『華中華』の“大根の切り干しチャーハン”を再現!

 私が大好きな映画の一つに、『グーニーズ』という洋画があります。印象的なオープニング、魅力的な子ども達、冷酷なのにどこコミカルな悪党一家、ハラハラドキドキする冒険活劇、そして感動的なラスト…。小さい頃に何度も見たのを覚えています。実を言いますと、大昔にビデオを紛失して以来この映画の名前を思い出せずに悶々としていた当時大学一年だった私に、「ああ、それ『グーニーズ』だよ!俺もその映画大好き」といとも簡単に答えてくれたのが、その頃バイト先で一緒だった相方・マサル君。今から六年半以上も昔の話ですが、やっと映画名がわかって狂喜乱舞した時の心境は未だに忘れる事が出来ません。
 どうも、正直『グーニーズ』の名前を思い出せたという一事だけでも相方さんと付き合ってよかったと心底感謝している管理人・あんこです。

 今回再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんと未来のお姑・淑子さんが協力し合いながら初製作した料理・“大根の切り干しチャーハン”です!
大根の切り干しチャーハン図
 康彦さんがハナちゃんのご両親へ挨拶に行った数日後、今度はハナちゃんが康彦さんと共に結婚の挨拶をしに三浦半島のお家へ向かいます。実は康彦さんの実家は三浦半島でも指折りの大きな農家なので、康彦さんのご両親は「一日でも早く同居してもらって畑仕事をどんどん手伝ってもらい、出来れば子宝もすぐに授かって欲しい(・∀・)ワクワク!」という大きな期待を内心抱いており、その為ならハナちゃんの為に完全二世帯住宅への改築、業務用コンロの設置も厭わないという話を大変乗り気にしていました。けれども、肝心のハナちゃんにはその想いに答えられない大きな理由が存在していた為、ものすごく躊躇します。それは、「父ちゃん、母ちゃん、楊貴妃さんに誓った世界一の料理人になるという夢をかなえたい」という、切なる決意。結婚した後もその夢を諦めず、今まで通り昼は満点大飯店で修行・休憩時間は上海亭で日替わりチャーハン作りを続けたいとハナちゃんは勇気を出して康彦さんのご両親に話し、その為現時点での同居は出来ないと訴えかけます。そして、「満点の定休日は上海亭さんもお休みにして頂いて、こちらに帰ってくるという休日婚をお願い出来ませんでしょうか。わがままだというのは重々承知しております。康彦さん、お義父さん、お義母さん、どうかお願いいたします!!」という新しい提案をもちかけ、ハナちゃんは深々と土下座をしてまで必死にお願いします。
 要は一週間の内六日は料理修行・一日は康彦さん宅へ帰って農業と新婚生活するというなかなかハードな別居スタイルの生活で、はっきり言って心優しく人当たりのいいハナちゃんにとってここまで大胆な主張をする事は相当に勇気がいる事だったことが伺える為、それを考えると胸が痛みます(ハナちゃんは誰かに我慢をさせるくらいだったら自分が我慢する、という今時珍しい人間が出来た女の子なので、尚更です)。ただ、このシーンを見るたびそんなハナちゃんでも中華料理だけはどうしても譲れない領域だったという真実が改めて浮かび上がって見えますので、古参のファンとしてはとても感動しました。結婚を誓い合ってからというもの、ハナちゃんはしばらく「康彦さん、康彦さん」状態だったので「大丈夫かな…」と一読者として心配していましたが、どうやら恋をしようが結婚しようがハナちゃんはハナちゃんみたいで一安心です;。幸い、一番不安だった康彦さんの反応も「休日婚…俺はいいと思うよ。女性が何かを目指しながら結婚もするとなると、こういう方法もあると思う。…俺、頑張ります!」という理解あるもので、他人事ながらほっとしました。結婚は本人同士だけの問題ではなく、ご両親、親族、職場、友人も密接に関わってくる側面があるので決して一筋縄ではいかないところがありますが、それでも最終的には当人達の気持ちが大事だと私は信じています(^^)。
ハナちゃんは、結婚してもやはりハナちゃんでほっとしました
 しかし、やはり未来のお義母さんとなる淑子さんは昔気質の人だったので「じょ、冗談じゃありませんよ!そんなみっともない結婚なんて認められるわけないでしょ!」「この話はなかったことにしてもらいます!」とすっかり怒り、アタフタするお義父さんを引き連れるようにして台所へ引っ込んでしまいます。普通の漫画ならここで事態は膠着するところですが、幸運にもハナちゃんには力強い味方・幽霊の楊貴妃さんが「下手すると康彦はこの家を飛び出しちゃうかもよ!」「気にしない、気にしない!そんなの関係ないよ!」と声をかけては仏間に続く扉をガタガタ動かして半ば強引にご両親を納得させるという密かな支援をしてくれた為、見事ハナちゃんと康彦さんの結婚を認めるように仕向ける事に成功していました;。正直、これは脅しや霊障と言っても過言ではないレベルの干渉だと普段なら思いますが、事が事なので今回ばかりは「楊貴妃さん、ナイスアシスト!」と心の中でGJサインを出しちゃいました(^^;)。
幽霊ならではのナイス助け舟を出す楊貴妃さん^^;
 その後、楊貴妃さんの支援によっていい感じに仲直りして休日婚を認めてもらったハナちゃんが、お義母さんが昔お姑さんに作り方を教えてもらって以来作り続けているという切り干し大根を使って一緒に作った昼食が、“大根の切り干しチャーハン”です。
 レシピは少し手間がかかるものの基本的には簡単で、お湯で戻した後に一味唐辛子やゴマ油で味付けした切り干し大根、カリカリベーコンを基本チャーハンに混ぜ込んでざっと混ぜれば出来上がりです。このチャーハンは特にビールとの相性がぴったりとのことで、作中では切り干し大根のシャキシャキした歯ざわりがみんなに好評価でなんとお代わりまでされていました。到底許してもらえないと悩んでいたハナちゃんの結婚がめでたく許された時にみんなで仲良く食べられた、ハナちゃんにとっては思い出深い一品です。
ハナちゃんが料理人修行する事、休日婚をする事を認めるお義母さん
 ちょうど、大安売りの時に大量に買っておいた切り干し大根が戸棚の中に残っていた為(好物である切り干し大根と油揚げの煮物をいつでもつくれるように思い買ったんですが、よくよく考えれば一気に消費するような食材ではありませんでしたので深く反省orz)、それを使って早速再現してみようと思います!

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、切り干し大根の下ごしらえ。なみなみと水をはったボウルの中へ切干大根を投入して三十分~一時間放置し、水をたっぷり吸わせて戻したらザルにあけます。戻す際に使った水は上澄みを少し捨ててから新しい水を少々足し、鍋に入れて沸騰させておきます(←実は作中にない手順なんですが、せっかくの水をそのまま捨てるのは勿体無かったので再利用しちゃいました^^;)。 
大根の切り干しチャーハン1
大根の切り干しチャーハン2
 沸騰した熱湯で戻した切り干し大根をさっと一煮立ちさせ、ザルにあけて水気を落としたらさらに手で切干し大根の水分をぎゅ~っと絞ります(この時切り干し大根は熱々なので、火傷に要注意!手の皮が薄い方は、手袋をしてでの作業をお勧めします)。水気を十分きったら、一センチの幅に切り干し大根を切り揃えておきます。
 ※この作業はチャーハンを水っぽくさせなくする為に非常に重要な作業ですので、手抜きは厳禁です。
大根の切り干しチャーハン3
大根の切り干しチャーハン4
 この切干し大根をボウルに入れ、一味唐辛子、塩、ゴマ油を加えたら菜箸でよく混ぜ合わせます(辛いのがお好きな方は、真っ赤になるまで入れちゃってもOKです;)。その間、油をひいてない中華鍋(又はフライパン)でベーコンをカリカリに炒めておきます。
大根の切り干しチャーハン7
大根の切り干しチャーハン5
大根の切り干しチャーハン6
 ベーコン全体がカリッと炒められてすっかり軽い感じの仕上がりになったら、そこへ先程の味付け済み切り干し大根を投入し、ざっと炒め合わせます。これで、切り干し大根の下準備は完了です。
 正直、この時点で食べてもビールのいいおつまみになるので、そこそこ立派な一品料理として通用します。水気がない上に冷めてもおいしく、なおかつご飯と抜群の相性なので、お弁当の具にしてもナイスです。
大根の切り干しチャーハン8
大根の切り干しチャーハン9
 次は、チャーハン作り。以前、詳しい作り方をご紹介したハナちゃん流基本チャーハンのレシピ通りにチャーハンを手早く作り、最後に仕上げる際、先に用意しておいた切り干し大根とベーコンの炒め物を一気に加えてざっと混ぜ合わせます。この時、終始強火で一気に作り上げる事が最大のポイントです。
大根の切り干しチャーハン10
大根の切り干しチャーハン11
 塩加減を微調整し終えたら火からおろし、そのままチャーハンをお皿へ丸く盛りつければ“大根の切り干しチャーハン”の完成です!
大根の切り干しチャーハン12
 ふっくら戻っている切り干し大根が見るからにおいしそうで、いかにもしゃっきりしていそうな質感が食欲をそそります。密かに心配していた大根臭さも茹でてしっかり水気を切ったせいか全くしませんし、むしろゴマ油の香ばしい香りがいい感じでした。あと、ベーコンの赤・ネギの緑・卵の黄・切り干し大根の白が予想以上にカラフルな見た目にしていて、考えていたよりも華やかな色合いで驚きました。
大根の切り干しチャーハン13
 それでは、温かい内にいざ実食!いただきまーす!
大根の切り干しチャーハン14

 さて、味の感想ですが…しゃっきりザキュッとした小気味良い後口な切り干し大根の歯触りが、何とも美味!これはビールによく合います!
上海亭のおじいさんとおばあさんにも好評でした
 切り干し大根は最初の内だと口の中でしなやかにくねりますが、しっかり噛み締めた次の瞬間シャキシャキッと張りのある食感が生まれる為、この上なく歯に心地よいチャーハンになっています(歯応えだけなら「柔らかめのハリハリ漬け」って感じでした)。おかげで食べれば食べる程後を引く感じで、あっさりシンプルなピリ辛塩味とあいまって非常に食が進む一品です。不思議な事に、ベーコンの深みある塩気や旨味の濃い脂分がうっすら効いたベーコンエッグ風の洋風チャーハンと丸っきり和風な切り干し大根の相性がぴったりで、新たな名作和洋折衷料理ここに誕生!って感じでした。干す事によって濃縮された大根本来の甘味が活きている切り干し大根が完全に主役となっている、どことなく懐かしい乙な味のチャーハンです。
 基本的には比較的薄味なのですが、一味唐辛子のピリッとくるドライな辛味やゴマ油の香ばしい風味が全体に適度なアクセントを付け足している為、最後まで飽きずに頂く事が出来ます。カリカリになるまで焼いたベーコンがチャーハンの水分を吸ってほんの少しだけ柔らかくなっているのも食べやすい上に切り干し大根の食感を邪魔する事もないですし、なかなかよく考えられた創作料理でした。中華というには家庭的すぎる味わいですが、普段から定番にしたい安定した美味しさが特徴的です。

 どこのスーパーでも売られている身近な材料だけで簡単に作れるチャーハンなので、これからは定番になりそうです。今まで切り干し大根といえば煮物やサラダくらいしか使い道がありませんでしたが、これならたっぷり消費できそうなので助かるな~と思いました。ご飯より多めに入れると、ダイエットや消化によさそうです。

○P.S.
 先ほど、ようやく再現したい漫画リストを復活させる事が出来ました!須賀利さん、大変ありがたいご指摘とアドバイスを下さり、誠にありがとうございますm(_ _)m。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.05.14 Sat 23:09  |  

クッキングパパにも同じように
切干大根を使ったチャーハンがありましたね
もしおひまがあれば再現してください

  • #-
  • URL

2011.05.15 Sun 11:13  |  はじめまして。

いつもサイトの更新楽しみにしています。
自分は大学の一人暮らしをきっかけに自炊に目覚めたのですが、
あんこさんには共感できる部分が多いです。
このあいだ現役大学生の弟(やはり一人暮らしです)に、「このサイト面白いよ~」と紹介したところ
「知ってるよ!すでにこれ参考にいくつか作ってるぜ」
とのことでした笑

自分は現在も一人暮らしをしていますが、就職してからはなかなか手の込んだ料理ができませんorz
休日など、時間のあるときにイロイロやってみたいなーと思う今日この頃です。

乱文すみませんでした^^;
今後も更新楽しみにしてます!

  • #ndVvbU3U
  • ろくぞう
  • URL
  • Edit

2011.05.19 Thu 02:25  |  

やっぱりあんこさんのチャーハンは抜群の安定感ですね!
コレは、絶対美味そう!!!!

  • #-
  • とーりすがり
  • URL

2011.05.22 Sun 14:48  |  匿名さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ご指摘されて、初めて「あ、そういえば『クッキングパパ』のおばあチャーハンを
既に再現していたから、切干チャーハンは初めてではなかった…」という
衝撃の事実に気づきました(当ブログのまとめに記載されております;)。
申し訳ございません、そこそこ前に再現した為再現した事自体を
忘れておりました。ご指摘大変感謝いたします。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.05.22 Sun 15:09  |  ろくぞうさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私にも、学校へ通いながら一人暮らしをしている妹がいますので
ろくぞうさんに親近感を感じました(^^)。
実は、私はよく「言っている事がよく分からない」と言われては
落ち込む人間ですので、そうおっしゃっていただけてすごく嬉しかったです!
それにしても、こんなマイナーかつマニアックなブログに、ろくぞうさんと
弟さんが目を留めてくださっていたとは…!あまりにもすごい確率の
偶然で、内心驚きを隠せませんでした;。

私は現在、家や諸事情の関係で実家暮らしのままこの歳まで来てしまっている為、
立派に一人暮らしをされている方々はそれだけで尊敬致しております。
手の込んだ料理でなく、簡単な料理でも継続さえしていれば自然と
料理の腕や応用力が身について来ると感じている為、凝ったものが作れなくても
気にしなくて大丈夫だと思います。休日、何かチャレンジできるといいですね(^^*)。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.05.22 Sun 15:55  |  とーりすがりさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

過分なお褒めのお言葉を頂けて、大変うれしかったです。
いえいえ、チャーハンの腕はまだ未熟だと思うので恐縮です(^^;)。
これからも、さらに精進を重ねてもっとチャーハンの腕をきたえようと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.11.26 Sat 08:51  |  作りました!

あんこちゃんお久しぶりです、
もう1年以上高齢出産ブログ放置の千代丸です。
これ、簡単に美味しく出来上がりましたので、事後報告まで~。

  • #-
  • 千代丸
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/706-e5f9a2f4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ