『クッキングパパ』の“荒岩流レバーのパテ”を再現!

 小学生の時、あちこちで男子が「泣~かせた、泣ーかせた♪せ~んせいに、言ってやろー♪」と実に楽しそうにはやし立てる声をよく聞いていました(現代ではさすがに消滅してそうですが…)。幼い頃はあまり疑問に思わず「また言ってる」としかめっ面になっていたものですが、今考えてみれば、ネットもない時代だというのに全国区でこのはやし文句が広まっていたのは何故なのだろうとすごく不思議に思いました。もしかしたら、意地悪な男の子に県境はないのかもしれません。
 どうも、学生時代の憩いの場所はいくつになっても図書館だった暗い管理人・あんこです。

 今回再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩主任がレバー嫌いな虹子さんに効率よく栄養をつけてもらおうと徹夜で作った“荒岩流レバーのパテ”です!
荒岩流レバーのパテ図
 虹子さんがみゆきちゃんを妊娠していた時、荒岩主任は体によくて万能栄養食である食品・レバーを何とかして虹子さんに少しでも食べてもらおうとします。けれども、虹子さんは昔っから大のレバー嫌いだった為、心底申し訳なさそうな顔をしつつも「ごめん、あなた。やっぱりダメみたい(´・ω・`)」「あたしさ、あなたの料理なら何でもおいしいーってパ~クパク食べちゃうんだけど、このレバーだけはダメ;」と遠慮がちに断ります。虹子さんが言うには「匂いというか、臭み」がレバーを嫌いな一番の理由らしく、これにはレバー好きの私も苦手な理由がわかる気がしました。血抜きが十分じゃないレバーの臭気は、好きな人間でも怖気ついてしまうくらい結構強烈ですよね;。
 実を言いますと荒岩主任は普段嫌いな物は食べなくてもいいというタイプで、事実この時も「いいさ、無理して食べることないよ」「代わりにお前の好きなほうれん草、しじみなんか鉄をたっぷり含んだ物を食べればいいさ」と優しく虹子さんに言って夕食を始めているのですが、内心赤ちゃんがおなかにいる状態の虹子さんには少しでも栄養をつけて欲しい、貧血気味なのをレバーで改善して欲しいと残念そうに感じている描写がありました。正直、個人的には荒岩主任個人としての主張・「嫌いな物を無理に食べなくてもいい」を支持したいところですが、それとは相反する父親としての部分の主張・「お腹の赤ちゃんの為にも、体にいい食べ物は積極的に食べて欲しい」という意見も、分からないでもないな~と読んでて感じました。
レバーだけはどうしてもダメな妊娠中の虹子さん
 ある日、どうにかして虹子さんに効率よく栄養を摂取して欲しいと悩んだ荒岩主任は、博多にあるレバー料理がおいしいお店を数店巡って味の研究をします。しかし、旨さではピカ一であるきんしゃい屋のレバー炒め定食や餃子屋さんのレバー卵とじを食べても今ひとつピンとこず、「確かにうまいが、うちのやつがおいしく食べるかと言ったら…」と少々途方に暮れます。思うに、レバーは個性が強い食材なので癖を活かしておいしく作る事は用意であっても、癖を消しつつ美味に仕上げる方法は相当に限られる食材なのではと感じました(レバー串、レバニラ炒め、レバーの甘辛煮など、代表的なレバー料理はみんな癖をうまく利用しているように思います)。
 しかし、そんなこんなで夜になった後に偶然田中君と夢子さんに会った荒岩主任は、田中君に誘われて案内された一味違うカクテルが売りのお洒落なバー・<ケルン>で衝撃的なレバー料理に出会います。それは、軽いおつまみとして偶然提供されたマスター自慢の一品であるお手製のレバーのパテ。レバーのようでレバーではない不思議な味わいに絶句した荒岩主任は、田中君が驚くのも構わず「マスター、このレバーのパテは?!」と血相を変えて立ち上がります。すると、マスターは慌てず騒がず坦々とした笑顔で「はい、うちでは軽く醤油で下味をつけてたっぷりバターを使います(^^)」とあっさりオリジナル商品であるレバーのパテの秘密を教えちゃっていました;。さすが何十年も多種多様なお客さんの接客をし続けたベテラン、いきなり大きい声を上げて興奮する大柄男性を見ただけではビクもしません;。はっきり言って、このマスターは只者ではないと思います(^^;)。
 味の秘密を知った荒岩主任は聞き終わるや否や、爽やかな笑顔で「サンキュー、マスターッ!悪いが先に失礼するぜ!」というまるで映画のワンシーンみたいなかっこいいセリフを口走り、唖然としている田中君を尻目に家へ帰っていきました(正直、取り残された田中君達は一体どんな雰囲気になったのか非常に気になります;)。
ケルン謹製レバーのパテを食べ、血相を変えて店を出る荒岩主任;
 そして、家に帰り着いた荒岩主任がぐっすり眠っている虹子さんとまこと君を確認した後、ほぼ夜を徹してありとあらゆる手を尽くして研究しながら虹子さんの為に作り上げたのが、この“荒岩流レバーのパテ”です!作り方はなかなか手が込んでおり、下ゆでして血抜きしたレバーを醤油・香味野菜・砂糖などで作った特製スープでじっくり煮込んで味付けし、バターやブランデーと一緒にミキサーにかけて型に入れて冷やし固めたら出来上がりです。荒岩主任が言うには「レタス、チコリなど歯ごたえのいい野菜やトーストの上に乗せて食べると実にうまいぞ!」「アスパラやミックスベジタブルを入れて断面をカラフルにしてもいい」との事で、一体どんな味がするのか見ていてかなり興味を持ちました。
 翌朝、まこと君と共に起床した虹子さんは早速荒岩主任渾身のレバーのパテをフランスパンにたっぷりぬって食べ、「おいし~い!これがレバー?まるでクリームみたいよ!これなら食べられるわ」と満面の笑みで大喜びするのでした。こんなに愛情がこもった朝食を食べられる虹子さんは、もしかしたら日本一恵まれた妊婦さんなんじゃないかな~とちょっと微笑ましく思いながら読了出来る一話です(´∀`*)。
夜を徹して虹子さんの為にパテを研究する荒岩主任
 お恥ずかしい事に、私は今までパテを一度も食べたことがない白米至上主義の完全田舎者だった為、これは一体どういう味がするのか久々に好奇心が騒ぎました。幸い近所のスーパーでは健康的に育てられた地鶏と銘打たれている地鶏のレバーが売られていましたので、これを使って早速再現してみようと思います!
 ※現代で明らかになっている注意点→実は、レバーは妊娠中に食べ過ぎてしまうとかえって体に悪影響を与えてしまいます。その原因は、赤ちゃんが大量にとってしまうといけない栄養素・ビタミンAが大量に含まれているため(同じ理由で、うなぎなどもたくさん食べ過ぎるとNGです)。但し、毎日基準値を超えるビタミンAをとらず、時々限られた量を食べるだけなら問題ありません。これ以上は、ネットで「レバー 妊娠中」で調べてみると詳しい情報が出てきます。

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、レバーの下準備。お鍋にたっぷりの水、少量の酢、あらかじめ流水にさらしてある程度血抜きを済ませた鶏レバーを入れて中火にかけ、少しずつ火を通します。中に熱が通りきったらすぐザルにあけ、しっかり水気をきります(この時のお湯がレバーの表面に残っていると臭みの元になるので、きっちりきった方がいいです)。これで、レバーの下準備はOKです。
荒岩流レバーのパテ1
荒岩流レバーのパテ2
 次に、別のお鍋で沸騰させたお湯の中へ皮ごと薄切りにしたしょうが、スライスした玉ねぎ、醤油、砂糖、ローリエを加えてざっと混ぜて特製スープを作り、そこに下処理済みのレバーを投入して三十分~一時間程度かけてゆっくり煮詰めます(その際、スープはたぷたぷではなくレバーに対してヒタヒタになる量で結構です)。
 ※これは作中にはないやり方なので恐縮ですが、三十分煮る→一旦火を消して一晩置く→翌日二十分くらいまた煮るという手順の方がレバーにより味が染みこみやすくなります。和風味がお好きな方におすすめです。
荒岩流レバーのパテ3
荒岩流レバーのパテ4
 レバーと玉ねぎにスープの味を煮含められたら火を消してすぐに引き上げ(しょうがとローリエだけはこの時どけておきます)、熱々の内に大量のバター、程よい量のブランデーと共にミキサーかフードプロセッサーの中へ放り込み、細かく滑らかになるまでボタンを押して一気に混ぜ合わせます。ちなみに、その際残ったスープは十分おいしいので再度調味しなおして牛丼のつゆにしてもコクのある味わいでナイスですし、鶏肉と根菜の煮物のベースに使っても少々洋風な煮物に仕上がって美味です。
荒岩流レバーのパテ5
荒岩流レバーのパテ6
 やがてドロドロのペースト状になったら好きな型に流し込み、ラップをして冷蔵庫で何時間かかけて冷やし固めます(「少しゆるいかな~?」という粘度でも後々十分固まりますので、余程でない限り心配しなくて大丈夫です^^)。
荒岩流レバーのパテ7
荒岩流レバーのパテ8
 その間、牛乳をキンキンに冷やしたり、洗ったレタスとトマトを食べやすい大きさにちぎるか切るかしたり、フランスパンを斜め切りにして軽~くトーストしておきます。
 ※下の画像は、近所のスーパーで買ったレタス。親切な事に、何とレタスの根っこ部分のすぐ赤くなるところにぬらした紙が丁寧にはりつけられていました。今まで買ったレタスは無造作にセロハンで包まれているかそのままむき出しになっているかのレタスだった為、ちょっと感心して画像に残しちゃいました;。
荒岩流レバーのパテ9
 パテが固まりきったら型からゆっくり取り外し(型の底をぬるま湯につけるとかなり取れやすくなります)、お好みの厚さに切ってレタスやトマトと一緒にお皿へ盛り付けて傍らにフランスパンと牛乳を添えれば、“荒岩流レバーのパテ”の完成です!
荒岩流レバーのパテ10
 レバーのパテは一見するとレバーとは分からない感じで、色もパッと見では「魚肉ソーセージをもっと色濃くしたもの」ってイメージです;。ただ、香りはブランデーやローリエの効用でとてもいい香りで、臭みは微塵も無いのが嬉しいです。あと、レタスの緑、トマトの赤、パテの茶色、牛乳の白が目に眩しく、見た目からして既に食欲を刺激させるって感じになっています(『クッキングパパ』の単行本通りに用意してよかったです^^)。
荒岩流レバーのパテ11
 それでは、作中の虹子さんみたいにほんのり焼き上げたフランスパンへこってりパテをぬりつけていざ実食!いただきまーす!
荒岩流レバーのパテ12

さて、味はと言いますと…レバーにありがちな臭みが全くなく、それどころか品のいいおいしさですごくウマー(゜Д゜)!これなら、荒岩主任が色めきたったのも納得です!
まるでクリームチーズみたいに滑らかなレバーパテ
 作中で虹子さんが言っていた通り本当にクリームみたいな口溶けで(もっと言うなら、クリームとムースを足して二で割った舌触り)、舌の上でレバーの重厚な味わいがいとも簡単にサラッと滑らかかつクリーミーに溶けていく為不思議な気持ちになります。このレバーの奥深い旨味に、バターの香り高くて強いコク、ローリエやしょうがの爽やかな風味、玉ねぎの優しい甘み、醤油の程よい塩気、ブランデーのふくいくとした香りが絶妙に組み合わさり、ちょっとないくらい美味でした。あと、意外にも試しに入れてみた心臓部分がいいアクセントになっており、細かくみじん切り状態になっても時折クニクニッと弾力ある歯触りがいい刺激として単調さを防いでいたのがよかったです。フランスパンのカリカリザクッとしたちょっと硬めな歯触りや、何とも言えない香ばしさと一緒に食べるとよりくっきりと旨さが分かりやすくなる為、内心「さすが二つともフランス発祥の食べ物、相性ばっちり!」と感心しました。
 トマトの甘酸っぱい果汁とレタスのバリバリシャキッと瑞々しい食感がいい箸休めになっており、これらの新鮮な野菜や冷たい牛乳で口が新しくなった所にパテを塗ったフランスパンをかぶりつくと「完璧な朝食」って感じがします。ハーブ系のすっきりした匂いが染み込んでいる為、レバー嫌いな母から「臭くないしおいしい。レバーって教えられなかったらもっと食べられるよ」と言われました(やはり、一回レバーだと知ると如何にウマーでもそこまで量は入らないそうです;)。「洋」と「和」の要素が見事に融合した味わいで、面白い事にチーズと酷似した濃い後味が口に残るのが印象的でした。「レバー風味のフレッシュチーズ」な感覚でバクバクいけます。
荒岩流レバーのパテ13

 普段食べているレバー料理とは一線を画するおいしさで、確かにこれは立派にお店のメニューとして通用する料理だと感じました。あまりにもおいしかったので、カロリーを省みずに三切れも食べてしまったくらいです(フランスパンは、約三分の二本orz)。レバー好きにはもちろん、レバーが苦手な方にも話の種に食べて頂きたくなるようなユニークなパテでした。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.03.19 Sat 00:02  |  

うわぁ~結構なバターの量ですね
作る工程を見てたら食べるのをちょっとためらってしまいそうな・・・・・
でもレバー好きなのでおいしそうです
あんなにどろどろしたように見えても結構しっかりと固まるんですね
私は小さいことからバターが苦手だと感じたことがないので
レバー料理なら割となんでも好きなのですが
下処理が難しくてなかなか家で食材からというのができませんが
保存もききそうですし、お酒のお供にもよさそうですね

  • #pQ10pJ/g
  • 玲音
  • URL
  • Edit

2011.03.19 Sat 00:03  |  


この話し覚えてます~、田中のお手柄ですよねある意味(笑)
初期の頃から、結構こういったお手柄も多かったですよね彼(失敗も酷かったですが)(^_^;)

そういえば、みゆきちゃんもレバーが駄目でこのパテすら駄目だったのに、田中君と江口君が作ったレバーのハンバーグで食べれる様になったんですよね~

  • #-
  • 実家は宮城
  • URL

2011.03.19 Sat 00:20  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2011.03.19 Sat 02:09  |  

美味しそうですね! パテ。ミキサーのない我が家では再現しにくいですが(涙)

ちなみに、冒頭の歌。全国区なのですね。本当なんでネットもない時代にあんなに広がったんでしょう。
子供というのは、ネットなどなくても、そういうものの伝達手段があったのでしょうか。
ちなみに、私の地区では「いーやーや、こーやや。せんせーにいってやろ」でした。
記事を読んで、ちょっと懐かしい気持ちになりましたので、書き込ませていただきました

  • #Ax8FEUy6
  • とわとわ
  • URL
  • Edit

2011.03.19 Sat 05:08  |  おいしそうですね!

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
私も、虹子さんやあんこさんのお母様と同じく、レバーは苦手なんですが、貧血気味なので食べなくてはいけなくて、いつも半泣きで醤油煮を食べてます(醤油の味は美味しいと思うのですが、やっぱり臭いが駄目で…)
これはとっても美味しそう!試してみようと思います。

  • #9L.cY0cg
  • アビー
  • URL
  • Edit

2011.03.19 Sat 08:58  |  ビタミンA

こんにちはあんこさん。

私は今、3人目を妊娠中ですが、妊娠の本や、母親学級で、お腹の赤ちゃんの分もあるから、2人分食べないと、鉄分の含まれているレバーをたくさん食べてというのは昔の事で、というのをよく読みます。
あんこさんが一言付け加えておられたので、よく御存じだなぁと思いました。

下処理や、一晩おくなど、おいしい料理は時間や手間がかかりますね。
母から料理を作る時に、愛情を込めるというのは、手間ひまをかける事よと言われたのを思い出します。

  • #-
  • 花売り
  • URL

2011.03.19 Sat 12:23  |  はじめまして!

いつも楽しみにしながらブログ見ています!
今回の再現は小さい頃にチラ見して「レバーの臭い消えるとか嘘じゃん」って思ってた記憶があります(小さい頃はホントにレバー嫌いでした…今は嘘みたいに好きですが。笑)

本当に臭み消えるんですね…ビックリ!
このパテ、私の大好きなベーグルに挟んで食べてみたいので今度私もあんこさんの手順を真似て作ってみたいです(*´∀`*)


それとひとつご報告を。
「再現料理のまとめリンク」なんですが、私の携帯だけかもしれませんが途中で見れなくなってしまいますorz
他の機種ではわからないので一応ご報告します。


今は色々と大変だとは思いますがこれからも更新楽しみにしています!
では、乱文失礼しました。

  • #DZaU3eqc
  • あず。
  • URL
  • Edit

2011.03.19 Sat 13:19  |  こんにちは

以前もコメントしたものです。
クッキングパパ大好き!です!
レバーのパテ!!特に気になってたメニューで、待ってました!!
レバー風味のフレッシュチーズという表現にやられました・・・
食べてみたい・・・
以前ちょっとおしゃれなお店で食べたレバーのパテは、ちょっとレバーの臭みが残っている感じで
普段からレバーは好きなので、そこまでは気にならなかったのですが
クッキングパパのレバーのパテを想像してたので
なんか違うんだよなーと思った覚えがあります。
でもあんこさんの再現記事を見て、ぜひぜひこれは自分でも頑張って作ってみようかなと思いました!!

ネットにはいろんな人がいますよね・・・
顔が見えないからと言って、実生活でもそんなにつんつんしてんの?って人も。
自分の意見が間違ってないと思うなら、堂々と全体公開にしてコメントすればいいのにって思います。
でも、やっぱり今回の地震のことで、心がすさんでしまって
どこかにあたりたい気持ちもあるのかもしれません。
そして今あんこさんがとても落ち込んでないか心配です。
でも応援してる人はたくさんいます!もちろん私も!体が大きいから二人分は応援してますww
このブログ本当に大好きです!
あんこさんの書く文も、分かりやすい料理の味の説明も。
I LOVEあんこさんです!
これからも楽しみにしてます。
と、ここまで持ち上げておいてどうなのって感じですが、
それで頑張らなくちゃ!と無理なさってはいけないので、
どうかあんこさんの無理されないペースで、また更新を楽しみにしてます。







  • #w7E8CPEA
  • かなこ
  • URL
  • Edit

2011.03.19 Sat 19:57  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2011.03.19 Sat 19:59  |  

あ~おいしそう~。
物流回復したら絶対まねします!

  • #-
  • れいれい
  • URL

2011.03.19 Sat 22:06  |  おいしそう!

はじめまして!
小学校の頃から憧れていた料理が再現されていて、思わずコメントしてしまいました。
大げさかと思いますが、子供のときからレバーが好きでこの料理を知ったときはこんな食べ方もあるんだと感心していました。
この状況が落ち着いたらぜひ作って食べてみたいです!

私はずっと秋田県に住んでいます。地震の影響で、停電や水道が止まったりしましたが、今はほとんど回復しています。
被災したとはとてもいえませんが、やはりろうそくの明かりで夜を過ごしたことは不安でなりませんでした。
こちらのブログの更新をいつも楽しみにしていましたので、今回の更新はとてもうれしいです。

まだまだ不便なことも多いですが、ブログの更新が私のとっては励みになりました。
早くもとの生活に戻って、みんなでおいしいものを食べられるように秋田からがんばろうと思います。

  • #jkZ8cTek
  • URL
  • Edit

2011.03.19 Sat 23:47  |  いろいろ広がる

あんこさん、こんばんは。

このレバーのパテ作りたいがために、スピードカッターを購入しして
しまいました。このパン+レバーのパテという組み合わせは、酒の
つまみとしても魅力的で飲み会に作っていった時も好評でした。
『クッキングパパ』に限らずですが、自分が思いもよらない方向性の
料理を知るというのは、とても刺激的で楽しいものですね。

このバーのマスターは「ビーフストロガナス」の時に田中くんの失恋の
現場に居合わせ(マスターの店が失恋の現場になったのですが)、
その時も大人な対応をしていたのが印象的ですね。

田中「なーマスター、強いカクテル作ってくんねーかな。」
マスター「おやめになった方がよろしいかと…。」
田中「たのむよ。わめいたりしねーから。」
マスター「そうですね。お気持ちはお察しします。」

そう言って強烈なカクテルを田中くんに振る舞って「人生の苦さと
辛さを味わってください」なんて言っていたのが、いかにも大人で、
いい感じでしたね。

このレバーのパテは、みゆきちゃんが、お母さんの虹子さんに似て
レバーが苦手だとわかる「鶏レバーグ」(42巻)にお話が続いている
ので、そちらも気になるところです。

これからも再現料理がんばってください。では~。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2011.03.20 Sun 07:31  |  

初めまして。いつも楽しく見ていますが、今回は妊婦向けのメニューだし、私もレバー大っっっ嫌いなので、コメントしたくなりました。これなら美味しそう‼旦那さん、作ってくれないかな :-9 でも、カロリー制限も厳しいから、バターの量にもドキドキしたりして… だけどだけど、こんな気遣いされたら、感動していっぱい食べちゃいそうです。

  • #-
  • BB
  • URL

2011.03.20 Sun 10:38  |  

レバーは食べたときのぼそぼそした触感が嫌で あまり好んで食べることは無かったのですが この状態なら確かにカロリーを省みずにパクパクいってしまいそうですね

  • #-
  • しがない会社員
  • URL

2011.03.20 Sun 19:46  |  手間かかりますね

やっぱり内臓系は手間がかかりますね。
でもでも、料理は下処理をなまけず、ちゃんとやると美味しくできますよねー(・∀・)

2011.03.20 Sun 19:59  |  

わー、おいしそー♪
レバーのパテって、実は苦手なんですが(生が一番好き)、これはおいしそうですね!
こんどやってみようかな♪

  • #-
  • みっち
  • URL

2011.03.21 Mon 19:21  |  

前回までのコメントについてはROMをしつつ再開を心待ちにしておりました。
ワインが合いそうですが、牛乳とレバーはいかがでしたか。
これからもおいしそうな記事をよろしくお願いします。

  • #-
  • ぬん
  • URL

2011.03.28 Mon 22:53  |  玲音さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、レシピ通りの分量だと思わずひるみそうな量のバターを使用します;。
ただ、このたっぷりバターがレバーの臭みや癖を丸ごと包み込んでくれる為、
固まる頃にはすごく深いおいしさに仕上がってくれるのが嬉しいです。
確かに、これは赤ワインに合いそうでした。
牛乳もフレッシュな後口になるのでウマーですが、そちらも試したいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.28 Mon 22:57  |  実家は宮城さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

正直、田中君は何だかんだでお手柄を立てることが多いのでいい人だと思います。
普段はちゃらんぽらんで失敗ばかりですが、不思議と誰かの支えになっている
ので憎めないキャラですね;。最近は落ち着いてきたのが少し寂しいです。
確かに、そんな話もありましたね~!あのレバーバーグもかなりおいしそう
で印象強かったので、いつか再現してアップしてみたいです(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.28 Mon 23:05  |  shibatayaさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
非公開コメントをして下さり、ありがとうございます。

いえいえ、相当に感情的だったので、我ながらお恥ずかしいです;。
人の心を無意識に逆なでしてしまう稚拙な私の人柄が
今回の事態を引き起こしたので、謙虚に反省させて頂いております。
一時は無神経な自分の人格を恥じてどこかへ消えてしまいたいと考えましたが、
応援して待って下さる方の事を考えるととても逃げる事が出来ませんでした。
厚顔な自分の面の皮をさらけ出すのは恐ろしいですが、これからも頑張りたいと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.28 Mon 23:14  |  とわとわさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

おいしそうと言っていただけて、とても光栄です(^^*)。
難しそうなパテも、ミキサーがあるだけでこんなに簡単に出来るのでつくづく
文明の利器はすごいな~と感じました(実はうちもミキサーと泡だて器壊れてます;)。
それにしても、とわとわさんの地域のはやし歌を知ってものすごく驚きました!
場所によって、言い回しが少々異なるのですね。貴重なご情報に感謝です!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.28 Mon 23:18  |  アビーさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

いつも楽しく読んでくださっていると知り、すごく嬉しかったです!
私も小学生低学年の頃はレバーが苦手だったんですが、中学年くらいの時に
何とごま油塩味のレバ刺し(?!)を食べて一気に克服しちゃいました;。
思うに、新鮮なレバーに出会えるかどうかがレバーとの今後を決める
重要なターニングポイントなように思います;。
これは大量のレバーと香味野菜で臭みなく仕上がるので、お勧めです!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 21:25  |  花売りさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

三人目のご懐妊、おめでとうございます!
お祝いコメントが遅くなってしまい、申し訳ございません;。
こういう世情の中、新しい命の存在は心からありがたい気持ちになります。
何卒、お体をご自愛下さい。

いえいえ、たまたま知識のある方に教えていただいただけです;。
最近になって分かる新事実って多いですよね。
ひと手間をかけるって普段忘れがちですが、そのひと手間が
おいしさを何倍にも跳ね上げてくれるので、これからも大事にしていきたいです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 21:30  |  あずさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も幼い頃は給食のレバーのから揚げが大嫌いでしたが、
レバーのおいしさに気づいてからはもうすっかり虜です(^^;)。
確かに、これは強い旨みが特徴的なのでベーグルみたいに
ガシガシした噛みごたえのパンに打ってつけだと思います!

実を言いますと、携帯電話ではもはやあのお経みたいに長い記事を
全て表示するのは限界らしく、あちこちの方からご指摘を受けておりますorz。
ただ今改善案を思案中ですので、恐れ入りますが今しばらくお待ちして
下さると非常にありがたいです。教えてくださり、ありがとうございます。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 21:41  |  かなこさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

実際に食べてみて真っ先に思い浮かんだ表現がそれでしたので、
そうおっしゃって頂けますと大変光栄で嬉しいです(^^*)。
ただ、友人から「よくわかんない」と言われちゃいました;。
このアドバイスをばねに、もっと分かりやすい表現を目指す所存です。

レバーの臭みは結構強烈なのが悩み物ですよね。
ただ、このレシピだとバターや香味野菜、醤油がきいているため、
びっくりするくらい控えめになっています。
パンはもちろん、茹でじゃがにのっけても美味でした!

私としては、仮に「当たりたいから」だという理由だったとしたら、
それでもいいと考えていました。そうする事によって震災によるストレスが少しでも
解消され、なにくそという気力がわくのでしたら、こんな矮小なブログなどいくらでも
利用して頂いて結構だと思います。ただ、以後は荒れないよう、他の方々のご迷惑に
ならないようにこっそりとご対応をしていきたいと考えております。
この件に関してはたくさんのコメントを頂いた為、もう自分ひとりのわがままで
皆様を振り回す真似だけはしてはいけないと、痛感いたしました。
ただ、明らかに荒らしだと分かる場合は、皆様のご指摘通り削除する自由を選ぶ所存です。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 21:45  |  狐ヶ崎太郎左衛門さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

『おかわり飯蔵』で一度拝見した方法ですが、
確かにあのレバーの下処理法はとても為になりました。
エネルギーを浪費せず、レバーもぷるっとした仕上がりなんて、
どれだけいい所とりなんだろうと感心した覚えがあります。
『明るい食品偽装入門』…題名からしてとても面白そうで
勉強になりそうな本ですね(笑)。こちらも是非拝見したいと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 21:47  |  れいれいさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

れいれいさんみたいにおっしゃって頂けるコメントが、
読んでいてすごく力づけられます(^^)。
これはパンの他に茹でたじゃがいもにもぴったりですのでお勧めです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 22:15  |  遼さん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

レバー好きの方にお褒め頂けて、とても嬉しかったです(^^)
私の方こそ、遼さんのように厳しい環境の中頑張っていらっしゃる方に
頂けるお褒めの言葉が、何よりの支えと励みになっております。
日本がこんなに大変な時期だというのに図々しくも更新を続けてられているのは、
ちっぽけで何の変哲もない、それでいて不快に取られても仕方がないブログ記事でも、
寛大にも許して頂く上に「面白い」「楽しみにしてます」と応援して下さる
方々が僅かにでもいらっしゃるからです。どれだけ感謝しても、しきれません。

私はこれからも、どこかの誰か様を無意識に傷つけ続けると思います。
それには何も言わず、何もしないのが一番だと思いますが、それでもブログを続けると思います。
たった一握りしか存在しないとしても、このブログによって辛さを一瞬だけでも忘れて下さる
方がいらっしゃる限り、色々なブログ記事をアップしていく所存です。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 22:25  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

このレバーのパテは、フランスパンにこってりつけてかじると
赤ワインのあてとして最高ですよね(実は昨日試しました;)!
あと、バー発祥のレシピなだけあってカクテルにも合いそうな予感がします。
kawajunさんがご指摘されたとおり、実はこのマスターは
田中君相手に粋なやり取りをしていましたよね。
バーという場所柄、様々なドラマを間近で見てきたんだろうな~と
思うと興味津々です。あんなマスターが入るバーなら、入ってみたいです。

鶏レバーグは、実は私も前々から気になっているレシピです;。
レバーを使う分、普通のハンバーグよりも濃厚そうな味わいが
予想されますので、今度早速試してみます。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 22:29  |  BBさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

バターの量がすごいのが、このレシピの唯一の難点ですね;。
価格もカロリーも健康も、色々心配になる一品ではあります(^^;)。
ただ、このパテをこってりぬりつけたフランスパンは牛乳や赤ワインに
ばっちり合って思わず恍惚とするおいしさですのでおすすめです。

もしかして、BBさんもご懐妊されているのでしょうか(違っていたらすみません;)?
もしそうでしたら、おめでとうございます!
大変な時期ですが、お体をどうぞご自愛ください。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 22:34  |  しがない会社員さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

レバーが苦手な方にそうおっしゃって頂けると、とても嬉しいです(^^*)。
確かに、火を通しすぎた鶏レバーはボソボソもそもそした舌触りが
嫌ですよね。こちらだとボソッとした感じはバターで大分緩和
するので、なめらかなレバーを食べてみたいときにはうってつけのお料理だと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 22:37  |  東京博多さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

レバーにしろ、砂肝にしろ、内蔵は本当に手間がかかりますよね;。
しかし、この手間さえ我慢したら正肉に負けないくらい熟成された
深い旨みが堪能できるのが嬉しいです(^^)。
東京博多さんのおっしゃる通り、下処理を怠けるとお料理は
途端においしさレベルが下がっちゃうので非常に重要な工程だと思います;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 22:41  |  みっちさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

実は、私もレバーの生刺身がレバー料理の中で一、二を争うほど
大好きだったりします;。新鮮なレバーって臭みがまるでないですよね!
ただ、このレバーパテもパテを見直すくらい美味なのでお勧めです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.03.29 Tue 22:46  |  ぬんさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

実は、牛乳とレバーパテの組み合わせは赤ワインに
匹敵するほどの相性でした;。レバーの癖ある濃厚な旨さを
牛乳が丸く包み込むような感じで、パンにもぴったりなのが泣かせました;。
もちろん赤ワインのおつまみとしても最適なレシピですよ~(^^)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/677-4eaf18be
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ