『セイシュンの食卓』の“クリームリンゴ”を再現!

 近頃、ある読み物がきっかけでグリーンカレーにはまりました。欧風カレーだと作るのに一時間以上かかるのですが、グリーンカレーだと十五分もあれば出来る上、寝かせなくても十分美味しく仕上がるので気軽にカレーが楽しめるのがお気に入りポイントです。私の場合、その読み物を参考にナンプラーを醤油に置き換えて作っているのですが、より日本人好みな感じの味わいになる為、エスニック系が少し苦手だった嗜好が大きく改善されました。
 どうも、グリーンカレーの具にはたけのこ・きのこ・鶏肉が必須だと考える管理人・あんこです。

 本日再現する漫画料理は、『セイシュンの食卓』のあるお話にて新人アイドルの女の子の危機を救った“クリームリンゴ”です!
クリームリンゴ図
 『セイシュンの食卓』とは、お手軽系お料理漫画を数多く執筆されている漫画家・たけだみりこ先生を一躍有名にさせた、ショートストーリー形式の超絶簡単お料理漫画。特に決まった主人公はおらず、一話一話のページ数も二~三ページのみという少なさですが、その分気楽に読める感じなのでついつい最後まで読んでしまう不思議な魔力がある作品で、短いながらもきっちりきれいに起承転結しているのに毎度感心させられます。その上、登場するお料理もほんの十分かそこらで作れちゃいそうな簡単かつ独創性の溢れるものばかりですので、実用性もばっちりです。
 但し、時折明らかに「…ネタ?それとも、本気?」と判別がつかなくなるようなトンデモ料理があるのがこの作品の最大の問題点;。約九割のレシピはまともなレシピなので、お料理初心者でも安心して作れるイメージなんですが、まるでししとうパックの中に数本まぎれている激辛ししとうの如きさりげなさでキワモノ料理が何でもないような顔をしてぽつぽつ入り込んでいる為、初見者は注意が必要です(^^;)。
 今回再現するのは、その中では比較的危険度が低い部類に入る“クリームリンゴ”。ちなみに、このお料理の誕生は、ある一人のデビュー間近な新人アイドルの波乱だらけな撮影がきっかけ。≪オシャレなピチピチフレッシュギャル☆≫というキャッチフレーズ(今やすっかり死語ですね;)でめでたくデビューが決まり、いざ宣伝用の写真を撮ろうとスタッフは張り切りますが、肝心の新人アイドルの女の子がなかなかじれったいキャラで、「リンゴをかじって若さをアピール!→昨日入れたばかりの差し歯がガタガタに…」「アイスを口に運んで可愛らしくポーズ!→敏感な腸の持ち主な為、お腹を冷やすとすぐにゴロゴロ…」いうNGだらけな状態になってしまい、撮影は難航します。
 そこでスタッフが、「現場にあるありあわせのものだけで、何とか歯にもお腹にもダメージを与えず食べられるオシャレな食べ物を…」と悩みに悩んで苦肉の策で考え出したのが、この一見オシャレなデザート・“クリームリンゴ”。名前だけ聞くとそこそこ凝ってそうな印象を受けますが、材料は何と水・リンゴ・バニラアイスの三種のみという単純さ。けれども作り方はもっと見る人の度肝を抜くもので、要はりんごを切る→水で煮る→アイスを入れて煮るという三段階だけでもう出来上がります;。
 正直、あまり食欲をそそられない感じなのですが新人アイドルの女の子はどうにかこれを無事食べて撮影を成功できたようで、やっとの思いでそれらしく仕上がった写真を見てしみじみ「世の中ってこんなもんなんですね;」と呟いていました;。個人的に、浅いようでなかなか鋭い所を突いている名言だと思います。
目指せ!アイドルの星!!~理想編~理想

目指せ!アイドルの星!!~現実編~現実
 記念すべき『セイシュンの食卓』再現第一弾だというのに、こういう特殊なネタレシピを取り上げていいのかな~と大分迷ったのですが、友人から「最近ネタ料理が無いから、つまらない。時々でいいから、キワドイ漫画料理を作って欲しい」というリクエストを受けたので、早速それに答える形で再現してみようと思います;。

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、りんごの準備。りんごは基本的にどんな物でもいいのですが、なるべく煮ておいしい品種(紅玉とジョナゴールドがおすすめです)を用意し、皮をむいて芯を取り、包丁で四つ割り~八つ割りにします。
 ※これは蛇足ですが、新鮮なリンゴは皮までおいしいので、事前によくこすって洗ってからむいた皮をシャリシャリ食べちゃうのもありです(貧乏性ですみません;)。ちょこっと残ったジューシーな身の部分と、皮のパキパキ感はB…いえ、C級チックなおいしさです。
クリームリンゴ1
クリームリンゴ2
 何も入っていない小鍋へ先程の皮むき済みリンゴを入れ、水をリンゴが顔を出すくらいまでちょろっと加えてから弱火~中火にかけ、リンゴの中心部が柔らかくなるまで煮ます。この時、リンゴの甘酸っぱい香りが台所中に漂った為、少々メルヘンチックな気分になりました(´∀`*)。
クリームリンゴ3
 つまようじでリンゴが中まで柔らかいのを確認したら、そこへバニラアイスをそのままドサッと投入し、弱火で約三分間煮ます。作中のレシピ欄によると、アイスは高い物ではなく100円で売られているような安いラクトアイスをポイントだとのことでしたので、お言葉に甘えて毎年暑くなると必ず食べる夏の友・スーパーカッ○超バニラを使用しました。
クリームリンゴ4
クリームリンゴ5
 三分経つ頃には、バニラアイスはもう溶けきってリンゴに馴染み始めているのですぐに火を消します。このまますぐに器に取り分けるのもいいですが、熱々が苦手な猫舌な方は少し冷まして荒熱を取っておいた方がいいと思います。
クリームリンゴ6
 リンゴとソース状になったバニラアイスを温かい内に器へ盛りつけ、スプーンとともに机へ運べば“クリームリンゴ”の完成です!
クリームリンゴ7
 …当管理人の手際が悪かったせいか、作中の完成図に比べると随分不吉な予感を感じさせるビジュアルです;。香りはアイス特有の甘~い匂いが漂って悪くないのですが、見た目が全てを台無しにしていましたorz。分離したアイスの固形部分と液体部分が、見る者の嫌な予感をどんどん増幅させます。本当に美味しいのかどうか心配で仕方がないですが、どんな結果になったとしても今回もちゃんと残さずに食べようと決意すると心が落ち着いたので、頑張って検証してみようと思います。
クリームリンゴ8
 それでは、覚悟が決まったらいざ実食!いただきます!
クリームリンゴ9

 さて、味はと言いますと…予想通り、「う~ん…中の下くらいかな」と微妙な気分になるお味。ただ、決して激マズという訳ではなかったです;。
 一口囓った時のジャクッとした歯触りと、そのすぐ後にホロホロと柔らかく崩れていく舌触りは悪くなかったのですが、味の方は「さっぱりし過ぎな素材そのまま煮リンゴ」って感じで、リンゴ本来の程よい甘味が少々ぼやけているのが残念な出来でした。しかし、その分リンゴから流れ出た素朴な甘酸っぱい果汁と、温かくてちょっぴりクリーミーなアイスが混然と混ざったソースはそこそこいける不思議な美味しさで、ある意味ソースが主役なお菓子かもしれません。また、熱される事によってフルフルに固まった部分のアイスは、面白い事に薄めなカスタードクリームっぽい味になっていました。この部分だけは受け入れられる方は多いと思います。
 正直「おいしい!」と力強く断言出来るような味わいではないですし、かなり人を選ぶお菓子だとも思いますが、それでも食べられない程まずくはないので、「生で食べるのはちょっと…」と言いたくなる少し古くなったリンゴを手軽に消費したい時向きなレシピに思いました;。消化が良くてお腹に優しいので、お腹の調子が悪い時にはいいかもしれません;。

 再現後、ふと思い立って冷蔵庫で冷やしてみてから食べたんですが、やはり劇的においしくなっていたわけではなかったもののやや食べやすくなっていたので「お!」っと感じました。甘くなりすぎず、アイスの風味が染みた柔らかいリンゴという発想は悪くないですので、もっと手を加えたら大化けする可能性は高いと思います。

●出典)『セインシュンの食卓』 たけだみりこと東京ブリタニアン/リクルート出版
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.09.14 Wed 05:32  |  

これこれ!
「セイシュンの食卓」が通っていた芸大の図書館にあり、
休憩時間中に読破しました。

そして、再現された料理が
クリームリンゴとは…!

ちょっとウッとしてしまう見た目ですね(´;ω;`)
でも意外と美味しいなんて、驚きです。

細切りにしてラムレーズンのアイスに混ぜちゃうとか
どうですか?

全く味が想像できない…。

  • #gHzfKXik
  • 高谷コメ
  • URL
  • Edit

2011.09.14 Wed 14:42  |  なつかしい

あんこさん、ご無沙汰しております。m(_ _)m
最近コメントはさせて頂いていなかったですが、
毎回たのしく見させてもらってます。

今回は「青春の食卓」の再現料理。
超懐かしくて、思わずコメントをしてしまいました。
青春の食卓って缶詰とか既存品なんかをベースにして料理をしていたんですよね。
自分もマネをした事が何回かあって、今でもたまに作るメニューがあるんです。冷やっこの上に熱々のごま油をかけるやつです。

それと大分前に実写版でテレビでもやってましたよね。確か小柳ルミ子と大澄賢也が踊りながら料理を作っていたような記憶があります。
(あんこさんくらいの年齢だとしらないかな!?)

そうそう、最後にグリーンカレーですけど、簡単で美味しいですよね。
自分も良く作って食べます。
グリーンカレーって基本どんな具でも美味しいので、たまに冷蔵庫整理で活躍する時もあるんです。
肉団子や魚介類なんかも美味しくできますよ。
それから、ココナッツミルクが無い時は牛乳でも代用が可能ですよ。

それでは、引き続きブログの方頑張ってくださいね。

  • #PooosTlY
  • ぷっり
  • URL
  • Edit

2011.09.23 Fri 17:16  |  高谷コメさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

大分前に『セイシュンの食卓』シリーズを読んだ事があり、、
それ以来「再現したいな~」と思いつつも単行本が手に
入らなかった為半ば諦めかけていたのですが、
つい先日ご縁合って古本屋にて発見した為、再現する運びとなりました。

正直言って「おいしい!」となる味ではないのですが、
決して不味くも無いという非常に不思議なおやつです;。
ラムレーズンは…う~ん、合いそうですが、失礼ながら
ラムレーズンがもったいないかもしれないです(^^;)。
本当に、リンゴがあまった時限定のおやつだと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.09.23 Fri 17:30  |  ぷっりさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

お忙しい中でも忘れず覚えて頂いていた事、ありがたく思います。
『セイシュンの食卓』は、とにかく「思い立った時に手軽に作りやすい」
のが何よりの強みのような気がします。その為、当管理人も
中学生~高校時代に図書館で借りては母にリクエストしたり、
つたないながらも自分で作ったりした事もちょこちょこあり懐かしい作品です。

残念ながらドラマは見た事が無いのですが、
熱々のごま油を豆腐の上にかける料理は覚えています!
あれも手軽なのに、いい副菜になるので未だによく作ってます。
あと、ミーソソースも定番化しています。おいおいご紹介いたしますね!

グリーンカレーは、タイ料理の中でも日本人好み度が高いお料理だと思います。
たった十五分程度で作れるのに、欧風カレーに劣らぬ旨さなのが魅力ですね。
肉団子、魚介類、牛乳も想像するだけで合いそうですね!今度試させていただきます。
あと、個人的にグリーンカレーに一押しな調味料は昆布茶です。
昆布出汁がグリーンカレーに入れたお醤油やスパイスと不思議に合い、
より日本人向きな旨さになるので大好きな組み合わせです。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.09.27 Tue 05:56  |  

こんにちは^^

アイスもリンゴもだいすきなわたしにとってこのメニューはとってもひきつけられたのですがすごくおいしいわけではないのですね!
作る前は良い組み合わせかなーと思っても実際作ってみるとイメージと違ったりわたしもよくあるので、本当に料理って奥が深いですよね。(未熟者が長々とすみません><)
こちらではリンゴの薄切りカットが小さな袋に小分けされてとても安く売られてるのでアイスと共に買って、アイスをディップにしてちょっとしたスイーツ気分でよくたべてます^^(私は甘いものが大好きなのですが、こちらのデザートたちは小さいものでも信っじられないほど高カロリーなのでめったにたべれないんです><><)なのでこのメニューはわたし的にはありかなと思ってしまったわけなのですが><笑
やっぱり溶かしたり火を入れると結構味が変わってしまうんでしょうか・・


このブログが楽しみでもはや毎日の日課となっています^^笑
母から台風が来たり朝がとても涼しくなったと聞きました、
季節の変わり目ですのでお体に気を付けてくださいね^^!
いつも応援しています^^

  • #V5TnqLKM
  • yuika
  • URL
  • Edit

2011.10.03 Mon 00:44  |  yuikaさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

アイスとリンゴの組み合わせはとてもおいしいので
私自身大好きなのですが、一緒に煮てしまうとちょっと…
というような味になってしまいました(^^;)。
それにしても、薄きりが小分けにされて入っていると
すぐに色々使えて便利そうですね!アイスはもちろん、
ゼリーなどのちょっとしたおやつのトッピングによさ気です。

お心遣い、痛み入ります。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/744-01f4f958
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ