『ダシマスター』の“昆布出汁のカップラーメン”を再現!

最近話題になっている新作ゲーム・『キャサリン』に興味津々で、「こうなったら、もう観念してプレステ3を買うしかないのかな~」と心がぐらついていますorz(個人的に、Kのキャサリンは「一言一言がきついです…」と感じつつよきアドバイザーとして頼りにしたい友人ってタイプで、Cのキャサリンは遠巻きに見ていたいと思いつつフラフラとつい引き寄せられ、ドギマギしながら振り回されてしまいそうなタイプです;)。この他にも、『バイオハザードⅤ』『ゴッド・オブ・ウォーIII』『戦場のヴァルキュリア』『メタルギア ソリッド4』などプレイしたいソフトが日に日に増殖してきており、PS3を買うのはもう時間の問題っぽい予感がしています…。
どうも、今更ながら『テイルズ オブ ジ アビス』をプレイ中の根っからのインドア派の管理人・あんこです。

今回再現する漫画料理は、『ダシマスター』にて主人公・ダシマスターが小腹がすいた時に作った“昆布出汁のカップラーメン”です!
昆布出汁のインスタントラーメン図
実の兄の陰謀によって心ならずも公衆の面前に引きずり出され、無理やり客寄せの為に新作料理を作らされるという過酷な体験をしたダシマスターは(詳しくはこちら)、その後余程堪えたのか数日間キッチンで何事かを考え込んだり、口数少なく過ごしたりします。そんなダシマスターの様子を影から見ていられなくなった承子さんは、ある日「やっぱここは、私が一発元気付けないと…」と考えて声をかけようとするのですが、その瞬間キッチンタイマーのピピッと間の抜けた音と共にダシマスターの「よしっ、三分たった!うん、ふくよかな香りだ」「おっと箸…箸っと…。では、いただきます」という暢気な声が聞こえてきた為、「って何頂いてるんですかああっ\(´Д`;)ビシィッ?!」とノリノリで突っ込んでいました;。ちなみに、この時ダシマスターは「?カップラーメンですけど…」と天然ボケなお言葉を承子さんに返していたので、思わずズッコケました。本当、ダシマスターと承子さんはお約束過ぎなやり取りが多いので、見ていて飽きません(^^;)。
あのダシマスターが、何とインスタント!
そう、何とこの時ダシマスターが作っていた間食は、ダシマスターのような出汁にこだわる料理人からは最も縁遠そうなイメージがある究極のズボラ食品・カップラーメン(醤油味)。私はこのくだりを初めて読んだ時「え~?!」と相当びっくりしたのですが、案の定アシスタントである承子さんはもっと驚いたらしく、「本格派のダシマスターが、イイ…インスタントっ!?」と目を白黒させていました。けれどもダシマスターは、そんな承子さんの反応などどこ吹く風といった感じで「そりゃ、小腹が減った時は手軽な方が」と至極当然な事をサラッと発言していました。考えてみれば、ダシマスターは「どんな食材にも、生まれてきた以上命があります。僕は、その命を最大限に輝かせたい。そう思って調理しただけです」という、食材に対する慈愛が深い名言を残したプロの料理人。ブランド食材や食の権威を絶対と考えず、全ての素材をあらゆる手段で高めようというスケールのでかい方でしたので、よくよく思い起こせば「○○だから、食べるに値しない。不味いに決まってる」という視野の狭い思考で食べる物を選んでいるはずが無かったのでした;。ここを読み返すと、ダシマスターが何故<出汁をとる>という一番簡単そうに見えて一番難しい技術を極める事が出来たのかという最大の理由を、朧気に感じ取る事が出来ます。
その際、ダシマスターが承子さんへ「それに、ちゃんとひと手間加えてますよ」と話しながら一口どうぞと言って進めたのが、この“昆布出汁のカップラーメン”。こう書くとえらく凝ってそうに見えるかもしれませんが実際はものすごく簡単なひと手間で、普通のお湯の代わりに水出し昆布出汁を沸騰させた物でカップラーメンを作ればあっという間に出来上がりです。ダシマスターが言うには「昆布出汁のグルタミン酸の旨みがラーメンスープに含まれるイノシン酸の旨みを引き立ててさらに美味しくしたという訳です」との事で、読んでいてかなり感心しました。こういう記述を見ると、料理は案外文系より理系の方が理論的に考えられる分向いているんじゃないかな~と思います。文系一筋二十年以上の私は、どうしても感覚とか勘とか勢いでレシピを考えがちで情けない事この上なしです…orz。
水出し昆布出汁でラーメンを作るひと手間
その後、承子さんは「おいしいっ!これが市販のカップ麺?」「香りが断然違いますね!さすがダシマスター(´∀`*)!」とニコニコ笑顔でダシマスター用のカップラーメンをずるずるずるずる食べ続け、遂には完食しきってしまいました;。ダシマスターが既に立ち直っていた事を知って涙ぐみながら食べていたからとはいえ、ダシマスターの遠慮がちで消え入りそうな「あの…承子さん、全部食べないで…」という言葉に気づかないのは何気に鬼のような所業だなーと感じました;。
もともと女性は「もう一口ちょーだい!」と言う確率が異常な傾向にありますが、承子さんのそれは「ひとつだけ、ひとつだけちょうだい」というお願いをし続けて最終的にはおにぎり全部を平らげてしまった国語の教科書の女の子のお話を髣髴とさせる物がありますね(『一つの花』という作品です。もっとも、こちらは戦時中のお話なので「根本的に違う!」「不謹慎!」と言われたらそれまでですが;)。かく言う私も、「一口だけ、一口だけ」と白々しく言いながら相方・マサル君の料理をむしゃこらバクバクと食べる悪行を定期的に行っていますので、承子さんの行動には強い親近感を感じました;。
ダシマスターを尻目に、どんどん平らげる承子さん;
これならすぐに作れますし、何よりおいしそうなので早速再現してみようと思います。

という事で、レッツ再現調理!
まずは、水出し昆布出汁の用意。ボウルかペットボトルに触ってちょうどいいくらいのぬるま湯と出汁昆布を投入し、そのままラップorフタをして数時間放置します。夏だったら二~三時間でも大丈夫そうですが、冬だと室温が低くて出汁がなかなか出てきにくいので、最低でも一晩は放っておく事を推奨いたします。
昆布出汁のインスタントラーメン1
出汁が十分出たのを確認したら、昆布を取り出します。これで、水出し昆布出汁の出来上がり!このお出汁をヤカン(ヤカンに水以外を入れることに抵抗感がある方は、小さめのお鍋でも可)へ入れ、強火でグラグラになるまで沸騰させます。
昆布出汁のインスタントラーメン2
出汁が沸いたらすぐに醤油味のカップラーメンの中へ注ぎ、作り方の欄に表記されている時間まで待ちます。作中のカップラーメンの名前は「麺マスター」だったので実在しない商品なのですが、パッケージのデザインだけで判断すると「麺○人」にそっくりでしたので、こちらの鶏がら醤油味を使用する事にしました。
※実は食べ比べる為に一度普通に作ったのを試食したんですが、印象は良くも悪くも「平凡においしい」って感じでした。麺はパッケージにある通り、確かに生麺っぽいツルツル感があって気に入ったのですが、肝心のスープにイマイチパンチがなくてのっぺりストレートな醤油一辺倒の味です。決して不味いのではないのですが、このスープにこの麺が入っているのは惜しいな~というのが総合的な感想でした。
昆布出汁のインスタントラーメン3
昆布出汁のインスタントラーメン4
表記されている待ち時間が経過する直前になったらすぐに付属の液体調味料などを加え、ガーッとよくかき混ぜます。ここら辺は何も特別な事もない、ごく普通の手順です。
昆布出汁のインスタントラーメン5
スープに調味料が溶けきったらこれまた付属品である海苔を乗せ、最後に入っていたナルトやメンマを目立つ位置にまで移動させれば“昆布出汁のカップラーメン”の完成です!
昆布出汁のインスタントラーメン6
外見は普通のカップラーメンと何一つ変わらないので特別感は皆無ですが、香りの方は確かにふくよかかつ柔らかい感じになっていました。「間食にカップラーメン」というと手抜きしているイメージがどうしてもつきまといますが、たった三分前後待つだけでこの至福が得られるのはやはり偉大だと個人的に思います。果たして、昆布出汁パワーがどれだけ発揮できているのか…緊張の一瞬です。
昆布出汁のインスタントラーメン7
それでは、麺がのびてしまわない内にいざ実食!いただきま~す!
昆布出汁のインスタントラーメン8

さて、実際の所味はどうだったかと言いますと…期待していた以上に、確かに違います!これはなかなかおいしいです!
最初は半信半疑だった承子さんも、感激!
うまく言えないんですが、のっぺり平面的な醤油味一辺倒だったスープがくっきり立体的な複合スープへと生まれ変わった感じで、お店のラーメンとまではいかなくてもインスタント離れしたおいしさには十分到達しています。これがグルタミン酸の威力なのか、あまり特徴のない普通の醤油ベースの味わいだったのが舌へ直接旨味が訴えかけるようないい味わいに変化していたのに感動しました。インスタントスープにありがちなちょっとトゲトゲしい後味が、かなり自然でまろやかな後口になっていて満足です。
さすがに麺や具自体がものすごくおいしくなったとかいう事はないんですが、少なくとも「麺はウマーだけど、このスープと合わせられている意味がそんなにないなぁ…」という違和感は消し飛んでいたので、そこはよかったと感じました。スープの味わいが濃くなった分、ツルツルの麺にもスープの旨さがきっちり絡むようになった為食べやすさも向上していますし、香りもほんのわずかなもののちゃんとかぐわしくなっていたので、これは使える裏技だと思います。ただ、これはイノシン酸が多量に含まれている和風ベースのカツオ出汁が主流な醤油ラーメンだからこそ真の効力が発揮できる技ですので、とんこつラーメンや味噌ラーメンにはそこまで効果は見られなさそうです。

お湯の代わりに昆布出汁を使っちゃうだけで一段上の味になるので、忙しい時には嬉しい裏技だと思います。見た目はまるで変わらないので目で「おお!」となる事はないですが、香りと味は確実に変化があるのでお勧めです。最近醤油ラーメンに目覚めてきた身としては、ダシマスターに感謝感謝!な再現でした(^^)。

●出典)『ダシマスター』 原作:早川光 作画:松枝尚嗣/集英社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.02.15 Tue 09:11  |  

お久しぶりです
自分はインスタントラーメンを緑茶で煮ます
何かの漫画(ナルトヤだったかな…)で
旨味が増すとか何とかで真似したら美味しかったです

  • #-
  • すがり
  • URL

2011.02.15 Tue 17:38  |  

この記事を見てすぐに『自分でやってみよう!』と思い立ち、昆布だしを作っていました^^
実際に食べてみてすごく美味しかったです!
クオリティーは低いですが、ブログにもupし、僭越ながらトラックバックもさせていただきました。

『ダシマスター』は最近、ちょくちょくその名を見るようになった漫画ですが、面白そうですね。

  • #-
  • あおまるねこ
  • URL

2011.02.15 Tue 22:07  |  

色々な漫画料理の中でも一、二を争う簡単料理ですねw私も読んですぐやってみました。
「食べてる途中に飽きる」というイメージだったカップ醤油ラーメンを汁まできっちり飲めたのが驚きでした。(飲み干したら体に悪そうですが…)
チキンラーメンなんかだとどうなんでしょうね。

この話はいつも飄々とした風なダシマスターがカップ麺を食べられて落ち込んだり、ラーメン皇帝と張り合ったりと人間味が溢れてて好きです。

  • #Wa8vY8KE
  • はむ
  • URL
  • Edit

2011.02.19 Sat 14:55  |  すがりさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なんと、緑茶でインスタントラーメンを作ってもおいしいとは
初耳なのでびっくりしました!意外な組み合わせですね。
一度、どの漫画であったのかを調べて再現してみようと思います。
興味深いご情報を下さり、ありがとうございます(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.02.19 Sat 14:58  |  あおまるねこさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

何と!あおまるねこさんのようなお料理上手で有名な方に
再現していただけるなんて、とっても光栄です!
『ダシマスター』は面白い上に実践性のある料理が多いので、
こうやって再現の輪が広がっていったら、これ程嬉しい事はありません。
まさかトラックバックまでして頂けるとは思っても見なかった為、
すごく嬉しかったです!ありがとうございました。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.02.19 Sat 15:03  |  はむさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、再現料理界の中でも頂点クラスの簡単さなので、重宝してます(笑)。
はむさんのおっしゃる通り、「カップラーメンのスープを、全部飲んでしまった!」
というのが衝撃的な再現でした。実はいつもインスタントのスープは半分も
飲まないうちに飽きて捨てていたのですが、これだとむしろ全部飲みたい!
というくらいウマーになったので、つい飲んじゃいます。
なるほど、チキンラーメンも一応鶏がらスープなので、滅茶苦茶あいそうですね!
今日、早速作ってみようと思います。

はむさんのおっしゃる理由と全く同じ原理で、私もこのお話が大好きです。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.02.20 Sun 21:46  |  

これは私もやりました!!
思った以上に違うんですよね。スープの味わいがダンチ。
間違いなく飲み干せるスープになります。

ダシマスターに親近感を抱かせてくれる回というのも間違いないです。
コレを読んでから醤油ベースのカップめんを食べる機会が増えました7よ。(^^;)

2011.02.28 Mon 20:56  |  アサさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。
このたびはご返信が大変遅れてしまい、誠に申し訳ございません。

おお~!アサさんも既に試されていましたか!
アサさんのおっしゃる通り、スープの味結構変わりますよね。
トゲトゲしい感じが消えてまろやかになるので、
スルスルっと飲めるのが嬉しいですよね。
確かに、ダシマスターが身近に見える回の料理にハズレは
ないですよね(笑)。香茸ラーメンもいつか試したいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/674-a8183540
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

『ダシマスター』の“昆布出汁のカップラーメン”を再現!

メインブログで相互リンクさせてもらっているあんこさんのブログ『本がないならブログをお読み』で紹介されていたこんぶだしで作るカップラーメンが簡単にできそうなので、猿真似ではありますが、やってみま...

  • あおまるねこの食に関するブログ
  • 2011.02.15 17:26

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ