『貧民の食卓』の“日韓共同開催風冷やしうどん”を再現!

 リアルでもネットでも、「芸能人の○○を見た(話しかけた)けど、テレビと違って態度悪かった、嫌な奴だった」という話を昔から沢山聞きますが、個人的にその大部分が「たまたま機嫌悪いか疲れているかでつい雑な態度になったとか、もしくは完全にオフの気分になって一人モードになっていたからそう見えたというのがほとんどなんじゃないかな…」と拝聴していて少し悲しい気持ちになります。というのも、人は色んな顔(例:仕事場モード、趣味モード、友達と一緒モード、恋人と一緒モード、疲れた一人にしてモードなど)を持っていて普通だと思いますし、その一部をクローズアップして「人のよさそうなフリをしているけど、本当の顔は違うんだよ」と主張するはやや一方的なように感じるからです。それと似た話で、よく報道番組や近所の噂話で「あそこの××さんは昼は地味そうなのに、夜や休日はだらしない格好(or派手な格好)をして二面性があった。他所では違う顔を持っていた」と大げさに言わているのを聞いても「単に公の場とプライベートでオンオフの切り替えをしているだけなんじゃ…;」と、自分理論で勝手に想像しては落ち込んでしまいます。
 どうも、学生時代に初めて遊んだ知人から「あんこちゃんは本ばかり読んで暗そうに見えるけど、今日遊んでいて明るいな~って思った!本当のあんこちゃんは明るい子なんだね!」と言われ、どれも私なんだけれどそれじゃいけないのかな~と思った事のある管理人・あんこです。 

 本日再現する漫画料理は、『貧民の食卓』にて主人公・赤柿留吉さんが息子・ハジメ君のお誕生日パーティーの時に作った“日韓共同開催風冷やしうどん”です!
日韓共同開催風冷やしうどん図
 『貧民の食卓』とは、貧乏で家計が火の車な赤柿一家(父・留吉、中学生の娘・千夏、小学生の息子・ハジメの三人家族です)が安くておいしい貧民料理を食べながら、貧しくも自由に楽しく過ごす毎日を描いた作品です。主人公である一家の主・赤柿留吉さんは妻・夏記さんを亡くした後、「二人の子どもの面倒を見るのに忙しいですし、子どもの成長を毎日傍で見ていたいので、当分働く気はありません( `-ω-')キリッ!」という主張をしつつ、約二年近くパチンコで生活費を稼ぐという色んな意味で綱渡りな生活を送っているダメな大人なのですが、オリジナル料理の腕はプロ並な為、毎日安い食材でおいしいお料理を作ってはしっかり者の千夏ちゃんをうやむやの内にごまかしてしまっています;。「お金が無くても何とかなるなる、ケセラセラ~♪」みたいな生活を送る赤柿家の日常生活は現代のお話とは信じられない程のんびりしていますが、赤柿家を軸として色んなキャラ達が活き活きと動いているので読みが応えがあります(^^)。一話一話を読むごとにのどかで気楽な気持ちになれる上に美味しいレシピまでついている為、一冊で一石二鳥なお料理漫画です。
 実を言いますと、一年前の三月頃に当管理人が「再現したい料理はほぽ再現しつくしたので、おそらく今日が最後になると思います」などという偉そうな発言をして一旦再現を休止した作品ですが(その決定的な記事がこちらです;)、ほぼ一年以上経過した現在、改めて読み返してみると「これ、美味しそう!再現したい!って全然再現し尽してないじゃないかー(´Д`;)ジブンノバカ!」という事に気付いてしまいましたorz。なので、今日からまた図々しくも再現させていただこうと思います。
 今回再現するのは、第七話のエピソードの際に作られた“日韓共同開催風冷やしうどん”。ある年の七月七日、同級生で密かに思いを寄せてきている文学少年・鮎川君(でも、お約束どおり千夏ちゃんは全然気付いていません;)から「今日、僕の誕生日なんだ」と言われた千夏ちゃんは、それがきっかけで弟・ハジメ君の誕生日も同じ七月七日である事を思い出し、二人で「一緒だ~」と盛り上がります。その際、鮎川君から「フランス料理のケータリング呼んで誕生日パーティーする事になってんねんけど、千夏ちゃん来てくれるかな?」と誘われ、普段からご馳走に餓えていて食いしん坊な千夏ちゃんは「フランス料理(´∀`*)ジュル!!」とよだれを垂らしてまで大喜びするのですが、家でハジメ君が一人で待っているであろう事を考え躊躇します。そして、「どうせウチのおとーちゃん、子どもの誕生日なんて覚えてへん…なら私だけでも祝わんと!」と責任感を感じた千夏ちゃんはぐっと食欲を抑え、「ごめん鮎川君、明日フランス料理がどんなにおいしかったか教えて…」と鮎川君に言い残し、ダッシュで帰っていました。さすがお姉ちゃん、偉いな~と感心すると同時に、千夏ちゃんの食べ物に対する執着心の強さに呆れつつもついつい共感しちゃいました(^^;)。
弟の誕生日を祝う為。フランス料理を諦めた千夏ちゃん偉し!
 けれども家に帰ると、そこにはちゃんと息子の誕生日を思い出し、ハジメ君とそのガールフレンド・みくちゃんと楽しくトランプをして遊んであげている赤柿さんの姿が(実を言いますと、思い出したきっかけは「今日が誕生日の人には、パチンコのスロット設定プレゼント~!」というパチンコ場のアナウンスなので非常に微妙なんですが、まあ思い出さないよりは思い出した方がいいのでスルーします;)。その後、嬉しい誤算に喜ぶ千夏ちゃんと赤柿さん、ハジメ君、みくちゃん、そして仕事が終わってから途中参加したみくちゃんママがワイワイ盛り上がって協力し合いながら作ったのが、この“日韓共同開催風冷やしうどん”。
 作り方は手間がかからないものの時間がかかるもので、中力粉で一から手打ちしたうどんに、鶏手羽肉・長ネギ・しょうが・にんにく・酒・鶏がらスープの素・白ゴマ・お酢などで作ったスープと、りんご・きゅうり・鶏肉・キムチ・ゆで卵といった具を合わせたら完成です。作中の説明によると、粉ものはとにかく材料費が明日くすむのが特徴だそうで、一度など赤柿さんは中力粉を片手に「これさえあったら、何人来てもばっちり楽しめまっせ~」と豪語していました;。
 その後、“日韓共同開催風冷やしうどん”でいつもよりも豪華な食事を済ませ、ハジメ君はみくちゃんママが気をきかせて買ってきてくれたお誕生日ケーキで無事七歳のお祝いを済ませることが出来手いたのでほっとしました。ただ、お誕生日ケーキは当の本人であるハジメ君よりも千夏ちゃんの方が「きゃ~!」と喜びをあらわにしていた為、思わず「千夏ちゃん、顔自重!」と突っ込んでしまいました;。
みんなでワイワイ騒ぎながらうどん作り
 麺料理は大好物な上、久々にうどんを手打ちしたいという気持ちが湧き上がってきていた為迷わず再現を決意しました。巻末にも作中にも分量つきの詳しいレシピが載っている事ですし、まだまだ厳しい残暑を乗り切るためにも早速再現してみようと思います!

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、特製スープ作り。鍋に水、鶏手羽先、鶏がらスープの素、長ネギの青い部分、しょうが、にんにく、お酒を入れ、沸騰させます。沸騰したら、約一時間アクを取りながらコトコト煮込みます。その際、フタをするとスープがにごりやすくなるので、色合いにこだわる方はフタをしない方がいいと思います。
 ちなみに、スープを作るときに赤柿さんは「スープって時間はかかるけど手間は一個もかからへん。何しろワシ、時間だけはた~っぷりあるからなー」と言って、千夏ちゃんから冷たい目で「自慢にならんて」と突っ込まれてました;。こういう時折入る親子漫才も、『貧民の食卓』の魅力の一つです。
 ※「鶏肉を使うのに、スープの素も使うんか~い!」と千夏ちゃんの如く突っ込む方も多い事と思いますが、作中にてしっかり明記されておりましたし、これでスープの味を補強する事が出来るのでそのまま使用することにしました;。ご了承よろしくお願いいたします…。
日韓共同開催風冷やしうどん1
日韓共同開催風冷やしうどん2
 鶏から出汁が十分出たら火を止めて冷ましておき、十分に冷めたのを確認したらスープはキッチンペーパーで丁寧に漉し、鶏手羽先は骨から身を外して食べやすい大きさになるまで手でほぐします。この頃になると、鶏手羽先はかなり柔らかくなっていた為身はびっくりするほど楽にはずれ、おかげで作業はかなり簡単でした。
日韓共同開催風冷やしうどん3
日韓共同開催風冷やしうどん4
 フライパンで軽く炒った白ゴマをすり鉢に入れてすりこ木でよ~くすり、先程のスープには塩、こしょう、お酢を加えてお好みの味付けにしておきます。白ゴマがあらかたすれて香ばしい匂いがたち始めたら、スープを少しずつ流し込みながら混ぜ合わせます。白ゴマとスープが混ざりきり、味の微調整を行ったら特製スープの出来上がりです。
 ※時間が経つとスープのそこに細かくなった白ゴマが沈殿しますが、お玉で混ぜるとあっという間にもとの状態に戻るので大丈夫です。
日韓共同開催風冷やしうどん5
日韓共同開催風冷やしうどん6
日韓共同開催風冷やしうどん7
 次は、うどん作り。ボウルに中力粉、塩、水を投入し、表面にツヤが出るまで手でガシガシこねながら混ぜます。赤柿さん曰く、「こねりゃこねるほど、コシでまっせ!」との事ですので、腕と肩と腰が「真っ白に燃え尽きたぜ…」状態になるまで徹底的にこねる事をおすすめします。やがてうどん生地がつややかかつ滑らかになってきたらラップでぴっちり包み、冷暗所(夏場は冷蔵庫)で二時間以上寝かせます。
 ちなみに、手でこねるのもいいですが清潔で厚手なビニール袋を二重に重ねた物の中へうどん生地を入れ、日頃のストレスをぶつけながら踏みこねるのもおすすめだと赤柿さんは話していましたので試してみた所、確かにこれは楽!おまけに手でこねるときよりも圧倒的に早く、そして強力なコシのあるうどんが作れますので、個人的に一押しな方法です。ただ、袋が敗れていないか慎重に確認しながら踏んだ方がいいと思います。
日韓共同開催風冷やしうどん19
日韓共同開催風冷やしうどん20
 時間が経ったらうどん生地を取り出し、清潔になるまで拭き掃除をしてから小麦粉をまいておいた台の上で、麺棒を使ってゆっくり薄く伸ばします。この時、薄くなった生地同士がくっついてしまわないよう、こまめに小麦粉をまぶすのがポイントです。うどん生地が同じ厚さに伸びたら三つに折りたたみ、包丁で上から押さえつける方にしてうどん生地を均等な太さに切ったら小麦粉をまぶしておきます。その際、しっかり上から押さえ切りをしないとちゃんと麺が切れず、ブチブチに千切れてしまいやすいので要注意です。
日韓共同開催風冷やしうどん8
日韓共同開催風冷やしうどん9
 大鍋でグラグラに沸かした大量のお湯の中へさっきのうどんをほぐし入れ、約七~八分(火力や鍋、うどんの量によって茹で時間は変わってきますので、何度かうどんの硬さを味見して確かめた方がより確実だと思います)茹でます。時間が経過したらザルにあけて流水でジャブジャブ揉み洗いし、途中で氷を投入したりして徹底的に冷やしながらぬめりを落とします。うどんが冷たくなってぬめりが取れていたら、きっちり水切りをします。これで、うどんは準備完了です。
日韓共同開催風冷やしうどん10
日韓共同開催風冷やしうどん11
 ここまできたら、あとはいよいよ盛り付け作業のみ。底の深い器へうどんを高く盛りつけて冷やしておいた特製スープを注ぎ込み(冷え具合が足りない場合は、氷をちょこっと足すのもありです)、その上へ千切りにしたきゅうり、同様に細切りにした後薄い塩水に浸けておいたりんご、ほぐしておいた鶏手羽先の肉、半分に切ったゆで卵を乗せます。
日韓共同開催風冷やしうどん13
日韓共同開催風冷やしうどん12
日韓共同開催風冷やしうどん14
 最後にキムチを好きな量だけ飾り付け、そのままお箸やレンゲと一緒に食卓へ運べば“日韓共同開催風冷やしうどん”の完成です!
日韓共同開催風冷やしうどん15
 作中のレシピ通りに作っただけなのですが、本当にお店で売られているみたいな本格的な完成図だった為、不覚にも感動してしまいました;。キムチとリンゴの皮の赤色、きゅうりの緑色、うどんの白色、鶏手羽先肉の薄茶色、卵の黄色が何とも鮮やかで、見た目だけでも既に美味しそうな予感がします。特製スープの方も即席で作ったとは思えないくらいちゃんとした出来で、これは味が楽しみです!
日韓共同開催風冷やしうどん16
日韓共同開催風冷やしうどん18
 それでは、冷たい内にいざ実食!いっただっきまーすっ!
日韓共同開催風冷やしうどん17

 さて、味の感想ですが…目新しくてかなり美味しっ!うどんと言うより、確かにアジアンパスタと呼びたくなる味です!
本当においしそうに食べる千夏ちゃん達^^
 通常のうどんよりもわずかに塩気を感じるうどんなのですが、それがやや塩味が薄めで淡泊な味付けのスープとばっちりの相性で、次から次へと箸が進みました。中力粉を使用したせいか、ツルンとしなやかなのにシコシコした歯応えが強く、固過ぎず柔らか過ぎずで大変喉ごしがよかったです。
 ひんやり冷えていて奥行きのある鶏ガラスープに、お酢のほのかな酸味、ゴマの香ばしい風味、香味野菜の清々しい香りが溶け込んでいて涼しげな味わいに仕上がっており、一言で例えるなら「簡易版・鶏風味の韓国冷麺風スープ」って印象のお味でした。作中でおおつぼ先生がおっしゃっている通り、「手羽先の油とか骨の髄液とか染み出ている感じ」がするので簡単な割にはかなり本格的な旨さで、リッチな気分になれます。キムチのザクザクした歯触りと複雑な辛さ、鶏手羽肉のあっさりした旨味と肉汁たっぷりな口当たり(十分弾力が残っているのに、鶏皮がもうホロホロにとろけてしまってるくらい柔らかいのに感動しました)、茹で卵のホクホクした食感、きゅうりの爽やかなシャキシャキ感、りんごのサクサク感がこの日韓折衷的なうどんの美味しさをより引き立ててくれていました。
 意外な事に、りんごの甘味が鶏ガラスープにぴったり合っており、いい箸休めになっていたのに驚きです。後々、キムチの旨辛い出汁がスープ全域へ混ざってピリ辛味に変化していくのがウマーで、最後まで飽きずに一気に平らげる事が出来ました。すりゴマの脂分がさっぱりスープにちょうどいいコクをプラスしているので物足りなくなる事もなく、かなりバランスのとれた一品です。

 うどんやスープ作りに結構時間がかかるので、思い立った時にすぐ作れる料理ではありませんが、休日にのんびり余裕を持って作るのに向いたお料理です。もしうどんを作る時間がない時は市販のコシが強めなうどんを使ったり、もしくは中華麺や本物の冷麺用の麺で代用して作ってみてもよさげだと思いました(^^)。

●出典)『貧民の食卓』 おおつぼマキ/新潮社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.09.21 Wed 16:30  |  

こんにちは
私も料理漫画大好きでいっつも読んでます

ミスター味っ子
クッキングパパ

が、大好きで
何作品か再現も挑戦してみました!

まだ少しだけですけど
このBLOG読まさせてもらいました
すごい数ですね
感動とわくわくでした!

知らない漫画も多々あったので
今度買ってみようかと思います^^
またちょくちょくチェックしにきます★
これからもぜひ続けてください!

  • #S6Zyic9Y
  • misaki
  • URL
  • Edit

2011.09.21 Wed 19:42  |  

その昔、通っていた大学で行われた某国民的チャリティー番組で走っちゃったりするような方の講演会、その楽屋における取巻きに対する対応を見てから、やっぱりテレビは虚像だよね、と念頭におかずには見れずに居られなくなった次第。
といいますか、芸能人や文化人、いわゆる地位や名声を得た人は無条件で人格者であり、周囲に対して心配りを忘れない、そういった幻想も勝手な思い込みなんですよね。
貧しくても心優しい人はいるように、成功した人に卑しき人がいるのも当たり前なのに。

ちなみに、同じく大学で行われたライブにおいて、そのバンドのベースの方が廊下をウロウロしているところ見つけたので、奇妙な動きをして近づいていったら「絡みにくいヨwww」と優しいお言葉をかけていただきました。
まぁ、結局のところいろんな人が居ますよね。

  • #JalddpaA
  • にんじん
  • URL
  • Edit

2011.09.23 Fri 17:51  |  misakiさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も料理漫画が大好きですので、同じ思いを抱く方に
コメントをいただけて非常に嬉しかったです(^^)。
『クッキングパパ』と『味っ子』は、未だにちょくちょく
読み返している作品ですので、共感することしきりでした。
ただ、過去ログにある再現は、ただでさえ低いクオリティが
さらに下がってしまう為、ちょっと気恥ずかしい気もします;。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.09.23 Fri 18:15  |  にんじんさん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

たった二十五年程度ですが、私自身、直接的にも間接的にも
様々な方と接してきて本当に色々な方がいると実感しております。
戸惑う事は多々ありますが、一言で語りきれないような様々な面が
人にはあると思いますので、割かし楽しめるようになってきました(^^)。
仮にそれで嫌な事があったとしても、その時はその時で確かに不快に
なるとは思いますが、嫌な事をしたくなるような未熟な点が私に
あったのだろうなとあえて気にしない事にしています(ただ、例外として
犯罪行為をされたらさすがに黙って許す事は出来ないとは思いますが;)。

一つの視点からたった貴重なご意見をお聞かせ下さり、感謝です。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/745-eb4bf50d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ