬新でウマーそうな料理がひょっこり口づてで伝わってくる事は結構多いので、つくづく料理に果てはないな~と実感させられます。
電車での見知らぬ二人の会話をこっそり効いてしまうハナさん
ハナさんは愛すべき夫・ゴロさんの博多出張土産の明太子で作っていましたが、私は頼りになるしっかり者の母が安売りの際に買いためて冷凍しておいた明太子で早速再現してみようと思います。

という事で、レッツ再現調理!
まずは、明太子を皮から出す作業。普通にお箸でしごいて取り出すのも十分アリですが、実は作中でハナさんは学生時代からの親友・ミズキさんから直々に教わったという画期的な「手を汚さない明太子の出し方」を実践していましたので、私もその方法で明太子を出してみる事にします!
手を汚さずに明太子を取り出す方法
明太子はお腹が裂けている方を下にしてラップへ乗せ、そのままクルクルと巻き寿司のように包みます。その際、ラップはゆるゆるではなくぴっちりとなるように包むのがポイントです。
ハナさん流明太子丼1
ハナさん流明太子丼2
しっかり巻けたら余っているラップの部分をハサミでチョキンと切り、上からではなく下の方からゆっくり丁寧に押し出します(あんまりギューギュー押し過ぎると皮が破けて中がグチャグチャになりますので、力加減には要注意です)。こんな調子で最後まで中身をしごき出せたら、明太子の用意はOKです。
蛇足ですが、本当に手を汚さずキレイに明太子を取り出す事が出来たので驚きました。指だけでなく菜箸も併用して出すとさらにやり易くなりますので、この方法はお勧めです!何より、ベチャベチャひっついて非常に扱いにくい皮がラップごとサッと捨てられるのに感動しました。福岡県人だけでなく、世界中の人に広めたいやり方です。
ハナさん流明太子丼3ハナさん流明太子丼4
ハナさん流明太子丼5
次に、炊き立てご飯をよそった丼かお茶碗の上へ、水気をきって手でぐちゃぐちゃっとつぶした絹ごし豆腐→薄く削ったカツオ節→先程ほぐしておいた明太子→刻んだ白ネギの順にどっさり乗せ、バターをひとかけ落とします。
※白ネギがない場合は万能ネギでも可ですが、個人的に白ネギ特有のしゃっきり感がこの丼にはかなり重要な役割を果たしているように感じましたので、よろしければ初回はなるべく白ネギでお試しになられる事を推奨いたします。
ハナさん流明太子丼6ハナさん流明太子丼7
ハナさん流明太子丼8ハナさん流明太子丼9
ハナさん流明太子丼10
具を全て乗せ終えたらラップをふんわりかぶせ、高すぎないワット数に設定した電子レンジ(500Wくらいなら失敗は少ないと思います)で約一分~一分半加熱します。この時、あんまり長くレンジに入れすぎると明太子がパサパサになって台無しになりますので、なるべく様子見をしながらかけた方がいいと思います。
ハナさん流明太子丼11
バターがちょっと溶けるくらいが頃合なので、そうなったらレンジからすぐに出し、仕上げに醤油をピピッと少量かければ“ハナさん流明太子丼”の完成です!
ハナさん流明太子丼12
バターの胸がときめくような香りがプンプン漂い、それと同時に白ネギのほのかにツンとくるような爽やかな香りが鼻をくすぐります。見た目も明太子のピンク・白ネギの緑・豆腐の白の三色がかわいらしい感じで、内心「これは絶対に美味しいはず…(´Д`;)タマラナイ」という確信を持ちました。
ハナさん流明太子丼13
バターが完全に溶け切ってしまう前にご飯を軽く混ぜ混ぜして、いざ実食!いっただっきま~す!
ハナさん流明太子丼14

さて、味の感想ですが…うっまぁ~~~い(ハナさん風)!!一口目からすぐに満足させてくれる程のパワーがあるのに、結構あっさりしてます!
明太子丼を手に叫ぶハナさん
箸が止まりません!まったりこってりした力強いおいしさのバター醤油ご飯に、ピリッとくる辛旨さが特徴的な明太子が相性抜群な組み合わせで、思わずガツガツと勢いよくかっこんでしまいます。正直、明太子・バター・醤油だけだったらくどくて胸焼けする所でしたが、ザクザクシャキシャキと小気味良い歯触りの白ネギが絶妙なアクセントになっている上、ふんわり柔らかい豆腐が後口をさっぱりさせてくれる為うまい具合に中和されていました。魚卵の塩漬けだからこそ出せるねっとりした深い塩気がご飯にがっちり隅々まで絡んで離れない為、割と濃い味付けなはずなのにすごく癖になります。ハナさんの言う通り「豆腐が地味に効いてる」感じで、決して目立たないものの、豆腐の淡泊な甘味と優しい口当たりがこの丼のバランスをひっそり支えているような印象を受けました。
カツオ節のキリリとした風味と出汁成分が全体をキュッと引き締めており、なかなかのいい仕事ぶりです。個人的に、カツオ節が入っている場合は「落ち着いた和風の大人味」、ない場合は「ストレートな洋風の子ども味」という勝手なイメージを持ちました;。あと、これは作中でも指摘されていた事ですが「ご飯版・バター醤油の明太子パスタ」みたいな感じで、どこか馴染みのある味わいでした。

バター醤油は途中からどうしてもくどくなって飽きやすいのが欠点ですが、この丼は豆腐が絶妙にサポートしてくれる為、安心して食べる事が出来ます。ただ一つ注意点を挙げるとするなら、当然の如くビールとばっちりの相性なので、ついつい飲むペースが上がっちゃうというところでしょうか(^^;)。晩酌と晩御飯を同時に済ませることが出来て効率がいいので、パパッとお腹一杯になりたいときには心強い味方になってくれそうです。

●出典)『花のズボラ飯』 原作:久住昌之 作画:水沢悦子/エレガンスイブ(秋田書店)
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.10.18 Mon 22:03  |  

あんこさんこんばんは

なにを隠そうわたしは明太子が大好きなので、これはぜひやってみたいです!
もう、おいしくないわけがないです!

私は北海道在住なので、九州でどのように明太子が売られているのかわかりませんが
以前TVで魚が入っているような発泡スチロールのパックで明太子がうられているのを見て
博多華丸大吉さんがとてもおどろいていて
「福岡では木の箱に入って売ってる」と言っていたので
「やっぱり本場はちがうなあ」と思ってました。

ただ明太子がだいすきなので、明太子のためだけに九州に行くのもいいなあなんて思ってますw

  • #pQ10pJ/g
  • 玲音
  • URL
  • Edit

2010.10.19 Tue 23:15  |  玲音さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

おお~、玲音さんは明太子が大好きでしたか!
福岡県人として非常に嬉しくなりました(´∀`*)。
この丼は明太子好きには垂涎ものな旨さですので、是非おすすめ致します。

確かに、木の箱に入って売られている上等な物のもありますが、普通のスーパーで売られている物はごく平凡な発泡スチロールパックがほとんどです(^^;)。
福岡でも一級品はかなり高嶺の花ですので、日常的によく食べているのは切り子(形が崩れていたり、皮が破れたりなどした明太子をブツ切りにした激安商品。見た目はグチャグチャですが、品質が悪い訳では決してない為味はそれなりに美味です)や三級品の明太子くらいが関の山ですorz。
福岡には明太子がたっぷりぬられている明太フランスが70~80%近くのパン屋さんで売られていますし、何よりコンビニの明太子おにぎり一つ取ってもクオリティが高いので(物によりますが、大抵は粒がそろっている奴が気前よく入っています)、よろしければいつか足を運んで頂けますと光栄です。
あと、明太子以外に九州名物でおすすめなのはかしわめし(鶏・ごぼう・にんじんなどの具を醤油や砂糖で甘辛く煮付けて作った素をご飯に入れて作る炊き込みor混ぜご飯。福岡のうどん屋さんには必ずと言っていい程置いてあります)やごぼう天うどんですので、覚えて頂けますとありがたいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.21 Thu 08:51  |  

これはちょっと納得いかんですね。
明太子はそのまま炊きたてご飯で食べるに限ります。

2010.10.21 Thu 13:25  |  明太子はお高いもの

あんこさん、こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。

確かに、関東の僕の住んでいる地域では明太子は高いですね。
親指くらいの太さ、人差し指くらいの長さのものが3腹入ったパックで
600円くらいします! 明太子を使ったメニューは色々好きなものが
ありますが、この値段のせいでおいそれと作れない状況があります。
スーパーやコンビニで売っていない事はめったに無いのですが…。

話は変わりますが、以前九州福岡のホテルに泊まった時、朝食に
明太子とおきゅうとの小鉢が出ました。その他は卵焼きや焼き鮭など
定番の和食メニューだったのですが、「さすが九州だな~」と思った
のを思い出します。明太子は立派な太さの身を短くカットしてあり
ました。色もきれいなピンク色でしたね(こちらの明太子はチンケな
身にどす黒いようなド赤い色が特徴です)。

『花のズボラ飯』、早く単行本になって欲しいですねー。個人的には
『絶品!名古屋メシ』が(タイトルが変わりましたが)11月に単行本化
されるのを密かに楽しみにしているのですが、『花のズボラ飯』は
まともに読んだ事がないので単行本で初期の話を読んでみたいです。

これからも再現料理楽しみしてます。では、また~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.10.22 Fri 18:56  |  名無しさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

確かに、明太子は白ご飯にのっけるだけでもかなりおいしいですよね。
私自身、普段は明太子+ご飯だけで食べています;。
しかし、この明太子丼もすごくおいしいですので、いいですよ~。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.22 Fri 19:10  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ろ、600円…(゜Д゜;)!確かにそれは少々高めですね;。
福岡だと、同じサイズの明太子三腹を298~398円くらいで買える為、
改めて明太子の価格の地域差を実感いたしました
(切子に至っては、ゆうに六腹分くらい入ってて300円程度です)。
それくらいのお値段でしたら、私も白いご飯で楽しむ事オンリーにしちゃうと思います;。

実を言いますと、おきゅうとの需要は半ば年々衰退しているため、
あまり身近な庶民の食とはいえない存在になっているのが現状です。
しかし、明太子や丸天(白身魚のすり身をひらべったく揚げた物)は
未だに庶民食として根強い物があります。
あと、こちらもピンクの明太子だけでなくまっかっかな激辛明太子「どっから」も
ある為、色はそこまで統一されていない感じです。

『花のずぼら飯』、私も早く単行本化して欲しいと願っています…。
一話から最近の話まで早くぶっつづけで読み返したいな~と
考えているため、既に単行本に出来る話数になるのを指折り数えて楽しみにしています。
それにしても『絶品!名古屋メシ』の単行本も是非一度読んでみたいです。
あちらは喫茶マウンテンが個人的に興味があります(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.28 Thu 20:39  |  

明太子 / たらこ ですが、ラップでわざわざ巻かなくても、片方の端っこを切って、反対側の端から包丁の裏でしごけば、中身は出せますよ。

指は少々汚れますが。

2010.10.28 Thu 21:16  |  muさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なるほど、確かにその方法でもうまく明太子の中身が取れますね~!
やはり、明太子の取り方はオーソドックスなのが一番なのかもしれません。
でも、ハナさんのやり方も指が汚れなくて面白いのでおすすめです(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.02 Tue 00:41  |  なんちゅうものを読ましてくれたんや!(京極風に)

管理人様、初めまして。「花のズボラ飯」を検索してこのブログに当たりました。この「ハナさん流明太子丼」以外の作例とかも見るにつけ、よだれとか、涙とか、首から上から出る液体が止めどなく流れ出るのを抑えられません。これからじっくり他の作例も見ます!

  • #-
  • ONO
  • URL

2010.11.02 Tue 07:49  |  ONOさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、そんな大したブログではありませんので、京極さんの名言を出されてしまうと非常に恐縮してしまいます
(むしろ、他の再現料理ブログ様に比べると低レベル極まりない為、
「これに比べると、あんことやらのブログはカスや」と京極さん風に評価されても仕方がないです;)。
ただ、ほんの少しだけでもONOさんのお暇潰しの一助にでもなれれば光栄です。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.06 Sat 21:18  |  はじめまして

花のズボラ飯が12月20日に単行本化するようです

秋田書店の新刊情報に掲載されていました。

単行本の発売と新しい再現料理楽しみにしています。

  • #-
  • xUx
  • URL

2010.11.07 Sun 00:52  |  xUxさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、先日もある方からコメント欄にて告知の画像を見せて頂いたのですが、12月20日発売の報は大変嬉しかったです。
まだかな~まだかな~?と心待ちにしていた矢先の吉報だった為、興奮しました。
購入次第、何か記念になるような記事が書けたらいいな~と考えております。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.07 Sun 10:44  |  こちらを参考に作ってみました☆

はじめまして。 ブログ楽しく拝見しています。

九州物産展で明太子を買ってきたので作ってみました。

バターとネギが無かったので、家にあったマヨネーズとかいわれで代用。
(塩と卵と油、辛味としゃきしゃき感が似てるかなーと思って)
ですが、なかなかでした。

ほんとに食後お腹にもたれないのが良かった。おいしかったです♪
明太子マヨネーズパスタを作った時は、すごくもたれたので、
豆腐とかつぶしに感謝です^^

福岡に行った際には、コンビニで明太子おにぎりを食べて見たいです。

  • #-
  • hinemosu
  • URL

2010.11.07 Sun 20:54  |  hinemosuさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

楽しく読んで下さっているとのお言葉、大変嬉しかったです。
何と、九州名産展というイベントが実際にあるのですか~!
あまりにも身近な地域なので盲点でした。地元人間として、非常に光栄だったです。
それにしても、かいわれとマヨネーズで作るのもおいしそうですね~!
おいしかったと聞き、ほっと一安心です。
お豆腐やカツオ節をいれると、ふんわりあっさりな和風味になるのがいいですよね。
今度、私もマヨネーズ&かいわれバージョンを是非試させて頂きます(^^)。

よろしければ、福岡にお越しの際は明太子おにぎりやうどん、とこつラーメン、かしわめしを是非どうぞ~。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.09 Tue 17:35  |  

これ、私も本誌で見た晩に速攻作ってみたのですが、あんこさん作は見た目もきれいですね。
こちらのページを見て、ネギは緑の細ねぎよりも長ねぎを使うほうが、全体の色味がパステルチック?できれいで好きだなあと思いました。たくさんのっけるといいですね……また作ろう!
他の再現料理シリーズも色々読ませていただいております。
このブログ大好きです!

  • #-
  • 通りすがり
  • URL

2010.11.10 Wed 07:43  |  通りすがりさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

何と、通りすがりさんも既に再現なされていましたか~!
この丼は明太子好きにはたまらないので、今ではすっかりお気に入りです(^^)。
いえいえ、まだ未熟な出来栄えなのでお恥ずかしいです;。
確かに、長ネギ使用の方が見た目も味も変化がつく感じで、個人的におすすめです。

当ブログみたいな小さく拙いブログを大好きだと言って頂けて、非常に嬉しかったです。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで下さりますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2013.08.18 Sun 23:23  |  

写真のものは「明太子」ではなく「辛明太子」ではないでしょうか?
花さんは「明太子」といっているので、普通の「たらこ」で良いのではと思うのですが、実際の所どうなんでしょうね

  • #-
  • FB7*3
  • URL

2014.10.06 Mon 21:16  |  

このどんぶり豆腐が良い仕事してますよね
ありがとうふ・・・なんつって

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/632-dbbf47aa
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ