『華中華』の“華子特製バレンタイン・チャーハン”を再現!

ここ数ヶ月ほど、「ガンダムアストレイ レッドフレーム」、「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」、「ベアッガイ」が組みたくてたまらないのですが、資金不足の為ずっと購入を見送っていますorz。来年の二月には待望の「デスサイズヘルカスタム」のMGが発売されるというのに、煩悩は増える一方です;。ただ、つい先日ようやく「スーパーカスタムザクF2000」が手に入ったので、それを組む事で渇きを癒そうと思います(ものすごくマッスルな機体で、「これでもか!」というくらい重装備な所がナイスです)。
こんにちは、ガンプラに例えるなら「デンドロビウム」のような体格の管理人・あんこです。

今回再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが康彦さんの為だけに作ったバレンタインの贈り物“華子特製バレンタイン・チャーハン”です!
華子特製バレンタイン・チャーハン図
ハナちゃんと康彦さん(このお話の際に初登場した、ハナちゃんが一度お見合いした男性。上海亭に野菜を卸してくれている農家の跡取り青年でもあります)が知り合って数ヶ月が経過した頃、二月十四日のバレンタインにハナちゃんは康彦さんに本命チョコをあげることにします。それまではあまり康彦さんを意識しておらず、最初はチョコをあげようとすらしていなかったハナちゃんですが、おじいさんとおばあさんから「康彦さんにはチョコをあげないの?」と聞かれることによって初めて康彦さんを異性として意識しだした様子が初々しい回です(^^)。
そこでハナちゃんは上海亭のお客さんが途切れた頃を見計らい、大急ぎでとある高級店のチョコを買って満点大飯店の方へ戻るのですが、運の悪いことにいつも意地悪ばかりしてくる先輩三人衆のチビ太・ヒョロ吉・ブーちゃんに高級チョコが見つかってしまいます。そして、ハナちゃんが誰にあげるのか言えずにいる内に三人組は高級チョコをすばやく奪い取り、何と勝手に包装をビリビリに破いて遠慮なく食べてしまいました;。正直、いくら前のページで「…ねえ二人とも、バレンタインのチョコもらったことある?」「俺はあるぜ!高校の時、母ちゃんがパチンコで取ってきたチョコ」「ばーか、そんな物は本物のバレンタインのチョコじゃねーよ」というサハラ砂漠並みに乾きった会話をしていたからとはいえ、この仕打ちは未だに狼藉以外の何物でもないと読むたびに怒りを感じます(`・ω・´#)。ただ、その数秒後に「せっかくハナちゃんがなけなしのお金で買ったチョコなのに~!」と怒り狂った楊貴妃さんによってゲンコツがお見舞いされたので、ちょっとだけスカッとしました;。
勝手にハナちゃんのチョコを貪り食う先輩三人衆
月給三万円のハナちゃんは残念ながら買いなおす余裕がなかった為、終業後仕方なく手ぶらのまま康彦さんが待つ上海亭へ行きます。すると、事情を知った康彦さんは健気にも「…でも俺、華子さんの気持ちだけで嬉しいです!」「実は俺、甘い物は苦手で辛い物の方が好きなんです」と強がって落ち込んでいるハナちゃんを慰めてくれます。内心がっかりしているのに、こういう風に相手を精一杯思いやれる康彦さんはいい男性だと思います(^^*)。
そんな時、楊貴妃さんが耳元で「ハナちゃん、バレンタインはチョコと決まってる訳じゃないんだよ!」「心を込めた物を贈ればいいんじゃないのかい?」と言ってくれたのに勇気付けられたハナちゃんが康彦さんが大好きな辛い物ばかりを使って作ったのが、この“華子特製バレンタイン・チャーハン”。
作り方はそこそこ変っていて、何と切らずに味付けした豚ばら肉とキムチを天ぷら(!?)にした物を具にし、唐辛子油でいためて作った基本チャーハンに混ぜ込んで甘いハート型の薄焼き卵を上に載せれば出来上がりです。
ハナちゃん曰く「子どもの頃、父ちゃんがキムチを天ぷらにして酒の肴にしていたのを思い出したんです。とってもご飯に合うんですよ!」との事で、確かに作中で見る限りはかなりおいしそうな仕上がりでした。キムチを使用するチャーハンとしては珍しい事に、キムチや漬け汁をご飯に直接からませないやり方というのも興味深いですし、初めて読んだときからいつか是非作りたいと思っていました。
キムチの天ぷらをチャーハンに
この“華子特製バレンタイン・チャーハン”をプレゼントされる事によって康彦さんはハナちゃんへの恋心をさらに募らせ、ハナちゃん自身も急速に康彦さんに惹かれて行くので、そういう意味では非常に重要な役割を果たしたチャーハンです。バレンタインはまだ先ですが、おいしそうですので早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、材料の準備。砂糖で甘く味付けして焼いた薄焼き卵をハート型に切り、キムチはザルにあけておいて軽く漬け汁をきっておきます(原作にはない手順ですが、天ぷらにする時揚げやすくなります)。ちなみに、キムチは巷で評判な国産手作りキムチを買って使いました。
※余った漬け汁は、炒め物や煮物の味付け・白菜などの漬物にかけてキムチ風・卵かけご飯に混ぜるなどなど、結構使い道があるので便利です(^^)。
華子特製バレンタイン・チャーハン1
華子特製バレンタイン・チャーハン2
豚バラ肉のスライスはきらずにそのままボウルに入れ、一味唐辛子、醤油、日本酒、ゴマ油を加えてしっかりもんで下味をつけます。豚ばら肉に調味料がよく染み込んだら中火で熱したフライパンでこんがりするまで炒め、好みの炒め加減になったら別皿へ一旦取り出しておきます。
華子特製バレンタイン・チャーハン3
華子特製バレンタイン・チャーハン7
程よく漬け汁が落ちたキムチは天ぷらの衣に一口分ずつくぐらせ、170度の油でカラッとしてくるまで揚げます。揚げ終えたらキッチンペーパーに引き上げ、余分な油分をきります。これで、全ての具の用意は完了です!
華子特製バレンタイン・チャーハン4
華子特製バレンタイン・チャーハン5
華子特製バレンタイン・チャーハン6
次は、チャーハン作り。中華鍋(又はフライパン)へ輪切りにした唐辛子と油を入れてゆっくり火を通し、やがて辛い香味油になったら溶き卵→ご飯の順に投入してパラパラッとしてくるまでささっと炒め合わせます。辛い香味油が出来上がると、ちょこっとだけ赤色がついて唐辛子の香りが急に漂いだす為すぐに分かります。
華子特製バレンタイン・チャーハン8
華子特製バレンタイン・チャーハン9
そこへ先程のキムチの天ぷら、炒めた長い豚バラ肉、塩、こしょうを加えてざっと混ぜ合わせ、最後に刻みネギと醤油を入れて手早く炒めます。
華子特製バレンタイン・チャーハン10
華子特製バレンタイン・チャーハン11
チャーハン全体に具が混ざりきったら火を止めてお皿へ盛りつけ、仕上げにその上へハート型に切っておいた薄焼き卵を飾り付ければ“華子特製バレンタイン・チャーハン”の完成です!
華子特製バレンタイン・チャーハン12
唐辛子の刺激的な香りがいかにも美味しそうで、辛い物好きな私にとってはまさに夢の一品にうつりました(^^*)。唐辛子だらけのチャーハンに黄色い薄焼き卵はよく映えていて、おかげで殺風景な見た目にならずに済んでいました;。辛い香味油でチャーハンを作るのは初めてですので、果たしてどんな味なのかワクワクします。
華子特製バレンタイン・チャーハン13
華子特製バレンタイン・チャーハン14
それでは、出来立ての内にいざ実食!いっただっきまーす!
華子特製バレンタイン・チャーハン15

さて、味の感想ですが…辛い物好きには垂涎物の旨さ!正直、当分ハマってしまいそうなくらいおいしかったです!
一口で言うなら、 「中毒になる辛旨さ」。舌へ相当ビリビリッとくる強烈な辛味や濃厚な豚肉の旨味が特徴的なチャーハンなんですが、一口二口と食べていく内、徐々にヒートアップして手が止まらなくなる程魅惑的な味わいがします(なお、ビールも一緒だとその効果は二倍に跳ね上がります)。かと言って、見た目も味もかなりのじゃじゃ馬かと思いきや下品さは全くなく、逆に上に乗っかっているじんわり甘いハートの薄焼き卵を箸休めとしてつまむと、激しいギャップのせいかほんのり癒されすらしました。
一味唐辛子で甘辛く仕上がっているくせに口当たりは優しい炒り卵、香ばしいごま油の風味とガツガツいける濃いめな醤油味がしっかり染み込んでいる豚バラ肉、程よい酸味とフワフワした衣がたまらないキムチの天ぷらがそれぞれ相性抜群で、豚キムチとものすごく似ているようで実は根本的に違う落ち着いた「和」のおいしさって感じでした。中でも秀逸な出来だったのはキムチの天ぷらで、ハナちゃんの言う通りご飯にとっても合います!天ぷらになっている分コクが倍増している上、漬け汁が混ざって独特の味わいに仕上がった衣自体がいい具になっていますし、何よりチャーハンと具が独立している為全然くどくありません。普通の豚キムチチャーハンのようにご飯と漬け汁を絡めるやり方も美味ですが、たまにはこうやって別々に調味し、比較的あっさり仕上げるやり方もありだな~と感じました。

当初は「豚バラ肉を長いまま炒めたら食べにくいんじゃ…」と考えていましたが、実際に食べてみると歯で噛み切る時に「がっつり肉を食べている」って感じの充実感が薄切りでも味わえた為、これはこれでありだと思いました。甘い物が苦手で辛い物が好きという方には、むしろこっちの方がチョコより嬉しく感じるんじゃないかな~とハナちゃんの機転に感嘆した再現でした。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.12.14 Tue 21:05  |  えー!?

どんな料理なのかと思ったら、凄く美味しそうな!!

キムチの天ぷらは盲点ですね~。

プラモは、安くて出来がアレなのを時間かけて改造した方が面白いですよ!最近の情報には疎いのですが年末ガンバスターのSDプラモが出るとか・・・是非粗めに吹いたサフにドライブラシで!たまには料理だけでなくプラモの写真でも載せてください♪

  • #1n9Tsjm2
  • ぱぴぴ発狂食品
  • URL
  • Edit

2010.12.15 Wed 20:38  |  キムチの天ぷら・・・

これは一本取られたって感じです!
炒めたりまではあっても、まさか衣をつけて天ぷらにするなんて驚きです!
これは豚キムとは また違った感覚の豚肉&キムチになりそうですね!
美味しそう~。

アストレイレッドフレームの実体剣
「ガーベラ・ストレート」と「タイガー・ピアス」は、
ビーム系、ヒート系が一般的なガンダム世界の武器の中で
名前のセンスと共に惚れました(笑)
沖田総司の菊一文字=ガーベラ(菊)・ストレート(一文字)・・・
近藤勇の虎徹=タイガーピアス・・・
ニヤニヤしてしまいます(^^)
ちなみに自分は、ZZやEx-Sのような武骨な感じの機体が好きだったりします。

ついでに・・・
『高杉さん家のおべんとう』、第3巻が来年1月22日に発売です!

  • #-
  • ミトナリ
  • URL

2010.12.16 Thu 19:31  |  ぱぴぴ発狂食品さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

このチャーハンはかなりおいしいので、そうおっしゃって
頂けますと非常に嬉しいです(^^)。
キムチの天ぷらはそのままでもビールやご飯にぴったりなので
個人的にすごくお勧めしたい便利な一品です!

正直、私はプラモ製作の腕ではまだまだ未熟ですので、
出来がアレなプラモをうまく作れる自信が全くございませんorz。
その為、出来がいい物をさらによく…というのが、今の目標です;
(なので、ガンプラファンと名乗るにはあまりにもにわか過ぎで
正直肩身が狭い心境になっております。もっとうまくなってから言えばよかったです)。
近い内に、また恥をさらすようで恐縮ですがガンプラ画像をアップしますね!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.12.16 Thu 19:45  |  ミトナリさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

キムチの天ぷらは正直予想以上においしかったので、私も
内心「一本取られた!」と思わず感嘆いたしました。
ご飯とビールのお供として最適ですので、おすすめですよー
(あまったキムチ風味の衣で豚バラスライスを揚げると、これまた絶品)!
豚キムももちろん美味ですが、これはこれでさらっと頂けてウマーです。

本当、かっこいい名前の武器ですよね~!
新撰組ファンの私も、内心(・∀・)ニヤニヤな気持ちになりました(笑)。
キュべレイやシナンジュみたいに優美なデザインもいいですが、
武骨でゴツイおじさんを思わせるようなデザインの機体も大好きです。
個人的に、「攻撃は最大の防御!攻めるが勝ち!防御は捨てた!」と
思わせるような潔い機体に惚れ惚れしちゃいます(ガンダムWのヘビーアームズ
とかまさに好例だと思います。全身爆弾を抱えてるような恐ろしい機体;)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/641-e5a51e6a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ