『風流つまみ道場』の“万能もやしディップ料理三種”を再現!

 最近、『古畑任三郎』シリーズをファーストシーズンから順々に視聴する事が自分の中で流行っているのですが(相方さん共々セカンドシーズンが一番好きです)、何気に冒頭の前置きっぽい導入部分が好きで毎回「あ~、確かにそうですね」と頷かされます。ちなみに、私が特に好きだったのは「えー、自分が人に嫌われてんじゃないかって心配してる皆さん、安心してください。そういう場合は大抵本当に嫌われてます。問題なのは自分が人に嫌われているのが分かってない人の方で…」「今年の風邪は、たちが悪いってよく言います。去年も一昨年もそんなこと言ってました。風邪は年々たちが悪くなっているようです。みなさん、お身体は大切に」の二つです。
 どうも、セカンドシーズンが好きだと言ったくせに、好きな前置きに選んだのはファーストシーズンとセカンドシーズンの物だったという矛盾している管理人・あんこです。

今回再現する漫画料理は、『風流つまみ道場』にて錦ちゃんがよく行く洋風居酒屋のマスター達の為に一肌脱いで考案したおつまみ“万能もやしディップ料理三種”です!
もやしディップ入りオムレツ図もやしディップソースのパンピザ図もやしディップのっけ焼き肉図
 ある日、錦ちゃんがよく行く洋風居酒屋<WINE Napa BEER>のマスターとウエイトレスのルミちゃんが、また錦ちゃんに厄介なお願い事をします。それは、「もやしを使った斬新な洋風おつまみのレシピを考えて欲しい」というなかなかの難問。マスターとルミちゃん曰く「安くて栄養豊富なもやしがこの頃よく売れているって言うから、うちでも使わない手はないって思ってさ」「でも、もやしを使う料理ってもやし炒めとかお好み焼きとか焼きそばとか、うちのイメージに合わないでしょ」「さあさあ錦ちゃん、頼むよ~」との事で、なるほど確かにもやしで洋風メニューってそんなに聞かないな~と読んでいる私の方まで悩んでしまいました。我が家もせいぜい炒め物・味噌汁・付け合せに使うくらいであまり凝ったもやしのレシピは思い浮かばない為、実はもやしって料理法がかなり固定されている食材なのでは…と思います。
 案の定、最初は「そうだな、ぺペロンチーノ風に炒めるとか、生春巻の中に巻くとか」と無難なアイディアで答えを濁そうとする錦ちゃんでしたがすぐにお二人から却下されてしまい、挙句の果てには「駄目駄目、そんなありきたりの錦ちゃんらしくなーい(´A`)」と軽いブーイングまで受けちゃっていました;。正直、この流れを見るたび「店員とお客さん」というよりは「雇い主とフードコーディネーター」という関係により近いものを感じてしまうので、無償でしょっちゅうこういう相談を聞いている錦ちゃんが少々気の毒になっちゃいます(^^;)。ただ、錦ちゃんは根っからの料理好きで何だかんだ言いつつ楽しんでいる節がある為、結局持ちつ持たれつお互い様なのかもしれません(新レシピを考える事が大の苦手な私にとっては、錦ちゃんの才能がすごく羨ましいです)。
洋風居酒屋風のもやしメニュー考案を迫るマスター;
 そんな時、錦ちゃんが「はいはい、それじゃ本気で考えようかな」と苦笑しつつ思いついた新しいレシピが、この“万能もやしディップ料理三種”。作り方はちょっと凝っていて、もやしを茹でて細かく刻んだものに各種調味料を混ぜて作った特製もやしのディップでオムレツ、パンピザ、焼肉の薬味ソースを作り上げたら出来上がりです。もやしのディップは全部で三種類あり、マヨネーズとこしょうで和えた「マヨネーズのもやしディップ」、オリーブオイル・乾燥バジル・塩等を混ぜた「オリーブ油もやしディップ」、ポン酢と青しそを使った「ポン酢のもやしディップ」などバリエーションが豊富で、錦ちゃんが言うには「もやしのシャキシャキ感を活か」す事を重視したオリジナル料理とのことでした。確かに、これなら洋風居酒屋で出しても全く違和感がなさそうなお洒落さです!
 ただ、材料費自体は破格に安いものの問題なのは手間がかかりすぎる作業工程で、茹でたもやしを大量に細かくみじん切りにするのが最大のポイントだと書かれてありました。茹でると相当にカサが減る事を考えると、十分な量を確保するには最低でも二~三袋分のもやしを黙々と刻み続ける必要がありそうですが…考えただけでゲッソリしてきますね(ヽ´ω`)。現に作中でも、マスターとルミちゃんは相当にゲンナリしながらもやしをひたすら刻んでいました;。
もやしディップ作りの作業はものすごく重労働です;
 その後、苦労して作った“万能もやしディップ料理三種”のおいしさを認めたマスターは即座に新メニュー採用を決定しますが、翌朝ルミちゃん共々大変な筋肉痛になってしまい、泣く泣く売り出し延期にしていました;。しかし、包丁を持てないくらい憔悴してしまったお二人と同じくらいきっつい作業をしたはずの錦ちゃんは全く持ってピンピンしており、「もー、二人してもやしっこなんだから~」と言ってケロリと笑っていました。…うーん、錦ちゃんの体力恐るべし!
もやしのみじん切りのし過ぎで筋肉痛になった為、延期になっちゃいました
 もやしのディップなんて今まで見た事も聞いた事も、ましてや食べた事もなかった為、一体どんな味なのか非常に気になりました。久々にザワザワ騒ぎ出した強い好奇心をおさめる為にも、早速再現してみます!

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、もやしディップ作り。鍋一杯に水をはってグラグラ沸騰させた所へもやしをどっさり投入し、まだしゃっきり感が残っているうちにザルにあけて余計な水滴をきっちり落とします。ザルで落とせるだけの水分が取れたらキッチンペーパーの上に一旦取り出し、しっかり拭いておきます(とにかく、後々ベチャベチャにならないよう細心の注意を払って水気を落とします)。このもやしを、包丁で相当に小さく細かくみじん切りにし、仕上げに水分をぎゅっと絞ります。
 ※予想通り、この作業は結構きつくて翌日右腕と腰が軽~い筋肉痛になりましたorz。ただ、慣れればそこまで苦痛な作業ではないですし、きつさレベルでは「卵白のメレンゲ作りを全て人力で行う」より下の部類に入りますので、初心者の方でも大丈夫だと思いました。包丁二刀流を推奨します。
万能もやしディップ料理三種1
万能もやしディップ料理三種2
 この刻みもやしを三つのボウルへそれぞれ均等に分け、一つはマヨネーズとこしょう、一つはオリーブ油と塩と乾燥バジル一つは青じその千切りとポン酢を加えてよーく混ぜ合わせます。調味料と刻みもやしが混ざりきったら、もやしディップ三種の出来上がりです!
 錦ちゃんが言っていた通り、どれもそのままつまんでみてもいいおつまみになりました。なので、面倒な時はこの時点で食べちゃうのもありだと思います(^^;)。マヨネーズの方はまろやか洋風、オリーブオイルはあっさりイタリア風、ポン酢の方はさっぱり和風でそれぞれ違う味わいで美味だったです。
万能もやしディップ料理三種3
万能もやしディップ料理三種4
万能もやしディップ料理三種5
 次は、もやしディップを応用した料理作り。“もやしディップソースのパンピザ”は自分好みの厚さに切ったフランスパンの上へオリーブ油のもやしディップ→ピザ用チーズの順にたっぷり乗せてオーブントースターに入れ、チーズに火が通るまで焼きます。チーズの表面にこんがりした焼き目がついたら、準備OKです。
万能もやしディップ料理三種6
万能もやしディップ料理三種7
 “もやしディップのっけ焼き肉”は、焼肉用牛肉あらかじめ薄く塩こしょうをふって下味をつけ、油をひいて熱しておいたフライパンでミディアムレアになるまで程ほどに焼きます。ちょうどよく焼けた牛肉の上に適量のポン酢のもやしディップを乗せたら、出来上がりです!
 ※この料理は牛肉の方が圧倒的に合います(豚肉だと、もやしディップの方が迫力負けしてしまいます)。ただ、鶏肉のもも肉は牛肉と負けず劣らず合うのでおすすめです。
万能もやしディップ料理三種8
万能もやしディップ料理三種9
 “もやしディップ入りオムレツ”は、ボウルに卵と生クリーム(コーヒーフレッシュでも可だとか)を入れてよくかき混ぜたらマヨネーズのもやしディップを加えてさらに混ぜ合わせ、それをオリーブ油とバターを熱して溶かしたフライパンへ一気に流し込んでオムレツ状に焼き上げます(この時、強火にし過ぎず弱火~中火でとろとろにしつつ慎重に混ぜながら形作るとうまくいきやすいです)。卵が半熟状に焼き固まったら、用意万端です。
万能もやしディップ料理三種10
万能もやしディップ料理三種11
万能もやしディップ料理三種12
 これらのもやしディップ料理を出来たての内にそれぞれのお皿へ盛り付ければ“万能もやしディップ料理三種”の完成です!
万能もやしディップ料理三種13
 ぱっと見はもやしを使った料理にはとても思えない感じで、もやしというよりはみじん切りのたまねぎ料理に見えてしまいます(ある意味、もやしを新たまねぎに置き換えて作ってみるのもそれなりに合っておいしそうですね^^)。正直まだ手に脱力感が残っている物の、頑張った甲斐がありました。どれもこれも簡単に作れた割にはそれなりに本格的っぽく見えるので、味が楽しみです!
万能もやしディップ料理三種14
万能もやしディップ料理三種17
万能もやしディップ料理三種20

 それでは、熱々の内にいざ実食!
 一つ目は、“もやしディップ入りオムレツ”。いただきま~す。
万能もやしディップ料理三種15
万能もやしディップ料理三種16
 さて、味はと言いますと…洋風なオムレツともやしが意外にもぴったりで旨し!これは大発見です!
料理に使うと、より一層しゃきしゃき感が演出できます
 生クリームでふんわりトロトロとゴージャスな味わいになったオムレツと、シャキシャキした歯触りのもやしディップの相性がかなりナイスでした。フワフワ柔らかい卵の旨味が口の中にとろけ出した所へ、もやしの何とも小気味良い食感がほどよいアクセントをプラスしており、そのせいかそこそこ濃厚な味わいにも関わらず丸一個ペロリと胃もたれせずに完食する事が出来ます(炒め玉ねぎから甘味や苦味を全部抜き、もっと瑞々しくさせた感じの食べ味でした)。もやしディップに絡んでいたマヨネーズの効用か、ちょうどいい塩味が全体的についており、尚且つとてもまろやかなおいしさが特徴的です。
 細かく刻んだ後に適度に水分をきったもやしを使用した為非常に食べやすく垢抜けた口当たりで、全く水っぽくないのに驚きました。見た目同様濃い味わいなのに、後味はとても淡泊かつヘルシーな印象という相反した料理な為、ケチャップの甘酸っぱい塩気はよく合います。スパニッシュオムレツみたいな具沢山感を楽しめるのにさっぱり軽く食べられるので、パンに乗っけて夜食や朝食として頂くのにも向いていそうでした。

 二つ目は、“もやしディップソースのパンピザ”。いただきまーす!
万能もやしディップ料理三種18
万能もやしディップ料理三種19
 さて、味の感想は…びっくりするくらいもやしがイタリアンな味になっていてウマーーー!これならお店にも出せそうです。
 香ばしく焼けたフランスパンのザクザクした力強い食感や、ピザ用チーズの熱々にとろけて糸を引く強烈なコクに、オリーブ油独特の風味が染みたもやしディップの鮮やかなシャキシャキ感がすごく合ってます。丹念にみじん切りにする事によってもやしにありがちだったモサモサした口当たりが皆無になっており、口に入れた途端ホロッとあっけなくバラバラになってほどけていくもやしのようでもやしではない不思議な感覚を堪能出来ました。豆部分のサクサクした歯触りが要所要所で効いて来る為、単調さが防げているのに感心です。乾燥バジルのすっきり爽快な香りとオリーブ油の透明感ある旨味がもやしとフランスパンのいい仲立ちになっており、例えるとするなら「イタリア風もやしのナムル乗せチーズトースト」としか言いようがない面白い味わいがしました。
 もやしディップの汁気を吸い込んでちょっぴりやわやわになったフランスパンのごく表面部分がスープを染み込ませたパンみたいな感じがしてまた美味で、思わず笑みがこぼれます。ピザ用チーズのカリッとした部分の濃い塩気がやや薄味なもやしディップをさらに引き立てているのもいいですし、個人的に創作イタリアンとしてなら十分通用する料理なのでは…と感じました。

 三つ目は、“もやしディップのっけ焼き肉”。いっただっきま~す!
万能もやしディップ料理三種21
万能もやしディップ料理三種22
 さて、味ですが…これは美味!三品中最もお酒のおつまみとして有効な一品です!
 ミディアムレアに焼けてジューシーに仕上がったあっさり塩味な焼き肉用牛肉を、もやしディップのシャキシャキした食感がさっぱり食べさせてくれます。作中で錦ちゃんが「タン塩のネギのような役割」だと話していますがまさにそんなイメージの薬味で、強いて言うならこちらの方がネギより癖が全くない分、牛肉の旨味たっぷりな肉汁がよりストレートに味わえるのがポイントだと思いました。ポン酢のフレッシュな酸味と青じその爽やかな風味が牛肉の純粋な旨さを引き出しているので、つい箸が進む一品です。こちらの場合、もやしディップをそのまま使っている分一層しゃっきりした感じが出ているのがたまりません。
 作中で指摘されている通り、確かに生のさらし玉ねぎと非常に似た歯応えなんですが、玉ねぎと違ってもやしには突き刺すような辛味も強い刺激もない為優しいソフトな口当たりなので、安心して色んな方におすすめする事が出来ます。熱い牛肉とひんやりしたもやしディップのコントラストも素敵ですし、何よりビールやサワーと痛快なくらいばっちり合いますので、喉が鳴る事請け合いです!

 もやしを刻む作業が結構地味にきついですが、もやしのようでもやしではないような不思議なおいしさが堪能できますので、一食の価値は十二分にあると思います。手間はかかりますが材料費はほとんどかからないも同然ですので、味の割にはお得なディップです。

●出典)『風流つまみ道場』 ラズウェル細木/芳文社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.04.21 Thu 19:23  |  


美味しそう~

もやしをそんな風に料理するなんて考えもしませんでした~

  • #-
  • 宮城
  • URL

2011.04.29 Fri 15:12  |  宮城さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

これは結構おいしかったので皆様にも是非!と思ってご紹介
したのですが、リアルの周囲ではあまり反響がよくなかったので
ちょっとしょんぼり(´・ω・`)したほろ苦い再現でした;。
なので、そうおっしゃって頂けますと大変嬉しいです!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/673-8a2db4e2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ