『華中華』の“お正月チャーハン”を再現!

今の所、『華中華』の単行本に載っているチャーハン全てを再現しようとあれこれ作っているのですが、ストーリーの進行と共に再現するという無謀な試みをしているせいか、遅々として進みません…orz。この分だと、再現を熱望している“賀茂茄子チャーハン”や“獅子唐肉詰めチャーハン”にいつになったら行き着くやら…でトホホとなっています。
『華中華』のレシピ量自体が多いのはもちろん、季節感のある旬限定の食材(例:いちご、スイカ、菜の花など)を使うチャーハンまで混ざってきたり、その他にもさらに「再現料理まとめリンク」に載せている漫画からもちょこちょこ料理を再現し続けたり(最近は『クッキングパパ』に力を入れている傾向があります)、右欄にある「再現料理を予定中の漫画」リストも再現する事によってそろそろ空欄にしたいと考えて色々用意をしているのが原因で、その結果皆様を待たせてしまう結果となっております。誠に申し訳ございません。
そんなこんなで、私自身が力量不足なのにも関わらず手を広げすぎた観が強くなってきましたので、当分はこれ以上再現料理を作る漫画を極力増やさず、今現在に前置きやリストにて「作ります!」と宣言している料理&漫画の方からキレイさっぱり片付ける事を意識して更新しようと思います。恐れ入りますが、ご了承して頂けますと幸いです。
どうも、この前置きを書いている最中に何故か「とんこつラーメンだけでなく、醤油ラーメン・味噌ラーメン・塩ラーメン・カレーラーメンも置き始めて経営が迷走してきた近所の某ラーメン屋さん」を思い出したあんこです。

今回再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが二十歳になる新年の元旦に上海亭で作って出した“お正月チャーハン”です!
お正月チャーハン図
ハナちゃんが満点大飯店にやって来て二年目の大晦日、同じ社員寮に住んでいる人達が続々と実家へ帰っていく中、ハナちゃんは一人だけ寮に残って年越しをする事を決めます。本当は家族のみんなと一緒にお正月を過ごしたかったそうですが、ハナちゃんが書いた手紙によると「修行中の今、徳島に帰って父ちゃんや母ちゃん達の優しさに触れちゃうと、辛い事に耐えられないダメなじぶんになっちゃいそうなの…。だから、今は帰らないよ。でも、一人前の中華料理人になったら必ず帰るよ」との事で、何だかしんみりしちゃいました(´・ω・`)。人間、幸せな事にはすぐに慣れるものの、辛い事にはなかなか慣れないものですので、あえて辛い道を選んで精進するハナちゃんは将来必ず立派になると思います。
そして大晦日の夜、ハナちゃんは上海亭のおじいさんとおばあさんと初詣に行った帰りに、寮の管理人・中村さんに「ここに残っているのは二人だけみたいですし、よかったらお雑煮を一緒に食べませんか?」と話しかけて食卓を囲みます(ちなみに、神社でハナちゃんが参拝をしている時に楊貴妃さんは日本の神様に「ハナちゃんを守っておくれよ、でないとこの楊貴妃が承知しないからね!」とお願いをして「…うん」と言わせています;。正直、数百倍くらいご利益がアップしそうなので羨ましいな~と感じました^^;)。実を言いますと、中村さんはハナちゃんの大叔父であり、前・満点大飯店のオーナーでもあるという縁のある人物なのですが、ハナちゃんはそれを知りません。
この時、ハナちゃんは元旦の朝に上海亭のお客さんへ振舞うチャーハンについて悩んでいたのですが、中村さんの「やっぱり正月は餅が一番だよ!」という言葉で「そうか…お餅だ、これだ!」と見る見るうちにアイディアが浮かびます。これがきっかけとなって考え出されたのが、この“お正月チャーハン”です。
大叔父さんとお雑煮を食べた事がチャーハンのヒントに
作り方は結構シンプルで、コロコロッと角切りにしたお餅を揚げて七味唐辛子、醤油、花鰹をまぶし、同じく揚げた桜海老と共に基本チャーハンへ混ぜ込めば出来上がりです。お正月というと、中華料理よりはどうしてもおせちや和食がイメージとして頭に思い浮かびますが、こちらのチャーハンは日本のお正月らしい縁起のいいものがたくさん入っているので、比較的すんなりと新年に受け入れられそうな感じがします。ハナちゃんが言うには「揚げたお餅はチャーハンと相性がいいんです」との事なので、どんな味なのか最初読んだ時はかなり興味を持ちました。
揚げたお持ちに下味をつけるのがミソ
このチャーハンは珍しい事に、ハナちゃん達が食べた感想が作中に一切載っていなかったので、前々から実際に作って確かめてみたいと考えていました。お正月にはまだ三ヶ月ほど早いですが、予行練習として早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、食材の下準備。切り餅を一センチ角の大きさに切り分けたら高温の油で柔らかく膨れるまで素揚げし、ぷく~っとしてきたらキッチンペーパーの上で余分な油分をきります(この時、くっついていたら包丁で再度ザクザク切ります)。
お正月チャーハン1お正月チャーハン2
油をきったらボウルへ入れて醤油、七味唐辛子、花鰹を加え、お箸でよく絡めます。その際、醤油味はしっかりつけておいた方がよりおいしくなります。これで、おもちの準備はOKです。
※はっきり言って、このままパクッと口の中へ放り込んでも十分ウマーだったです(^^*)。日本茶にぴったりな軽食って感じの味でした。個人的に、ここへ大根おろしを足してからみ餅風にしてもなかなかいけそうな気がしました。
お正月チャーハン3お正月チャーハン4
その間、ついでに桜海老も同じく高温の油で軽く揚げてキッチンペーパーの上へ引き上げておきます。
お正月チャーハン5お正月チャーハン6
次は、肝心のチャーハン作り。以前にご紹介したハナちゃん流基本チャーハンの作り方で簡単なチャーハンを手早くササッと作り、最後の仕上げの段階で先程用意しておいた味付き揚げ餅、揚げ桜海老を投入してザッと混ぜ合わせます。
お正月チャーハン7お正月チャーハン8
具とチャーハンが大体混ざったらすぐに火を消し、そのままお皿へ盛り付けて仕上げに焼き海苔を切って散らせば“お正月チャーハン”の完成です!
お正月チャーハン9
桜海老の赤、卵の黄色、海苔の黒、長ネギの緑の色合いがすごくキレイで、見た目だけでも楽しめます。おまけに、桜海老の強烈かつ華やかな香りがそこら中に漂う為、鼻でも楽しむ事が出来ました。あちらこちらから顔を覗かせている揚げ餅のこんがりした焼き目が何とも美味しそうで、味に期待が持てます。
お正月チャーハン10
それでは、熱々の内にいざ実食!いただきま~す!
お正月チャーハン11

さて、味ですが…目茶苦茶いい匂いが噛むごとに口の中へ溢れ出て来ておいしいです!確かに、こりゃ~めでたい感じがします!
基本的な味わいは『クッキングパパ』の“おかかチャーハン”に多少近い物があるんですが、あちらが「和中折衷」だとするならこちらは「完全和風」だと思いました。とにかく、今まで食べてきた中で断トツに香ばしくて個性的なチャーハンです。サクサクパリッと軽く揚がった桜海老がまるで出来たてのエビセンみたいなおいしさに仕上がっていて病み付きになりますし、その上七味の複雑な風味と舌が痺れそうなピリ辛醤油味がしっかり染み込んだ揚げ餅のもっちりクニクニした食感がとても独特で美味でした。また、出汁成分が次から次へとにじみ出てくる花鰹の濃い旨味もこの一風変わった純日本風チャーハンにぴったりですし、簡単な割にはよくまとめ上げられている料理だと感心しました。
ポイントはやはり揚げ桜海老で、これがたっぷり入る事によって生み出される尋常じゃない程の香り高さ・後を引く歯触り・海老特有のあっさりしたエキスはかなりご飯に合っていました。上にふりかかっている海苔も程よいアクセントになっていますし、何より少量でも腹持ちがいいのに満足です。見た目通り日本酒とそこそこ合いますし、お正月どころか晩酌のお供としても最適なチャーハンのように感じました。

おせち料理に飽きてしまった時に、身の回りであまっている食材でパパッと作れそうな気安さが嬉しいレシピです。揚げ桜海老は入れれば入れる程ウマーになりますし、そのままかじってもスナック感覚でいけますのでおすすめです。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.10.14 Thu 20:39  |  

あんまり手を広げすぎると、それが逆に自分を緊張させるとも言いますからね。ページビューが増えたからといっても頑張りすぎずに、あんこさんも自分のペースで再現料理を発表して下さい。読者は、それほど急いでいるわけでは無いのですから。それよりも長く続く事を願っています。更新があると嬉しいのは確かですけれど。

  • #-
  • oguogu
  • URL

2010.10.14 Thu 21:33  |  すごいなぁ、華中華は・・。

焼飯の具に「餅」ですか!
すごいなぁ華中華は。餅が手に入ったらやってみようかしら(^^)
そうそう、食漫で連載されていた「激辛クッキング」が単行本に
なったので、一昨日買って来ました。
ちなみに「美女が小銭を握り締めて隣に住んでいる男性にごはんを
つくらせる。」漫画です。では。

  • #-
  • 波多野鵡鯨
  • URL

2010.10.15 Fri 19:21  |  oguoguさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

計画もろくに立てられないような私などにもったいない
お気遣いをして下さり、誠に感謝です。
自分のペース…う~ん、確かにちょっと無理してるかもしれません;。
しかしこれ以上、「作ります」「やります」と言っているのに
だらだらと皆様をお待たせしてしまう事は非常に心苦しいですし、
何より「予定リストに載せた料理漫画・作ると誓った漫画料理・
リクエストされて受け入れた漫画料理は全部再現するぞ~!!」
と心の中で燃え盛る情熱の炎(苦笑)がメラメラ燃え盛って
なかなか消えてくれない為、それをおさめる為にも当分は今みたいな
突っ走りモードで頑張ろうと思います。

おかしな話ですが、再現料理も仕事も私生活も実家の家事も
忙しいのに、それがすごく楽しいんです
(目を回して酔っ払っているだけかもしれませんが;)。
ただ、あともう二~三年たったらいい具合に落ち着いてくるのでは?と
予想していますので、その時まで生暖かく観察して頂けますと嬉しいです。

あと、末永いブログの存続についてですが…
これだけは「大丈夫です!」と断言できます(^^*)!
大げさですが、生きている限りずーっと再現料理を続けていくつもりです。
五年前から今まで、私もブログも色々と移り変わってきましたが、
何だかんだあってもここは私にとって大切な場であり続けています。
むしろ、私の未熟さに皆様が呆れて徐々に離れていくのではとすら
感じているくらいです;(でも、それはしょうがない事だと思います)。

去年から今まで、私は望外な幸せをここで得る事が出来ました。
その幸せを与えてくださった皆様に、記事を書く事によって少しずつでも
ご恩返しがこの場で出来ればいいなと、私は考えております。
…気持ち悪かったら申し訳ございませんorz。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.15 Fri 19:33  |  波多野鵡鯨さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、今回は珍しい事に、お餅が入っている変わり種チャーハンです。
波多野鵡鯨のおっしゃる通り、『華中華』は毎回すごく個性的な
チャーハンが出てくるのでいつもワクワクしながら再現しています。
揚げ餅は以外にもチャーハンに合うので、よろしければ是非どうぞ!

『激辛クッキング』…辛い物好きな私には非常にそそる題名です。
本当なら今すぐにでも追加したいのですが、それをしてしまうと宣言
した意味が全くなくなってしまいますので、現時点は涙をのんで
断念いたします…。せっかくいい情報を下さったのに、すみません。

しかし、未再現リストから料理漫画を一~二個減らす事を成功出来たら、
すぐに加えさせて頂きますので、恐れ入りながらその日までお待ち
して頂けますとありがたいです(多分、年内には可能だと思います)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.10.15 Fri 22:33  |  具がお餅・・・

パンやドーナツだけでなく、
ついにチャーハンにも「モチモチ感」を演出する時代に!?
と思いましたが…
そっかそっか、揚げるんですね(笑)
ビックリした。

しかし、この食感は一体!?
そう思うぐらいな未知を感じます。
アレですね、チャーハン界のニュータイプですね。
すごいプレッシャーです。


再現料理…
現在、あんこさんが再現なされている漫画・小説だけでも、
かなりの量でスゴイなぁと思ってました。
その上で、他にも予定なさっている作品も多いですものね。
あんこさんの思うようにしちゃえば良いと思います!

個人的に、再現予定の中に
『王様の耳はオコノミミ』がラインナップされてますね。
もしや単行本購入の機会が?
コチラの再現もゆっくりと楽しみに待っております(^^)

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.10.16 Sat 17:32  |  ミトナリさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、どうやらまだ時代はチャーハンにパラパラを求めているようです(笑)。
このレシピだとお餅は揚げて具にする感じですが、結構合っててウマーでした。
チャーハンの水分でカリッと感は少々消えるものの、その分もちもちして
けっこうよかったですよ~(^^)。
確かに、これまでの常識を覆す独特の食感なので、チャーハン界のニュータイプ
といえなくもないです。あるいは、チャーハン界の白いヤツでも可です(^^;)。

そのように温かいお言葉を頂けますと、非常にありがたいです。
正直、これまで自分勝手な更新をしてきたという自覚がございますので、
これからは出来る限り皆様を色々な意味でお待たせさせない更新を
していきたいと考えています。
『王様の耳はオコノミミ』は、最近ようやくある本屋さんで見つけられましたので、
早速購入して読んで見ようと考えています。
その為、いま少しだけお待ちして頂けますと嬉しいです(勝手ですみません;)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/633-90c6691b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ